Skype for Business Server でダイヤル プランを作成または変更するCreate or modify a dial plan in Skype for Business Server

概要: Skype for Business Server コントロール パネルを使用してダイヤル プランを作成または変更する方法について学習します。Summary: Learn how to create or modify a dial plan by using the Skype for Business Server Control Panel.

ダイヤル プランを作成するにはTo create a dial plan

  1. Skype for Business Server コントロール パネルを開きます。Open Skype for Business Server Control Panel.

  2. 左側のナビゲーション バーで [音声のルーティング] をクリックし、[ダイヤル プラン] をクリックします。In the left navigation bar, click Voice Routing and then click Dial Plan.

  3. [ダイヤル プラン] ページで 、[新規] をクリック し、ダイヤル プランのスコープを選択します。On the Dial Plan page, click New and select a scope for the dial plan:

    • サイト ダイヤル プランは 、ユーザー ダイヤル プランに割り当てられているユーザーまたはグループを除き、サイト全体に適用されます。Site dial plan applies to an entire site, except any users or groups that are assigned to a user dial plan. ダイヤル プランのスコープ として [ サイト] を選択する場合は、[サイトの選択] ダイアログ ボックスからサイト を選択する 必要があります。If you select Site for a dial plan's scope, you must choose the site from the Select a Site dialog box. サイトのダイヤル プランが既に作成されている場合、[サイトの選択] ダイアログ ボックス にはサイトは 表示されません。If a dial plan has already been created for a site, the site does not appear in the Select a Site dialog box.

    • プール ダイヤル プランは 、公衆交換電話網 (PSTN) ゲートウェイまたはレジストラーに適用できます。Pool dial plan can apply to a public switched telephone network (PSTN) gateway or a Registrar. ダイヤル プランのスコープとして [ プール] を選択した場合は、[サービスの選択] ダイアログ ボックスから PSTN ゲートウェイまたはレジスト ラーを 選択します。If you select Pool for a dial plan's scope, choose the PSTN gateway or Registrar from the Select a Service dialog box. サービス (PSTN ゲートウェイまたはレジストラー) のダイヤル プランが既に作成されている場合、サービスは一覧に表示されません。If a dial plan has already been created for a service (PSTN gateway or Registrar), the service does not appear in the list.

    • ユーザー ダイヤル プランは 、指定したユーザーまたはグループに適用できます。User dial plan can be applied to specified users or groups.

      注意

      ダイヤル プランのスコープを選択した後は、変更できません。After you select the dial plan scope, it cannot be changed.

  4. ユーザー ダイヤル プランを作成する場合は、[新しいダイヤルプラン] ダイアログ ボックスの [名前] フィールドにわかりやすい名前 入力します。If you are creating a user dial plan, enter a descriptive name in the Name field on the New Dial Plan dialog box. この名前を保存した後は、変更できません。After this name is saved, it cannot be changed.

    注意

    サイト ダイヤル プランの場合、[名前] フィールドにはサイト名が事前に入力され、変更できません。> プール ダイヤル プランの場合、[名前] フィールドには PSTN ゲートウェイまたはレジストラー名が事前に入力され、変更できません。For site dial plans, the Name field is prepopulated with the site name and cannot be changed.> For pool dial plans, the Name field is prepopulated with the PSTN gateway or Registrar name and cannot be changed.

  5. [ 簡単な名前 ] フィールドには、[名前] フィールドに表示される名前と同じ名前が 事前に入力 されます。The Simple name field is prepopulated with the same name that appears in the Name field. 必要に応じて、このフィールドを編集して、ダイヤル プランを適用するサイト、サービス、またはユーザーを反映するわかりやすい名前を指定できます。You can optionally edit this field to specify a more descriptive name that reflects the site, service, or user to which the dial plan applies.

    重要

    簡易 名は、 展開内のすべてのダイヤル プランの中で一意である必要があります。The Simple name must be unique among all dial plans in your deployment. 英字、数字、ハイフン (-)、ピリオド (.)、アンダースコア ()、またはアンダースコア ().> 文字は、RFC 3966 ( ) で定義されているスペースと予約文字を含め、256 文字を超えることはできません。 http://www.ietf.org/rfc/rfc3966.txtIt cannot exceed 256 Unicode characters, each of which can be an alphabetic or numeric character, a hyphen (-), a period (.), or an underscore (_).> Characters not supported include spaces and Reserved characters as defined in RFC 3966 (http://www.ietf.org/rfc/rfc3966.txt). 簡易名 でサポートされていない 予約文字は、";" >含まれます。 "/" "?"":" "@" "&" "=" "+" "$" ","Reserved characters that are not supported in the Simple Name include the following:> ";" "/" "?" ":" "@" "&" "=" "+" "$" ","

  6. (省略可能)[説明 ] フィールド には、ダイヤル プランに関するその他の説明情報を入力できます。(Optional) In the Description field, you can type additional descriptive information about the dial plan.

  7. (オプション) このダイヤル プランをダイヤルイン アクセス番号の地域として使用する場合は、[ダイヤルイン会議の地域] を指定します。 このダイヤル プランをダイヤルイン アクセス番号で使用しない場合は、このフィールドを空のままにします。(Optional) If you want to use this dial plan as a region for dial-in access numbers, specify a Dial-in conferencing region. If you do not want to use this dial plan for dial-in access numbers, leave this field empty.

    注意

    ダイヤルイン会議の地域は、ダイヤルイン会議アクセス番号を、1 つまたは複数のダイヤル プランに関連付けるのに必要です。Dial-in conferencing regions are required to associate dial-in conferencing access numbers with one or more dial plans.

  8. (省略可能)[外部アクセス プレフィックス ] フィールドで、ユーザーが外線を取得するために先頭に 1 つ以上の数字 (たとえば、9) をダイヤルする必要がある場合にのみ、値を指定します。(Optional) In the External access prefix field, specify a value only if users need to dial one or more additional leading digits (for example, 9) to get an external line. 最大 4 文字 (#、*、および 0 ~ 9) のプレフィックス値を入力できます。You can type in a prefix value of up to four characters (#, *, and 0-9).

    注意

    外部アクセス プレフィックスを指定した場合、プレフィックスに対応するのに、新しい正規化ルールを作成する必要はありません。If you specify an external access prefix, you do not need to create a new normalization rule to accommodate the prefix.

  9. ダイヤル プランの正規化ルールを次のように関連付け、構成します。Associate and configure normalization rules for the dial plan as follows:

    • 展開で使用可能なすべての正規化ルールの一覧から 1 つ以上のルールを選択するにはエンタープライズ VoIPをクリック しますTo choose one or more rules from a list of all normalization rules available in your Enterprise Voice deployment, click Select. [ 正規化ルールの選択] で、ダイヤル プランに関連付けるルールを選択し 、[OK] をクリックします。In Select Normalization Rules, highlight the rules you want to associate with the dial plan and then click OK.

    • 新しい正規化ルールを定義してダイヤル プランに関連付けるには、[新規] をクリックします。To define a new normalization rule and associate it with the dial plan, click New. 新しいルールの定義の詳細については、「Skype for Business で正規化ルールを作成または変更する」 を参照してくださいFor details about defining a new rule, see Create or modify a normalization rule in Skype for Business.

    • 既にダイヤル プランに関連付けられている正規化ルールを編集するには、ルールの名前を選択状態にして [詳細の表示] をクリックします。To edit a normalization rule that is already associated with the dial plan, highlight the rule name and click Show details.

    • 既存の正規化ルールをコピーしてそれを基に新しいルールを定義するには、ルールの名前を選択状態にして [コピー] をクリックし、[貼り付け] をクリックします。To copy an existing normalization rule to use as a starting point for defining a new rule, highlight the rule name and click Copy, and then click Paste.

    • ダイヤル プランから正規化ルールを削除するには、ルールの名前を選択状態にして [削除] をクリックします。To remove a normalization rule from the dial plan, highlight the rule name and click Remove.

      注意

      ダイヤル プランごとに少なくとも 1 つの関連付けられた正規化ルールが必要です。Each dial plan must have at least one associated normalization rule. ダイヤル プランに必要なすべての正規化ルールを決定する方法については、「計画」のドキュメントの 「Plan for outbound voice routing in Skype for Business Server」 を参照してください。For information about how to determine all of the normalization rules a dial plan requires, see Plan for outbound voice routing in Skype for Business Server in the Planning documentation.

  10. ダイヤル プランの正規化ルールが正しい順序で並べ替えされていることを確認します。Verify that the dial plan's normalization rules are arranged in the correct order. 一覧内でのルールの位置を変更するには、ルール名を選択し、上矢印または下矢印をクリックします。To change a rule's position in the list, highlight the rule name and then click the up or down arrow.

    重要

    Skype for Business Server は正規化ルールの一覧を上から下にスキャンし、ダイヤルされた番号に一致する最初のルールを使用します。Skype for Business Server traverses the normalization rule list from the top down and uses the first rule that matches the dialed number. ダイヤル プランを構成し、その結果ダイヤルされる番号が複数の正規化ルールと一致する可能性がある場合は、制限の厳しいルールが制限の緩いルールより上に並び替えてください。If you configure a dial plan so that a dialed number can match more than one normalization rule, make sure the more restrictive rules are sorted above the less restrictive ones. >すべて 保持する正規化 ルール^(\d )$ は、任意の 11 桁の番号 {11} と一致します。> The default Keep All normalization rule^(\d{11})$ matches any 11-digit number. たとえば、1425 で始まる 11 桁の番号と一致する正規化ルールを追加する場合は、Keep All が制限の厳しい^(1425\d )$ ルールの下に並べ替えに設定されます。 {7}For example, if you add a normalization rule that matches 11-digit numbers that start with 1425, make sure that Keep All is sorted below the more restrictive^(1425\d{7})$ rule.

  11. (オプション) ダイヤル プランをテストする番号を入力して、[実行] をクリックします。 テスト結果は、[テストする番号の入力] の下に表示されます。(Optional) Enter a number to test the dial plan and then click Go. The test results are displayed under Enter a number to test.

  12. [OK] をクリックします。Click OK.

  13. [ダイヤル プラン] ページで [確定] をクリックして、[すべて確定] をクリックします。On the Dial Plan page, click Commit, and then click Commit all.

    注意

    ダイヤル プランを作成する場合は必ず、[すべて確定] コマンドを 実行して構成 の変更を公開する必要があります。Any time you create a dial plan, you must run the Commit all command to publish the configuration change. 詳細については、「操作」のドキュメント の「Skype for Business での音声ルーティング構成に対する保留中の変更の公開」を参照してください。For details, see Publish pending changes to the voice routing configuration in Skype for Business in the Operations documentation.

ダイヤル プランを変更するにはTo modify a dial plan

  1. RTCUniversalServerAdmins グループのメンバーとして、または CsVoiceAdministrator、CsServerAdministrator、または CsAdministrator の役割のメンバーとしてコンピューターにログオンします。詳細については、「セットアップのアクセス許可の委任」を参照してください。Log on to the computer as a member of the RTCUniversalServerAdmins group, or as a member of the CsVoiceAdministrator, CsServerAdministrator, or CsAdministrator role. For details, see Delegate Setup Permissions.

  2. ブラウザー ウィンドウを開き、管理 URL を入力して Skype for Business Server コントロール パネルを開きます。Open a browser window, and then enter the Admin URL to open the Skype for Business Server Control Panel.

  3. 左側のナビゲーション バーで [音声のルーティング] をクリックし、[ダイヤル プラン] をクリックします。In the left navigation bar, click Voice Routing and then click Dial Plan.

  4. [ダイヤル プラン] ページで、ダイヤル プラン名をダブルクリックします。On the Dial Plan page, double-click a dial plan name.

    注意

    ダイヤル プランのスコープと名前は、ダイヤル プラン作成時に設定されています。 これらは変更できません。The dial plan scope and name were set when the dial plan was created. They cannot be changed.

  5. (オプション) [ダイヤル プランの編集] で [簡単な名前] フィールドを編集します。このフィールドには、ダイヤル プランを適用するサイト、サービス、またはユーザーを反映したよりわかりやすい名前を示す、[名前] フィールドの表示と同じ名前があらかじめ入力されています。(Optional) In Edit Dial Plan, edit the Simple name field, which is prepopulated with the same name that appears in the Name field to specify a more descriptive name that reflects the site, service, or user to which the dial plan applies.

    重要

    簡易 名は、Lync Server 2013 展開内のすべてのダイヤル プランの中で一意である必要があります。The Simple name must be unique among all dial plans within the Lync Server 2013 deployment. Unicode 文字は 256 文字以下で、アルファベット文字、数字、ハイフン (-)、ピリオド (.)、プラス記号 (+)、アンダースコア ().> スペースは、[簡単な名前]フィールドには使用できません。It cannot exceed 256 Unicode characters, each of which can be an alphabetic or numeric character, a hyphen (-), a period (.), a plus sign (+), or an underscore ().> Spaces are not allowed in the Simple name field.

  6. (オプション) [説明] フィールドにダイヤル プランの説明情報を入力します。(Optional) In the Description field, type descriptive information about the dial plan.

  7. (オプション) このダイヤル プランをダイヤルイン アクセス番号の地域として使用する場合は、[ダイヤルイン会議の地域] を指定します。 このダイヤル プランをダイヤルイン アクセス番号で使用しない場合は、このフィールドを空のままにします。(Optional) If you want to use this dial plan as a region for dial-in access numbers, specify a Dial-in conferencing region. If you do not want to use this dial plan for dial-in access numbers, leave this field empty.

    注意

    ダイヤルイン会議の地域は、ダイヤルイン会議アクセス番号を、1 つまたは複数のダイヤル プランに関連付けるのに必要です。Dial-in conferencing regions are required to associate dial-in conferencing access numbers with one or more dial plans.

  8. (オプション) ユーザーが外線に接続する際、先頭に 1 つまたは複数の数字 (9 など) を付けてダイヤルする必要がある場合のみ、[外部アクセス プレフィックス] フィールドに値を指定します。 最大 4 文字のプレフィックス値を入力できます (#、*、および 0 ~ 9)。(Optional) In the External access prefix field, specify a value only if users need to dial one or more additional leading digits to get an external line (for example, 9). You can type in a prefix value of up to four characters (that is, #, *, and 0-9).

    注意

    外部アクセス プレフィックスを指定した場合、プレフィックスに対応するのに、新しい正規化ルールを作成する必要はありません。If you specify an external access prefix, you do not need to create a new normalization rule to accommodate the prefix.

  9. ダイヤル プランの正規化ルールを関連付けて構成します。Associate and configure normalization rules for the dial plan:

    • 展開で使用可能なすべての正規化ルールの一覧から 1 つ以上のルールを選択するにはエンタープライズ VoIPをクリック しますTo choose one or more rules from a list of all normalization rules available in your Enterprise Voice deployment, click Select. [正規化ルールの選択] ダイアログ ボックスで、ダイヤル プランに関連付けるルールを選択状態にして、[OK] をクリックします。In the Select Normalization Rules dialog box, highlight the rules that you want to associate with the dial plan and then click OK.

    • 新しい正規化ルールを定義してダイヤル プランに関連付けるには、[新規] をクリックします。To define a new normalization rule and associate it with the dial plan, click New. 新しいルールの定義の詳細については、「Skype for Business で正規化ルールを作成または変更する」 を参照してくださいFor details about defining a new rule, see Create or modify a normalization rule in Skype for Business.

    • 既にダイヤル プランに関連付けられている正規化ルールを編集するには、ルールの名前を選択状態にして [詳細の表示] をクリックします。To edit a normalization rule that is already associated with the dial plan, highlight the rule name and click Show details.

    • 既存の正規化ルールをコピーしてそれを基に新しいルールを定義するには、ルールの名前を選択状態にして [コピー] をクリックし、[貼り付け] をクリックします。To copy an existing normalization rule to use as a starting point for defining a new rule, highlight the rule name and click Copy, and then click Paste.

    • ダイヤル プランから正規化ルールを削除するには、ルールの名前を選択状態にして [削除] をクリックします。To remove a normalization rule from the dial plan, highlight the rule name and click Remove.

      注意

      ダイヤル プランごとに少なくとも 1 つの関連付けられた正規化ルールが必要です。Each dial plan must have at least one associated normalization rule. ダイヤル プランに必要なすべての正規化ルールを決定する方法の詳細については、「計画」のドキュメントの 「Plan for outbound voice routing in Skype for Business Server」 を参照してください。For details about how to determine all of the normalization rules a dial plan requires, see Plan for outbound voice routing in Skype for Business Server in the Planning documentation.

  10. ダイヤル プランの正規化ルールが正しい順序で並べ替えされていることを確認します。Verify that the dial plan's normalization rules are arranged in the correct order. 一覧内でのルールの位置を変更するには、ルール名を選択し、上矢印または下矢印をクリックします。To change a rule's position in the list, highlight the rule name and then click the up or down arrow.

    重要

    Skype for Business Server は正規化ルールの一覧を上から下にスキャンし、ダイヤルされた番号に一致する最初のルールを使用します。Skype for Business Server traverses the normalization rule list from the top down and uses the first rule that matches the dialed number. ダイヤル プランを構成し、その結果ダイヤルされる番号が複数の正規化ルールと一致する可能性がある場合は、制限の厳しいルールが制限の緩いルールより上に並び替えてください。If you configure a dial plan so that a dialed number can match more than one normalization rule, make sure the more restrictive rules are sorted above the less restrictive ones. >すべて 保持する正規化 ルール^(\d )$ は、任意の 11 桁の番号 {11} と一致します。> The default Keep All normalization rule^(\d{11})$ matches any 11-digit number. たとえば、1425 で始まる 11 桁の番号と一致する正規化ルールを追加する場合は、Keep All が制限の厳しい^(1425\d )$ ルールの下に並べ替えに設定されます。 {7}If, for example, you add a normalization rule that matches 11-digit numbers that start with 1425, make sure that Keep All is sorted below the more restrictive^(1425\d{7})$ rule.

  11. (オプション) ダイヤル プランをテストする番号を入力して、[実行] をクリックします。 テスト結果は、[テストする番号の入力] の下に表示されます。(Optional) Enter a number to test the dial plan and then click Go. The test results are displayed under Enter a number to test.

    注意

    まだテストに成功していないダイヤル プランを保存して、後で再構成することができます。You can save a dial plan that does not yet pass the test and then reconfigure it later. 詳細については、「Testing Voice Routing」を参照してください。For details, see Testing Voice Routing.

  12. [OK] をクリックします。Click OK.

  13. [ダイヤル プラン] ページで [確定] をクリックして、[すべて確定] をクリックします。On the Dial Plan page, click Commit, and then click Commit all.

    注意

    ダイヤル プランを作成または変更したときは常に、[すべて確定] コマンドを実行して、構成の変更を公開する必要があります。Any time you create or modify a dial plan, you must run the Commit all command to publish the configuration change. 詳細については、「操作」のドキュメント の「Skype for Business での音声ルーティング構成に対する保留中の変更の公開」を参照してください。For details, see Publish pending changes to the voice routing configuration in Skype for Business in the Operations documentation.

関連項目See also

Skype for Business での音声ルーティング構成に対する保留中の変更の公開Publish pending changes to the voice routing configuration in Skype for Business