Skype for Business Server の通話品質ダッシュボードの使用Use Call Quality Dashboard for Skype for Business Server

概要: 通話品質ダッシュボードの使い方について学習します。Summary: Learn about how to use the Call Quality Dashboard. 通話品質ダッシュボードは、Skype for Business Server 用のツールです。Call Quality Dashboard is a tool for Skype for Business Server.

通話品質ダッシュボード (CQD) を使用すると、IT 管理者は集計データを使用して、ユーザー グループの統計情報を比較して傾向とパターンを特定することにより、メディア品質の問題を生み出す問題を特定できます。Call Quality Dashboard (CQD) allows IT Pros to use aggregate data to identify problems creating media quality issues by comparing statistics for groups of users to identify trends and patterns. CQD は、個々の通話の問題の解決に重点を置いてではなく、多くのユーザーに適用される問題とソリューションの特定に重点を置いて行います。CQD is not focused on solving individual call issues, but on identifying problems and solutions that apply to many users.

通話品質ダッシュボード ユーザー ガイドCall Quality Dashboard User Guide

CQD は、QoE (Quality of Experience) データに基づいてレポートをすばやく作成および整理するための Web ポータルです。CQD is a web portal for quickly creating and organizing reports based on Quality of Experience (QoE) data. CQD は SSAS キューブを展開して QoE 指標データベース内のデータを集約し、管理者はレポートを作成および変更したり、リアルタイムで調査を行うのを可能にしています。CQD deploys an SSAS cube to aggregate the data in the QoE Metrics database, and enables admins to create and modify reports or do investigations in real time. Excel を使用してキューブに直接接続することもできますが、ポータルは QoE データを含む複数のワークフローに最適化されています。While it is possible to use Excel to connect directly to the cube, the portal is optimized for several workflows involving QoE data. データには次が含まれます。The data includes:

  • 高速アクセスのためのキャッシュ されたレポート データCached report data for fast access
  • 情報の共有と公開に関するレポート ページへのディープ リンクDeep links to report pages for information sharing and publishing
  • 効率的なレポートの編集と作成、およびレポートの説明用の編集可能なメタデータ。Streamlined report editing and creation, and editable metadata for report descriptions.

また、CQD は、ユーザーがカスタム ダッシュボードで使用するキューブ データにプログラムでアクセスできる Web API を公開します。Also, CQD exposes web APIs that give users programmatic access to the cube data for use in custom dashboards.

機能の概要Feature Overview

通話品質ダッシュボードにアクセスすると、次の画面が表示されます。When you visit the Call Quality Dashboard, you see the following screen:

CQD を使用する

  1. "概要ウィンドウ" は、右側の "レポート セット" のコンテキストが見つかる場所です。The "Summary Pane" is where context for the "Report Set" (to the right) can be found.
  2. 概要ウィンドウレポートの [編集] をクリックして、レベルのプロパティ (Y 軸の高さを含む) を設定します。Click "Edit" in the Summary PaneReport to set level properties (including Y-axis height).
  3. 階層リンクは、レポート セット階層内の現在の場所を特定するのに役立ちます。The Breadcrumb helps you identify your current location within the report set hierarchy.
  4. サブレポートを含むレポートは青いリンクで表示されます。Reports with subreports are shown with a blue link. リンクをクリックして、子レポートにドリルダウンします。Click the link to drill down to the child reports.

棒グラフと傾向線の上にマウスポインターを移動すると、詳細な値が表示されます。Move the mouse over the bar charts and trend lines to show detailed values. フォーカスがあるレポートには、"編集"、"複製"、"削除"、および "ダウンロード" というアクション メニューが表示されます。The report that has focus shows the action menu: "Edit", "Clone", "Delete", and "Download".

既定のレポートDefault Reports

通話品質ダッシュボード ポータルに初めてアクセスすると、既定のレポート セットが自動的に作成されます。When you first access the Call Quality Dashboard portal, a default set of reports is automatically created. これらのレポートは、システム レポートとも呼ばれます。These reports are sometimes referred to as system reports. 新しい兄弟レポートと子レポートを作成することで、これらのレポートを自由に変更または削除したり、レポートを拡張することができます。You are able to freely modify or delete these reports or extend them by creating new sibling and child reports.

トップ レベルでは、"オーディオ ストリームの月次傾向" レポートには、すべてのオーディオ ストリームの月次傾向が表示されます。At the top level, the "Audio Streams Monthly Trend" report shows the monthly trend for all audio streams. 棒グラフのバーの上にマウスポインターを移動すると、棒グラフで表されるデータの詳細が表示されます。Move the mouse over the bars in a bar chart to show a more detailed view of the data represented by the bar chart. オーディオ ストリームの月次傾向レポートのタイトルをクリックして、"管理されたオーディオ ストリームとアンマネージ オーディオ ストリーム" レポートに移動します。このレポートは、管理対象通話と非管理対象通話の間で分割されます。Click the title of the Audio Streams Monthly Trend report to navigate to the "Managed vs Unmanaged Audio Streams" report, where the reports are split between Managed and Unmanaged calls. 管理された呼び出しは、有線接続を使用して企業ファイアウォールの内側から行われた呼び出しです。Managed calls are calls made from inside the corporate firewall over wired connections. 管理されていない通話には、企業ファイアウォールの外側から行われた通話と、Wi-Fi を使用して行われたすべての通話が含まれます。Unmanaged calls include calls made from outside the corporate firewall and all calls made over Wi-Fi.

もう 1 つのトップ レベル レポートは、"ユーザーが報告した通話品質評価ヒストグラム" と呼ばれるレポートです。The other top-level report is called the "User-reported Call Quality Rating Histogram." 通話品質評価は、通話の品質を示すために、通話の最後に Skype for Business ユーザーによって与えられる番号です。Call Quality Ratings are the numbers given by Skype for Business users at the end of a call to indicate the quality of the call. 評価番号の範囲は 1 ~ 5 で、1 は最低で、5 が最適です。The rating numbers range from 1 to 5, 1 is the worst and 5 is the best. ヒストグラムは、1 か月で指定された評価を受け取ったオーディオ通話の数を示します。The histogram shows the number of audio calls that had the indicated rating in one month.

レポートのタイトルをクリックして、データに対するフィルターが追加されたレポートに移動します。Click the title of any of the reports to navigate into reports with more filters on the data. システム レポートでは、各子レポートには親レポートで使用可能なデータのサブセットが表示されます。In the system reports, each child report displays a subset of the data available in its parent report. 問題を解決するモデルは単純です。問題が限定されているデータまたは傾向をどのサブレポートに限定するか調査し、問題領域を徐々に絞り込む必要があります。The problem-solving model is simple: investigate which subreport the data or trend suggesting a problem is confined to, and gradually narrow down the problem space. サブレポートを作成する機能を使用すると、特定のデータ傾向の原因に関する独自の推測を調査できます。The ability to create subreports allows you to investigate your own guesses about the cause of specific data trends.

レポートの作成と編集Create and Edit Reports

レポートの操作メニューの [編集] をクリックすると、レポート エディターが表示されます。Click "Edit" in the action menu of a report to see the Report Editor. 各レポートは、キューブへのクエリによって裏付けされます。Each report is backed by a query into the cube. レポートは、クエリによって返されるデータを視覚化します。A report is a visualization of the data returned by its query. レポート エディターを使用すると、これらのクエリとレポートの表示オプションを編集できます。The Report Editor helps you edit these queries and the display options of the report. レポート エディターを開いた場合は、次の情報が表示されます。When you open the Report Editor, you see:

CQD を使用する

  1. 左側のウィンドウで、ディメンション、メジャー、およびフィルターが選択されます。Dimensions, measures, and filters are chosen in the left pane. 既存の値の 1 つをポイントすると、値を削除できる [x] ボタンが表示されます。Hover over one of the existing values to show an "x" button that allows the value to be removed. 見出しの横にある [プラス] ボタンをクリックして、新しいディメンション、メジャー、またはフィルターを追加できるダイアログを開きます。Click the "plus" button next to a heading to open the dialog where you can add a new dimension, measure, or filter.
  2. グラフのカスタマイズのオプションが上部に表示されます。Options for chart customization are displayed at the top.
  3. レポートのプレビューは、レポート エディターで確認できます。A preview of the report is available in the Report Editor.
  4. レポートの詳細な説明は、下部の編集ボックスで作成できます。A detailed report description can be created with the edit box at the bottom.

テーブル内のスパークラインSparklines in Tables

StartDate.Month がディメンションとして追加され、データが表形式の傾向としてレンダリングされる場合、表のセル内に棒グラフとスパークラインを表示できます。When StartDate.Month is added as a dimension and the data is rendered as a trend in table form, bar charts and sparklines can be shown inside the table cells. 棒グラフとスパークラインの上にマウス ポインターを移動すると、個々の月の値が表示されます。Move the mouse pointer over the bar chart and the sparklines to show the values for individual months.

CQD を使用する

棒グラフとスパークラインを表示するには、レポート エディターの上部にある [スパークラインの表示] チェック ボックスをオンにする必要があります。In order for the bar charts and the sparklines to appear, the "Show sparklines" checkbox at the top of the Report Editor must be checked. これにより、[傾向] オプションが選択され、月が最後のディメンションに下方向に移動します。これは、[月] をクリックし、上矢印と下矢印を使用して StartDate.Month を上または下にシフトすることでも実行できます。This selects the Trend option and moves Month down to be the last dimension, which can also be accomplished by clicking on Month and using the up and down arrows to shift StartDate.Month up or down.

設定Settings

[設定] メニューには、[システムの正常性] ページや [詳細] ページなど、便利なページへのリンクが表示され、ダッシュボードの右上隅にあります。The settings menu contains links to useful pages like the System Health and About pages, and is located in the top-right corner of the dashboard.

CQD を使用する

説明とタイム スタンプを表示するかどうかは個々のユーザーに限定され、これらの設定はダッシュボードの個々のバージョンにのみ影響し、レポート セットや他のユーザーに表示される内容は変更されません。Whether to show descriptions and time stamps is up to individual users, and these settings only affect the individual's version of the dashboard, and do not modify the report set or what other users see. キャッシュをクリアすると、すべてのクエリがキューブからデータを再読み込みしますが、既定値を復元すると、ユーザーが作成または変更したレポートはすべて削除され、システム レポート セット (ユーザーが初めてログインするときに表示される情報) が再作成されます。Clearing the cache causes all queries to reload their data from the cube, while restoring defaults deletes all of user-created or modified reports and recreates the system report set — what a user would see when they log in for the first time.

ユーザー ダッシュボード リンクには、CQD の他のユーザーを表示してレポートを参照できるページが表示されます。The Users Dashboard Link shows a page where users can view other users of CQD and browse their reports. レポート セットを共有するには、URL バーのリンクをコピーし、別の CQD ユーザーと共有します。To share a report set, copy the link in the URL bar and share it with another CQD user. このリンクは、他のユーザーがユーザーのユーザー名の下の [ユーザー ダッシュボード リンク] ページに表示するのと同じリンクです。This link is the same link other users would see in the Users Dashboard Link page under the user's username.

サブネット情報の提供Supplying Subnet Information

サイト固有の情報がアーカイブ データベースに入力され、サブネットから建物へのマッピング情報 (たとえば、構築による有線/ワイヤレス通話の品質) を提供する場合は、追加情報を確認できます。Additional information can be revealed if site-specific information is entered into the Archive database to provide subnet-to-building mapping information (for example, wired/wireless call quality by building).

これらのレポートを作成するには、少なくとも次の表に示す手順を実行します。At a minimum, complete the following tables to create these reports:

  • CqdBuildingCqdBuilding
  • CqdNetworkCqdNetwork

詳細については、CqdBuildingType テーブルと CqdBuildingOwnershipType テーブルを参照して、さらにフィルター処理とドリルダウンを行います。Additional information can be provided in CqdBuildingType and CqdBuildingOwnershipType tables to allow further filtering and drill-down.

これらのテーブルに使用されるデータは、次のように定義されます。The data used for these tables are defined as follows:

CqdBuildingCqdBuilding

ColumnColumn データ型Data Type Null を許可しますか?Allow Nulls? 詳細Details
BuildingKeyBuildingKey intint いいえNo CqdBuilding テーブルの主キー。Primary key for the CqdBuilding table.
BuildingNameBuildingName varchar(80)varchar(80) いいえNo 建物名。Building name.
BuildingShortNameBuildingShortName varchar(10)varchar(10) いいえNo 建物名の短いバージョン。Shorter version of the Building name.
OwnershipTypeIdOwnershipTypeId intint いいえNo 外部キー。CqdBuildingOwners テーブルのいずれかのエントリに一致します。Foreign key, matches one of the entries in the CqdBuildingOwners table.
BuildingTypeIdBuildingTypeId intint いいえNo 外部キー。CqdBuildingType テーブルのいずれかのエントリに一致します。Foreign key, matches one of the entries in the CqdBuildingType table.
LatitudeLatitude 浮動小数点数float 必要Yes 建物の緯度。Latitude of the building.
LongitudeLongitude 浮動小数点数float 必要Yes 建物の経度。Longitude of the building.
CityNameCityName varchar(30)varchar(30) 必要Yes 建物がある都市名。City name where the building is located.
ZipCodeZipCode varchar(25)varchar(25) 必要Yes 建物がある場所の郵便番号。Zip code where the building is located.
CountryShortCodeCountryShortCode varchar(2)varchar(2) 必要Yes 建物がある国の ISO 3166-1 alpha-2 コード。ISO 3166-1 alpha-2 codes for the country where the building is located.
StateProvinceCodeStateProvinceCode varchar(3)varchar(3) 必要Yes 建物がある州/省の 3 文字の省略形。Three-letter abbreviation for the State/Province where the building is located.
InsideCorpInsideCorp bitbit 必要Yes ビットは、建物が企業ネットワークの一部であるかどうかを示します。Bit indicates whether the building is part of the corporate network.
BuildingOfficeTypeBuildingOfficeType nvarchar(150)nvarchar(150) 必要Yes 建物のオフィスの種類の説明。Description of the building office type.
RegionRegion varchar(25)varchar(25) 必要Yes 建物がある地域。Region where the building is located.

CqdNetworkCqdNetwork

ColumnColumn データ型Data Type Null を許可しますか?Allow Nulls? 詳細Details
ネットワークNetwork varchar(25)varchar(25) いいえNo サブネット アドレス。Subnet address.
NetworkRangeNetworkRange tinyinttinyint 必要Yes サブネット マスク。Subnet mask.
NetworkNameIDNetworkNameID intint 必要Yes 必要に応じて、CqdNetworkName テーブル内の行にマップします。Optionally maps to a row in CqdNetworkName table.
BuildingKeyBuildingKey intint 必要Yes 外部キー。CqdBuilding テーブルのいずれかのエントリに一致します。Foreign key, matches one of the entries in the CqdBuilding table.
UpdatedDateUpdatedDate 日付型datetime いいえNo エントリが最後に更新された日時。Datetime for when the entry was last updated.

既定では、この次の表には 1 つのエントリ (0、'Unknown') があります。By default this next table has one entry (0, 'Unknown').

CqdBuildingTypeCqdBuildingType

ColumnColumn データ型Data Type Null を許可しますか?Allow Nulls? 詳細Details
BuildingTypeIdBuildingTypeId intint いいえNo CqdBuildingType テーブルの主キー。Primary key for the CqdBuildingType table.
BuildingTypeDescBuildingTypeDesc char(18)char(18) いいえNo 建物の種類の説明。Building type description.

既定では、この次の表には 1 つのエントリ (0、'Unknown'、0、null) があります。By default this next table has one entry (0, 'Unknown', 0, null).

CqdBuildingOwnershipTypeCqdBuildingOwnershipType

ColumnColumn データ型Data Type Null を許可しますか?Allow Nulls? 詳細Details
OwnershipTypeIdOwnershipTypeId intint いいえNo CqdBuildingOwnershipType テーブルの主キー。Primary key for the CqdBuildingOwnershipType table.
OwnershipTypeDescOwnershipTypeDesc varchar(25)varchar(25) いいえNo 所有権の種類の説明。Ownership type description.
LeaseIndLeaseInd tinyinttinyint 必要Yes CqdBuildingOwnershipType テーブル内の別の行を参照するインデックス。リースされた建物を識別するために使用されます。Index referencing another row in the CqdBuildingOwnershipType table, used for identifying leased buildings.
所有者Owner varchar(50)varchar(50) 必要Yes 建物の所有者。Building owner.

既定では、この次の表には 1 つのエントリ (0、'Unknown'、0、null) があります。By default this next table has one entry (0, 'Unknown', 0, null).

CqdBssidCqdBssid

ColumnColumn データ型Data Type Null を許可しますか?Allow Nulls? 詳細Details
bssbss nvarchar(50)nvarchar(50) いいえNo CqdBssid テーブルの主キー。Primary key for the CqdBssid table. WiFi アクセス ポイントの BSSID です。Is the BSSID of the WiFi Access Point.
essess nvarchar(50)nvarchar(50) 必要Yes Wifi アクセス ポイント コントローラーの情報。Wifi Access Point Controller information.
phyphy nvarchar(50)nvarchar(50) 必要Yes Phy 情報。Phy information.
apap nvarchar(50)nvarchar(50) 必要Yes Wifi アクセス ポイント名。Wifi Access Point Name.
BuildingBuilding nvarchar(500)nvarchar(500) 必要Yes WiFi アクセス ポイントの建物名。The Building Name the WiFi Access Point is located in.

CQD ストリームCQD Streams

CQD ストリームは、良好、低品質、または未分類と見なされます。A CQD stream is considered good, poor, or unclassified. CQM 1.5 では、次の CQD 定義が使用されます。CQM 1.5 now uses the following CQD definition:

  • 低品質ストリームは、しきい値を超える低品質通話指標の任意の組み合わせです。A poor stream is any combination of the poor call metrics beyond threshold.
  • 呼び出しの 1 つのストリームが低品質の場合、通話の両方のストリームに低品質のフラグが設定されます。When one stream in a call is poor, both streams of the call are flagged poor. 電話会議では、各参加者は一意の通話としてカウントされ、他の参加者とは別に報告されます。In conferences, each participant is counted as a unique call and is reported on independently of all others.
  • 未分類のストリームは、品質メトリックのないストリーム (代理トランザクションまたは短い呼び出し) です。Unclassified streams are streams without quality metrics (that is, Synthetic Transactions or short calls).
  • 有効なストリーム = モバイル以外のクライアントValid Streams = non-mobile clients
  • 分類子を変更できませんClassifier cannot be modified

低品質通話定義/分類子Poor call definition/classifier

測定基準Metric しきい値Threshold
DegradationAvgDegradationAvg 1.0 より大きい (-1 ネットワーク MOS)Greater than 1.0 (-1 network MOS)
RoundTripRoundTrip 500 より大きいGreater than 500
PacketLossRatePacketLossRate 0.1 (10%) より大きいGreater than 0.1 (10%)
JitterInterArrivalJitterInterArrival 30 より大きいGreater than 30
RatioConcealedSamplesAvgRatioConcealedSamplesAvg 0.07 より大きいGreater than 0.07

JPDR 定義 = 低品質通話定義 - RatioConcealedSamplesAvgJPDR definition = Poor call definition minus RatioConcealedSamplesAvg

発信者/呼び出し先の場所Where is Caller/Callee?

CQD では、呼び出し元と呼び出し先の間に間にある手順が存在するために、"First" と "Second" を使用します。CQD doesn't use Caller/Callee fields, instead it uses "First" and "Second" because there are intervening steps between the caller and callee.

First サーバーがストリームに関与している場合は、常にサーバー エンドポイント (AV MCU や仲介サーバーなど) になります。First Will always be the Server endpoint (for example, AV MCU or Mediation Server) if a Server is involved in the stream.

Second クライアント ストリームである場合を限り、常にクライアント Server-Serverされます。Second Will always be the Client endpoint, unless it is a Server-Server stream.

1 番目と 2 番目の分類の例Example of First and Second classification

エンドポイント 1 UATypeEndpoint 1 UAType Endpoint 2 UUATypeEndpoint 2 UUAType 第 1First Second
2 (AVMCU)2 (AVMCU) 4 (Skype for Business)4 (Skype for Business) エンドポイント 1Endpoint 1 エンドポイント 2Endpoint 2
2 (AVMCU)2 (AVMCU) 1 (mMediationServer)1 (mMediationServer) エンドポイント 2Endpoint 2 エンドポイント 1Endpoint 1
4 (Skype for Business)4 (Skype for Business) 4 (Skype for Business)4 (Skype for Business) MediaLine の発信者The Caller in MediaLine MMediaLine の呼び出し先The Callee in MMediaLine

両方のエンドポイントが同じ種類の場合、CQD は発信者エントリを First と Callee Second に設定します。If both endpoints are the same type, CQD makes the Caller entry First and the Callee Second. エンドポイント名の詳細については、このブログ を参照してくださいFor more information about endpoint names, see this blog.

VPN の会計Accounting for VPN

VPN ソリューションが VPN フラグを正確に設定することが分かっている場合は、すべて設定できます。If VPN solution is known to accurately set VPN flag, you're all set. それ以外の場合は、次のいずれかの方法を使用します。Otherwise, use one of the following methods:

  • VPN と呼ばれるネットワークの種類 (優先) を作成し、VPN サブネットをこの新しい VPN NetworkType に関連付ける。Create a Network Type called VPN (preferred), then Associate VPN Subnets with this new VPN NetworkType.
  • VPN という名前の建物を作成し、VPN サブネットをこの建物に関連付ける。Create a building called VPN, then Associate VPN Subnets with this building.

クエリの基本Query Fundamentals

整形式のクエリには、次の 3 つのパラメーターすべてが含まれます。A well-formed query contains all three of these parameters:

  • 測定Measurement
  • DimensionDimension
  • フィルターFilter

整形式のクエリの例として、"Show me Poor Streams [Measurement] by Subnet [Dimension] for Building 6 [Filter]" があります。An example of a well-formed query would be "Show me Poor Streams [Measurement] by Subnet [Dimension] for Building 6 [Filter]."

UNION の機能What does UNION do?

Union を使用すると、AND 演算子を使用して条件をフィルター処理できます。Union allows you to filter conditions with the AND operator. 複数のフィルター条件を組み合わせて OR 操作と同様の結果を得るシナリオがあります。There are scenarios where you can combine multiple Filter conditions together to achieve a result similar to an OR operation.

例: 建物からすべてのストリームを取得するために、UNION は結合されたデータセットを個別に表示します。Example: To get all streams from a building, UNION provides a distinct view of the merged dataset. UNION を使用するには、UNION にしたい 2 つのフィルター条件の UNION フィールドに共通のテキストを挿入します。To use the UNION, insert common text into the UNION field on the two filter conditions you want to UNION.

既定の Report BreakdownDefault Report Breakdown

ワイヤレスが内部で管理されている場合は、管理対象バケットでワイヤレス レポートを再作成できます。If Wireless is managed internally, you can recreate the Wireless reports in the Managed bucket.

CQD Report Breakdown

運用プロセスOperational Processes

最初に、管理されたストリームを確認して修復します。Review and remediate Managed Streams first. この領域の品質は、コントロール内で 100% にしてください。したがって、修復するのが最も簡単です。Quality in this area should be 100% within your control and therefore easiest to remediate.

管理対象ストリームManaged Streams

管理されたストリームを次の順序で確認および修復します。Review and remediate managed streams in the following order:

  1. Server-ServerServer-Server
  2. Server-Wired-InsideServer-Wired-Inside
  3. Wired-Wired-InsideWired-Wired-Inside

アンマネージ ストリームUnmanaged Streams

アンマネージ ストリームを次の順序で確認および修復します。Review and remediate unmanaged streams in the following order:

  1. Server-Wifi-InsideServer-Wifi-Inside
  2. Server-Wired-OutsideServer-Wired-Outside
  3. Server-Wifi-OutsideServer-Wifi-Outside
  4. 有線 (外部ダイレクト)Wired-Outside-Direct
  5. ワイヤード (有線) 外部中継Wired-Outside-Relay
  6. その他のアンマネージOther Unmanaged