Skype for Business Server の通話リスト レポートCall List Report in Skype for Business Server

概要: Skype for Business Server で使用される通話リスト レポートについて学習します。Summary: Learn about the Call List Report used in Skype for Business Server.

通話リスト レポートは、組織で行われたおよび受信した個々の通話に対して QoE (Quality of Experience) 指標を提供します。The Call List Report provides Quality of Experience (QoE) metrics for individual calls made and received in your organization. 報告される実際の指標は、通話リスト レポートへのアクセス方法によって異なる点に注意してください。Note that the actual metrics reported will depend on how you access the Call List report. たとえば 、Skype for Business Serverのデバイス レポートからレポートを開いた場合、デバイス レポートでも報告される次のような指標が表示されます。For example, if you open the report from the Device Report in Skype for Business Server, you'll see metrics such as the following, metrics that are also reported on the Device Report:

  • 発信者のマイクCaller's microphone

  • 発信者のスピーカーCaller's speaker

  • 呼び出し先のマイクCallee's microphone

  • 呼び出し先のスピーカーCallee's speaker

  • [音声切り替え時間の比率]Ratio of voice switch time

ただし 、Skype for Business Serverの場所レポートから通話リスト レポートを開いた場合、これらの指標は表示されません。代わりに、次のような指標が表示されます。However, if you open the Call List Report from the Location Report in Skype for Business Server, you won't see any of those metrics; instead, you'll see metrics like these:

  • [往復 (ミリ秒)]Round trip (ms)

  • [低下 (MOS)]Degradation (MOS)

  • [パケット損失]Packet loss

  • [往復 (ミリ秒)]Jitter (ms)

これらは、場所レポートで報告される指標です。Those are the metrics reported on the Location Report. ただし、通話リスト レポートでは、いつでも [詳細] 指標をクリックして、すべての通話に関する完全な QoE 情報を提供できます。However, from the Call List Report you can always click the Detail metric to provide complete QoE information for any call.

通話リスト レポートへのアクセスAccessing the Call List Report

通話リスト レポートには、次のレポートからアクセスできます。The Call List Report can be accessed from any of the following reports:

通話リスト レポートから[詳細] 指標をクリックすると 、Skype for Business Server の通話詳細レポートにアクセスできます。From within the Call List Report you can access the Call Detail Report in Skype for Business Server by clicking the Detail metric.

通話リスト レポートの利用Making the Best Use of the Call List Report

通話リスト レポートの指標の一部 (比率音声切り替え時間など) が実際に測定するものを思い出できない場合は、指標ラベルの上にマウス ポインターを合えます。ツール ヒントが表示され、測定基準の簡単な説明が表示されます。If you can't remember what some of the Call List Report metrics (such as Ratio voice switch time) actually measure, hold your mouse over the metric label; a tool tip will then appear giving you a brief description of the metric.

フィルターFilters

なし。None. 通話リスト レポートをフィルター処理することはできません。You cannot filter the Call List Report.

指標Metrics

次の表に、各通話の通話リスト レポートで提供される情報を示します。The following table lists the information provided in the Call List Report for each call.

通話リスト レポートの指標Call List Report Metrics

名前Name このアイテムを並べ替えることはできますか?Can you sort on this item? 説明Description
詳細Details
いいえNo
この項目をクリックすると、通話に関する追加情報がレポートに表示されます。When you click this item, the report shows additional information on the call.
CallerCaller
必要Yes
通話を開始したユーザーの SIP アドレス。SIP address of the person who initiated the call.
呼び出し先Callee
必要Yes
呼び出し先のユーザーの SIP アドレス。SIP address of the person who was called.
開始時刻Start time
はいYes
通話が開始された日時。Date and time that the call started.
終了時刻End time
はいYes
通話が終了した日時。Date and time that the call ended.
[発信者ユーザー エージェント]Caller user agent
必要Yes
通話を開始したユーザーのエンドポイントによって使用されるソフトウェア。Software used by the endpoint of the person who initiated the call.
[呼び出し先ユーザー エージェント]Callee user agent
必要Yes
呼び出しを受け取ったユーザーのエンドポイントによって使用されるソフトウェア。Software used by the endpoint of the person who was called.
[往復 (ミリ秒)]Round trip (ms)
必要Yes
リアルタイム転送プロトコル (RTP) パケットが別のエンドポイントとの間を往復するのに要する平均時間 (ミリ秒単位)。100 ミリ秒以下の往復時間が許容できる品質と見なされます。Average amount of (in milliseconds) required for a real-time transport protocol (RTP) packet to travel to another endpoint and then back. Round-trip times of 100 milliseconds or less are considered of acceptable quality.
この値が高い場合は、国際通話ルーティング、ルーティングの構成ミス、メディア サーバーの過負荷などの原因が考えられます。その結果、双方向のリアルタイムの音声会話が困難になります。High round-trip values can be caused by international call routing, a routing misconfiguration, or an overloaded media server. High round-trip times result in difficulties with two-way, real-time audio conversations.
[低下 (MOS)]Degradation (MOS)
必要Yes
通話時に発生した平均オピニオン値 (MOS) 低下の平均値。Average amount of mean opinion score (MOS) degradation experienced during a call. 低下の値範囲は、最低 0.0 から最高 5.0 までとなります。Degradation values can range from a low of 0.0 to a high of 5.0. 0.5 以下の値は、許容される低下を表します。A value of 0.5 or less represents acceptable degradation. 従来、平均オピニオン値は、ユーザーが通話の品質を 1 から 5 の範囲で評価することによって計算されていました。Historically, mean options scores were calculated by having users rate the quality of a call on a scale of 1-to-5. Skype for Business Server では、一連のアルゴリズムによって、ユーザーが通話を評価する方法を予測します。In Skype for Business Server, a set of algorithms predict how users would have rated a call.
この値が高い場合は、輻輳、帯域幅の不足、ワイヤレスの輻輳または干渉、メディア サーバーやエンドポイントの過負荷などの原因が考えられます。その結果、音声のひずみや欠落が生じます。High degradation values can be caused by congestion, lack of bandwidth, wireless congestion or interference, or an overloaded media server or endpoint. High degradation results in distorted or lost audio.
[パケット損失]Packet loss
必要Yes
RTP パケットの平均損失率 (パケット損失は、RTP パケット (音声およびビデオをインターネット上で転送する場合に使用されるプロトコル) が宛先に到達できなかった場合に発生します)。通常、この値が高い場合は、輻輳、帯域幅の不足、ワイヤレスの輻輳または干渉、メディア サーバーの過負荷などの原因が考えられます。その結果、一般に音声のひずみや欠落が生じます。Average rate of RTP packet loss. (Packet loss occurs when RTP packets, a protocol used for transmitting audio and video across the Internet, failed to reach their destination.) High loss rates are generally caused by congestion, lack of bandwidth, wireless congestion or interference, or an overloaded media server. Packet loss typically results in distorted or lost audio.
ジッターJitter
必要Yes
RTP パケットの着信間に検出された平均ジッター (ジッターとは、通話の "揺れ" の測定値です)。通常、この値が高い場合は、輻輳やメディア サーバーの過負荷の原因が考えられます。その結果、音声のひずみや欠落が生じます。Average jitter detected between RTP packet arrivals. (Jitter is a measure of the "shakiness" of a call.) High jitter values are typically caused by congestion or an overloaded media server, and result in distorted or lost audio.
[ヒーラー隠し比率]Healer concealed ratio
必要Yes
サンプルの合計数に対する隠しオーディオ サンプルの平均比率 (隠しオーディオ サンプルとは、突然遷移を取り除くために使用される手法です。突然遷移は、通常、ネットワーク パケットの削除が原因で発生します)。この値が高い場合は、パケット損失やジッターのために高いレベルで損失の隠蔽が適用されています。その結果、音声のひずみや欠落が生じます。Average ratio of concealed audio samples to the total to the total number of samples. (A concealed audio sample is a technique used to smooth out the abrupt transition that would usually be caused by dropped network packets.) High values indicate significant levels of loss concealment applied caused by packet loss or jitter, and results in distorted or lost audio.
[ヒーラー引き伸ばし比率]Healer stretched ratio
必要Yes
サンプルの合計数に対する引き伸ばされたオーディオ サンプルの平均比率 (引き伸ばされたオーディオとは、ネットワーク パケットの削除が検出されたときに通話の品質を維持できるように拡張されたオーディオのことです)。この値が高い場合は、ジッターのために高いレベルでサンプルの引き伸ばしが行われています。その結果、音声が機械のように聞こえたりひずんで聞こえたりします。Average ratio of stretched audio samples to the total to the total number of samples. (Stretched audio is audio that has been expanded to help maintain call quality when a dropped network packet has been detected.) High values indicate significant levels of sample stretching caused by jitter, and result in audio sounding robotic or distorted.
[ヒーラー圧縮比率]Healer compressed ratio
必要Yes
サンプルの合計数に対する圧縮オーディオ サンプルの平均比率 (圧縮オーディオとは、ネットワーク パケットの削除が検出されたときに通話の品質を維持できるように圧縮されたオーディオのことです)。この値が高い場合は、ジッターのために高いレベルでサンプルの圧縮が行われています。その結果、音声が早送りされたように聞こえたりひずんで聞こえたりします。Average ratio of compressed audio samples to the total number of samples. (Compressed audio is audio that has been compressed to help maintain call quality when a dropped network packet has been detected.) High values indicate significant levels of sample compression caused by jitter, and result in audio sounding accelerated or distorted.
接続Connectivity
必要Yes
ワイヤレス通信リンクの種類。Type of wireless communication link. 通常、これは次のいずれかの方法です。Typically, this is one of the following:
RelayRelay
直接Direct