従来版のマージ FQDNLegacy Merge FQDN

[アクセス エッジ プールの内部 FQDN] は、フェデレーション、リモート ユーザー アクセス、およびパブリック IM 接続において内部ユーザーが外部ユーザーと通信するさまざまなシナリオで使用します。従来の環境で負荷分散エッジ サーバーを展開した場合は、その内部ロード バランサーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力します。The Access Edge Pool internal FQDN is used for a variety of scenarios where internal users communicate with external users for federation, remote user access, and public IM connectivity. If a load-balanced Edge Server was deployed in your legacy environment, enter the fully qualified domain name (FQDN) of the internal load balancer.

[内部 SIP アクセス ポート] の値 [5061] は、クライアントおよび従来のフロントエンド プールとサーバーとの通信で使用する既定の伝送制御プロトコル (TCP) SIP ポートです。既定値を使用しなかった場合は、[内部 SIP アクセス ポート] の値を更新します。The Internal SIP access port value of 5061 is the default Transmission Control Protocol (TCP) SIP port for communicating with clients, legacy Front End pools and servers. If the default value was not used, update the Internal SIP access port: value.