SharePoint 移行ツールを使用する方法How to use the SharePoint Migration Tool

SharePoint 移行ツール (SPMT) は、SharePoint オンプレミス ドキュメント ライブラリまたは標準のファイル共有からファイルを移行したり、それらのファイルを簡単に SharePoint Online のテナントに移動したりするためのツールです。すべての Office 365 ユーザーが使用できます。The SharePoint Migration Tool (SPMT) is a tool that migrates your files from SharePoint on-premises document libraries or regular file shares and easily moves them to your SharePoint Online tenant. It is available to all Office 365 users.

注意

現在のリリースをインストールするには、SharePoint 移行ツールからダウンロードしてください。To install the current release download here: SharePoint Migration Tool Version 2.

注意

現在、中国の 21Vianet が運用する Office 365 のユーザーは SharePoint 移行ツールを利用できません。Currently the SharePoint Migration Tool is not available for users of Office 365 operated by 21Vianet in China.
データ トラスティ German Telekom によるドイツのクラウドを使う Office 365 のユーザーも利用できません。ただし、ドイツのユーザーで、データがドイツのデータセンター以外の場所にある場合は、サポートされます。It is also not available for users of Office 365 with the German cloud with the data trustee, German Telekom. However, it is supported for users in Germany whose data location is not in the German datacenter.

はじめにBefore you begin

SharePoint 移行ツール (SPMT) を初めて起動すると、Office 365 のユーザー名とパスワードを求められます。入力する Office 365 の資格情報は、ファイルの移行先になります。When you first launch the SharePoint Migration Tool (SPMT), you will be prompted for your Office 365 username and password. The Office 365 credentials you provide will be where the files will be migrated.

推奨事項Recommendation
CPUCPU
64 ビット クアッド コア プロセッサ以上64-bit Quad core processor or better
RAMRAM
16 GB16 GB
ローカル ストレージLocal Storage
ソリッド ステート ディスク: 150 GB の空き容量Solid state disk: 150 GB free space
ネットワーク カードNetwork card
1 Gbps1 Gbps
オペレーティング システムOperating system
Windows Server 2012 R2 または Windows 10 クライアントWindows Server 2012 R2 or Windows 10 client
.NET Framework 4.6.2.NET Framework 4.6.2
Microsoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージMicrosoft Visual C++ 2015 Redistributable
OneNote の移行に必要です。Required for OneNote migration.

最小要件 (パフォーマンスの低下が予想されます)Minimum requirements (expect slow performance)

最小要件Minimum requirement
CPUCPU
64 ビット 1.4 GHz 2 コア プロセッサ以上64-bit 1.4 GHz 2-core processor or better
RAMRAM
8 GB8 GB
ローカル ストレージLocal Storage
ハード ディスク:150 GB の空き容量Hard disk: 150 GB free space
ネットワーク カードNetwork card
高速インターネット接続High-speed Internet connection
オペレーティング システムOperating system
Windows Server 2008 R2、Windows 7 (Updated) 以上Windows Server 2008 R2, Windows 7 updated or better
.NET Framework 4.6.2.NET Framework 4.6.2
Microsoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージMicrosoft Visual C++ 2015 Redistributable
OneNote の移行に必要です。Required for OneNote migration.

移行時にファイルに対するアクセス許可はどうなりますかWhat happens to the permissions on a file when it is migrated?

オンプレミスのデータの場所、および Active Directory アカウントを Azure Active Directory (AAD) に同期していたかどうかが、SharePoint Online への移行後のファイルに対するアクセス許可の設定に影響する場合があります。The location of your on-premises data, and whether you have synchronized your Active Directory accounts to Azure Active Directory (AAD), can affect the permission settings on your files after they have been migrated to SharePoint Online.

アクセス許可設定の完全な説明については、「アクセス許可と SharePoint 移行ツールの理解」を参照してください。See Understanding Permissions and the SharePoint Migration Tool for a complete explanation of permission settings.

注意

特定の設定が、ファイルのアクセス許可の処理方法に影響することがあります。後の「高度な設定」セクションをご覧ください (具体的には、 Azure Active Directory ルックアップユーザー権限の保持ユーザー マッピング ファイル の設定)。Certain settings can affect how permissions on your files will be handled. See the Advanced Settings section below, specifically the Azure Active Directory lookup , Preserve permissions , and User Mapping file settings.

環境の同期: 既存のオンプレミス ファイルのアクセス許可を維持するには、SPO に対応するユーザーが存在する必要があります。これを実現する最も簡単な方法は、Active Directory アカウントを Azure Active Directory (AAD) に同期することです。Syncing your environment: In order to maintain existing on-premises file permissions, there must be a corresponding user in SPO. The easiest way to accomplish this is to synchronize your Active Directory accounts to Azure Active Directory (AAD).

注意

SharePoint 移行ツールに、カスタムのユーザー マッピング ファイルをアップロードできます。You can upload a custom user mapping file to the SharePoint Migration Tool.

ファイル共有File share SharePoint のオンプレミス ファイルSharePoint on-prem files
オンプレミスと SPO の間でマップされたユーザー (Azure Active Directory 同期ツールを実行するか、ユーザー マッピング ファイルを提供する)User mapped between on-premises and SPO (either Dirsync has been run or a user mapping file provided)
移行されるアクセス許可は、 読み取り書き込み の 2 種類だけです。There are only two types of permissions that will be migrated: Read and Write.
user1 にファイルの 書き込み アクセス許可がある場合、SPO では user1 にファイルの 投稿 アクセス許可が設定されます。user1 にファイルの 読み取り アクセス許可がある場合、SPO では user1 にファイルの 読み取り アクセス許可が設定されます。 注: この時点で、 拒否 などの特殊なアクセス許可は保存されません。 If a file has Write permission for user1, then the file will be set to Contribute for user1 in SPO. If a file has Read permission for user1, then the file will be set to Read for user1 in SPO. Note: At this time, the special permissions, such as Deny, will not be saved.
ファイルに対する固有のアクセス許可は、すべて SPO に移行されます。継承されたアクセス許可は移行されません。All the unique permissions on a file will be migrated to SPO. Inherited permissions will not be migrated.
ユーザー マッピングなし (未同期、ユーザー マッピング ファイルなし)No user mapping (not synced, no user mapping file)
SPO での移行先の場所における既定のアクセス許可がファイルに割り当てられます。Files will be assigned the default permission of the location to which it has been migrated in SPO.
SPO での移行先の場所における既定のアクセス許可がファイルに割り当てられます。Files will be assigned the default permission of the location to which it has been migrated in SPO.

現在のデータの場所Where is your data currently located?

SharePoint 移行ツール (SPMT) の使用を開始する前に、データが格納されている場所と、それらのファイルの移動先を書き留めます。後で、データ ファイルの現在の場所と、その移動先の SharePoint Online サイト コレクションの場所を求められます。SharePoint 移行ツールでは、データの移行元を、オンプレミス SharePoint Server 2013 サイトとローカル ファイル共有またはネットワーク パスの 2 つの移行元から選択できます。Before you start using the SharePoint Migration Tool (SPMT), note where your data is located and where you want those files. You will be prompted for the current location of your data files and the location of the SharePoint Online site collection where you want them moved. The SharePoint Migration Tool lets you select from two sources from which to migrate your data: from an on-premises SharePoint Server 2013 site or from a local file share or network path.

  • SharePoint オンプレミス: SharePoint オンプレミスのオプションを選択すると、ファイルが格納されている SharePoint Server サイトの名前の入力を求められ、そのサイトの資格情報を求められます。移行するドキュメント ライブラリを指定します。SharePoint on-premises: If you select the SharePoint on-premises option, you will be asked to enter the name of the SharePoint Server site where your files are located and prompted for your credentials for that site. You will indicate what document library you wish to migrate.

    注意

    SharePoint 移行ツールは、SharePoint Server 2013 をサポートしています。The SharePoint Migration Tool supports SharePoint Server 2013.

  • ファイル共有: ファイル共有オプションを選択すると、ファイル共有の場所、SharePoint Online サイトの URL、ファイルの移動先のドキュメント ライブラリの入力を求められます。File share: If you select the file share option, you will be asked to enter the location of the file share, the URL of the SharePoint Online site, and the document library where they will be moved.

SharePoint 移行ツールの使用Using the SharePoint Migration tool

現在のリリースをインストールするには、「SharePoint Migration Tool Version 2」 (SharePoint 移行ツール バージョン 2) からダウンロードしてください。To install the current release download here: SharePoint Migration Tool Version 2.

SharePoint Server ドキュメント ライブラリからのデータ ファイルの移行Migrating data files from SharePoint Server document libraries

  1. SharePoint 移行ツールを開始し、[ 次へ] をクリックします。Start the SharePoint Migration Tool, and then click Next.

  2. Office 365 のユーザー名とパスワードを入力し、[ サインイン] をクリックします。Enter your Office 365 username and password, and then click Sign in.

  3. [ 移行元と移行先の選択] を選択します。Select Choose a source and destination.

  4. [ SharePoint Server (オンプレミス)] を選択します。Select SharePoint Server (on-premises).

  5. 現在データが格納されている SharePoint Server 2013 サイトの URL を入力して、[次へ] をクリックします。Enter the SharePoint Server 2013 site URL where your data is currently located. Click Next.

    重要

    プロキシ接続はサポートされていません。プロキシ接続を使用すると、「SharePoint ログインに失敗しました」や「ドキュメント ライブラリを読み込めません」のようなエラーが発生します。Proxy connections are not supported. Using Proxy connections will yield errors such as "SharePoint login fail" or "cannot load document library".

  6. SharePoint Server サイトへのユーザー名とパスワードを入力します。ユーザー名は、someone@example.com の形式にする必要があります。[サインイン] をクリックします。Enter your username and password to the SharePoint Server site; username must use the format of someone@example.com. Click Sign in.

    注意

    このツールの使用中に、既にそのサイトにサインインしている場合は、同じサイトに対してサインインは求められなくなります。If you have already signed in to that site once while using this tool, you won't be prompted again for the same site.

    注: SPMT バージョン 2 では、次の認証方法がサポートされています。Note: SPMT Version 2, currently in beta, supports the following authentication methods:

    • NTLMNTLM

    • KerberosKerberos

    • フォームForms

    • ADFSADFS

    • 多要素認証Multi-factor authentication

    • SAML ベースのクレームSAML based claims

    • クライアント証明書の認証Client certificate authentication

      重要なお知らせ: オンプレミスのサーバーが Windows 認証を含む複数の認証プロバイダーをサポートするように構成されている場合、Windows 認証はサポートされません。これがご使用の環境についての説明である場合、Windows 認証の代わりに他の認証方法を使用してください。Important Note: If the on-perm server is configured to support multiple authentication methods including the Windows authentication, then Windows authentication will not be supported. If this describes your environment, use other authentication methods instead of Windows authentication.

  7. ファイルが格納されているドキュメント ライブラリを選択します。ドロップダウン リストには、すべての有効な選択肢が含まれています。Choose the document library where your files are located. The drop-down list will contain all your possible choices.

  8. ファイルをマージする SharePoint Online サイトの URL を入力します。Enter the URL of the SharePoint Online site where you want your files migrated.

  9. ファイルの移動先のドキュメント ライブラリを選択します。Select the document library to where your files will be moved.

  10. [ 追加] をクリックします。このタスクがリストに追加されます。別のデータ ファイル セットを選択して移行する場合は、[ 移行元と移行先の選択] をクリックします。Click Add. This task will be added to the list. If you want to select another set of data files to migrate, click Choose a source and destination.

ローカル ファイル共有からのデータ ファイルの移行Migrating data files from a local file share

  1. SharePoint 移行ツールを開始し、[ 次へ] をクリックします。Start the SharePoint Migration Tool, and then click Next.

  2. Office 365 のユーザー名とパスワードを入力し、[ サインイン] をクリックします。Enter your Office 365 username and password, and then click Sign in.

  3. [ 移行元と移行先の選択] を選択します。Select Choose a source and destination.

  4. [ ファイル共有] を選択します。Select File share.

  5. データが格納されているファイル共有のパスを入力して、[次へ] をクリックします。Enter the path of the file share where your data is located. Click Next.

  6. ファイルの移行先の SharePoint Online サイトの URL を入力してから、SharePoint Server サイトのユーザー名とパスワードを入力します。[ サインイン] をクリックします。Enter the URL of the SharePoint Online site where you want your files migrated, and then enter your username and password to the SharePoint Server site. Click Sign in.

    注意

    このツールの使用中に、そのサイトにサインインしたことがある場合は、同じサイトに対するサインインのダイアログは表示されなくなります。If you have already signed in to that site once while using this tool, you won't be prompted again for the same site.

  7. ファイルの移動先のドキュメント ライブラリを選択します。Choose the document library to where your files will be moved.

  8. [ 追加] をクリックします。このタスクがリストに追加されます。別のデータ ファイル セットを選択して移行する場合は、[ 移行元と移行先の選択] をクリックします。Click Add. This task will be added to the list. If you want to select another set of data files to migrate, click Choose a source and destination.

  9. 移行元の選択が完了したら、[移行] をクリックします。When you have finished selecting your sources, click Migrate.

JSON または CSV ファイルを使用した一括移行Bulk migration using a JSON or CSV file

移行元のデータが多い場合は、JSON または CSV ファイルを使用して一括移行を実行できます。If you have many sources to migrate, you can use either a JSON or CSV file to do a bulk migration.

注意

一括インポートの際の JSON ファイルの使用は、V2 ベータ リリースでのみサポートされます。The use of JSON files for bulk import are only supported in the V2 Beta release.

データ コンテンツの移行のための JSON または CSV ファイルの詳細な作成方法については、「JSON または CSV ファイルの書式を設定してデータ コンテンツを移行する方法」を参照してください。For more information on how to create a JSON or CSV file for data content migration, see How to format your JSON or CSV file for data content migration.

一括移行に JSON または CSV ファイルを使用するにはTo use a JSON or CSV file for bulk migration

  1. SharePoint 移行ツールを開いて、[次へ] をクリックします。Open the SharePoint Migration Tool, and then click Next.

  2. Office 365 のユーザー名とパスワードを入力して、[サインイン] をクリックします。Enter your Office 365 username and password, and then click Sign in.

  3. [一括移行用の JSON または CSV ファイル] を選択します。ファイルの場所を入力するか、[ファイルの選択] をクリックしてファイルを見つけます。[追加] をクリックします。Select JSON or CSV file for bulk migration. Enter the location of your file, or click Choose File to locate it. Click Add.

    注意

    オンプレミスの SharePoint Server からファイルを移行する場合は、前の手順でそのサイトのユーザー名とパスワードを提供しない限り、これらの資格情報を求められます。If you are migrating files from an on-premises SharePoint Server, you will be prompted for your username and password for that site unless you provided those credentials in previous steps.

    注意

    ファイル内のエラーは、1 行ごとに検出されます。エラーのある行が表示されます。ファイルのエラーを修正するまで処理を進めることができません。Any errors in your file it will be detected on a line-by-line basis. The error will indicate which line or lines contains the errors. You will not be able to proceed until you correct the errors in your file.

    重要

    プロキシ接続はサポートされていません。プロキシ接続を使用すると、「SharePoint ログインに失敗しました」や「ドキュメント ライブラリを読み込めません」のようなエラーが発生します。Proxy connections are not supported. Using Proxy connections will yield errors such as "SharePoint login fail" or "cannot load document library".

  4. JSON または CSV ファイルがエラーなしで正常に追加されると、そのジョブが移行元と移行先のリストに追加されます。If your JSON or CSV file is successfully added without errors, the job will be added to your list of sources and destinations.

  5. 移行するファイルの別のセットを選択するには、[移行元と移行先の選択] をクリックします。If you want to select another set of data files to migrate, click Choose a source and destination.

  6. 移行元の選択が完了したら、[ 移行] をクリックします。When you have finished selecting your sources, click Migrate.

移行ジョブのステータスの監視とレポートMonitoring and reporting status of migration jobs

[ 移行] をクリックすると、移行ジョブの進行状況が表示されます。移行ジョブが完了すると、各ジョブの詳細レポートやサマリー レポートを表示したり、このセッションの間に送信されたすべての移行ジョブを含む 1 つのサマリー レポートを表示したりすることができます。After you click Migrate, the progress of your migration jobs will be displayed. As they complete, you can view either detailed or summary reports of an individual job or a single summary report that includes all migration jobs submitted during this session.

詳細なレポートを表示するにはTo view detailed reports

  1. 移行ジョブのすぐ下の下向き矢印をクリックします。Click the down arrow directly below the migration job.

  2. [タスク レポートの表示] をクリックします。次のさまざまなレポートを含むフォルダーが開きます。Click View Task Report. A folder opens containing different reports:

  • ItemReport.csvItemReport.csv

  • ItemSummary.csvItemSummary.csv

  • ScanSummary.csvScanSummary.csv

送信されたすべてのジョブを含むサマリー レポートを表示するにはTo view a summary report all submitted jobs

  • [ レポートを開く] をクリックします。Click Open Report.

    サマリー レポートを含むレポート フォルダーが開きます。A report folder opens containing the summary report.

移行ジョブの再開Resuming migration jobs

送信したジョブの完了前に移行ツールを閉じる必要がある場合、任意のコンピューターからツールを再開できます。If you need to close the migration tool before a submitted job has completed, you can restart the tool from any computer.

注意

送信した移行ジョブを再開するには、そのジョブを少なくとも 5 分間実行している必要があります。そのジョブは、SharePoint Online 移行ツールを閉じた時点で一時停止されます。送信したジョブがツールを閉じるまでに 5 分以上実行されていない場合は、そのジョブを再送信する必要があります。To resume a submitted migration job, it has to have been running at least 5 minutes. It will be paused at the point you closed the SharePoint Online Migration Tool. If your submitted job was running less than 5 minutes before the tool closed, you must resubmit the job.
移行ジョブを再開するにはTo resume migration jobs

  1. SharePoint 移行ツールを起動します。元のジョブを送信したときに使用した Office 365 のユーザー名とパスワードを使用して、[ サインイン] をクリックします。Launch the SharePoint Migration Tool. Click Sign In using the same Office 365 username and password you used when you originally submitted the job.

  2. サインイン後、画面に一時停止した移行が表示され、完了した部分と未完了の部分の詳細が示されます。After you sign in, a screen displays any paused migrations, providing details about what has been completed and what remains.

  3. その他の移行タスクを追加する場合は、[ 新しい移行元と移行先の選択] をクリックします。それ以外の場合は、[ 次へ] をクリックします。移行ジョブが再開されます。オンプレミスの SharePoint Server からファイルを移行する場合は、そのサイトのユーザー名とパスワードを求められます。If you want to add additional migration tasks, click Select new sources and destinations. Otherwise, click Next. Your migration jobs will be resumed. If you are migrating files from an on-premises SharePoint Server, you will be prompted for your username and password for that site.

増分移行Incremental migration

移行タスクが完了した後、後日再実行するためにタスクを保存することもできます。これにより、移行元で新しく作成されたファイルや更新されたファイルのみを移行できるようになります。After a migration task has completed, it can also be saved to be rerun at a later date, allowing you to move only those new or updated files in the source location.

既定では、増分移行の設定がオンになっています。この設定を変更するには、[設定][増分移行の有効化] に移動します。By default, the setting for Incremental migration is on. To change this, go to Settings, Enable incremental migration .

注意

この設定を変更する場合は、最初の移行ジョブが送信される前に行います。この設定はグローバルです。送信するすべての後続タスクに適用されます。If you wish to make changes to this setting, do so before your initial migration job is submitted. This setting is global; it will apply to all subsequent tasks you submit.

この設定がオンの場合、SharePoint Online ターゲット環境の増分チェックが実行されます。ファイルは、次のように評価されます。When this setting is on, an incremental check of the SharePoint Online target environment will be performed. Files will be evaluated as follows:

状態Status 結果Result
ソース ファイルが変更された時刻は、ターゲット ファイルが変更された時刻よりも前です。Modified time of the source file is earlier than the modified time of the target file.
ファイルは移行されません。File will not be migrated.
SPO ターゲットの場所にファイルまたはリストが存在します。Files or lists exist in the SPO target location.
移行では、スキャン中の既存のオブジェクトはスキップされます。Migration will skip those existing objects during scan.
移行中に、移行元のファイルまたはオブジェクトのタイム スタンプが変更されるTime stamp on files or object in the source location changes during migration
変更されたファイルのみが移行されます。Only the changed file will be migrated.
ソースはファイル共有です。Source is a file share.
移行の検証は、ファイルとフォルダーのパスに基づきます。Validation for migration will be based on the file/folder path.
ソースはオンプレミスの SharePoint サーバー/Source is an on-premises SharePoint Server/
移行の検証は、リスト項目の GUID に基づきます。フォールバックとしてフォルダー パスを使用します。Validation for migration will be based on list item GUID. Use the folder path as a fallback.

注意

初回の最初のラウンドを除いて、新しく更新されたソース ファイルまたは移行に失敗したファイルがある場合、SPMT の実行は最大 5 回まで追加でトリガーされます。Excluding the first initial round, if there are newly updated source files or failed migration files, an SPMT run will be triggered up to 5 additional rounds.

  1. SharePoint 移行ツールを開始し、[ 次へ] をクリックします。Start the SharePoint Migration Tool, and then click Next.

  2. Office 365 のユーザー名とパスワードを入力し、[ サインイン] をクリックします。Enter your Office 365 username and password, and then click Sign in.

  3. 「データの場所」というタイトルの画面が表示されます。[キャンセル] をクリックします。The screen titled "Where's your data" displays. Click Cancel.

  4. 通常どおりにタスクを入力して、移行します。Enter your tasks as usual, and then migrate.

  5. タスクが完了し、次のプロンプトが表示されたら [ はい] をクリックします。After a task completes, click Yes when you see the following prompt:

    Incremental migration save prompt

詳細設定Advanced Settings

詳細設定は、IT 担当者のみが変更または管理する必要があります。詳細設定には、次のカテゴリがあります。Advanced settings should only be changed or managed by your IT professional. The advanced settings are in the following categories:

設定Setting 説明Description
スキャンのみを実行Only perform scanning
前評価としてファイルをスキャンしてから移行する場合は、[ スキャンのみを実行] を有効にします。If you wish to scan the files as a pre-assessment to migration, turn Only perform scanning on.
増分移行の有効化Enable incremental migration
既定では [ オン] に設定されています。これにより移行ジョブが後日再実行され、前回の実行以降の変更または追加のみを移行できます。 The default setting is set to On. This lets you rerun the migration jobs at a later date, migrating only the changes or additions since the previous run.
重要: 増分移行のために同じジョブを再度送信できるようにする場合、この設定は、最初のジョブを送信する前にオンにする必要があります。Important: If you wish to be able to submit the same job again for incremental migration, this setting must be set to On * before * the initial migration job is submitted.
ファイルのバージョン履歴の移行Migrate file version history
[オフ] に設定すると、最新バージョンのファイルのみが移行されます。[オン] に設定すると、すべてのバージョンを保持するか、特定の数に制限するかを選ぶことができます。If set to No, only the most recent version of the file will be migrated. If set to Yes, you can choose whether to keep all versions, or limit it to a specific number.
非表示ファイルを移行するMigrate hidden files
[オフ] に設定すると、非表示のシステム ファイルは移行されませんIf set to On, hidden system files will not be migrated.
以前作成されたファイルを移行するMigrate files created before
作成日 に基づいて移行するファイルを制限する場合は、このセクションで値を設定します。これは、移行するファイルの数を制限するため、またはファイルの保存期間に関する会社全体のガバナンス ポリシーに準拠するために行われることがあります。 If you choose to limit which files are migration based on creation date , set your values in this section. This may be to limit the number of files migrated or to adhere to overall company governance policy regarding file retention.
以前に変更されたファイルを移行するMigrate files modified before
変更日 に基づいて移行するファイルを制限する場合は、このセクションで値を設定します。これは、移行するファイルの数を制限するため、またはファイルの保存期間に関する会社全体のガバナンス ポリシーに準拠するために行われることがあります。 If you choose to limit what files are migration based on modified date, set your values in this section. This may be to limit the number of files migrated or to adhere to overall company governance policy regarding file retention.
これらの拡張子のファイルを移行しないDo not migrate files with these extensions
特定のファイルの種類を移行しないようにするには、各拡張子を縦棒で区切ってリストにします。たとえば、mp4To prevent certain file types from migrating, list each extension, separating it with a vertical bar. For example, mp4 aviavi mkv です。拡張子名の前の "." は含めません。mkv. Do not include the leading "." before the extension name.
無効な文字を含むファイルおよびフォルダーを移行するDo not migrate files and folders with invalid characters
既定では、この設定は [ オフ] に設定されています。この設定が推奨されます。このツールは、文字でフィルター処理するのではなく、すべてのファイルを移動しようとします。ファイルが SPO に受け入れられない場合は、そのファイルに対してエラー メッセージが生成されます。 By default, the setting is set to Off. This is the recommended setting. The tool will attempt to move all the files without filtering on characters. If any file can't be accepted into SPO, a failure message will be generated for that file.
この設定を [ オン] にすると、特殊文字の可能性がある文字がスキップされます。これにより、移行元に無効な文字を含むファイルが多数ある可能性がある場合は、パフォーマンスが向上します。ただし、欠点もあります。悪意のあるアクティビティから保護するために、移行先のサーバーで 100 を超えるエラーを発生させる移行元のパッケージはブロックされます。このため、そのパッケージの有効なファイルもすべてブロックされます。 If set to On, the tool will skip any potential special characters. While this can improve performance when the source potentially contains a high number of files containing invalid characters, it also has drawbacks. To prevent malicious activities, source packages that generate more than 100 errors to the destination server will be blocked. As a result, all valid files in that package would also be blocked.
OneNote ノートブックとして OneNote フォルダーを移行するMigrate OneNote folder as OneNote notebook
既定では、[オフ] に設定されています。[オフ] に設定すると、OneNote のフォルダーはノートブックとして移行されなくなります。現時点では、SharePoint オンプレミスのノートブックを移行する機能は無効化されています。By default, this is set to Off. When set to Off, OneNote folders will not migrate over as a notebook. At this time the ability to migrate notebooks on SharePoint on-premises is disabled.
Azure Active Directory ルックアップAzure Active Directory lookup
既定では、この設定は [ オン] です。ユーザーがユーザー マッピング ファイルを指定しない場合、Azure Active Directory が既定のユーザー マッピングとして使われます。 By default, this is set to On. If no User mapping file is provided by the user, then Azure Active Directory is used as the default for user mapping.
ユーザーのアクセス許可の維持Preserve user permissions
既定では、[オン] に設定されています。[オフ] に設定すると、アクセス許可は維持されなくなります。By default, this is set to On. If set to Off, no permissions will be preserved.
対象ユーザーの設定が有効化されたリストをスキップするSkip list with audience targeting enabled
既定では、[オン] に設定されています。[オン] に設定されていると、対象ユーザーの設定が有効化されている SharePoint オンプレミスのリストは一時停止され、続行する前に確認を求めるダイアログがユーザーに表示されます。By default, this is set to On. When set to On, SharePoint on-premises lists with audience targeting enabled will be paused and the user will be prompted for confirmation before continuing.
ユーザー マッピング ファイルUser mapping file
既定では、移行ジョブ送信時のユーザーのマッピングに Azure AD ルックアップが使用されます。独自のマッピング ファイルを使用する場合は、[ファイルの選択] をクリックして使用するファイルを選択します。カスタム ユーザー マッピング ファイルを使用して、ユーザーのアクセス許可を維持する場合は、[Azure Active Directory ルックアップ] をオフにします。そうすると、マッピング ファイルでユーザーが見つからない場合、ツールは AAD をルックアップしなくなります。By default, Azure AD lookup is used to map users when submitting migration jobs. If you wish to use your own mapping file, select the file to be used by clicking Choose file. If you choose to use a custom user mapping file and you want to preserve user permissions, turn off Azure Active Directory lookup. By doing so, if a user isn't found in the mapping file, the tool won't look it up in AAD.
SharePoint 移行ツールの作業フォルダーSharePoint Migration Tool work folder
既定では、一時フォルダーが作成されます。特定の作業フォルダーを指定する場合は、ここにフォルダー名を入力します。By default, a temp folder will be created. If you wish to specify a specific working folder, enter the name here.
注: 既定では、作業フォルダーは %appdata%\Microsoft\MigrationTool です。作業フォルダーに、150 GB 以上の空き領域があることを確認してください。移行を計画しているデータのサイズによっては、さらに多くの空き領域が必要な場合があります。Note: By default, the working folder is %appdata%\Microsoft\MigrationTool . Please make sure that your working folder has a minimum of 150 GB of free space. It may need more depending on the size of the data you plan to migrate.
カスタムの Azure ストレージの使用Use custom Azure storage
Azure ストレージを使用する場合は、この値を [ オン] に設定します。If you wish to use your own Azure storage, set this value to On.
これを有効にすると、アカウントとキーを入力するための追加のフィールドと、暗号化を有効/無効にするどうか、および移行が完了したときに一時ファイルを削除するかどうかを選択する設定が表示されます。If you choose to turn on, additional fields will display to enter your account and key, and settings to select if you want to enable or disable encryption, and whether temporary files are deleted when migration is complete.
**注: ** この機能は、*汎用ストレージ アカウント*に対してのみサポートされます (汎用ストレージ アカウントは Azure BLOB およびキューをサポートしているため)。この機能は、Blob Storage アカウントでは使用できません。**Note: ** This feature is supported only for General Purpose storage accounts as General Purpose accounts support Azure blobs and queues. This feature is not available for Blob Storage accounts.

SharePoint 移行ツールの概要Introducing the SharePoint Migration Tool

SharePoint 移行ツールのしくみHow the SharePoint Migration Tool works

JSON または CSV ファイルの書式を設定してデータ コンテンツを移行する方法How to format your JSON or CSV file for data content migration

データ コンテンツ移行のためのユーザー マッピング ファイルを作成するCreate a user mapping file for data content migration

SharePoint Online と OneDrive の移行速度SharePoint Online and OneDrive Migration Speed

SharePoint 移行ツールのフィードバックとサポートのフォーラムSharePoint Migration Tool Feedback and Support Forum