リソース アカウントの構成Configure resource accounts

Skype for Business Server 2019 のハイブリッド実装では、ユニファイド メッセージング用に電話システムによって提供されるクラウド サービスのみを使用し、Exchange Online と統合しません。Skype for Business Server 2019 hybrid implementations only use Cloud services provided by Phone System for unified messaging and do not integrate with Exchange Online. Skype for Business Server 2019 では 、「Microsoft 365 または Office 365の電話システムについて」で説明されているクラウド通話キューと自動応答を使用できます。In Skype for Business Server 2019 you are now able to use the Cloud call queues and auto attendants described in Here's what you get with Phone System in Microsoft 365 or Office 365.

Skype for Business Server 2019 で電話システムの自動応答または通話キューを使用するには、アプリケーション エンドポイントとして機能し、電話番号を割り当て可能なリソース アカウントを作成し、オンラインの Teams 管理センターを使用して通話キューまたは自動応答を構成する必要があります。To use an Phone System auto attendant or call queue with Skype for Business Server 2019, you will need to create resource accounts that act as application endpoints and can be assigned phone numbers, then use the online Teams admin center to configure the call queue or auto attendant. このリソース アカウントは、この記事で説明するように、オンライン (「Microsoft Teams でリソース アカウントを管理してオンラインに設定されたリソース アカウントを作成する」を参照) またはオンプレミスにホームとして設定できます。This resource account can be homed online (see Manage resource accounts in Microsoft Teams to create resource accounts homed online) or on premises as described in this article. 通常、複数の電話システム自動応答ノードまたは通話キュー ノードが用意され、各ノードはリソース アカウントにマップされ、オンラインまたは Skype for Business Server 2019 にホストできます。Typically you will have multiple Phone System auto attendant or call queue nodes, each of which is mapped to a resource accounts, which can be homed online or in Skype for Business Server 2019.

既存の Exchange UM 自動応答と通話キュー システムがある場合は、Exchange Server 2019 または Exchange Online に切り替える前に、以下に説明するように詳細を手動で記録し、Teams 管理センターを使用して完全に新しいシステムを実装する必要があります。If you have an existing Exchange UM auto attendant and call queue system, before you switch to Exchange Server 2019 or Exchange online you will need to manually record the details as described below and then implement a completely new system using the Teams admin center.

概要Overview

電話システムの自動応答または通話キューにサービス番号が必要な場合は、次の順序でさまざまな依存関係を満たします。If your Phone System auto attendant or call queue will need a service number, the various dependencies can be met in the following sequence:

  1. サービス番号を取得します。Obtain a service number.
  2. 無料の電話システム - 仮想ユーザー ライセンスまたは リソース アカウントで使用する有料電話システムライセンスを取得します。Obtain a free Phone System - Virtual User license or a paid Phone System license to use with the resource account.
  3. リソース アカウントを作成します。Create the resource account. 自動応答または通話キューには、関連付けられたリソース アカウントが必要です。An auto attendant or call queue is required to have an associated resource account.
  4. オンラインとオンプレミスの間の Active Directory 同期を待機します。Wait for an active directory sync between online and on premises.
  5. 電話システムのライセンスをリソース アカウントに割り当てる。Assign the Phone System license to the resource account.
  6. リソース アカウントにサービス番号を割り当てる。Assign a service number to the resource account.
  7. 電話システムの通話キューまたは自動応答を作成します。Create a Phone System call queue or auto attendant.
  8. リソース アカウントを自動応答または通話キューに関連付けます (New-CsApplicationInstanceAssociation)。Associate the resource account with an auto attendant or call queue: (New-CsApplicationInstanceAssociation).

自動応答または通話キューがトップ レベルの自動応答の下にネストされている場合、関連付けられたリソース アカウントには、自動応答と通話キューの構造への複数のエントリ ポイントが必要な場合にのみ電話番号が必要です。If the auto attendant or call queue is nested under a top level auto attendant, the associated resource account only needs a phone number if you want multiple points of entry into the structure of auto attendants and call queues.

オンラインに所属する組織内のユーザーに通話をリダイレクトするには、電話システムのライセンスを持ち、エンタープライズ VoIP が有効になっているか、Microsoft 365 または Office 365 通話プランを持っている必要があります。To redirect calls to people in your organization who are homed Online, they must have a Phone System license and be enabled for Enterprise Voice or have Microsoft 365 or Office 365 Calling Plans. 「Microsoft Teams ライセンスの割り当て」をご覧くださいSee Assign Microsoft Teams licenses. これらの設定を有効にするには、エンタープライズ VoIPを使用Windows PowerShell。To enable them for Enterprise Voice, you can use Windows PowerShell. たとえば、次を実行します。 Set-CsUser -identity "Amos Marble" -EnterpriseVoiceEnabled $trueFor example run: Set-CsUser -identity "Amos Marble" -EnterpriseVoiceEnabled $true

作成する電話システムの自動応答または通話キューが入れ子にされ、電話番号を必要としない場合、プロセスは次の処理になります。If the Phone system auto attendant or call queue you're creating will be nested and will not need a phone number, the process is:

  1. リソース アカウントを作成するCreate the resource account
  2. オンラインとオンプレミスの間の Active Directory 同期を待機するWait for an active directory sync between online and on premises
  3. 電話システムの自動応答または通話キューを作成するCreate a Phone System auto attendant or call queue
  4. リソース アカウントを電話システムの自動応答または通話キューに関連付けるAssociate the resource account with a Phone System auto attendant or call queue

電話番号を使用してリソース アカウントを作成するCreate a resource account with a phone number

電話番号を使用するリソース アカウントを作成するには、次の順序で次のタスクを実行する必要があります。Creating a resource account that uses a phone number would require performing the following tasks in the following order:

  1. 有料または無料のサービス番号を移植または取得します。Port or get a toll or toll-free service number. 番号を他の音声サービスまたはリソース アカウントに割り当てすることはできません。The number can't be assigned to any other voice services or resource accounts.

    電話番号をリソース アカウントに割り当てる前に、既存の有料または無料のサービス番号を取得または移植する必要があります。Before you assign a phone number to a resource account, you will need to get or port your existing toll or toll-free service numbers. 有料またはフリーダイヤルのサービス電話番号を取得すると 、Microsoft Teams 管理センターの音声電話番号に表示され、リストされている番号の種類がサービス - 無料電話番号として表示されます > > 。 After you get the toll or toll-free service phone numbers, they will show up in Microsoft Teams admin center > Voice > Phone numbers, and the Number type listed will be listed as Service - Toll-Free. サービス番号を取得するには、「サービス電話番号を取得する」または既存のサービス番号を転送する場合は、「Teamsに電話番号を転送する」を参照してください。To get your service numbers, see Getting service phone numbers or if you want to transfer an existing service number, see Transfer phone numbers to Teams.

    米国外の場合は、Microsoft Teams 管理センターを使用してサービス番号を取得することはできません。If you are outside the United States, you can't use the Microsoft Teams admin center to get service numbers. 代わりに [組織の電話番号 の管理] に移動して、米国外から電話番号を管理する方法を確認します。Go to Manage phone numbers for your organization instead to see how to do it from the outside of the United States.

  2. 電話システムのライセンスを購入します。Buy a Phone System license. 参照:See:

  3. 電話システムの自動応答または通話キューごとにコマンドレットを実行してオンプレミスのリソース アカウントを作成し、それぞれの名前や sip アドレスを指定 New-CsHybridApplicationEndpoint します。Create an on-premises resource account by running the New-CsHybridApplicationEndpoint cmdlet for each Phone System auto attendant or call queue, and give each one a name, sip address, and so on.

    New-CsHybridApplicationEndpoint -ApplicationID <GUID> -DisplayName appinstance01 -SipAddress sip:appinstance01@contoso.com -OU "ou=Redmond,dc=litwareinc,dc=com"
    

    この コマンドの詳細については、New-CsHybridApplicationEndpoint を参照してください。See New-CsHybridApplicationEndpoint for more details on this command.

  4. (省略可能)リソース アカウントを作成したら、AD がオンラインとオンプレミスの間で同期するのを待つか、同期を強制して電話システムの自動応答または通話キューのオンライン構成に進みます。(Optional) Once your resource accounts are created, you can either wait for AD to sync between online and on premises, or force a sync and proceed to online configuration of Phone System auto attendant or call queues. 同期を強制するには、AAD Connect を実行しているコンピューターで次のコマンドを実行します (まだ実行していない場合は、コマンドを実行するために読み込 import-module adsync む必要があります)。To force a sync you would run the following command on the computer running AAD Connect (if you haven't done so already you would need to load import-module adsync to run the command):

    Start-ADSyncSyncCycle -PolicyType Delta
    

    この コマンドの詳細については、「Start-ADSyncSyncCycle」 を参照してください。See Start-ADSyncSyncCycle for more details on this command.

    この時点では、アカウントが同期されている可能性がありますが、プロビジョニングが完了していない可能性があります。Note-at this point, the account may have synced, but provisioning may not be complete. Get-CsOnlineApplicationEndpoint の出力を確認しますCheck the output of Get-CsOnlineApplicationEndpoint. 同期されたエンドポイントがまだプロビジョニングを完了していない場合は、ここには表示されません。If the synced endpoint has not completed provisioning yet, then it will not appear here. プロビジョニング要求の状態は、M365 ポータルの Teams セットアップの状態 で確認できますYou can check the status of the provisioning requests in the M365 portal under Teams Setup Status. このプロビジョニング フェーズには、最大 24 時間かかる場合があります。This provisioning phase can take up to 24 hours.

  5. 電話システム - 仮想ユーザーまたは電話システムのライセンスをリソース アカウントに割り当てる。Assign the Phone System - Virtual User or Phone System license to the resource account. 「Microsoft Teams アドオン ライセンスを割り当てる」と「ユーザーにライセンスを割り当てる」をご覧くださいSee Assign Microsoft Teams add-on licenses and Assign licenses to users.

    電話番号をリソース アカウントに割り当てる場合は、無料の電話システム - 仮想ユーザー ライセンスを使用できます。If you are assigning a phone number to a resource account you can now use the cost-free Phone System - Virtual User license. これにより、組織レベルの電話番号に電話システム機能が提供され、自動応答と通話キューの機能を作成できます。This provides Phone System capabilities to phone numbers at the organizational level, and allows you to create auto attendant and call queue capabilities.

  6. サービス番号をリソース アカウントに割り当てる。Assign the service number to the resource account. このコマンド Set-CsHybridApplicationEndpoint を使用して、電話番号 (-LineURI オプションを指定) をリソース アカウントに割り当てる。Use the Set-CsHybridApplicationEndpoint command to a assign a phone number (with the -LineURI option) to the resource account.

    Set-CsHybridApplicationEndpoint -Identity appinstance01@contoso.com -LineURI tel:+14255550100
    

    この コマンドの詳細については、「Set-CsHybridApplicationEndpoint」 を参照してください。See Set-CsHybridApplicationEndpoint for more details on this command.

    直接ルーティング番号またはハイブリッド番号をリソース アカウントに割り当てるには、次のコマンドレットを使用します。To assign a Direct Routing or hybrid number to a resource account, use the following cmdlet:

    Set-CsOnlineApplicationInstance -Identity appinstance01@contoso.com -OnpremPhoneNumber +14250000000
    

    リソース アカウントは、トップ レベルの自動応答または通話キューに割り当てられる場合、割り当てられた電話番号を必要とします。The resource account will need an assigned phone number if it will be assigned to a top level auto attendant or call queue. ユーザー (サブスクライバー) の電話番号をリソース アカウントに割り当て、サービス有料電話番号または無料電話番号のみを使用できます。User (subscriber) phone numbers can't be assigned to a resource account, only service toll or toll-free phone numbers can be used.

    直接ルーティング番号またはハイブリッド番号をリソース アカウントに割り当てできます。You can assign a Direct Routing or hybrid number to your resource account. 詳細については、「ダイレクト ルーティングを計画する」および「クラウドの自動応答を計画する」を参照してくださいFor details, see Plan Direct Routing and Plan Cloud auto attendants.

    注意

    自動応答と通話キューのリソース アカウントに割り当てられるダイレクト ルーティング サービス番号は、Microsoft Teams のユーザーとエージェントでのみサポートされます。Direct Routing service numbers assigned to resource accounts for auto attendant and call queues are supported for Microsoft Teams users and agents only.

  7. 電話システムの自動応答または通話キューを作成します。Create the Phone System auto attendant or call queue. 次のいずれかをご覧ください。See one of the following:

  8. リソース アカウントを、以前に選択した電話システムの自動応答または通話キューに関連付ける。Associate the resource account with the Phone System auto attendant or call queue you chose previously.

電話番号のないリソース アカウントを作成するCreate a resource account without a phone number

このセクションでは、オンプレミスに含まれるリソース アカウントの作成について説明します。This section discusses creating a resource account that is homed on premises. オンラインに参加しているリソース アカウントの作成については、「Microsoft Teams のリソース アカウントを管理 する」で説明しますCreating a resource account that is homed online is discussed at Manage resource accounts in Microsoft Teams.

これらの手順は、新しい電話システムの自動応答または通話キュー構造を作成する場合でも、Exchange UM で最初に作成された構造を再構築する場合にも必要です。These steps are necessary whether you are creating a brand new Phone System auto attendant or call queue structure, or rebuilding structure originally created in Exchange UM.

Skype for Business フロントエンド サーバーにログインし、次の PowerShell コマンドレットを実行します。Log in to the Skype for Business front end server and run the following PowerShell cmdlets:

  1. 電話システムの自動応答または通話キューごとにコマンドレットを実行してオンプレミスのリソース アカウントを作成し、それぞれの名前や sip アドレスを指定 New-CsHybridApplicationEndpoint します。Create an on-premises resource account by running the New-CsHybridApplicationEndpoint cmdlet for each Phone System auto attendant or call queue, and give each one a name, sip address, and so on.

    New-CsHybridApplicationEndpoint -DisplayName appinstance01 -SipAddress sip:appinstance01@litwareinc.com -OU "ou=Redmond,dc=litwareinc,dc=com"
    

    この コマンドの詳細については、New-CsHybridApplicationEndpoint を参照してください。See New-CsHybridApplicationEndpoint for more details on this command.

  2. (省略可能)リソース アカウントを作成したら、AD がオンラインとオンプレミスの間で同期するのを待つか、同期を強制して電話システムの自動応答または通話キューのオンライン構成に進みます。(Optional) Once your resource accounts are created, you can either wait for AD to sync between online and on premises, or force a sync and proceed to online configuration of Phone System auto attendant or call queues. 同期を強制するには、AAD Connect を実行しているコンピューターで次のコマンドを実行します (まだ実行していない場合は、コマンドを実行するために読み込 import-module adsync む必要があります)。To force a sync you would run the following command on the computer running AAD Connect (if you haven't done so already you would need to load import-module adsync to run the command):

    Start-ADSyncSyncCycle -PolicyType Delta
    

    この コマンドの詳細については、「Start-ADSyncSyncCycle」 を参照してください。See Start-ADSyncSyncCycle for more details on this command.

  3. 電話システムの自動応答または通話キューを作成します。Create the Phone System auto attendant or call queue. 次のいずれかをご覧ください。See one of the following:

  4. 以前に選択したリソース アカウントと電話システムの自動応答または通話キューを関連付ける。Associate the resource account and the Phone System auto attendant or call queue you chose previously.

実装をテストするTest the implementation

実装をテストする最善の方法は、電話システムの自動応答または通話キューに構成された番号を呼び出し、エージェントまたはメニューの 1 つに接続する方法です。The best way to test the implementation is to call the number configured for a Phone System auto attendant or call queue and connect to one of the agents or menus. 管理センターの操作ウィンドウの [テスト]ボタンを使用して、テスト通話をすばやく実行することもできます。You can also quickly place a test call by using the Test button in the admin center Action pane. 電話システムの自動応答または通話キューを変更する場合は、その自動応答を選択し、操作ウィンドウで [編集] をクリック しますIf you want to make changes to a Phone System auto attendant or call queue, select it and then in the Action pane click Edit.

ヒント

リソース アカウントが通話キューまたは自動応答に割り当てにくい場合は、Microsoft Teams の既知の問題と、Microsoft Teamsブログのハイブリッド アプリケーション インスタンスを修正する方法に関するセクションを参照してください。If your resource account has difficulties with being assigned to a call queue or auto attendant, see Known issues for Microsoft Teams and the How to fix my hybrid application instances section in the Microsoft Teams Blog.

Exchange UM 自動応答または通話キューを電話システムに移動するMoving an Exchange UM auto attendant or call queue to Phone System

Exchange UM から電話システムへの移行では、通話キューと自動応答構造を再作成する必要があります。一方から別のキューへの直接移行はサポートされていません。Migration from Exchange UM to Phone System will require recreating the call queue and auto attendant structure, directly migrating from one to the other is not supported. 一連の通話キューと自動応答を再実装するには、To re-implement a set of call queues and auto attendants:

  1. 管理者としてログインしている間に、Exchange 2013 または 2016 システムで次のコマンドを実行して、すべての Exchange UM 自動応答と呼び出しキューの一覧を取得します。Get a list of all Exchange UM auto attendants and call queues by running the following command on the Exchange 2013 or 2016 system while logged in as admin:

    Get-UMAutoAttendant | Format-List
    
  2. 一覧表示されている Exchange UM 呼び出しキューまたは自動応答ごとに、その場所を構造、設定、および関連するサウンドファイルまたは音声合成ファイルのコピーを取得します (出力の GUID は、ファイルが保存されているフォルダーの名前です)。For each listed Exchange UM call queue or auto attendant, note its place in the structure, settings, and get copies of associated sound or text-to-speech files (the guid in the output will be the name of a folder where the files are stored). これらの詳細を取得するには、次のコマンドを実行します。You can get these details by running the command:

    Get-UMAutoAttendant -Identity MyUMAutoAttendant
    

    この コマンドの詳細については、「Get-UMAutoAttendant」 を参照してください。See Get-UMAutoAttendant for more details on this command. キャプチャする必要があるオプションの完全な一覧は UMAutoAttendant メンバーですが、注意が必要な最も重要なオプションは次のとおりです。A complete list of options you might need to capture is at UMAutoAttendant members but the most important options to note down are:

    • 勤務時間Business hours
    • 営業時間外Non-business hours
    • 言語Language
    • 祝日のスケジュールHoliday schedule
  3. 前に説明したように、新しいオンプレミス のエンドポイントを作成します。Create new on-premises endpoints as previously described. テスト目的で、トップ レベルの自動応答に一時的な番号を割り当てる。Assign the top-level auto attendant a temporary number for testing purposes.

  4. 前述のように、エンドポイントを使用する電話システムの自動応答または通話キューを構成します。Configure a Phone System auto attendant or call queue that uses the endpoints as previously described.

  5. 電話システムの自動応答または通話キューをテストします。Test the Phone System auto attendant or call queue.

  6. Exchange UM 呼び出しキューまたは自動応答にリンクされている電話番号を、対応する電話システムの自動応答または通話キューに再割り当てします。Reassign the phone number linked to the Exchange UM call queue or auto attendant to the corresponding Phone System auto attendant or call queue.

    この時点で、UM ボイスメールを既に移行している場合は、2019 年に移行するExchange Serverがあります。At this point, if you have already migrated UM Voicemail, you should be in a position to migrate to Exchange Server 2019.

関連項目See Also

クラウドの通話キューを作成するCreate a Cloud call queue

クラウドの自動応答とはWhat are Cloud auto attendants?

クラウドの自動応答をセットアップするSet up a Cloud auto attendant

クラウド自動応答の計画Plan Cloud auto attendants

クラウド通話キューの計画Plan Cloud call queues

オンプレミス ユーザー向けクラウド ボイスメール サービスを計画するPlan Cloud Voicemail service for on-premises users

New-CsHybridApplicationEndpointNew-CsHybridApplicationEndpoint

New-CsOnlineApplicationInstanceNew-CsOnlineApplicationInstance

Microsoft Teams でリソース アカウントを管理する - (オンラインに設定されたリソース アカウントを作成するには)Manage resource accounts in Microsoft Teams - (to create resource accounts homed online)