スキーマ パーティションのレプリケーションの確認Verify Replication of Schema Partition

スキーマ拡張機能が Active Directory ドメイン サービス フォレストに正常にレプリケートされたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that the schema extension have been successfully replicated in your Active Directory Domain Services forest, do the following:

  1. スキーマ拡張機能が Enterprise Admins グループのメンバーとして適用された Active Directory ドメイン サービス フォレスト内のドメイン コントローラー (スキーマ マスターの役割を持つドメイン コントローラー以外) にログオンします。Log on to a domain controller (other than the domain controller that holds the schema master role) in your Active Directory Domain Services forest, where the schema extensions were applied as a member of the Enterprise Admins group.

  2. [スタート] をクリックして [管理ツール] をクリックし、[ADSI エディター] をクリックして ADSI エディターを開きます。Open ADSI Edit: Click Start, click Administrative Tools, and then click ADSI Edit.

    ヒント

    または [スタート] をクリックして [ファイル名を指定して実行] をクリックし、「adsiedit.msc」と入力して ADSI エディターを起動します。Alternatively, click Start, then click Run, type adsiedit.msc to start ADSI Edit.

  3. Microsoft 管理コンソール (MMC) ツリーで、まだ選択されていない場合には [ADSI エディタ] をクリックします。In the Microsoft Management Console (MMC) tree, if it is not already selected, click ADSI Edit.

  4. [アクション] メニューで、[接続] をクリックします。On the Action menu, click Connect to.

  5. [接続の設定] ダイアログ ボックスの [既知の名前付けコンテキストを選択する] で、[スキーマ] を選択して [OK] をクリックします。In the Connection Settings dialog box under Select a well known Naming Context, select Schema, and then click OK.

  6. スキーマ コンテナーで、CN=ms-RTC-SIP-SchemaVersion を検索します。このオブジェクトが存在し、rangeUpper 属性の値が 1150 で、rangeLower 属性の値が 3 の場合、スキーマは正しく更新され、レプリケートされています。このオブジェクトが存在しないか、rangeUpper および rangeLower 属性の値が指定された値と異なる場合、スキーマは変更されていないか、レプリケートされていません。Under the schema container, search for CN=ms-RTC-SIP-SchemaVersion. If this object exists, and the value of the rangeUpper attribute is 1150 and the value of the rangeLower attribute is 3, then the schema was successfully updated and replicated. If this object does not exist or if the values of the rangeUpper and rangeLower attributes are not as specified, then the schema was not modified or has not replicated.

注意

スキーマのレプリケーションが成功したことを確認できなかった場合は、およそ 15 分待ってからもう一度確認してください。If your check of the replication of the schema does not yet show a successful replication, wait approximately 15 minutes and then check again. Active Directory レプリケーションは、緩やかな一貫性モデルに基づいており、サーバーとインフラストラクチャの多くの要因に基づいて、一部のレプリケーション遅延が発生する可能性があります。Active Directory replication is based on a loose consistency model and some replication latency can occur, based on a number of factors in the server and infrastructure.