応答グループのキュー: 新規作成または現在の形式のままで編集Response Groups Queue: Create New or Edit Existing

応答グループ キューは、エージェントが応答するまで応答グループへの通話を保持します。Response Group queues hold calls to a response group until an agent answers the call.

UI リファレンスUI Reference

次の一覧に、このページのフィールドを示します。The following list describes the fields on the page.

  • 名前 各キューには名前が必要です。Name Each queue must have a name. キューのわかりやすい名前を入力します。Type a descriptive name for the queue.

  • 説明 このフィールドは省略可能です。Description This field is optional. キューに関する追加の詳細を提供するために使用します。Use it to provide additional details about the queue.

  • グループ キューに割り当てるエージェント グループを選択します。Groups Select the agent groups that you want to assign to the queue. [ 選択] を クリックして、エージェント グループをリストに追加します。Click Select to add agent groups to the list. [ 削除] をクリックして、選択したエージェント グループを一覧から削除します。Click Remove to delete the selected agent group from the list.

    上下の矢印を使用すると、選択したエージェント グループが一覧内で上下に移動します。The up and down arrows move a selected agent group up and down in the list. エージェント グループの順序は、Skype for Business Server が使用可能なエージェントを検索する順序に影響します。The order of agent groups affects the order in which Skype for Business Server searches for an available agent. つまり、リスト内の最初のグループが最初に検索され、使用可能なエージェントが検索され、次に 2 番目のグループが検索されます。That is, the first group in the list is searched first for an available agent, followed by the second group, and so on.

  • キューのタイム アウトを有効にする エージェントが通話に応答するまで発信者が保留を待機する最大時間を指定するには、このチェック ボックスをオンにします。Enable queue time-out Select this check box to specify a maximum period of time for a caller to wait on hold before an agent answers the call. このオプションを選択する場合は、次の項目も指定する必要があります。If you select this option, you also need to specify the following:

    • タイム アウト期間 (秒) エージェントが通話に応答するまで発信者が待機できる最大待機時間を選択または入力します。Time-out period (seconds) Select or type the maximum number of seconds a caller can wait before an agent answers the call.

    • 通話アクション 通話がタイム アウトした場合に発生するアクションを選択します。次の項目を選択できます。Call action Select the action that occurs when a call times out. Your choices are:

    • DisconnectDisconnect

    • ボイス メールに転送する このオプションを選択した場合は 、SIP アドレスにボイス メール アドレスを sip: の形式で入力します (たとえば @ 、sip:bob@contoso.com)。Forward to voice mail If you select this option, in SIP address, type a voice mail address in the format sip:@ (for example, sip:bob@contoso.com).

    • 電話番号に転送する このオプションを選択した場合 、SIP アドレスに電話番号を sip: の形式で入力します (たとえば @ 、sip:+14255550121@contoso.com)。Forward to telephone number If you select this option, in SIP address type the telephone number in the format sip:@ (for example, sip:+14255550121@contoso.com).

    • SIP アドレスに転送する 通話を別のユーザーに転送するには、このオプションを選択します。Forward to SIP address Select this option to forward the call to another user. SIP アドレスに、 ユーザーの URI を sip: の形式で入力します @ In SIP address, type the URI for the user in the format sip:@.

    • 別のキューに転送する このオプションを選択した場合は、通話のタイム アウト時に通話を受信するキューを参照します。Forward to another queue If you select this option, browse to the queue that is to receive calls when the calls time out.

  • キューオーバーフローを有効にする キューが保持できる通話の最大数を指定するには、このチェック ボックスをオンにします。Enable queue overflow Select this check box to specify a maximum number of calls that the queue can hold. このオプションを選択する場合は、次の項目も指定する必要があります。If you select this option, you also need to specify the following:

    • 最大通話数 キューが保持できる通話の最大数を選択または入力します。Maximum number of calls Select or type the maximum number of calls the queue can hold.

    • 通話を転送する キューのオーバーフローしきい値に達した場合にアクションを実行する通話を選択します。Forward the call Select which call is to take action when the queue overflow threshold is met.

    • 通話アクション キューのオーバーフローしきい値に達した場合に発生するアクションを選択します。Call action Select the action that occurs when the queue overflow threshold is met. 次のどちらかを選択できます。Your choices are:

    • DisconnectDisconnect

    • ボイス メールに転送する このオプションを選択した場合は 、SIP アドレスにボイス メール アドレスを sip: の形式で入力します (たとえば @ 、sip:bob@contoso.com)。Forward to voice mail If you select this option, in SIP address, type a voice mail address in the format sip:@ (for example, sip:bob@contoso.com).

    • 電話番号に転送する このオプションを選択した場合 、SIP アドレスに電話番号を sip: の形式で入力します (たとえば @ 、sip:+14255550121@contoso.com)。Forward to telephone number If you select this option, in SIP address type the telephone number in the format sip:@ (for example, sip:+14255550121@contoso.com).

    • SIP アドレスに転送 通話を別のユーザーに転送するには、このオプションを選択します。Forward to SIP address Select this option to forward the call to another user. SIP アドレスに、 ユーザーの URI を sip: の形式で入力します @ In SIP address, type the URI for the user in the format sip:@.

    • 別のキューに転送する このオプションを選択した場合は、キューオーバーフローのしきい値に達した場合に呼び出しを受信するキューを参照します。Forward to another queue If you select this option, browse to the queue that is to receive calls when the queue overflow threshold is met.

応答グループの機能の詳細については、「計画」のドキュメントの 「Plan for the Response Group application in Skype for Business Server 2015」 を参照してください。For details about Response Group features and capabilities, see Plan for the Response Group application in Skype for Business Server 2015 in the Planning documentation. キューの使用の詳細については、「操作」のドキュメントの「Managing Response Group Queues」を参照してください。For details about working with queues, see Managing Response Group Queues in the Operations documentation.