外部アプリケーション全般設定エキスパンダーExternal Application General Settings Expander

既に定義されている信頼済みアプリケーション サーバーのプロパティを編集するには、以下の操作を行います。To edit the properties for a trusted application server that has already been defined, follow these instructions.

更新できるセクションは以下の 2 つです。There are two sections that you can modify:

全般設定General settings

次ホップ設定Next hop settings

全般設定General Settings

信頼されたアプリケーション サーバー プールの現在の完全修飾ドメイン名 (FQDN) を変更できます。プールの FQDN の名前を編集します。クライアントまたはサーバーが新しいプール名に接続できるようにするには、新しいエントリのドメイン ネーム システム (DNS) ホスト (A) のレコードが存在する必要があります。You can modify the current fully qualified domain name (FQDN) for the trusted application server pool. Edit the name of the pool FQDN. The Domain Name System (DNS) host (A) records must exist for the new entry before clients or servers can connect to the new pool name.

このプールへの構成データのレプリケーションが必要な場合は、[このプールへの構成データのレプリケーションを有効にする] をオンにします。構成データをレプリケーションしない場合は、このチェック ボックスをオフにします。Select Enable replication of configuration data to this pool if you need to have replication of configuration data to this pool. Clear the check mark if you do not want to replicate the configuration data.

次ホップ設定Next Hop Settings

ドロップダウン リストから定義済みの Enterprise Edition フロントエンド プールまたは Standard Edition フロントエンド サーバーを選択して、信頼済みアプリケーション サーバー プールの次ホップ サーバーを指定できます。You can specify the trusted application server pool's next hop server by selecting the defined Enterprise Edition Front End pool or Standard Edition Front End Server from the drop-down list. ディレクターまたはディレクター プールは、信頼されたアプリケーション サーバーの次ホップとしては有効な選択肢ではないため、リストに表示されません。A Director or Director pool is not a valid selection for a trusted application server next hop and will not appear in the list.

[OK] を クリックして変更を受け入れて保存します。Click OK to accept and save your changes. 変更を破棄してプロパティ ページを終了するには、[キャンセル] をクリックします。Click Cancel to discard your changes and exit the properties page.