Skype for Business Server の統計情報マネージャーの展開Deploy Statistics Manager for Skype for Business Server

概要: このトピックでは、Skype for Business Server の Statistics Manager を展開する方法について説明します。Summary: Read this topic to learn how to deploy Statistics Manager for Skype for Business Server.

Skype for Business Server の Statistics Manager は、Skype for Business Server の正常性とパフォーマンスのデータをリアルタイムで表示できる強力なツールです。Statistics Manager for Skype for Business Server is a powerful tool that allows you to view Skype for Business Server health and performance data in real time. 数秒ごとに数百のサーバーでパフォーマンス データをポーリングし、統計情報マネージャー Web サイトで即座に結果を表示できます。You can poll performance data across hundreds of servers every few seconds, and view the results instantly on the Statistics Manager Website.

Statistics Manager をインストールする前に、ソフトウェア、ネットワーク、およびハードウェアの要件を理解していることを確認してください。Before you attempt to install Statistics Manager, be sure you are familiar with the software, networking, and hardware requirements. 詳細については 、「Plan for Statistics Manager for Skype for Business Server」を参照してくださいFor more information, see Plan for Statistics Manager for Skype for Business Server.

注意

以前のバージョンの Statistics Manager からアップグレードする場合は 、「Upgrade Statistics Manager for Skype for Business Server」を参照してくださいIf you are upgrading from a previous version of Statistics Manager, see Upgrade Statistics Manager for Skype for Business Server.

注意

統計情報マネージャーの Web サイトは、Internet Explorer 11 以上、Edge 20.10240+ 、および Chrome 46+ (現在のバージョンの常緑バージョン) でテストされ、正しく動作します。The Statistics Manager Website has been tested and works correctly on Internet Explorer 11+, Edge 20.10240+ , and Chrome 46+ (current evergreen version).

統計情報マネージャーは、以下からダウンロードできます https://aka.ms/StatsManDownloadYou can find the Statistics Manager downloadable at https://aka.ms/StatsManDownload.

このトピックは、以下のセクションで構成されています。This topic contains the following sections:

Statistics Manager を展開するDeploy Statistics Manager

Statistics Manager を展開するには、次の手順を実行します。To deploy Statistics Manager, follow these steps:

  1. Redis のメモリ内キャッシュ システムをインストールし、適切な証明書がインストールされていることを確認して、リスナーのホスト コンピューターを準備します。Prepare the Listener host machine by installing the Redis in-memory caching system, and by ensuring that you have installed the appropriate certificates.

  2. リスナー サービスをホスト コンピューターにインストールします。Install the Listener service on the host machine.

  3. ホスト コンピューターに Web サイトをインストールします。Install the Website on the host machine.

  4. 監視する各 Skype for Business Server コンピューターにエージェントをインストールします。Install an Agent on each Skype for Business Server machine you wish to monitor.

  5. 監視するサーバーのトポロジをインポートします。Import the topology for the servers you are monitoring.

注意

Redis、リスナー サービス、および Web サイトはすべて、同じホスト コンピューターにインストールする必要があります。Redis, the Listener service, and the Website must all be installed on the same host machine. ホスト コンピューターに Skype for Business Server がインストールされていないか確認します。Be sure the host machine does not have Skype for Business Server installed.

リスナーのホスト コンピューターを準備するPrepare the Listener host machine

ホスト コンピューターを準備するには、Redis のメモリ内キャッシュ システムをインストールし、有効な証明書がコンピューター上にインストールされている必要があります。To prepare the host machine, you will need to install the Redis in-memory caching system, and ensure that a valid certificate is on the machine. Microsoft では、Redis 3.0 の最新の安定したビルドをインストールしてください。Microsoft recommends that you install the latest stable build of Redis 3.0. Statistics Manager バージョン 2.0 は Redis 3.2.100 でテストされました。Statistics Manager version 2.0 was tested with Redis 3.2.100.

  1. Redis を次のサイトからダウンロードします https://github.com/MSOpenTech/redisDownload Redis from the following site: https://github.com/MSOpenTech/redis.

    署名されていないインストーラーは、次の場所からダウンロードできます。 https://github.com/MSOpenTech/redis/releasesUnsigned installers can be downloaded from https://github.com/MSOpenTech/redis/releases

    必要に応じて、署名されたバイナリは、一般的なパッケージ マネージャー (Nuget と数え切り取り) を通じて利用できますIf required, signed binaries are available through popular package managers: Nuget and Choclatey.

    • 指定された msi を実行し、プロンプトに従います。Run the provided msi and follow the prompts.

    • ファイアウォール 規則を追加する場合は、このチェック ボックスをオンにしてください。Do not check the box to add a firewall rule.

  2. リスナー サービスには証明書が必要です。The Listener service requires a certificate. Microsoft では、信頼できる証明機関によって署名された証明書を使用してください。Microsoft strongly recommends that you have a certificate signed by a trusted certificate authority.

    ラボでテスト目的で自己署名証明書を使用する場合は、「自己署名証明書を作成する」を 参照してくださいIf you want to use a self-signed certificate--for testing purposes in a lab, for example--see Create a self-signed certificate.

    エージェントは(チェーン検証ではなく) 証明書の拇印検証を使用します。Note that the Agent uses certificate thumbprint verification (instead of chain verification). 自己署名証明書を使用する可能性が高いので、証明書の完全な検証は実行しません。It will not do full certificate validation because it is possible to use self-signed certificates.

リスナー サービスをインストールするInstall the Listener service

リスナー サービスをホスト コンピューターにインストールするには、次のコマンドStatsManPerfAgentListener.msi指定します。Install the Listener service on the host machine by running the StatsManPerfAgentListener.msi and specifying the following:

  1. 使用許諾契約書を確認し、同意する場合は、[使用許諾契約書に同意します] を選択し、[次へ] をクリック しますReview the License Agreement, and if you agree, select I accept the terms in the license agreement, and then click Next.

  2. 次のページで、次の情報を指定します。On the next page, specify the following information:

    • サービス パスワード: これは、リモート エージェントがリスナー サービスへの認証に使用するパスワードです。Service Password: This is the password the remote Agents will use to authenticate to the Listener service.

    • サービス ポート: これは、リスナーがエージェントと通信するために使用する HTTPS ポート番号です。Service Port: This is the HTTPS port number that the Listener will use to communicate with the Agents. インストール時に、このポートはローカル ファイアウォール経由で許可され、URL ACL が作成され、SSL 証明書はこのポートにバインドされます。During installation, this port will be allowed through the local firewall, a URL ACL will be created, and an SSL cert will be bound to this port. 既定値は 8443 です。The default is 8443.

    • 証明書の拇印: これは、リスナーが HTTPS プロトコルを暗号化するために使用する証明書の拇印です。Certificate Thumbprint: This is the certificate thumbprint the Listener will use to encrypt the HTTPS protocol. ネットワーク サービスには、プライベート キーへの読み取りアクセス権が必要です。Network Service must have read access to the private key.

      [Select...] ボタンをクリックして拇印を選択します。Click the Select... button to choose the thumbprint.

      証明書の拇印は、証明書マネージャーを使用するか、次の PowerShell コマンドを使用して確認できます。You can find the Certificate thumbprint by using Certificate Manager or by using the following PowerShell command:

      Get-ChildItem -path cert:\LocalMachine\My
      
    • インストール ディレクトリ: これは、バイナリがインストールされるディレクトリです。Install Dir: This is the directory on which the binaries will be installed. [参照...] ボタンを使用して、既定 の設定から変更 できます。You may change it from the default by using the Browse... button.

    • AppData ディレクトリ: これは、Logs フォルダーと他のデータが格納されるディレクトリです。AppData Dir: This is the directory where the Logs folder and other data will be stored. 既定から変更できます。You may change it from the default. アンインストール時に削除されません。It will not be deleted on uninstall.

  3. [インストール] をクリックします。Click Install.

インストールを検証するには、次の手順を実行します。To validate the installation, perform the following steps:

  1. ブラウザーを開き https://localhost: <service-port> 、/healthcheck/ に移動します。Open a browser and navigate to https://localhost:<service-port>/healthcheck/

    既定では、サービス ポートは 8443 です (別のポートを指定した場合を含む)。By default, the service port is 8443 (unless you specified another port).

  2. リスナーが正しくインストールされていることを確認するには、次の情報を探します。To ensure the Listener has installed properly, look for the following:

    • 正常性チェックページが表示された場合、リスナーのインストールは成功しました。If the healthcheck page shows up, the Listener installation was successful.

    • KnownServerCount が 1 以上の場合、Redis への接続が確立されます。If the KnownServerCount is 1 or higher, the connection to Redis is established.

    • 数分待ち、少なくとも 1 つのエージェントがインストールされた後、ValuesWritten カウンターがインクリメントされていることを確認します。After waiting a few minutes, and after at least one Agent has been installed, check to see that the ValuesWritten counter is incrementing.

Web サイトをインストールするInstall the Website

StatsManWebSite.msi (Skype for Business Server、Real-Time Statistics Manager (64ビット) に付属) を実行し、以下を指定して、ホスト コンピューターに Web サイトをインストールします。Install the Website on the host machine by running the StatsManWebSite.msi (included with Skype for Business Server, Real-Time Statistics Manager (64-bit)) and specifying the following:

  1. 使用許諾契約書を確認し、同意する場合は、[使用許諾契約書に同意します] を選択し、[次へ] をクリック しますReview the License Agreement, and if you agree, select I accept the terms in the license agreement, and then click Next.

  2. 次のページで、次の情報を指定します。On the next page, specify the following information:

    • サービス ポート: これは、Web サイトがリッスンするポート番号です。Service Port: This is the port number the web site will listen on. 後で IIS マネージャー バインドを使用して変更できます。You can change it later by using IIS manager binding. インストール時に、このポートはローカル ファイアウォール経由で許可されます。During installation, this port will be allowed through the local firewall.

    • インストール ディレクトリ: これは、バイナリがインストールされるディレクトリです。Install Dir: This is the directory where the binaries will be installed. [参照...] ボタンを使用して、既定 の設定から変更 できます。You may change it from the default by using the Browse... button.

    • AppData ディレクトリ: これは、Logs フォルダーと他のデータが格納されるディレクトリです。AppData Dir: This is the directory where the Logs folder and other data will be stored. 既定から変更できます。You may change it from the default. アンインストール時に削除されません。It will not be deleted on uninstall.

  3. [インストール] をクリックします。Click Install.

Web サイトを表示するには、ブラウザーを開き http://localhost 、[,webport > /] に移動します。To view the Website, open a browser, and navigate to: http://localhost,webport>/.

正常性情報のみを表示するには、ブラウザーを開き http://localhost: <webport> 、/healthcheck/ に移動します。To view health information only, open a browser, and navigate to: http://localhost:<webport>/healthcheck/.

既定では、Web ポート番号は 8080 です。By default, the web port number is 8080. IIS マネージャーを使用して、Web サイトのポート バインドを変更できます。You can change the port binding of the website by using IIS manager.

Web インストーラーは、StatsManWebSiteUsers というローカル セキュリティ グループを追加します。The web installer adds a local security group, called StatsManWebSiteUsers. このセキュリティ グループにアカウントを追加して、Web サイトへのアクセスを許可できます。You can add accounts to this security group to grant access to the Website.

エージェントをインストールするInstall the Agents

監視する各 Skype for Business Server にエージェントをインストールするには、次のコマンドStatsManPerfAgent.msi指定します。Install an Agent on each Skype for Business Server that you wish to monitor by running the StatsManPerfAgent.msi and specifying the following:

  1. 使用許諾契約書を確認し、同意する場合は、[使用許諾契約書に同意します] を選択し、[次へ] をクリック しますReview the License Agreement, and if you agree, select I accept the terms in the license agreement, and then click Next.

  2. 次のページで、次の情報を指定します。On the next page, specify the following information:

    • サービス パスワード: これは、リモート エージェントがリスナー サービスへの認証に使用するパスワードです。Service Password: This is the password the remote agent will use to authenticate to the Listener service.

    • サービス URI: これはリスナーが存在する URI です。Service URI: This is the URI where the Listener resides. 形式を使用 https://name:port する必要があります。It should use the https://name:port format.

      NETBIOS 名または FQDN を使用できます。You can use a NETBIOS name or a FQDN. リスナー サービスの証明書のサブジェクトまたはサブジェクトの代替名として指定されている名前も使用できますが、これは要件ではありません。You can use the name that is also specified as the Subject or Subject Alternative Names of the certificate on the Listener service, but this is not a requirement.

    • サービスの拇印: これは、リスナーが使用している SSL 証明書の拇印です。Service Thumbprint: This is the thumbprint of the SSL certificate the Listener is using. エージェントは、この拇印を使用してリスナーに対する認証を行います。The Agent will use this thumbprint to authenticate to the Listener. (自己署名証明書を使用する可能性が高いので、完全な証明書検証は行う必要があります)。(It will not do full certificate validation because it is possible to use self-signed certificates.)

    • インストール ディレクトリ: これは、バイナリがインストールされるディレクトリです。Install Dir: This is the directory on which the binaries will be installed. [参照...] ボタンを使用して、既定 の設定から変更 できます。You may change it from the default by using the Browse... button.

    • AppData ディレクトリ: これは、Logs フォルダーと暗号化されたファイルが保存password.txtディレクトリです。AppData Dir: This is the directory where the Logs folder and the encrypted password.txt file will be stored. 既定から変更して下さい。You may thanks change it from the default. アンインストール時に削除されません。It will not be deleted on uninstall.

  3. [インストール] をクリックします。Click Install.

多数のコンピューターにエージェントをインストールする場合は、無人モードでインストールする必要があります。If you are installing an Agent on numerous machines, you will probably want to do this in unattended mode. 例:For example:

msiexec /l install.log /i StatsManPerfAgent.msi SERVICE_THUMBPRINT=<thumbprint> SERVICE_PASSWORD=<password> SERVICE_URI=https://<hostname>:<servicePort>/[INSTALLDIR=<directory>][DIR_  STATSMANAPPDATA=<directory>]

トポロジをインポートするImport the topology

Statistics Manager をインストールして実行したら、Statistics Manager が各サーバーのサイト、プール、および役割を知る Skype for Business Server トポロジをインポートする必要があります。After Statistics Manager is installed and running, you need to import the Skype for Business Server topology so that Statistics Manager knows the Site, Pool, and Role of each server. Skype for Business Server トポロジをインポートするには 、Get-CsPool コマンドレットを使用して組織で使用されている各プールに関する情報を取得し、この情報を Statistics Manager にインポートします。To import your Skype for Business Server topology, you will use the Get-CsPool cmdlet to retrieve information about each pool in use in your organization, then import this information into Statistics Manager.

Skype for Business Server トポロジをインポートするには、次の手順を実行します。To import the Skype for Business Server topology, follow these steps:

  1. Skype for Business Server PowerShell コマンドレットを持つホストの場合:On a host that has the Skype for Business Server PowerShell cmdlets:

    a. a. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    Get-CsPool | Export-Clixml -Path mypoolinfo.xml
    

    b.b. "mypoolinfo.xml" ファイルをリスナーを実行するサーバーにコピーします。Copy the "mypoolinfo.xml" file to the server that runs the Listener.

  2. リスナーを実行するホストで、次のコマンドを実行します。On the host that runs the Listener:

    a. a. PowerShell を実行します。Run PowerShell.

    b.b. リスナーがインストールされているディレクトリに移動します。Navigate to the directory on which the Listener is installed. 既定値は次の値です。The default is:

    cd C:\Program Files\Skype for Business Server StatsMan Listener
    
  3. 追加および更新されるサーバーを確認するには、次のコマンドを実行します。To confirm which servers are being added and updated, run the following command:

     .\Update-StatsManServerInfo.ps1 -CsPoolFile  <path to mypoolinfo.xml>
    

次のコマンドを使用すると、すべてのオプションを表示できます。The following command enables you to view all options:

Get-Help .\Update-StatsManServerInfo.ps1 -Detailed 

現在インポートされているサーバー情報を表示するには、次のスクリプトを実行します。To see your currently imported server information, run the following script:

.\Get-StatsManServerInfo.ps1

たとえば、Skype for Business Server トポロジ (Exchange Server) にはないサーバーを監視する場合は、リスナーを実行するホストで単一サーバーのインポートを実行できます。If you would like to monitor servers that are not in your Skype for Business Server topology--an Exchange Server, for example--you can do a single-server import on the host that runs the Listener. 単一サーバーのインポートを実行するには、次の手順を実行します。To do a single-server import, follow these steps:

  1. リスナーがインストールされているディレクトリに移動します。Navigate to the directory on which the Listener is installed. 既定値は次の値です。The default is:

    cd C:\Program Files\Skype for Business Server StatsMan Listener
    
  2. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

     .\Update-StatsManServerInfo.ps1 -HostName <hostname> -SiteName <name of site> -PoolName <poolName> -Roles <role1>[,<role2>,<roleN>]
    

展開のトラブルシューティングTroubleshoot your deployment

エージェントの開始に失敗した場合は、次の情報を確認します。If an Agent fails to start, check for the following:

  • エージェントは統計情報マネージャーに登録されていますか?Is the agent registered in Statistics Manager?

    1. トポロジをインポートする手順に従ってください。Make sure you followed the instructions for importing the topology. トポロジのインポート」を参照してくださいSee Import the topology.

    2. エージェントがトポロジにリストされていないサーバー上にある場合 (たとえば、SQL AlwaysOn クラスター内のノード)、トポロジのインポートの手順に従って手動でエージェントを追加する必要があります。If the Agent is on a server that is not listed in the topology (for example, the nodes in a SQL AlwaysOn cluster), you will need to add the Agent manually by following the instructions in Import the topology.

  • エージェントはリスナーに連絡できますか?Can the Agent contact the Listener?

    1. リスナー サービスが実行されている必要があります。Make sure the Listener service is running.

      実行されていない場合は、Redis が実行中で、リスナーの再起動を試みる必要があります。If it is not running, make sure Redis is running, and then try to restart the Listener.

    2. ポートがリスナー サービスに対して開いていて、エージェント コンピューターがポートと通信可能なポートを確認します。Make sure the port is open to the Listener service, and that the Agent computer can communicate with the port.

  • 統計情報マネージャーがデータを収集するために、CSV ファイルを次のように確認できます。To ensure that Statistics Manager is collecting data, you can check the CSV file as follows.

    次のコマンドは、カウンターストレージ名を取得します。The following command retrieves the counter storage names:

    .\PerfAgentStorageManager.exe -redis=localhost -a=listcounterstoragenames -mode=verbose | findstr /i processor
    

    次のコマンドは、指定したカウンターの値を取得します。The next command retrieves the values for the specified counters:

    .\PerfAgentStorageManager.exe -redis=localhost -a=getcountervalues  -counter="\\*\Processor Information\% Processor Time_Mean_Mean\_Total" -file:all-processor.csv
    

アプリケーション イベント ログに表示される可能性があるすべてのイベントの詳細については、「Skype for Business Server の Statistics Manager のトラブルシューティング 」を参照してくださいFor information about all the events you might see in the application event log, see Troubleshoot Statistics Manager for Skype for Business Server.

自己署名証明書を作成するCreate a self-signed certificate

Microsoft では、信頼できる証明機関によって署名された証明書の使用を強く推奨しています。Microsoft strongly recommends that you use a certificate signed by a trusted certificate authority. ただし、テスト目的で自己署名証明書を使用する場合は、次の手順を実行します。However, if you want to use a self-signed certificate for testing purposes, do the following:

  1. 管理者としてログオンしている間に PowerShell コンソールから、次のように入力します。From a PowerShell console while logged on as Administrator, type the following:

    New-SelfSignedCertificate -DnsName StatsManListener -CertStoreLocation Cert:\LocalMachine\My
    
  2. certlm.mscType certlm.msc. これにより、ローカル コンピューターの証明書マネージャーが開きます。This will open the Certificate Manager for the local machine.

  3. [個人] に移動 し、[証明書] を開きますNavigate to Personal, and then open Certificates.

  4. StatsManListener - [ > すべてのタスク] - [プライベート キー > の管理] を右クリックします。Right click on StatsManListener->All Tasks->Manage Private Keys…

  5. [追加] をクリックします。Click Add.

  6. [選択 するオブジェクト名を入力してください] ボックスに、「ネットワーク サービス」と入力します。In the Enter the object names to select box, type the following: Network Service

  7. [OK] をクリックします。Click OK.

  8. [ フル コントロール] の[許可] チェック ボックスを オフにします。Under Full Control, un-check the Allow check box. (読み取りアクセスのみ必要です。(Only Read access is necessary.)

  9. [OK] をクリックします。Click OK.

関連情報For more information

詳細については、次のトピックを参照してください。For more information, see the following: