オンプレミス ユーザー向けクラウド ボイスメール サービスを計画するPlan Cloud Voicemail service for on-premises users

概要Overview

この記事では、オンプレミス ユーザー向け Microsoft クラウド ボイスメール サービスを実装するための利点、計画に関する考慮事項、および要件について説明します。This article describes benefits, planning considerations, and requirements for implementing the Microsoft Cloud Voicemail service for your on-premises users. クラウド ボイスメールの構成の詳細については、「クラウド ボイスメール サービス の構成」を参照してくださいFor information on configuring Cloud Voicemail, see Configure Cloud Voicemail service.

クラウド ボイスメールは、Exchange Server 2019 または Exchange Online 上にメールボックスを持つ Skype for Business 2019 音声ユーザー向け音声メッセージング機能を提供する際に、Exchange ユニファイド メッセージング (UM) の代用です。Cloud Voicemail takes the place of Exchange Unified Messaging (UM) in providing voice messaging functionality for Skype for Business 2019 voice users who have mailboxes on Exchange Server 2019 or Exchange Online. クラウド ボイスメールは、オンプレミスユーザーとオンライン ユーザーの両方に次の利点があります。Cloud Voicemail provides the following benefits for both your on-premises and online users:

  • 拡張音声トランスクリプションを使用したボイスメールの応答および入金機能Voicemail answering and deposit functionality with enhanced speech transcription

  • Skype for Business Online または Outlook クライアントを使用してユーザーの Exchange メールボックスのボイスメールにアクセスするAccess to voicemail in the user's Exchange mailbox by using the Skype for Business Online or Outlook clients

  • Microsoft 365 管理センターを使用してボイスメール オプションを管理する機能The ability to use the Microsoft 365 admin center to manage voicemail options

  • オンプレミスまたはクラウドでの Exchange メールボックスのサポートSupport for Exchange mailboxes on premises or in the cloud

  • Exchange Online ユニファイド メッセージングからの既存のユーザー案内応答の活用Leveraging of existing user greetings from Exchange Online Unified Messaging

重要

Skype for Business Online は 2021 年 7 月 31 日に廃止され、その後、ユーザーは Skype for Business Online クライアントを介して Exchange メールボックスのボイスメールにアクセスできなくなりました。Skype for Business Online will be retired on July 31, 2021 after which users will no longer be able to access voicemail in their Exchange mailbox through the Skype for Business Online client.

機能の比較の詳細については 、「Plan for Skype for Business Server and Exchange Server migration」を参照してください。For more information about feature comparison, see Plan for Skype for Business Server and Exchange Server migration.

Skype for Business Server 2019 は、メールボックスが以前のバージョンの Exchange Server (2013、2016) にあるユーザーに対して引き続き Exchange UM を使用します。Skype for Business Server 2019 continues to use Exchange UM for users whose mailboxes are on previous versions of Exchange Server (2013, 2016). skype for Business Server 2019 または Exchange Server 2019 への移行を計画する上で、Exchange Server および Skype for Business Server のバージョンに基づいて使用されるボイスメール ソリューションを理解することが重要です。Understanding which voicemail solution will be used based on the Exchange Server and Skype for Business Server version is an important part of planning for migration to either Skype for Business Server 2019 or Exchange Server 2019. 移行と相互運用性の詳細については 、「Plan for Skype for Business Server and Exchange Server migration」を参照してください。For more information about migration and interoperability, see Plan for Skype for Business Server and Exchange Server migration.

クラウド ボイスメールを使用すると、次の理由から管理タスクが大幅に簡素化されます。With Cloud Voicemail, your administration tasks are greatly simplified because:

  • Exchange UM の役割を構成する必要はありません。There is no need to configure the Exchange UM role.
  • クラウド ボイスメールのセットアップ タスクは簡単です。The setup tasks for Cloud Voicemail are simpler.
  • ボイスメール機能の更新プログラムはクラウドに直接配信されます。そのため、ユーザーは常に、累積的な更新プログラム (CUs) への依存が少ない最新の機能と更新プログラムにアクセスできます。Updates to voicemail functionality are delivered directly in the cloud, so your users always have access to the latest features and updates with less dependency on Cumulative Updates (CUs).
  • オンプレミスの Exchange メールボックスとオンライン Exchange メールボックスの両方に対して同じ一連のコントロールを使用できます。You have the same set of controls for both on-premises and online Exchange mailboxes. これらのコントロールの詳細については、「電話システム ボイスメールのセットアップ 」を参照してくださいFor more information on these controls, see Set up Phone System voicemail.

次の図は、ハイブリッド展開でのクラウド ボイスメールを示しています。The following diagram shows Cloud Voicemail in a hybrid deployment:

SfB クラウド ボイスメール

応答のない呼び出しは、次のように処理されます。Unanswered calls are handled as follows:

  1. オンプレミスの Skype for Business 2019 にホームしているユーザーの場合、応答のない通話はオンプレミスの Skype for Business Server からオンライン クラウド ボイスメール サービスに送信されます。For users homed in Skype for Business 2019 on premises, unanswered calls are sent by the on-premises Skype for Business Server to the online Cloud Voicemail service.
  2. サービスは、トランスクリプションを含むボイスメールを処理します。The service processes the voicemail, including transcription.
  3. 次に、このサービスは、メールボックスがオンプレミスかオンラインかに関わりますが、ユーザーの Exchange メールボックスにボイスメールを保存します。The service then deposits the voicemail in the Exchange mailbox of the user, whether the mailbox is on-premises or online.
  4. ユーザーは、Skype for Business または Outlook クライアントからボイスメールにアクセスできます。Users can access their voicemail from either their Skype for Business or Outlook client.

RequirementsRequirements

次の要件は、サポートされているトポロジに Skype for Business Server が既に展開済みである必要があります。The following requirements assume that you already have Skype for Business Server deployed in a supported topology. 要件はシナリオによって異なります。Your requirements depend on your scenario:

  • 既に Exchange UM をオンラインで使用している場合に Skype for Business 2019 にアップグレードする場合は、ホスト型ボイスメール ポリシーを変更し、ホスティング プロバイダーが正しく設定されていることを確認する必要があります。If you are already using Exchange UM online and you upgrade to Skype for Business 2019, you will need to modify your hosted voicemail policy and verify that your hosting providers are set correctly. 詳細については、「クラウド ボイスメール サービス の構成」を参照してくださいFor more information, see Configure Cloud Voicemail service.

  • Exchange UM をオンプレミスで使用している場合、または Exchange UM をオンラインとオンプレミスで使用しているユーザーが混在している場合は、ホストボイスメール ポリシーとホスティング プロバイダーの両方を変更する必要があります。If you are using Exchange UM on premises, or you have a mix of users using Exchange UM online and on premises, you will need modify both your hosted voicemail policy and hosting provider. 詳細については、「クラウド ボイスメール サービス の構成」を参照してくださいFor more information, see Configure Cloud Voicemail service.

  • クラウド ボイスメールの新しい構成については、「クラウド ボイスメール サービスの構成」で説明 されている手順に従いますFor a new configuration of Cloud Voicemail, follow the steps outlined in Configure Cloud Voicemail service.

上記の要件に加えて、Microsoft クラウド ボイスメール サービスに接続するように以下の要件を構成する必要があります。In addition to the requirements above, the below requirements must be configured to connect to the Microsoft Cloud Voicemail service:

移行と相互運用性Migration and interoperability

Skype for Business Server 2019 または Exchange Server 2019 の展開を計画している場合は、ボイス メッセージングの継続的なサービスを確保するために、移行を慎重に計画する必要があります。If you are planning to deploy Skype for Business Server 2019 and/or Exchange Server 2019, you must plan your migration carefully to ensure continued service for voice messaging. 以下の点にご注意ください:Keep the following in mind:

  • Exchange Server 2019 では Exchange UM 機能が提供されなくなりましたExchange Server 2019 no longer provides Exchange UM functionality
  • Skype for Business Server 2019 は Exchange Online UM と統合されなくなりましたSkype for Business Server 2019 no longer integrates with Exchange Online UM

次の表に、クラウド ボイスメールのバージョンの相互運用性とサポートされるトポロジを示します。この表は、ユーザーがホームにしている可能性がある Skype for Business Server のバージョンと、Exchange メールボックスを提供する可能なバージョンを比較しています。Version interoperability and supported topologies for Cloud Voicemail are listed in the following table, which compares the Skype for Business Server versions the user might be homed on with the possible version providing their Exchange Mailbox. Exchange Online または Exchange Server 2019 で Skype for Business 2019 を使用する場合は、クラウド ボイスメールを使用する必要があります。You need to use Cloud Voicemail if you want to use Skype for Business 2019 with Exchange Online or Exchange Server 2019.

Exchange Server 2013Exchange Server 2013 Exchange Server 2016Exchange Server 2016 Exchange Server 2019Exchange Server 2019 Exchange OnlineExchange Online
Skype for Business Server 2019Skype for Business Server 2019 Exchange Server UMExchange Server UM Exchange Server UMExchange Server UM クラウド ボイスメールCloud Voicemail クラウド ボイスメールCloud Voicemail
Skype for Business Server 2015Skype for Business Server 2015 Exchange Server UMExchange Server UM Exchange Server UMExchange Server UM サポートされていませんNot supported クラウド ボイスメールCloud Voicemail
Lync Server 2013Lync Server 2013
Exchange Server UMExchange Server UM Exchange Server UMExchange Server UM サポート対象外Not Supported クラウド ボイスメールCloud Voicemail

Microsoft では、次の移行パスをお勧めします。Microsoft recommends the following migration paths:

  • Skype for Business Server 2019 にアップグレードする場合は、Exchange Server 2013 または 2016 の Exchange UM を使用できますが、Exchange Server 2019 を使用している場合はクラウド ボイスメールにアップグレードする必要があります。If you are upgrading to Skype for Business Server 2019, you can use Exchange UM in Exchange Server 2013 or 2016, but you must upgrade to Cloud Voicemail if you are using Exchange Server 2019.
  • Exchange Server 2019 にアップグレードする場合に、以前のバージョンの Exchange Server UM for Skype for Business Server ボイス メッセージングを使用している場合は、メールボックスのアップグレードの前に Skype for Business Server 2019 にアップグレードしてください。If you are upgrading to Exchange Server 2019, and you are using previous versions of Exchange Server UM for Skype for Business Server voice messaging, Microsoft recommends that you upgrade to Skype for Business Server 2019 before the mailbox upgrade. そうしないと、音声メッセージング機能が失われます。Otherwise, voice messaging capabilities will be lost.
  • Skype for Business Server 2019 にアップグレードし、Skype for Business Server 2015 が Exchange Online UM のボイスメール用に構成されている場合、ユーザーのアカウントが Skype for Business Server 2019 に移動すると、ユーザーのボイスメールは Exchange Online UM からクラウド ボイスメールに自動的に移行されます。If you are upgrading to Skype for Business Server 2019, and have Skype for Business Server 2015 configured for voicemail with Exchange Online UM, users' voicemail will automatically migrate from Exchange Online UM to Cloud Voicemail when their account is moved to Skype for Business Server 2019.

移行の計画の詳細については 、「Plan for Skype for Business Server and Exchange Server migration」を参照してください。For more information about planning your migration, see Plan for Skype for Business Server and Exchange Server migration.