Skype for Business Server での監視レポートの使用Using Monitoring Reports in Skype for Business Server

概要: Skype for Business Server の監視レポートについて学習します。Summary: Learn about Monitoring Reports in Skype for Business Server.

Skype for Business Server には、一連の標準レポートが含まれています。この一連の標準レポートは、Microsoft SQL Server Reporting Service によって発行されます。Skype for Business Server includes a set of standard reports that are published by Microsoft SQL Server Reporting Service. これらのレポートは、Web ブラウザーを使用してアクセス可能であり、CDR および QoE データベースに格納されている通話詳細記録 (CDR) および QoE (Quality of Experience) レコードに基づいて、使用状況、通話診断情報、およびメディア品質情報を提供します。These reports, which are accessible by using a web browser, provide usage, call diagnostic information, and media quality information, all based on call detail recording (CDR) and Quality of Experience (QoE) records stored in the CDR and QoE databases.

これらのレポートを使用するには、監視レポートのインスタンスを実行しているコンピューターに監視レポートをインストールするSQL Server。To use these reports, you must install Monitoring Reports on a computer that is running an instance of the SQL Server.

このセクションの内容In This Section

レコードの検索Locating Records

監視レポートで画面上に一度に表示されるレコードの数は限られています。Monitoring Reports only show a limited number of records on the screen at any one time. 実際に画面に表示されるレコードの数は、レポートによって異なります。The actual number of records displayed on a screen varies depending on the report. 現在画面に表示されていないレコードを表示するには、標準の前方および後方のコントロール (各レポートのツール バーにあります) を使用して、データをページ移動できます。To view the records that are not currently shown on the screen you can use the standard forward and backward control (found on each report's toolbar) that enable you to page through the data. また、データセットの最初または最後のページにすばやく移動できます。You can also quickly jump to the first page or the last page of the dataset.

"進む" と "戻る" のコントロールを使用する以外に、[現在のページ] ボックスにページ番号を入力して Enter キーを押すだけで、データセットの任意のページに移動することもできます。In addition to using the forward and backward controls, you can also jump to any page in the dataset simply by typing the page number in the Current Page box, and then press ENTER.

各レポートには、データの表示ページを切り替える機能だけでなく、制限付きのレコード検索の機能も用意されています。特定の値に基づいてレコードを検索するには、その値を [検索] ボックスに入力し、[検索] をクリックします。レポートでデータの検索が開始され、[検索] ボックスに入力した値の最初のインスタンスが見つかると検索は停止します。検索基準を満たす次のレコードを探すには、[次へ] をクリックします。In addition to providing the ability to page through the data, each report also includes the limited ability to find records. To find records based on a given value, type that value into the Find box, and then click Find. The report begins searching through the data and stops on the first instance of the value that you entered in the Find box. To find the next record that meets the search criteria, click Next.

前述のとおり、監視レポートには非常に基本的な検索機能しかありません。たとえば、どのフィールドで値を検索するのかは指定できません。この検索メカニズムでは、自動的にすべてのレコードのすべてのフィールドを対象にして一致する値の検索が行われます。また、検索にワイルドカードは使用できず、すべての検索は値の部分一致に基づいて行われます。つまり、"111" を検索した場合は、111 という値だけでなく、11100、811、3112、611A5B といった値や、フィールド内のどこかに "111" が含まれるその他すべてのフィールドも返されます。As noted, the Monitoring Reports provide only the most basic search functions. For example, you cannot specify which field the value should be found in. The search mechanism automatically searches for matching values in every field in every record. You cannot use wildcards in your searches, and all searches look for partial values. That means that if you search for 111 the search returns the value 111 along with the values 11100, 811, 3112, 611A5B, and any other fields that include the value 111 anywhere within that field.

各レポートは、既定のレコード セットを表示するように構成されています。Each report is configured to show a default set of records. たとえば、既定のユーザー登録レポートでは、この 1 週間のユーザー登録アクティビティが表示されます。For example, by default the User Registration Report shows user registration activities for the past week. 場合によっては、レポートによってレコードが 1 つも返されないことがあります。In some cases, this might result in a report that returns no records. これは、ユーザー登録がこの 1 週間に一度も行われなかったということです。In this case, it means that no user registrations have taken place in the past week. "レポート フィルターに一致する結果はありません" というメッセージが表示された場合は、フィルター値を変更して (たとえば、期間を過去 1 週間ではなく過去 1 か月に変更する) クエリを再実行します。If you see the message "No results match the report filters," try changing the filter values (for example, change the time period to the past month rather than the past week) and rerun the query. 詳細については、後のセクション「データのフィルター処理」を参照してください。For details, see the "Filtering Data" section later in this topic.

データのフィルター処理Filtering Data

レコードのサブセットのみの検索が必要になることもあります (たとえば、ピアツーピア セッションと会議セッションの両方ではなく、ピアツーピア セッションのみの検索など)。同様に、結果として返されるレコード数の削減が必要になることもあります。既定では、1 つのレポートで表示できる対象がデータ セット内の最初の 1,000 レコードまでに制限されています。こうした問題に対処するために、ほとんどのレポートにはいくつかのフィルター オプションが用意されています。たとえば、2011 年 1 月 1 日から 2011 年 1 月 15 日までの期間のレコードのみを表示する場合は、[開始] ボックスに「2011 年 1 月 1 日」、[終了] ボックスに「2011 年 1 月 15 日」と入力できます。続いて、[レポートの表示] をクリックすると、返されるデータが 2011 年 1 月 1 日から 2011 年 1 月 15 日までに発生したアクティビティのみに制限されます。There will likely be times when you want to look at only a subset of records. For example, only peer-to-peer sessions as opposed to both peer-to-peer sessions and conference sessions. Likewise, there will be times when you need to reduce the number of records that are returned. By default, a report can only display the first 1,000 records in a data set. To address these issues, most reports include a number of filtering options. For example, if you want to view only records for the time period January 1, 2011 through January 15, 2011, you can enter January 1, 2011 in the From box and January 15, 2011 in the To box. If you then click View Report, the returned data will be limited to activities that took place between January 1, 2011 and January 15, 2011.

使用できるフィルターは、表示しているレポートによって異なります。特定のレポートの詳細については、レポートのヘルプ トピックを参照してください。The filters available to you vary depending on the report that you are viewing. For details about a specific report, see the help topic for that report.

データのエクスポートExporting Data

監視レポートには、レポート内のデータをエクスポートする方法が少なくとも 2 つあります。各レポートの最上部に表示されるツールバーの [エクスポート] オプションを使用することです。このオプションを使用するには、[形式を選択してください] ドロップダウン リストで適切なエクスポート形式を選択します。使用できる形式は次のとおりです。The Monitoring Reports provide at least two different ways to export the data included in a report. You can use the Export option in the toolbar that appears at the top of each report. To use this option, select the desired export format from the Select a format drop-down list. The following formats are available to you:

  • レポート データが含まれている XML ファイルXML file with report data

  • CSV (コンマ区切り)CSV (comma delimited)

  • Acrobat (PDF) ファイルAcrobat (PDF) file

  • MHTML (Web アーカイブ)MHTML (web archive)

  • ExcelExcel

  • TIFF ファイルTIFF file

  • WordWord

形式の選択後、[エクスポート] をクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスが表示されたら、[保存] をクリックします。[ 名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、保存先フォルダーを選択し、ファイル名を入力して、[保存] をクリックします。After selecting a format, click Export. When the File Download dialog box appears, click Save. In the Save As dialog box, select a destination folder, enter a file name, and then click Save.

Microsoft OneNote がインストールされている場合は、レポート データを OneNote にコピーすることもできます。そのためには、ツールバーの [レポートの表示] ボタンをクリックします。[OneNote の場所の選択] ダイアログ ボックスで、データのコピー先となる OneNote のセクションを選択し、[OK] をクリックします。If you have Microsoft OneNote installed, you can also copy the report data to OneNote. To do this, right-click the View Report button on the toolbar. In the Select Location in OneNote dialog box select the section in OneNote where you want to copy the data, and then click OK.