Skype for Business Server での [作業から通話] の展開Deploy Call Via Work in Skype for Business Server

概要: 一部またはすべてのユーザーに対して Skype for Business Server で [通話から作業] を展開する方法について学習します。Summary: Learn how to deploy Call Via Work in Skype for Business Server for some or all of your users.

以下の手順を使用して、ユーザーに [通話の実行] を展開します。Use these steps to deploy Call Via Work for your users. 計画に関する考慮事項については 、「Plan for Call Via Work in Skype for Business Server」を参照してくださいPlanning considerations are discussed in Plan for Call Via Work in Skype for Business Server. 以前のバージョンの Lync Server のリモート通話コントロールは、ユーザーが Lync Server を使用して PBX 電話を制御できる機能でした。In previous versions of Lync Server remote call control was a feature which enabled users to control their PBX phones with Lync Server. Skype for Business Server では、この機能は [Call Via Work] に置き換えられた機能です。In Skype for Business Server, this feature has been replaced with Call Via Work.

[仕事から通話] の前提条件Prerequisites for Call Via Work

Call Via Work は、すべての Skype for Business Server フロントエンド サーバーに自動的にインストールされる Unified Communications Web API (UCWA) を使用します。Call Via Work uses Unified Communications Web API (UCWA), which is automatically installed on all Skype for Business Server Front End Servers. ユーザーが [仕事から通話] を有効にするには、次の前提条件も満たされている必要があります。To enable users for Call Via Work, you must also have the following prerequisites in place:

  • フロントエンド サーバーの一部として、またはスタンドアロンの役割として、仲介サーバーを展開する必要があります。You must have a Mediation Server deployed, either as part of a Front End Server or as a standalone role. IP-PBX ゲートウェイも展開する必要があります。You must also deploy an IP-PBX gateway.

  • [仕事から通話] が有効になるすべてのユーザーは、PBX 電話システムに Direct Inward Dialing (DID) が必要です。All users who will be enabled for Call Via Work must have a Direct Inward Dialing (DID) on the PBX phone system.

  • すべての [通話の実行] を有効にする必要エンタープライズ VoIP。You must enable all Call Via Work users for Enterprise Voice. これを行う場合は、各ユーザーの Skype for Business DID 番号を、対応する PBX 電話システムの対応する DID 番号に構成する必要があります。When you do this, you must configure the Skype for Business DID number for each user to the corresponding DID number for the corresponding PBX phone system.

  • [仕事から通話] を使用するユーザーはすべて、Skype for Businessクライアントの [詳細設定接続] オプションで [自動構成] を選択する必要があります。All users who will be using Call Via Work must have Automatic Configuration selected in their Advanced Connections option in their Skype for Business client. これにより、クライアントは UCWA URL を検出できます。This enables the client to discover the UCWA URLs. 自動構成は 既定の選択です。Automatic Configuration is the default selection.

  • [Call Via Work] ユーザーごとに、通話の転送と同時呼び出しを有効にします。For each Call Via Work user, enable call forwarding and simultaneous ringing.

  • [Call Via Work] ユーザーごとに、ダイヤルイン会議と会議ダイヤルアウトが有効になっている必要があります。For each Call Via Work user, ensure that dial-in conferencing and conferencing dial-out are enabled. これにより、これらのユーザーは Skype for Business 会議に参加および会議から抜け出すできます。This enables these users to get into and out of Skype for Business conferences.

  • すべての [Call Via Work] ユーザーに対して、委任、チーム通話、および応答グループが無効に設定されている必要があります。Ensure that delegation, team call, and response group are disabled for every Call Via Work user.

勤務先から通話の展開Deploy Call Via Work

前提条件が満たされた後、次の手順を実行します。After the prerequisites are in place, do the following:

  • 展開用のグローバル電話番号を作成します。Skype for Business は、通話を行っているユーザーの PBX 発信者番号に表示されます。Create a global phone number for your deployment which Skype for Business displays on the PBX caller ID of users who are making Call Via Work calls.

  • 1 つ以上の [仕事から通話] ポリシーを作成するCreate one or more Call Via Work policies

  • [仕事から通話] ポリシーを、[仕事から通話] が有効になる各ユーザーに割り当てるAssign a Call Via Work policy to each user who will be enabled for Call Via Work

[Call Via Work] グローバル電話番号を作成するCreate the Call Via Work global phone number

  • 次のコマンドレットを入力します。Type the following cmdlet

    Set-CsRoutingConfiguration -CallViaWorkCallerId +<PhoneNumber>
    

    たとえば、次のコマンドレットは、グローバル電話番号を 1-555-123-4567 に設定します。For example, the following cmdlet sets the global phone number to 1-555-123-4567.

    Set-CsRoutingConfiguration -CallViaWorkCallerId +15551234567
    

[仕事から通話] ポリシーを作成するCreate a Call Via Work policy

  • 次のコマンドレットを入力します。Type the following cmdlet

    New-CsCallViaWorkPolicy [-Identity] <XdsIdentity> [-Tenant <guid>] [-Enabled <bool>] [-UseAdminCallbackNumber  <bool>] [-AdminCallbackNumber <string>] [-InMemory] [-Force] [-WhatIf] [-Confirm]  [<CommonParameters>]
    

    たとえば、次のコマンドレットでは、ContosoUser1CvWP という Call Via Work ポリシーを作成し、ユーザーに管理者コールバック番号の使用を要求し、そのコールバック番号を 1-555-789-1234 に設定します。For example, the following cmdlet creates a Call Via Work policy called ContosoUser1CvWP, requires the user to use an admin callback number, and sets that callback number to 1-555-789-1234.

    New-CsCallViaWorkPolicy -Identity Tag:ContosoUser1CvWP -Enabled $true -UseAdminCallbackNumber $true -AdminCallbackNumber +15557891234
    

[仕事から通話] ポリシーをユーザーに割り当てるAssign a Call Via Work policy to a user

  • 次のコマンドレットを入力します。Type the following cmdlet

    Grant-CsCallViaWorkPolicy -Identity <UserName> -PolicyName Tag:<PolicyName>
    

    たとえば、次のコマンドレットは、"ContosoUser1CvWP" という Call Via Work ポリシーを ContosoUser1 という名前のユーザーに割り 当てるとしますFor example, the following cmdlet assigns the Call Via Work policy "ContosoUser1CvWP" to the user named ContosoUser1.

    Grant-CsCallViaWorkPolicy -Identity ContosoUser1 -PolicyName Tag:ContosoUser1CvWP
    

関連項目See also

Plan for Call Via Work in Skype for Business ServerPlan for Call Via Work in Skype for Business Server