Lync VDI プラグインを Skype for Business Server と共に展開するDeploy the Lync VDI plug-in with Skype for Business Server

このトピックでは、リモート仮想デスクトップに接続しているときに Skype for Business を使用するための展開手順について説明します。This topic discusses deployment procedures for using Skype for Business while connecting to a remote virtual desktop. 計画の考慮事項は、 VDI 環境での Skype For business の計画に含まれています。Planning considerations are at Plan for Skype for Business in VDI environments.

仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) 環境は、非常に高度なセキュリティとコンプライアンスが求められる組織で使用します。A Virtual Desktop Infrastructure (VDI) environment is used in some organizations where security and compliance issues are especially sensitive. ユーザーは、仮想デスクトップのクライアントを使用して、ローカルの Windows コンピューターで作業します。Their users are on local Windows computers and using clients on a virtual desktop. Skype for Business を接続に使用すると、追加の VDI プラグインソフトウェアが必要になります。Using Skype for Business on a connection like that requires additional VDI plug-in software.

VDI プラグインコンポーネントには2つのソリューションがあります。1つは Microsoft が提供しており、もう1つは Citrix によって提供されています。There are two solutions available for the VDI plug-in component - one offered by Microsoft and one offered by Citrix. Microsoft は、新しい展開で新しい HDX リアルタイム最適化パックソリューションを使用することをお勧めしますが、そのライフサイクルの残りの部分については、引き続き元の Lync VDI プラグインをサポートします。Microsoft recommends using the new HDX RealTime Optimization Pack solution in new deployments but will continue to support the original Lync VDI Plug-in for the remainder of its lifecycle.

このトピックでは、Microsoft Lync VDI プラグインの展開について詳しく説明します。これは、Windows 7、Windows 8、または Windows Server 2008 でのみサポートされ、Lync 2013 または Skype for Business クライアントでのみサポートされます。This topic provides details on deploying the Microsoft Lync VDI plug-in, which is only supported on Windows 7 and Windows 8 or Windows Server 2008, and only supports Lync 2013 or Skype for Business clients. このプラグインを更新する予定はありませんが、Skype for Business 用のCITRIX HDX リアルタイム最適化パックは必要に応じて更新されます。There are no plans to update this plugin, but the Citrix HDX RealTime Optimization Pack for Skype for Business will be updated as needed.

Lync VDI プラグイン向けに環境を準備するPrepare your environment for the Lync VDI plug-in

  1. Skype for Business Server で、Lync VDI プラグインのすべてのユーザーに対して EnableMediaRedirection が TRUE に設定されていることを確認します。In Skype for Business Server, ensure that EnableMediaRedirection is set to TRUE for all Lync VDI plug-in users. 詳細については、「新しい-CsClientPolicyコマンドレット」および「 csclientpolicyコマンドレット」のヘルプトピックを参照してください。For details, see the Help topics for the New-CsClientPolicy cmdlet and the Set-CsClientPolicy cmdlet.

  2. データセンターサーバーで、すべての仮想デスクトップに Skype for Business クライアントをインストールします。On the data center server, install the Skype for Business client on all virtual desktops.

  3. ローカルコンピューターで、Lync VDI プラグインをインストールします。On the local computers, install the Lync VDI plug-in.

    ここで、ヘッドセットや Web カメラなどのデバイスをローカル コンピューターに接続します。Users should now connect a device like a headset or webcam to their local computer.

リモート デスクトップ接続の設定を構成するConfigure Remote Desktop Connection settings

Lync VDI プラグインのリモートデスクトップ接続を準備するには、ローカルコンピューターで次の手順を実行します。To prepare Remote Desktop Connection for the Lync VDI plug-in, follow these steps on the local computer:

  1. ローカルコンピューターで Windows 8 を実行している場合は、この手順をスキップしてください。If the local computer is running Windows 8, skip this step. ローカルコンピューターで Windows 7 SP1 を実行している場合は、最新の Windows 8 バージョンのリモートデスクトップサービスクライアントをインストールします。If the local computer is running Windows 7 with SP1, install the latest Windows 8 version of the Remote Desktop Services client.

  2. [スタート]、[リモート デスクトップ接続] の順にクリックして、リモート デスクトップ サービス クライアントを起動します。Start the Remote Desktop Services client by clicking Start, and then clicking Remote Desktop Connection.

  3. [オプション] をクリックします。Click Options.

  4. [ローカル リソース] タブをクリックします。[リモート オーディオ] の下にある [設定] をクリックし、次の手順を実行します。Click the Local Resources tab. Under Remote audio, click Settings, and then do the following:

    • [リモート オーディオ再生] で [このコンピューターで再生] を選択します。Under Remote audio playback, select Play on this computer.

    • [リモート オーディオ録音] で [録音しない] を選択します。Under Remote audio recording, select Do not record.

    • [OK] をクリックします。Click OK.

  5. [エクスペリエンス] タブをクリックします。[パフォーマンス] で [ビットマップのキャッシュを保持] チェック ボックスをオフにします。Click the Experience tab. Under Performance, clear the Persistent bitmap caching check box.

  6. [全般] タブをクリックします。[コンピューター] に仮想マシンの名前を入力し、[接続] をクリックします。Click the General tab. In Computer, type the name of the virtual desktop, and then click Connect.

仮想デスクトップにサインインして、Skype for Business を使用します。Sign in and use Skype for Business on the virtual desktop

Lync VDI プラグインを有効にすると、ユーザーは仮想デスクトップで Skype for Business にサインインするときに次の手順を実行します。After the Lync VDI plug-in is enabled, the user follows these steps when signing in to Skype for Business on the virtual desktop.

  1. ユーザーは、仮想デスクトップで実行されている Skype for Business クライアントに自分の資格情報を入力します。The user types his or her credentials in to the Skype for Business client running on the virtual desktop.

  2. Skype for Business が Lync VDI プラグインを検出した後、Skype for Business は資格情報を再入力するようにユーザーに求めます。After Skype for Business detects the Lync VDI plug-in, Skype for Business prompts the user to re-enter the credentials. このダイアログボックスでは、ユーザーが [パスワードを保存する] チェックボックスをオンにして、以降のサインインで資格情報を入力する必要がないようにすることをお勧めします。In this dialog box, we recommend that the user select the Save my password check box so that he or she will not be required to enter credentials during subsequent sign in.

  3. Skype for Business は、Lync VDI プラグインとのペアリングを開始します。Skype for Business begins pairing with the Lync VDI plug-in. この場合、クライアントは、Skype for Business のステータスバーに2つのアイコンを表示します。While that happens, the client displays two icons in the Skype for Business status bar. 左下のアイコンは、オーディオデバイスが利用できないことを示し、右下の点滅するアイコンは、VDI ペアリングが進行中であることを示します。The icon in the lower left indicates that no audio devices are available, and the blinking icon in the lower right indicates that VDI pairing is in progress: a. VDI ペアリングが成功すると、そのアイコンが、通話に使用するオーディオデバイスと VDI ペアリング成功: b を示すように変更されます。After VDI pairing is successful, the icons change to indicate the audio device that will be used for calls and the VDI pairing success: b. ユーザーは、ローカルコンピューターに接続されている Skype for Business 互換デバイスで自分のプレゼンスを確認できるようになりました。また、通常通りに通話を発信して応答することができます。The user can now see his or her presence on Skype for Business compatible devices that are connected to the local computer, and place and answer calls as usual.

Lync VDI プラグインのトラブルシューティングTroubleshoot the Lync VDI plug-in

Lync VDI プラグインのインストール後に問題が発生した場合は、次のセクションを参照してください。Refer to the following sections if you encounter issues after installing the Lync VDI plug-in.

Lync VDI プラグインのインストールに関する問題 Issues with installing the Lync VDI Plug-in

Lync VDI プラグインのインストールで問題が発生した場合は、次の点を確認してください。If there are issues with installing the Lync VDI plug-in, check the following:

  • TEMP および TMP システム変数で指定したフォルダーに十分な容量がある。Ensure that there is sufficient space in the folder that you specified in the TEMP and TMP system variables.

  • 書き込み保護がオフになっている。Ensure that write-protect is turned off. 手順については、お使いのデバイスの製造元のマニュアルを参照してください。Refer to your device manufacturer's documentation for instructions.

ペアリングに関する問題のトラブルシューティングTroubleshooting Issues with Pairing

Lync VDI プラグインのペアリングに失敗した場合、右下のペアリングアイコンは、次のように赤い "X" として表示されます。When Lync VDI plug-in pairing fails, the pairing icon in the lower right displays as a red "X" as shown:

考えられる失敗の原因と、問題を修正するために行うことのできる対策を、以下に示します。The following are possible reasons for failures and the actions you can take to correct the problem.

  • ユーザーがサインインの際に入力した資格情報が正しくない。The user entered incorrect credentials during sign-in.

    ユーザーは、Skype for Business からサインアウトし、正しい資格情報を使用してもう一度サインインする必要があります。The user should sign out of Skype for Business and sign in again with the correct credentials. ペアリングのダイアログ ボックスが再表示され、ペアリングに成功したかどうかが表示されます。The pairing dialog box will reappear and show whether pairing is successful.

  • リモート デスクトップ クライアントの別のインスタンスが実行している。Another instance of the remote desktop client is running.

    Windows でリモートデスクトップ接続を使用している場合、ユーザーは次の操作を行う必要があります。If they are using Remote Desktop Connection in Windows, users should do the following:

  1. タスク マネージャーを起動します。Alt+Ctrl+Del キーを押し、[タスク マネージャーの起動] をクリックします。Start Task Manager: Press Alt+Ctrl+Delete, and then click Start Task Manager.

  2. [プロセス] タブをクリックし、リスト内で mstsc.exe という名前のすべてのプロセスを見つけます。Click the Processes tab and look for all processes named mstsc.exe in the list.

  3. mstsc.exe プロセスを強調表示し、[プロセスの終了] をクリックします。Highlight each mstsc.exe process and then click End Process.

  4. 新しいリモート デスクトップ セッションを起動して、もう一度接続してみます。Start a new remote desktop session and try connecting again.

  • 必要なファイルが適切にインストールされていない。The necessary files did not install correctly.

    プラグインをローカル コンピューターにインストールしたら、次のファイルが C:\Program Files\Microsoft Office\Office15 (または適切なドライブ文字) にあることを確認します。After the plug-in is installed on the local computer, check to make sure that these files are present under C:\Program Files\Microsoft Office\Office15 (or the appropriate drive letter):

    • LyncVdiPlugin.dllLyncVdiPlugin.dll

    • UcVdi.dllUcVdi.dll

  • Skype for Business クライアントはローカルコンピューターで実行されています。The Skype for Business client is running on the local computer.

    Lync VDI プラグインを使用するには、ローカルコンピューターで Skype for Business クライアントを実行している必要があります。そうでないと、ペアリングは失敗します。To use the Lync VDI plug-in, a Skype for Business client must not be running on the local computer, otherwise pairing will fail. ベストプラクティスとして、ユーザーはローカルコンピューターに Skype for Business クライアントをインストールしないようにする必要があります。As a best practice, the user should not install a Skype for Business client on the local computer.

関連項目See also

Plan for Skype for Business in VDI environmentsPlan for Skype for Business in VDI environments