概要: 移行マネージャーでファイル共有を Microsoft 365 に移行する

オンプレミスのファイル共有コンテンツを Microsoft 365 に移行すると、革新的な Office アプリ、インテリジェントなクラウド サービス、および国際的レベルのセキュリティと連携して作業を行うことができます。移行マネージャーがその実現に役立ちます。

複数のコンピューターを "エージェント" として設定する機能を備えた移行マネージャーを使用すると、移行プロジェクトを必要なだけ拡張できます。 最新の SharePoint 管理センターにある、移行マネージャーに従ってエージェントのセットアップとタスクの作成を実行します。 グローバル設定またはタスク レベルの設定、全体の進行状況の表示、集計サマリーのダウンロードおよびタスク レベルのレポートを指定することができます。

どのような仕組みなのか。

移行エージェントをセットアップする

  • 移行エージェントをセットアップします。 移行マネージャーに接続するコンピューターまたは仮想マシンごとに、セットアップ ファイルをダウンロードおよびインストールします。

  • タスクの作成および移行。 移行するネットワーク ファイル共有の URL (ソース) およびコンテンツを移行する場所の SharePoint サイトの URL (移行先) を入力して、タスクを作成します。 タスクは、次に利用可能なエージェントに自動的に割り当てられます。

  • 監視およびレポート。 1 つの場所からすべてのエージェントの進捗状況を監視したり、レポートにアクセスしたりします。

作業の開始

[新しい SharePoint 管理センターの移行マネージャー ページ] に移動し、組織の管理者権限が付与されているアカウントでサインインします。

以下を保持していることを確認します。

  • 移行先へのアクセス権: コンテンツを移行する Microsoft 365 テナントのグローバル管理者または OneDrive/SharePoint 管理者である必要があります。

  • ソースのアクセス権: 移行する予定のネットワーク ファイル共有の読み取りアクセス権がある Windows 資格情報。

  • 前提条件がインストールされている: コンピューターまたは VM に必要な前提条件がインストールされていることを確認します。前提条件のリスト については、こちらを参照してください。

注意

移行マネージャーを使用して英語以外の SharePoint サイトにコンテンツを移行する場合は、サイトのタイトルに英語以外の文字が含まれていないことを確認してください。

ユーザーのオンボーディング

ユーザーが今後の変化に向けて準備するための計画を作成します。計画では、次の要因を考慮します。

  • 移行の意義の伝達。移行のメリット、共同作業の機能、および移行する理由を強調して説明します。
  • エンド ユーザー トレーニング。OneDrive のさまざまな機能に関して、ユーザーにトレーニングを提供します。
  • ヘルプデスクのトレーニング。カットオーバー イベントの前に、主要な機能と、ユーザーからよく聞かれる質問について、ヘルプデスクをトレーニングします。
  • 可能性のあるダウンタイムへの準備。 移行中に発生する可能性のあるダウンタイムに備えて計画します。

ユーザー ベースに、次のようなタイミング、予期される結果、および個々のユーザーへの影響を明確に説明した通知を送信するための計画を立てます。

  • 移行タイムラインとその影響。ユーザーへの行動喚起がある場合は、それを含めます。
  • OneDrive に既にコンテンツがある場合、そのコンテンツは安全であり、上書きされないことを明確に伝えます。
  • 各個人が移行プロセスの適用対象外にすることができるかどうかを伝えます。

移行マネージャーでエージェントをセットアップする方法
移行マネージャーの設定
移行マネージャーへの一括アップロード用 の CSV または JSON ファイルを書式設定する方法
移行マネージャーについてよく寄せられる質問