Skype for Business Server と Microsoft 365 または Office 365 の間のハイブリッド接続を計画するPlan hybrid connectivity between Skype for Business Server and Microsoft 365 or Office 365

このトピックでは、Skype for Business Server と Teams または Skype for Business Online 間のハイブリッド接続を計画する方法について説明します。Read this topic to learn how to plan hybrid connectivity between Skype for Business Server and Teams or Skype for Business Online. オンプレミス環境をクラウドに移動するための最初のステップは、ハイブリッド接続のセットアップです。Setting up hybrid connectivity is the first step in moving your on-premises environment to the cloud.

オンプレミスの Skype for Business ユーザーが Teams も並行して使用している場合、これらのユーザーは、Teams クライアントから Skype for Business ユーザーと相互運用することも、Teams クライアントからフェデレーション組織内のユーザーと通信することもできません。If you have on-premises Skype for Business users that are also using Teams (side by side), those users do not have the ability to interoperate with Skype for Business users from their Teams client, nor communicate with users in federated organizations, from their Teams client. Teams でこの機能を使用できるようにするには、これらのユーザーを Skype for Business オンプレミスからクラウドに移動する必要があります。このためには、Skype for Business ハイブリッド モードを構成する必要があります。To gain this functionality in Teams, these users must be moved from Skype for Business on-premises to the cloud, which requires configuring Skype for Business hybrid mode. さらに、最適な結果を得るために、これらのユーザーは Teams Only モードにする必要があります。これにより、すべてのユーザーの着信呼び出しとチャットがユーザーの Teams クライアントに配置されます。In addition, for the best experience, these users should be in Teams Only mode, which ensures all incoming calls and chats from any user land in the user’s Teams client.

また、オンプレミスの Skype for Business 展開を停止する前に、ハイブリッド接続をセットアップして、すべてのユーザーをクラウドに移行する必要があります。Setting up hybrid connectivity and moving all users to the cloud is also required before you decommission your on-premises Skype for Business deployment. ハイブリッド接続を使用すると、自分のスケジュールとビジネス ニーズに基づいてユーザーをクラウドに移行させるよう選択できます。With hybrid connectivity set up, you can choose to move your users to the cloud based on your schedule and business need. ダイレクト ルーティングを使用すると、クラウドへの移行の間および移行の完了後も、オンプレミスの音声インフラストラクチャを活用することができます。With Direct Routing, you can leverage your on-premises voice infrastructure while you move to the cloud and after your migration is complete.

このトピックでは、既存のオンプレミスの Skype for Business Server の展開と Teams または Skype for Business Online との間でハイブリッド接続を構成するために必要なインフラストラクチャとシステム要件について説明します。This topic describes the infrastructure and system requirements you'll need to configure hybrid connectivity between your existing on-premises Skype for Business Server deployment and Teams or Skype for Business Online.

このトピックを読み、ハイブリッド接続を構成する準備ができたら、「 Skype For Business Server と Microsoft 365 または Office 365 との間のハイブリッド接続の構成」を参照してください。After you have read this topic and are ready to configure hybrid connectivity, see Configure hybrid connectivity between Skype for Business Server and Microsoft 365 or Office 365. 構成に関するトピックでは、オンプレミスの展開と Teams または Skype for Business Online 間でハイブリッド接続をセットアップするための手順について説明します。The configuration topics provide step-by-step guidance for setting up hybrid connectivity between your on-premises deployment and Teams or Skype for Business Online.

重要

Skype for Business Online は、2021年7月31日に廃止されます。その後、サービスにアクセスできなくなります。Skype for Business Online will be retired on July 31, 2021 after which the service will no longer be accessible. さらに、Skype for Business Server または Cloud Connector Edition と Skype for Business Online のどちらを使用しても、オンプレミス環境との間の PSTN 接続がサポートされなくなります。In addition, PSTN connectivity between your on-premises environment whether through Skype for Business Server or Cloud Connector Edition and Skype for Business Online will no longer be supported. 直接ルーティングを使用してオンプレミスのテレフォニーネットワークを Teams に接続する方法について説明します。Learn how to connect your on-premises telephony network to Teams using Direct Routing.

共有 SIP アドレススペース機能についてAbout Shared SIP Address Space functionality

ハイブリッド接続が Skype for business Server と Teams または Skype for Business Online の社内展開との間で設定されている場合、一部のユーザーをオンプレミスに所属させることができます。また、一部のユーザーはオンラインに所属しています。With hybrid connectivity set up between an on-premises deployment of Skype for Business Server and Teams or Skype for Business Online, you can have some users homed on-premises and some users homed online.

この種類の構成は、共有 SIP アドレススペース機能に依存しており、次の図に示すように、contoso.com などのドメインのユーザーが、オンプレミスの Skype for Business Server と Teams または Skype for business Online のどちらを使用しているかによって分割される場合があります。This type of configuration relies on shared SIP address space functionality, and is sometimes referred to as "split domain"--meaning users of a domain, such as contoso.com, are split between using Skype for Business Server on premises and Teams or Skype for Business Online, as shown in the following diagram:

Skype for Business ハイブリッド接続-分割ドメイン

共有 SIP アドレススペースが構成されている場合:When shared SIP address space is configured:

  • Azure Active Directory Connect は、オンプレミスのディレクトリを Microsoft 365 または Office 365 と同期するために使用されます。Azure Active Directory Connect is used to synchronize your on-premises directory with Microsoft 365 or Office 365.
  • オンプレミスに所属するユーザーは、オンプレミスの Skype for Business サーバーと対話します。Users who are homed on premises interact with on-premises Skype for Business servers.
  • オンラインに所属しているユーザーは、Skype for Business Online または Teams サービスと対話することができます。Users who are homed online may interact with Skype for Business Online or Teams services.
  • 両方の環境のユーザーは相互に通信できます。Users from both environments can communicate with each other.
  • オンプレミスの Active Directory は、権限があります。The on-premises Active Directory is authoritative. 最初にすべてのユーザーをオンプレミスの Active Directory に作成してから、Azure AD に同期する必要があります。All users should be created in the on-premises Active Directory first, and then synchronized to Azure AD. ユーザーがオンラインになることを意図している場合でも、ユーザーをオンプレミス環境で作成し、ユーザーをオンラインに移動して、ユーザーがオンプレミスのユーザーによって検出可能になるようにする必要があります。Even if you intend for the user to be homed online, you must first create the user in the on-premises environment, and then move the user to online to ensure the user is discoverable by on-premises users.

ユーザーをオンラインで移動できるようにするには、ユーザーに Skype for Business Online (Plan 2) ライセンスが割り当てられている必要があります。Before a user can be moved online, the user must be assigned a Skype for Business Online (Plan 2) license. ユーザーが Teams を使用する場合は、ユーザーに Teams のライセンスが割り当てられている必要があります (また、Skype for Business ライセンスが有効なままになっている必要があります)。If the user will be using Teams, the user must also be assigned a Teams license (and the Skype for Business license must remain enabled). ユーザーが電話会議や電話システムなどの他のオンライン機能を利用する場合は、Microsoft 365 または Office 365 で該当するライセンスを割り当てる必要があります。If your users want to take advantage of additional online features, such as Audio Conferencing or Phone System, you need to assign them the appropriate license in Microsoft 365 or Office 365.

ハイブリッド接続インフラストラクチャの要件Hybrid connectivity infrastructure requirements

オンプレミス環境と Microsoft 365 または Office 365 コミュニケーションサービスとの間にハイブリッド接続を実装するには、次のインフラストラクチャ要件を満たす必要があります。To implement hybrid connectivity between your on-premises environment and Microsoft 365 or Office 365 communication services, you need to meet the following infrastructure requirements:

  • サポートされているトポロジに展開されている Skype for Business Server または Lync Server の単一のオンプレミス展開。A single on-premises deployment of Skype for Business Server or Lync Server that is deployed in a supported topology. このトピックの「 トポロジ要件 」を参照してください。See Topology requirements in this topic.

  • Microsoft 365 または Office 365 の組織で、Skype for Business Online が有効になっています。A Microsoft 365 or Office 365 organization with Skype for Business Online enabled.

    注意

    オンプレミス展開のハイブリッド構成では、1つのテナントのみを使用できます。You can use only a single tenant for a hybrid configuration with your on-premises deployment.

  • オンプレミスディレクトリを Microsoft 365 または Office 365 と同期するには、Azure Active Directory Connect を使用します。Azure Active Directory Connect to synchronize your on-premises directory with Microsoft 365 or Office 365. 詳細については、「 AZURE AD Connect: Accounts and permissions」を参照してください。For more information, see Azure AD Connect: Accounts and permissions.

  • Skype for Business Server の管理ツール。Skype for Business Server administrative tools. これらは、オンプレミスからクラウドにユーザーを移動するために必要です。These are required to move users from on-premises to the cloud. これらのツールは、オンプレミスの展開とインターネットにアクセスできるサーバーにインストールする必要があります。These tools must be installed on a server with access to both on-premises deployment and the internet.

  • オンライン管理ツール。Online administrative tools. Teams 管理センターまたは Windows PowerShell を使用して、Teams と Skype for Business Online を管理することができます。You can use either the Teams admin center or Windows PowerShell to manage Teams and Skype for Business Online. PowerShell を使用して Teams または Skype for Business Online のいずれかを管理するには、Skype for Business Online コネクタをダウンロードしてインストールします。To use PowerShell to manage either Teams or Skype for Business Online, download and install the Skype for Business Online Connector.

  • 共有 SIP アドレススペースを有効にする必要があります。また、オンプレミス展開は、ホスティングプロバイダーとして Microsoft 365 または Office 365 を使用するように構成する必要があります。Shared SIP address space must be enabled, and your on-premises deployment must be configured to use Microsoft 365 or Office 365 as a hosting provider. ハイブリッド接続を構成するために必要な手順の詳細については、「 configure hybrid connectivity」を参照してください。For more information about the steps required to configure hybrid connectivity, see Configure hybrid connectivity.

ハイブリッド接続を構成した後、ユーザーを Teams または Skype for business Online に移動することができます。After you configure hybrid connectivity, you can move users to Teams or Skype for Business Online. 詳細については、「 オンプレミスから Teams へのユーザーの移動 」および「 オンプレミスから Skype for business Online へのユーザーの移動」を参照してください。For more information, see Move users from on-premises to Teams and Move users from on premises to Skype for Business Online.

サーバーバージョンの要件Server version requirements

Teams または Skype For Business Online とのハイブリッドの展開を構成するには、次のサポートされているトポロジのいずれかを使用する必要があります。To configure your deployment for hybrid with Teams or Skype for Business Online , you need to have one of the following supported topologies:

  • Skype for Business Server 2019 の展開には、Skype for Business Server 2019 を実行するすべてのサーバーが含まれています。A Skype for Business Server 2019 deployment with all servers running Skype for Business Server 2019.
  • Skype for Business Server 2015 の展開には、Skype for Business Server 2015 を実行するすべてのサーバーが含まれています。A Skype for Business Server 2015 deployment with all servers running Skype for Business Server 2015.
  • Lync server 2013 を実行して2013いるすべてのサーバーでの Lync Server の展開。A Lync Server 2013 deployment with all servers running Lync Server 2013. ただし、ハイブリッド音声接続が必要な場合は、以下に示すように、混合バージョントポロジを使用する必要があります。However, if hybrid voice connectivity is required, you must use a mixed version topology as noted below.
  • 次のリストに示すように、最大2つの異なるサーバーバージョンを持つ展開。A deployment with maximum of 2 different server versions as listed below:
    • Skype for Business Server 2015 と Skype for business Server 2019Skype for Business Server 2015 and Skype for Business Server 2019
    • Lync Server 2013 および Skype for Business Server 2019Lync Server 2013 and Skype for Business Server 2019
    • Lync Server 2013 および Skype for Business Server 2015Lync Server 2013 and Skype for Business Server 2015

任意のトポロジでハイブリッド音声が必要な場合 は、フェデレーションエッジとして指定されているエッジサーバーと、SIP フェデレーションに関連付けられているプールの両方が、Skype for business 2015 以降を実行している必要があります。If hybrid voice is desired in any topology , both the edge server that is designated as the Federation Edge as well as the pool associated with SIP federation must be running Skype for Business 2015 or later. ユーザーは Lync 2013 プールが存在する場合は、そのままにしておくことができます。Users can remain on a Lync 2013 Pool if one exists. 詳細については、「 Plan Phone System WITH PSTN Connectivity In Skype For Business Server」を参照してください。For more details, see Plan Phone System with PSTN Connectivity in Skype for Business Server.

Lync Server 2010 を含む次のトポロジは、インスタントメッセージングおよび会議用の Skype For Business Online でサポートされて います。The following topologies that include Lync Server 2010 are supported with Skype for Business Online for instant messaging and meetings. Lync Server 2010 を含むトポロジは、ハイブリッド音声または Teams ではサポートされていませんTopologies that include Lync Server 2010 are not supported for hybrid voice nor Teams.

  • 異種 Lync Server 2010 と Skype for Business Server 2015 の展開A mixed Lync Server 2010 and Skype for Business Server 2015 deployment
  • Lync Server 2010 と Lync Server 2013 の混在した展開A mixed Lync Server 2010 and Lync Server 2013 deployment
  • Lync server 2010 の展開は、最新の累積的な更新プログラムを適用して Lync Server 2010 を実行しているすべてのサーバーに適用されます。A Lync Server 2010 deployment with all servers running Lync Server 2010 with the latest cumulative updates.

フェデレーションエッジサーバーおよびフェデレーションエッジサーバーの次ホップサーバーは、最新の累積更新プログラムを使用して Lync Server 2010 を実行している必要があります。The federation Edge Server and next hop server from the federation Edge Server must be running Lync Server 2010 with the latest cumulative updates. Skype for Business Server 2015 または Lync Server 2013 の管理ツールは、少なくとも1つのサーバーまたは管理ワークステーションにインストールする必要があります。The Skype for Business Server 2015 or Lync Server 2013 Administrative Tools must be installed on at least one server or management workstation.

複数フォレストのサポートMulti-forest support

Microsoft では、次の種類の複数フォレストハイブリッドシナリオをサポートしています。Microsoft supports the following types of multi-forest hybrid scenarios:

  • リソースフォレストのトポロジ。Resource forest topology. この種類のトポロジでは、Skype for Business Server (リソースフォレスト) をホストするフォレストが1つあり、アカウント id をホストする1つまたは複数の追加フォレストがあります。これにより、リソースフォレスト内の Skype for Business サーバーにアクセスできます。In this kind of topology, there is one forest that hosts Skype for Business Server (the resource forest), and there are one or more additional forests that host account identities, which access the Skype for Business Server in the resource forest. 一般に、次の要件が満たされている場合、ユーザーは別のフォレストの Skype for Business 機能にアクセスできます。In general, users can access Skype for Business functionality in another forest if the following requirements are met:

    • ユーザーは、Skype for Business をホストするフォレストに適切に同期されます。Users are properly synchronized into the forest that hosts Skype for Business. ハイブリッド構成では、ユーザーが無効なユーザーオブジェクトとして同期されている必要があります。In hybrid configurations, this means that users must be synchronized as disabled user objects.
    • Skype for Business をホストするフォレストは、ユーザーを含むフォレストを信頼する必要があります。The forest hosting Skype for Business must trust the forest containing the users. リソースフォレストのハイブリッドシナリオの詳細については、「 Deploy a resource forest topology for Hybrid Skype For business」を参照してください。For details on resource forest hybrid scenarios, see Deploy a resource forest topology for hybrid Skype for Business.
  • 複数のフォレストで Skype for Business Server を複数配置している。Multiple deployments of Skype for Business Server in multiple forests. この構成は、合併および買収のシナリオや、より複雑な企業のために発生する可能性があります。This configuration can arise as a result of merger and acquisition scenarios, as well as in more complex enterprises. 次の主要な要件が満たされている場合、複数の Skype for Business 展開を使用している組織では、オンプレミスのすべてのユーザーを1つの Microsoft 365 または Office 365 組織のクラウドに統合することができます。Consolidation of all users from on premises to the cloud in a single Microsoft 365 or Office 365 organization can be achieved for any organization with multiple Skype for Business deployments, provided that the following key requirements are met:

    • 少なくとも1つの Microsoft 365 または Office 365 組織が参加している必要があります。There must be at most one Microsoft 365 or Office 365 organization involved. 複数の組織が存在するシナリオでの統合はサポートされていません。Consolidation in scenarios with more than one organization is not supported.

    • 任意の時点で、オンプレミスの Skype for Business フォレストは1つだけ、ハイブリッドモード (共有 SIP アドレススペース) にすることができます。At any given time, only one on-premises Skype for Business forest can be in hybrid mode (shared SIP address space). その他のすべてのオンプレミス Skype for Business フォレストは、完全にオンプレミスのままにしておく必要があります (また、互いにフェデレーションが可能な場合があります)。All other on-premises Skype for Business forests must remain fully on premises (and presumably federated with each other). このような他のオンプレミスの組織では、2018年12月から利用可能な オンライン SIP ドメインを無効にする新機能 が必要な場合に、AAD に同期することができます。Note that these other on-premises organizations can sync to AAD if desired with new functionality to disable online SIP domains available as of December 2018.

      複数のフォレストに Skype for Business を展開しているお客様は、分割ドメイン (共有 SIP アドレススペース) 機能を使用して各 Skype for Business フォレストを Microsoft 365 または Office 365 組織に完全に移行し、オンプレミス展開でハイブリッドを無効にしてから、次にオンプレミスの Skype for Business 展開を移行します。Customers with deployments of Skype for Business in multiple forests must fully migrate each Skype for Business forest individually into the Microsoft 365 or Office 365 organization using split-domain (Shared SIP Address Space) functionality, and then disable hybrid with the on-premises deployment, before moving on to migrate the next on-premises Skype for Business deployment. さらに、クラウドに移行する前に、オンプレミスのユーザーは、同じユーザーのオンプレミスのディレクトリに表示されていないすべてのユーザーと共にフェデレーション状態のままになります。Furthermore, prior to being migrated to the cloud, on-premises users remain in a federated state with any users that are not represented in the same user’s on-premises directory. 詳細については、「 Teams と Skype for business のクラウド統合」を参照してください。For more details, see Cloud consolidation for Teams and Skype for Business.

フェデレーション要件Federation requirements

Skype for Business ハイブリッドモードを構成する場合、オンプレミスの環境とオンライン環境が相互にフェデレーションできるようにする必要があります。When configuring Skype for Business hybrid mode, you must ensure that your on-premises and online environments can federate with each other. オンライン環境では、既定でフェデレーションが開かれています。多くの場合、オンプレミスの環境では、フェデレーションが既定で閉じられています。The online environment has open federation by default; the on-premises environment often has closed federation by default.

ハイブリッド展開を正しく構成するには、次の要件を満たす必要があります。The following requirements must be met to successfully configure a hybrid deployment:

  • オンプレミス展開と Microsoft 365 または Office 365 組織に対して同じドメイン一致を構成する必要があります。Domain matching must be configured the same for your on-premises deployment and your Microsoft 365 or Office 365 organization. オンプレミス展開でパートナー検出が有効になっている場合は、オンライン組織用にオープンフェデレーションを構成する必要があります。If partner discovery is enabled on the on-premises deployment, then open federation must be configured for your online organization. パートナー検出が有効になっていない場合は、オンライン組織用に閉じられたフェデレーションを構成する必要があります。If partner discovery is not enabled, then closed federation must be configured for your online organization.
  • オンプレミス展開の禁止ドメインリストは、オンラインテナントの禁止ドメインリストと正確に一致する必要があります。The Blocked domains list in the on-premises deployment must exactly match the Blocked domains list for your online tenant.
  • オンプレミス展開の許可ドメインリストは、オンラインテナントの許可されたドメインリストと正確に一致している必要があります。The Allowed domains list in the on-premises deployment must exactly match the Allowed domains list for your online tenant.
  • オンラインテナントの外部通信に対してフェデレーションを有効にする必要があります。Federation must be enabled for the external communications for the online tenant.

ネットワークの考慮事項Network considerations

次のセクションでは、の考慮事項について説明します。The following sections describe considerations for:

  • DNS 設定DNS settings
  • ファイアウォールに関する考慮事項Firewall considerations

ハイブリッド展開の DNS 設定DNS settings for hybrid deployments

ハイブリッド展開用の DNS レコードを作成する場合、すべての Skype for Business の外部 DNS レコードは、オンプレミスのインフラストラクチャをポイントする必要があります。When creating DNS records for hybrid deployments, all Skype for Business external DNS records should point to the on-premises infrastructure. 必要な DNS レコードの詳細については、「 Skype For Business Server の dns 要件」を参照してください。For details on required DNS records, please refer to DNS requirements for Skype for Business Server.

また、次の表に記載されている DNS 解決がオンプレミス展開でも動作することを確認する必要があります。Additionally, you need to ensure that the DNS resolution described in the following table works in your on-premises deployment. (既にオンプレミスのフェデレーションを構成している場合は、既にこれらが用意されている可能性があります)。(If you already configured federation for on-premises, then you most likely already have these.)

DNS レコードDNS record
解決方法Resolvable by
DNS 要件DNS requirement
_Sipfederationtls の DNS SRV レコード。 _tcp。<sipdomain.com>DNS SRV record for _sipfederationtls._tcp.<sipdomain.com> サポートされているすべての SIP ドメインについて、エッジ外部 IP へのアクセスを解決するためfor all supported SIP domains resolving to Access Edge external IP(s)
エッジサーバーEdge server(s)
ハイブリッド構成でフェデレーション通信を有効にします。Enable federated communication in a hybrid configuration. エッジサーバーは、オンプレミスとオンラインの間で分割されている SIP ドメインのフェデレーショントラフィックをルーティングする場所を知っている必要があります。The Edge Server needs to know where to route federated traffic for the SIP domain that is split between on premises and online.
ユーザー名と SRV レコードのドメイン間で厳密な DNS 名の一致を使用する必要があります。Must use strict DNS name matching between the domain in the user name and the SRV record.
エッジ Web 会議サービス FQDN 用の DNS A レコード (webcon.contoso.com、Web 会議エッジ外部 IP への解決など)DNS A record(s) for Edge Web Conferencing Service FQDN, e.g. webcon.contoso.com resolving to Web Conferencing Edge external IP(s)
内部の企業ネットワークに接続されたユーザーのコンピューターInternal corporate network connected users' computers
オンラインユーザーがオンプレミスでホストされている会議のコンテンツを表示または表示できるようにします。Enable online users to present or view content in on-premises hosted meetings. コンテンツには、PowerPoint ファイル、ホワイトボード、投票、および共有メモが含まれます。Content includes PowerPoint files, whiteboards, polls, and shared notes.

組織での DNS の構成方法によっては、これらのレコードを対応する SIP ドメインの内部ホスト DNS ゾーンに追加して、これらのレコードに対する内部 DNS 解決を提供する必要がある場合があります。Depending on how DNS is configured in your organization, you may need to add these records to the internal hosted DNS zone for the corresponding SIP domain(s) to provide internal DNS resolution to these records.

ハイブリッド展開のファイアウォールに関する考慮事項Firewall considerations for hybrid deployments

ネットワーク上のコンピューターは、標準のインターネット DNS 参照を実行できる必要があります。これらのコンピューターが標準のインターネット サイトに接続できれば、ネットワークはこの要件を満たしています。Computers on your network must be able to perform standard Internet DNS lookups. If these computers can reach standard Internet sites, your network meets this requirement.

Microsoft Online Services データセンターの場所によっては、ネットワークファイアウォールデバイスが、ワイルドカードドメイン名 (たとえば、outlook.com からのすべてのトラフィック) に基づいて接続を受け入れるように構成する必要もあり * ます。Depending on the location of your Microsoft Online Services data center, you must also configure your network firewall devices to accept connections based on wildcard domain names (for example, all traffic from *.outlook.com). 組織のファイアウォールがワイルドカード名の構成をサポートしていない場合は、許可する IP アドレスの範囲と指定されたポートを手動で決定する必要があります。If your organization's firewalls do not support wildcard name configurations, you will have to manually determine the IP address ranges that you would like to allow and the specified ports.

ポートとプロトコルの要件の詳細を含む詳細については、「 Microsoft 365 および Office 365 の url と IP アドレスの範囲」を参照してください。For more information, including details about ports and protocol requirements, see Microsoft 365 and Office 365 URLs and IP address ranges.