Skype for Business Server でのクライアントのポート範囲とサービス品質ポリシーの構成Configuring port ranges and a Quality of Service policy for your clients in Skype for Business Server

この記事では、クライアントのポート範囲を構成し、Windows 10 で実行されているクライアントの Skype for Business Server でサービス品質ポリシーを構成する方法について説明します。This article describes how to configure port ranges for your clients and configuring Quality of Service policies in Skype for Business Server for clients running on Windows 10.

ポート範囲を構成するConfigure port ranges

既定では、Skype for Business クライアント アプリケーションは、通信セッションに参加するときにポート 1024 とポート 65535 の間の任意のポートを使用できます。これは、特定のポート範囲がクライアントに対して自動的に有効になっていないためです。By default, Skype for Business client applications can use any port between ports 1024 and 65535 when involved in a communication session; this is because specific port ranges are not automatically enabled for clients. ただし、サービスの品質を使用するには、さまざまなトラフィックの種類 (オーディオ、ビデオ、メディア、アプリケーション共有、ファイル転送) を一連の一意のポート範囲に再割り当てする必要があります。In order to use Quality of Service, however, you will need to reassign the various traffic types (audio, video, media, application sharing, and file transfer) to a series of unique port ranges. これは、次のコマンドレットを使用Set-CsConferencingConfigurationできます。This can be done by using the Set-CsConferencingConfiguration cmdlet.

注意

エンド ユーザーは、これらの変更を自分で行う必要があります。End users cannot make these changes themselves. ポートの変更は、管理者が Set-CsConferencingConfigurationできます。Port changes can only be made by administrators using the Set-CsConferencingConfiguration cmdlet.

Skype for Business Server 管理シェル内から次のコマンドを実行して、通信セッションに現在使用されているポート範囲を確認できます。You can determine which port ranges are currently used for communication sessions by running the following command from within the Skype for Business Server Management Shell:

Get-CsConferencingConfiguration

Skype for Business Server のインストール以降に会議設定に変更を加えしていない場合は、次のプロパティ値を含む情報を取得する必要があります。Assuming that you have not made any changes to your conferencing settings since you installed Skype for Business Server, you should get back information that includes these property values:

ClientMediaPortRangeEnabled : False
ClientAudioPort             : 5350
ClientAudioPortRange        : 40
ClientVideoPort             : 5350
ClientVideoPortRange        : 40
ClientAppSharingPort        : 5350
ClientAppSharingPortRange   : 40
ClientFileTransferPort      : 5350
ClientTransferPortRange     : 40

ここに示した出力には、重要な情報が 2 つ含まれています。If you look closely at the preceding output, you'll see two things of importance. 1 つ目は、ClientMediaPortRangeEnabled プロパティが False に設定されていることです。First, the ClientMediaPortRangeEnabled property is set to False:

ClientMediaPortRangeEnabled : False

このプロパティが False に設定されている場合、Skype for Business クライアントは通信セッションに参加するときにポート 1024 から 65535 の間で使用可能なポートを使用するため、これは重要です。これは、その他のポート設定 (ClientMediaPort や ClientVideoPort など) に関係なく true です。That's important because, when this property is set to False, Skype for Business clients will use any available port between ports 1024 and 65535 when involved in a communication session; this is true regardless of any other port settings (for example, ClientMediaPort or ClientVideoPort). 使用を指定したポートのセットに制限する場合 (サービスの品質の実装を計画している場合は、この操作を行う必要があります)、最初にクライアント メディア ポート範囲を有効にする必要があります。If you want to restrict usage to a specified set of ports (and this is something you do want to do if you plan on implementing Quality of Service), then you must first enable client media port ranges. これは、次のコマンドを使用してWindows PowerShellできます。That can be done using the following Windows PowerShell command:

Set-CsConferencingConfiguration -ClientMediaPortRangeEnabled $True

上記のコマンドを実行すると、会議の構成設定のグローバル コレクションに対してクライアントのメディア ポート範囲が有効化されます。ただし、これらの設定は、サイト範囲またはサービスの範囲 (電話会議サーバー サービスのみ) に対しても適用できます。特定のサイトまたはサーバーに対してクライアントのメディア ポート範囲を有効にするには、Set-CsConferencingConfiguration の呼び出し時にそのサイトまたはサーバーの ID を指定します。The preceding command enables client media port ranges for the global collection of conferencing configuration settings; however, these settings can also be applied to the site scope and/or the service scope (for the Conferencing Server service only). To enable client media port ranges for a specific site or server, specify the Identity of that site or server when calling Set-CsConferencingConfiguration:

Set-CsConferencingConfiguration -Identity "site:Redmond" -ClientMediaPortRangeEnabled $True

次のコマンドを使用して、会議のすべての構成設定に対して同時にポート範囲を有効化することもできます。Alternatively, you can use this command to simultaneously enable port ranges for all your conferencing configuration settings:

Get-CsConferencingConfiguration | Set-CsConferencingConfiguration  -ClientMediaPortRangeEnabled $True

2 つ目の重要な情報は、サンプルの出力では、既定で、各種類のネットワーク トラフィックに対して同じメディア ポート範囲が設定されていることです。The second thing of importance you will notice is that the sample output shows that, by default, the media port ranges set for each type of network traffic are identical:

ClientAudioPort             : 5350
ClientVideoPort             : 5350
ClientAppSharingPort        : 5350
ClientFileTransferPort      : 5350

QoS を実装するためには、これらの各ポート範囲が一意であることが必要です。たとえば、次のようにポート範囲を構成します。In order to implement QoS, each of these port ranges will need to be unique. For example, you might configure the port ranges like this:

クライアント トラフィックの種類Client Traffic Type 開始ポートPort Start ポート範囲Port Range

オーディオAudio

5002050020

2020

ビデオVideo

5800058000

2020

アプリケーション共有Application sharing

4200042000

2020

ファイル送信File transfer

4202042020

2020

上記の表では、クライアントのポート範囲はサーバーに構成されたポート範囲のサブセットを表しています。In the preceding table, client port ranges represent a subset of the port ranges configured for your servers. たとえば、サーバーではアプリケーション共有が 40803 ~ 49151 のポートを使用するように構成されており、クライアント コンピューターではアプリケーション共有が 42000 ~ 42019 のポートを使用するように構成されています。For example, on the servers, application sharing was configured to use ports 40803 through 49151; on the client computers, application sharing is configured to use ports 42000 through 42019. また、これは主に QoS の管理を容易にするために行われます。クライアント ポートは、サーバーで使用されるポートのサブセットを表す必要がなされません。This, too, is done primarily to make administration of QoS easier: client ports do not have to represent a subset of the ports used on the server. (たとえば、クライアント コンピューターでは、ポート 10000 から 10019 までを使用するアプリケーション共有を構成できます)。ただし、クライアント ポート範囲をサーバー ポート範囲のサブセットに設定してください。(For example, on the client computers you could configure application sharing to use, say, ports 10000 through 10019.) However, it is recommended that you make your client port ranges a subset of your server port ranges.

さらに、サーバー上のアプリケーション共有用に 8348 個のポートが確保されているが、クライアント上のアプリケーション共有用に確保されたポートは 20 個のみである点に注意してください。In addition, you might have noticed that 8348 ports were set aside for application sharing on the servers, but only 20 ports were set aside for application sharing on the clients. この規則も推奨されますが、高速な規則ではありません。This, too, is recommended, but is not a hard-and-fast rule. 一般に、使用可能な各ポートを 1 つの通信セッションと見なして、1 つのポート範囲で 100 個のポートを使用できる場合は、問題のコンピューターが一度に最大で 100 個の通信セッションに参加する可能性があります。In general, you can consider each available port to represent a single communication session: if you have 100 ports available in a port range, that means that the computer in question could participate in, at most, 100 communication sessions at any given time. サーバーはクライアントよりも多くの会話に参加する可能性が高いので、クライアントよりも多くのポートをサーバーで開くのが理にかなっています。Because servers will likely take part in many more conversations than clients, it makes sense to open many more ports on servers than on clients. クライアントでアプリケーション共有用に 20 個のポートを確保すると、ユーザーは指定したデバイスで 20 個のアプリケーション共有セッションに同時に参加できます。Setting aside 20 ports for application sharing on a client means that a user could participate in 20 application sharing sessions on the specified device, and all at the same time. 大多数のユーザーにとって十分なことを証明する必要があります。That should prove sufficient for the vast majority of your users.

上のポート範囲を会議構成設定のグローバル コレクションに割り当てるには、次の Skype for Business Server 管理シェル コマンドを使用できます。To assign the preceding port ranges to your global collection of conferencing configuration settings, you can use the following Skype for Business Server Management Shell command:

Set-CsConferencingConfiguration -Identity global -ClientAudioPort 50020 -ClientAudioPortRange 20 -ClientVideoPort 58000 -ClientVideoPortRange 20 -ClientAppSharingPort 42000 -ClientAppSharingPortRange 20 -ClientFileTransferPort 42020 -ClientFileTransferPortRange 20

または、次のコマンドを使用して、この同じポート範囲を会議のすべての構成設定に割り当てます。Or, use this command to assign these same port ranges for all your conferencing configuration settings:

Get-CsConferencingConfiguration | Set-CsConferencingConfiguration -ClientAudioPort 50020 -ClientAudioPortRange 20 -ClientVideoPort 58000 -ClientVideoPortRange 20 -ClientAppSharingPort 42000 -ClientAppSharingPortRange 20 -ClientFileTransferPort 42020 -ClientFileTransferPortRange 20

個々のユーザーは、Skype for Business からログオフしてから、これらの変更を実際に有効にする前にログオンし戻す必要があります。Individual users must log off from Skype for Business and then log back on before these changes will actually take effect.

注意

1 つのコマンドで、クライアントのメディア ポート範囲を有効化し、これらのポート範囲を割り当てることもできます。You can also enable client media port ranges, and then assign those port ranges, using a single command. 次に例を示します。For example:
Set-CsConferencingConfiguration -ClientMediaPortRangeEnabled $True -ClientAudioPort 50020 -ClientAudioPortRange 20 -ClientVideoPort 58000 -ClientVideoPortRange 20 -ClientAppSharingPort 42000 -ClientAppSharingPortRange 20 -ClientFileTransferPort 42020 -ClientFileTransferPortRange 20

Windows 10 で実行されているクライアントのサービス品質ポリシーを構成するConfigure Quality of Service policies for clients running on Windows 10

Skype for Business クライアントで使用するポート範囲を指定する以外に、クライアント コンピューターに適用されるサービス品質ポリシーを個別に作成する必要があります。In addition to specifying port ranges for use by your Skype for Business clients, you must also create separate Quality of Service policies that will be applied to client computers. (会議サーバー、アプリケーション サーバー、および仲介サーバー用に作成されたサービス品質ポリシーは、クライアント コンピューターには適用されません。この情報は、Skype for Business クライアントと Windows 10 を実行しているコンピューターにのみ適用されます。(The Quality of Service policies created for Conferencing, Application, and Mediation servers should not be applied to client computers.) This information applies only to computers running the Skype for Business client and Windows 10.

次の例では、このポート範囲のセットを使用して、オーディオ ポリシーとビデオ ポリシーを作成します。The following example uses this set of port ranges to create an audio policy and a video policy:

クライアント トラフィックの種類Client Traffic Type 開始ポートPort Start ポート範囲Port Range

オーディオAudio

5002050020

2020

ビデオVideo

5800058000

2020

アプリケーション共有Application sharing

4200042000

2020

ファイル送信File transfer

4202042020

2020

Windows 10 コンピューターのサービス品質オーディオ ポリシーを作成するには、まず、グループ ポリシーの管理がインストールされているコンピューターにログオンします。To create a Quality of Service audio policy for Windows 10 computers, first log on to a computer where Group Policy Management has been installed. グループ ポリシーの管理を開き ([スタート] ボタンを クリック し、[管理ツール] をポイントし、[グループ ポリシーの管理] をクリックします)、次の手順を実行します。 Open Group Policy Management (click Start, point to Administrative Tools, and then click Group Policy Management), and then complete the following procedure:

  1. [グループ ポリシーの管理] で、新しいポリシーを作成する必要のあるコンテナーを探します。In Group Policy Management, locate the container where the new policy should be created. たとえば、すべてのクライアント コンピューターが Clients という名前の OU にある場合は、新しいポリシーをクライアント OU に作成する必要があります。For example, if all your client computers are located in an OU named Clients, the new policy should be created in the Client OU.

  2. 適切なコンテナーを右クリックし、[このドメインに GPO を作成する] をクリックし、 ここにリンクしますRight-click the appropriate container, and then click Create a GPO in this domain, and Link it here.

  3. [新 しい GPO] ダイアログ ボックスで、[名前] ボックスに新しいグループ ポリシー オブジェクトの名前を入力し 、[OK] をクリックします。In the New GPO dialog box, type a name for the new Group Policy object in the Name box, and then click OK.

  4. 新しく作成したポリシーを右クリックし、[編集] をクリック しますRight-click the newly-created policy, and then click Edit.

  5. グループ ポリシー管理エディターで、[コンピューターの構成] を展開し 、[Windows の 設定] を展開し、[ポリシー ベース の QoS] を右クリックして、[新しいポリシーの作成]をクリックしますIn the Group Policy Management Editor, expand Computer Configuration, expand Windows Settings, right-click Policy-based QoS, and then click Create new policy.

  6. [ ポリシーベースの QoS] ダイアログ ボックスの開始ページで、[名前] ボックスに新しいポリシーの名前を 入力 します。In the Policy-based QoS dialog box, on the opening page, type a name for the new policy in the Name box. [DSCP 値を指定する] を選択し、値を 46 に設定します。Select Specify DSCP Value and set the value to 46. [出力方向のスロットル率を指定する] をオフのままにして、[次へ] をクリックします。Leave Specify Outbound Throttle Rate unselected, and then click Next.

  7. 次のページで、[この実行可能ファイル名を持つアプリケーションのみ]を選択し、Lync.exeを入力して、[次へ] をクリック しますOn the next page, select Only applications with this executable name, enter Lync.exe as the name, and then click Next. この設定は、Skype for Business クライアントからの一致トラフィックのみを優先順位付けするようにポリシーに指示します。This setting instructs the policy to only prioritize matching traffic from the Skype for Business client.

  8. 3 番目のページで、[すべての送信元 IP アドレス] と [すべての宛先 IP アドレス] の両方が選択され、[次へ] をクリックしますOn the third page, make sure that both Any source IP address and Any destination IP address are selected, and then click Next. この 2 つの設定により、これらのパケットを送信したコンピューター (IP アドレス) やこれらのパケットを受信するコンピューター (IP アドレス) にかかわらず、パケットが管理されます。These two settings ensure that packets will be managed regardless of which computer (IP address) sent those packets and which computer (IP address) will receive those packets.

  9. 4 番目のページで、[この QoS ポリシーを適用するプロトコルを選択してください] ドロップダウン リストから [TCP と UDP] を選択します。On page four, select TCP and UDP from the Select the protocol this QoS policy applies to dropdown list. TCP (伝送制御プロトコル) と UDP (ユーザー データグラム プロトコル) は、Skype for Business Server とそのクライアント アプリケーションで最も一般的に使用される 2 つのネットワーク プロトコルです。TCP (Transmission Control Protocol) and UDP (User Datagram Protocol) are the two networking protocols most-commonly used by Skype for Business Server and its client applications.

  10. [発信元ポート番号を指定してください] という見出しの下にある [次の発信元ポート番号か範囲] を選択します。付随するテキスト ボックスに、オーディオ送信用に予約されたポート範囲を入力します。たとえば、50020 から 50039 までのポートをオーディオ トラフィック用に予約した場合は、「50020:50039」という形式でポート範囲を入力します。[完了] をクリックします。Under the heading Specify the source port number, select From this source port or range. In the accompanying text box, type the port range reserved for audio transmissions. For example, if you reserved ports 50020 through ports 50039 for audio traffic enter the port range using this format: 50020:50039. Click Finish.

オーディオ用の QoS ポリシーを作成した後で、2 番目にビデオ用のポリシーを作成する必要があります。ビデオ用のポリシーを作成するには、オーディオ ポリシーを作成したときと基本的には同じ手順に従い、次の点を変えます。After you have created the QoS policy for audio you should then create a second policy for video. To create a policy for video, follow the same basic procedure you followed when creating the audio policy, making these substitutions:

  • 別の (および一意の) ポリシー名を使用します。Use a different (and unique) policy name.

  • DSCP の値を 46 ではなく「34」に設定します。(前に説明したとおり、DSCP の値に 34 を使用する必要はありません。ただ、オーディオに使用したのとは異なる DSCP の値を割り当てる必要があります。)Set the DSCP value to 34 instead of 46. (As noted previously, you do not have to use the DSCP value 34; you simply must assign a different DSCP value than the one used for audio.)

  • ビデオ トラフィックには、以前に構成したポート範囲を使用します。Use the previously configured port range for video traffic. たとえば、ポート 58000 ~ 58019 をビデオ用に予約している場合は、ポート範囲を 58000:58019 に設定します。For example, if you have reserved ports 58000 through 58019 for video, set the port range to this: 58000:58019.

アプリケーション共有トラフィックを管理するためのポリシーを作成する場合は、次の代替を行います。If you decide to create a policy for managing application sharing traffic, make these substitutions:

  • 別の (および一意の) ポリシー名 (Skype for Business Server アプリケーション 共有など) を使用します。Use a different (and unique) policy name (for example, Skype for Business Server Application Sharing).

  • DSCP の値を 46 ではなく「24」に設定します。(この値も 24 にする必要はありません。ただ、オーディオとビデオに使用した DSCP の値とは別にする必要があります。)Set the DSCP value to 24 instead of 46. (Again, this value does not have to be 24; it simply must be different than the DSCP values used for audio and for video.)

  • ビデオ トラフィックには、以前に構成したポート範囲を使用します。Use the previously configured port range for video traffic. たとえば、アプリケーション共有用にポート 42000 ~ 42019 を予約している場合、ポート範囲を 42000:42019 に設定します。For example, if you have reserved ports 42000 through 42019 for application sharing, set the port range to this: 42000:42019.

ファイル転送ポリシーは次のようにします。For a file transfer policy:

  • 別の (および一意の) ポリシー名 (Skype for Business Server ファイル 転送など) を使用します。Use a different (and unique) policy name (for example, Skype for Business Server File Transfers).

  • DSCP 値を 14 に設定しますSet the DSCP value to 14. (繰り返しますが、この値は 14 である必要はありません。単に一意の DSCP コードである必要があります)。(Again, this value does not have to be 14; it simply must be a unique DSCP code.)

  • アプリケーションに対して以前に構成したポート範囲を使用します。Use the previously configured port range for application. たとえば、アプリケーション共有用にポート 42020 ~ 42039 を予約している場合は、ポート範囲を 42020:42039 に設定します。For example, if you have reserved ports 42020 through 42039 for application sharing, set the port range to this: 42020:42039.

新しく作成したポリシーは、クライアント コンピューター上でグループ ポリシーが更新されるまで有効になりません。グループ ポリシーは定期的に自動更新を行いますが、グループ ポリシーの更新が必要な各コンピューター上で次のコマンドを実行することにより、強制的に即時更新できます。The new policies you have created will not take effect until Group Policy has been refreshed on your client computers. Although Group Policy periodically refreshes on its own, you can force an immediate refresh by running the following command on each computer where Group Policy needs to be refreshed:

Gpupdate.exe /force

このコマンドは、管理者の資格情報で実行されていれば、どのコマンド ウィンドウからでも実行できます。コマンド ウィンドウを管理者の資格情報で実行するには、[スタート]をクリックして、[コマンド プロンプト] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。This command can be run from any command window that is running under administrator credentials. To run a command window under administrator credentials, click Start, right-click Command Prompt, and then click Run as administrator.

なお、これらのポリシーが対象とするのはクライアント コンピューターです。Keep in mind that these policies should be targeted towards your client computers. Skype for Business Server を実行しているサーバーには適用できません。They should not be applied to servers running Skype for Business Server.

ネットワーク パケットが適切な DSCP 値でマークされるようにするには、次の手順を実行して、各コンピューターに新しいレジストリ エントリを作成する必要もあります。To help ensure that network packets are marked with the appropriate DSCP value, you should also create a new registry entry on each computer by completing the following procedure:

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。Click Start, and then click Run.

  2. [ファイル名 を指定 して実行] ダイアログ ボックスに 「regedit」と 入力し、Enter キーを押します。In the Run dialog box, type regedit, and then press ENTER.

  3. レジストリ エディターで 、HKEY _ LOCAL _ MACHINE、****システム****、CurrentControlSet、 サービス、Tcpip の順に 展開しますIn the Registry Editor, expand HKEY_LOCAL_MACHINE, expand SYSTEM, expand CurrentControlSet, expand services, and then expand Tcpip.

  4. [Tcpip] を右クリックし、[新規] をポイントして [キー] をクリックします。Right-click Tcpip, point to New, and then click Key. 新しいレジストリ キーを作成したら 、「QoS」 と入力し、Enter キーを押してキーの名前を変更します。After the new registry key is created, type QoS, and then press ENTER to rename the key.

  5. [QoS] を右クリックし、[新規] をポイントして [文字列値] をクリックします。Right-click QoS, point to New, and then click String Value. 新しいレジストリ値を作成したら 、「NLA を使用しない」と入力し、Enter キーを押して値の名前を変更します。After the new registry value is created, type Do not use NLA, and then press ENTER to rename the value.

  6. [Do no use NLA] をダブルクリックします。Double-click Do not use NLA. [文字列の 編集] ダイアログ ボックスで、[値のデータ] ボックスに 「1」入力し****、[OK] をクリックします。In the Edit String dialog box, type 1 in the Value data box, and then click OK.

  7. レジストリ エディターを閉じて、コンピューターを起動します。Close the Registry Editor and eboot your computer.

複数のネットワーク アダプターを使用するコンピューターでサービスの品質を構成するConfigure Quality of Service on computers with multiple network adapters

複数のネットワーク アダプターを備えるコンピューターがある場合、DSCP 値が構成された値ではなく 0x00 として表示される問題が発生する場合があります。If you have a computer that has multiple network adapters, you might occasionally run in to issues where DSCP values are shown as 0x00 rather than the configured value. 通常、このような表示になるのは、1 つ以上のネットワーク アダプターが Active Directory ドメインにアクセスできないコンピューターです (たとえば、アダプターがプライベート ネットワークに使用されている場合)。This will typically occur on computers where one or more of the network adapters are not able to access your Active Directory domain (for example, if these adapters are used for a private network). そのような場合、ドメインへアクセスできるアダプターには DSCP の値がマークされますが、ドメインへアクセスできないアダプターにはマークされません。In cases like that, DSCP values will be tagged for the adapters that can access the domain, but will not be tagged for adapters that cannot access the domain.

ドメインにアクセスできないアダプターを含め、コンピューター内のすべてのネットワーク アダプターの DSCP 値にタグを付けしたい場合は、レジストリに値を追加して構成する必要があります。If you would like to tag DSCP values for all the network adapters in a computer, including adapters that do not have access to your domain, you will need to add and configure a value to the registry. このためには、次の手順を実行します。That can be done by completing the following procedure:

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。Click Start, and then click Run.

  2. [ファイル名 を指定 して実行] ダイアログ ボックスに 「regedit」と 入力し、Enter キーを押します。In the Run dialog box, type regedit, and then press ENTER.

  3. レジストリ エディターで 、HKEY _ LOCAL _ MACHINE、****システム****、CurrentControlSet、 サービス、Tcpip の順に 展開しますIn the Registry Editor, expand HKEY_LOCAL_MACHINE, expand SYSTEM, expand CurrentControlSet, expand services, and then expand Tcpip.

  4. QoS」というレジストリ キーがない場合は、 [Tcpip] 右クリックし、[新規] をポイントして、[キー] をクリックします。If you do not see a registry key labeled QoS then right-click Tcpip, point to New, and then click Key. 新しいキーを作成したら 、「QoS」 と入力し、Enter キーを押してキーの名前を変更します。After the new key is created, type QoS, and then press ENTER to rename the key.

  5. [QoS] を右クリックし、[新規] をポイントして [文字列値] をクリックします。Right-click QoS, point to New, and then click String Value. 新しいレジストリ値を作成したら 、「NLA を使用しない」と入力し、Enter キーを押して値の名前を変更します。After the new registry value is created, type Do not use NLA, and then press ENTER to rename the value.

  6. [Do no use NLA] をダブルクリックします。Double-click Do not use NLA. [文字列の 編集] ダイアログ ボックスで、[値のデータ] ボックスに 「1」入力し****、[OK] をクリックします。In the Edit String dialog box, type 1 in the Value data box, and then click OK.

新しいレジストリ値を作成して構成した後、変更を有効にするためにコンピューターを再起動する必要があります。After creating and configuring the new registry value, you will need to reboot your computer for the changes to take effect.

関連項目See also

Windows 10 でグループ ポリシー オブジェクトを作成するCreate a Group Policy Object in Windows 10