Skype Room System: Skype for Business ソフトウェア ライセンスSkype Room System: Skype for Business software license

このトピックでは、Skype for Business ソフトウェア ボリューム ライセンスを持っているかどうかを確認する方法について説明します。Read this topic to learn how to check whether you have a Skype for Business software volume license.

Skype Room System は、ソフトウェア ボリューム ライセンスが必要な、インストール済みの Skype for Business クライアントを使用します。Skype Room System uses an installed Skype for Business client, which requires a software volume license. 最初の Skype Room System を展開する前に、キー管理サーバー (KMS) またはマルチ ライセンス認証キー (MAK) を使用して、展開のボリューム ライセンスの状態を確認します。Before deploying the first Skype Room System, find out the volume license state of the deployment - using Key Management Servers (KMS) or Multiple Activation Keys (MAK).

キー管理サーバー (KMS)Key Management Servers (KMS)

KMS が配置され、Skype for Business ボリューム ライセンスのライセンス認証を配布する場合、Skype Room System は Skype for Business クライアントを自動的にライセンス認証します。If KMS are in place and will distribute Skype for Business Volume License activations, the Skype Room System will automatically activate the Skype for Business client. KMS が配置されている場合は、次の方法を使用します。To find out if KMS are in place:

コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。 nslookup -type=srv _vlmcs._tcp >%temp%\kms.txtFrom a command prompt, run: nslookup -type=srv _vlmcs._tcp >%temp%\kms.txt

詳細については、「DNS 経由で windows KMS ホストOffice検出し、承認されていないインスタンスを削除する方法 を参照してくださいFor more information, see How to discover Office and Windows KMS hosts via DNS and remove unauthorized instances.

KMS をセットアップするには、KMSの Office 2013 とVLKSの KMS ライセンス認証と、ライセンス認証の Active Directory ライセンス認証を参照Office 2013To set up a KMS, see KMS activation of Office 2013 and GVLKs for KMS and Active Directory activation of Office 2013

Office 2013 Lync の汎用ボリューム ライセンス キー: 2MG3G-3BNTT-3MFW9-KDQW3-TCK7R (このキーにより、Skype Room System はネットワーク上の KMS を探します)。Office 2013 Generic Volume License Key for Lync: 2MG3G-3BNTT-3MFW9-KDQW3-TCK7R (This key causes the Skype Room System to look for a KMS on the network.)

ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) からのマルチ ライセンス認証キー (MAK)Multiple Activation Keys (MAK) from the Volume License Service Center (VLSC)

お客様が他のボリューム ライセンス ソフトウェアを使用している場合、IT 部門は VLSC を使用してソフトウェアライセンス認証とボリューム ライセンス契約 (VLAN) を管理します。If the customer uses any other volume license software, the IT department will manage the software activations and Volume License Agreement (VLA) using the VLSC. これにより、会社は Skype for Business VL ライセンス認証を購入し、その後、Skype Room System 管理コンソールで入力用の MAK を取得できます。This will also enable the company to purchase Skype for Business VL activations, after which the company can obtain a MAK for input in the Skype Room System Admin Console.

VLAN を持つお客様は、契約の管理と MAK の取得に使用される VLSC 資格情報を知っている必要があります。A customer with a VLA must know their VLSC credentials, which will be used to administer the agreement and obtain MAK. 不明な場合、顧客の財務部門は、顧客が VLAN の支払いを行ったか確認できる必要があります。If uncertain, the customer's finance department should be able to confirm if the customer has paid for a VLA.

MAK を取得するには、ボリューム ライセンス サービス センターにアクセスして契約を表示し、プロダクト キー (MAK) をダウンロードします。To obtain a MAK, access the Volume Licensing Service Center to view agreements and download product keys (MAK). 詳細については、ボリューム ライセンス サービス センターにアクセスしてくださいFor more information, go to the Volume Licensing Service Center.

VLSC にアクセスしない Microsoft 365 Office 365 の MAKMAK for Microsoft 365 or Office 365 without VLSC access

お客様がボリューム ライセンス契約を持たなかった場合、Skype for Business のライセンス認証の管理は非常に困難になります。If the customer doesn't have a Volume License Agreement, Skype for Business activations will be much more difficult to manage. ただし、VLSC にアクセスOffice Microsoft 365 および Office 365 のお客様は、Skype Room System を販売する OEM に次の情報を提供することで、プロモーション用の MAK を取得できます。However, Microsoft 365 and Office 365 customers without VLSC access can obtain a promotional MAK by providing the following information to the OEM selling the Skype Room System:

  • 会社名Company name

  • 展開連絡先の名前、電子メール、電話番号Deployment contact name, email, and phone number

  • 展開されたシステムの数Number of systems deployed

  • 展開日Deployment date

  • 顧客が Microsoft テクニカル アカウント マネージャーを持つ場合、TAM の名前と連絡先情報If the customer has a Microsoft Technical Account Manager, the TAM's name and contact information