クラウド自動応答の計画Plan Cloud auto attendants

Exchange ユニファイドメッセージング (Exchange Server 2013 または Exchange Server 2016) で使用される自動応答は、Exchange Server 2019 または Exchange Online では使用できなくなりました。The auto attendant used with Exchange Unified Messaging (Exchange Server 2013 or Exchange Server 2016) is no longer available in Exchange Server 2019 or Exchange Online. Skype for Business Server 2019 の実装が、これらのいずれかの Exchange バージョンと統合されている場合は、電話システムに関連付けられているオンラインクラウド音声機能を使用する必要があります。If your implementation of Skype for Business Server 2019 integrates with either of these Exchange versions, you'll need to use the online Cloud Voice features associated with Phone System. Exchange server 2013 および2016に所属する Exchange UM サービスをクラウドに移行する方法については、「 Plan For Skype For Business server And Exchange server migration 」を参照してください。See Plan for Skype for Business Server and Exchange Server migration for information about moving Exchange UM services homed on Exchange server 2013 and 2016 to the cloud.

これは本質的に、自動応答などのユニファイドメッセージング機能を使用したい場合に、Skype for Business Server 2019 のハイブリッド実装を行うことを意味します。This inherently means that you will have a hybrid implementation of Skype for Business Server 2019 if you wish to use Unified Messaging features like auto attendants. 詳細について は、「Skype For Business Server と Microsoft 365 または Office 365 間のハイブリッド接続の構成 」を参照してください。See Configure hybrid connectivity between Skype for Business Server and Microsoft 365 or Office 365 for details.

自動応答は、お客様の電話を受け付け、案内応答を再生し、メニューオプションを提供し、音声またはダイヤルパッドを使用して発信者と対話して、呼び出しを正しい宛先にルーティングするクラウドサービスです。An auto attendant is a cloud service that accepts customer calls and plays greetings, provides them with menu options, and interacts with callers using speech or the dial pad to route their calls to the right destination. 各自動応答には、Microsoft Teams 管理センターの自動応答に直接リンクされる Skype for Business Server 2019 システムの リソースアカウント (「 リソースアカウントの構成」を参照) が割り当てられます。Each auto attendant is assigned a resource account (see Configure resource accounts) on your Skype for Business Server 2019 system that will be linked directly to an auto attendant in the Microsoft Teams admin center. 自動応答に関する詳細については、「 クラウド自動応答とは 」を参照してください。自動応答にはどのようなオプションと機能がありますか。See What are Cloud auto attendants? for more detail on what auto attendants are and what options and features exist for auto attendants.

注意

複数の Microsoft サービス番号、直接ルーティング番号、またはハイブリッド番号を自動応答に割り当てることができます。You can assign multiple Microsoft service numbers, Direct Routing numbers, or hybrid numbers to an auto attendant.

クラウド自動応答への着信は、次に示すように、いくつかのパスのいずれかを受け取ることができます。An incoming call to a Cloud auto attendant can take one of several paths, as shown here:

自動応答の図

  1. Skype for Business Server 2019 経由Via Skype for Business Server 2019
  2. セッションボーダーコントローラー直接ルーティングを介してVia a Session Border Controller and Direct Routing
  3. Microsoft 365 または Office 365 のオンラインになっている番号を経由します。Via a number homed online in Microsoft 365 or Office 365.

以下も参照してください。Also see:

要件Requirements

次の要件は、サポートされているトポロジで Skype for Business Server 2019 が既に展開されていることを前提としています。The following requirements assume that you already have Skype for Business Server 2019 deployed in a supported topology. 要件は、シナリオによって異なります。Your requirements depend on your scenario:

上記の要件に加えて、次の要件を構成して、Microsoft クラウド自動応答サービスに接続する必要があります。In addition to the requirements above, the below requirements must be configured to connect to the Microsoft Cloud auto attendant service:

移行と相互運用性Migration and interoperability

Skype for Business Server 2019 または Exchange Server 2019 の展開を計画している場合は、自動応答を引き続きサポートするように、移行を慎重に計画する必要があります。If you are planning to deploy Skype for Business Server 2019 and/or Exchange Server 2019, you must plan your migration carefully to ensure continued support for auto attendants. 以下の点に注意します。Keep the following in mind:

  • Exchange Server 2019 が Exchange UM 機能を提供しなくなったExchange Server 2019 no longer provides Exchange UM functionality
  • Exchange ユニファイドメッセージングは、定年モードになっていますExchange Unified Messaging is in retirement mode
  • Skype for Business Server 2019 が Exchange Online UM と統合されなくなりましたSkype for Business Server 2019 no longer integrates with Exchange Online UM

クラウド自動応答は、Skype for Business Server 2019、2015、および2013を使用して構成できます。Cloud auto attendants can be configured with Skype for Business Server 2019, 2015, and 2013.

Microsoft では、次の移行パスをお勧めします。Microsoft recommends the following migration paths:

  • Skype for Business Server 2019 にアップグレードする場合は、exchange Server 2013 または2016で Exchange UM を使用できますが、Exchange Server 2019 を使用している場合は、クラウドの自動応答にアップグレードする必要があります。If you are upgrading to Skype for Business Server 2019, you can use Exchange UM in Exchange Server 2013 or 2016, but you must upgrade to Cloud auto attendant if you are using Exchange Server 2019.

  • Exchange Server 2019 にアップグレードしていて、以前のバージョンの Exchange Server UM を Skype for Business Server voice messaging に対して使用している場合は、メールボックスをアップグレードする前に、Skype for Business Server 2019 にアップグレードすることをお勧めします。If you are upgrading to Exchange Server 2019, and you are using previous versions of Exchange Server UM for Skype for Business Server voice messaging, Microsoft recommends that you upgrade to Skype for Business Server 2019 before the mailbox upgrade. それ以外の場合、音声メッセージング機能は失われます。Otherwise, voice messaging capabilities will be lost.

移行の計画の詳細については、「 Plan For Skype for Business server And Exchange server migration」を参照してください。For more information about planning your migration, see Plan for Skype for Business Server and Exchange Server migration.

以前に実装された Exchange UM 自動応答システムを移行するMigrating a previously implemented Exchange UM auto attendant system

現時点では、Exchange 2013 または2016で作成された UM 自動応答システムのクラウドへの自動移行はサポートされていません。Currently we don't support automated migration to the Cloud of a UM auto attendant system created in Exchange 2013 or 2016. 自動応答システムを手動で再作成するには、次の操作を行う必要があります。To manually re-create an auto attendant system, you'll need to:

  1. Exchange 管理者の powershell コマンドを使用して、ネストされた自動応答と呼び出しキューを含む、古い自動応答システムの構造を確認します。Use Exchange admin powershell commands to review the structure of the old auto attendant system, including any nested auto attendants and call queues.
  2. 各 UM 自動応答ノードに関連付けられている音声合成スクリプトまたは録音済みメッセージのコピーを作成します。Create copies of text-to-speech scripts or recorded messages associated with each UM auto attendant node.
  3. テスト電話番号とライセンスをオブジェクトに割り当てることを含め、各自動応答ノードに対してオンプレミスエンドポイントを作成します。Create on premise endpoints for each auto attendant node, including assigning a test phone numbers and licenses to the objects. 電話システムのようなオンラインサービスで使用される、オンプレミスの電話番号ライセンスを割り当てることができるようになりました。Note that you now have the ability to assign on-premise phone numbers licenses used by online services like Phone System.
  4. Microsoft Teams と電話システムを使用して、新しいクラウド自動応答サービスを実装します。Implement a new Cloud auto attendant service with Microsoft Teams and Phone System. 実装の詳細については、「 Configure resource accounts 」を参照してください。See Configure resource accounts for implementation details. この場合は、各 UM 自動応答ノードに関連付けられている音声合成スクリプトまたは録音済みメッセージをアップロードします。As you do this, upload the text-to-speech scripts or recorded messages associated with each UM auto attendant node.
  5. クラウド自動応答の機能をテストします。Test the functionality of the Cloud auto attendant.
  6. 古い Exchange UM 自動応答に割り当てられている電話番号を、新しく作成したメインクラウド自動応答に再割り当てします。Reassign the phone number assigned to the old Exchange UM auto attendant to the newly created main Cloud auto attendant.

これらの手順の詳細について は、「EXCHANGE UM 自動応答またはコールキューを電話システムに移行する 」を参照してください。See Moving an Exchange UM auto attendant or call queue to Phone System for details on these steps.

その他の計画に関するリソースAdditional planning resources

Small business の例-自動応答の設定 」というタイトルのチュートリアルでは、ユーザーのニーズに関する情報の収集、自動応答とユーザーの構成 (および場合によっては呼び出しキュー) の計画、メニュープロンプトの作成、Teams 管理センターでのプランの実装を行います。The tutorial titled Small business example - Set up an auto attendant goes through the process of gathering information about user needs, planning a structure of auto attendants and users (and possibly call queues), writing the menu prompts, and implementing the plan in the Teams admin center. チュートリアルを確認し、そこにある演習を使用して計画を作成します。Review the tutorial and use the exercises there to create your plan.

お客様のニーズを満たす堅固な構造を持っていて、顧客に効率的に対応するスクリプトを実行している場合は、「 リソースアカウントを構成する」に進みます。When you have a solid structure that meets your needs and a script that guides customers efficiently, proceed to Configure resource accounts.

注意事項

KB4480742で説明したように、サーバー2015で作成された Exchange UM 自動応答をサーバー2019を実行しているサーバーに移動しないことをお勧めします。As mentioned in KB4480742, moving Exchange UM auto attendants created in Server 2015 to servers running Server 2019 is discouraged. そのため、その時間は共存モードで実行されている Skype for business Server 2015 プールに保持する必要があります。For the time being, you'd have to keep them on a Skype for Business Server 2015 pool running in coexistance mode.

関連項目See Also

Skype for Business Server と Exchange Server の移行の計画Plan for Skype for Business Server and Exchange Server migration

リソース アカウントの構成Configure resource accounts

電話ユーザー インターフェイスでカスタム プロンプト録音を有効にするEnable custom prompt recording using the telephone user interface

クラウドの自動応答とはWhat are Cloud auto attendants?

クラウドの自動応答をセットアップするSet up a Cloud auto attendant

Exchange UM: 着信呼び出しへの自動応答とルーティングExchange UM: Automatically answer and route incoming calls

Skype for Business Server と Microsoft 365 または Office 365 間のハイブリッド接続を計画するPlan hybrid connectivity between Skype for Business Server and Microsoft 365 or Office 365

Skype for Business Server と Microsoft 365 または Office 365 間のハイブリッド接続を構成するConfigure hybrid connectivity between Skype for Business Server and Microsoft 365 or Office 365

KB4480742: contact オブジェクトを Skype for Business Server 2019 に移動した後、fast busy および "500 Server Internal" エラーが発生し、サブスクライバーアクセスまたは自動応答への呼び出しが失敗するKB4480742: Calls to Subscriber Access or auto attendant fail with fast busy and “500 Server Internal" error after moving contact objects to Skype for Business Server 2019