パイロット エッジ サーバーを展開するDeploy pilot Edge Server

このトピックでは、Skype for Business Server 2019 エッジサーバーを展開する前に知っておく必要がある構成設定について説明します。This topic highlights configuration settings you should be aware of before deploying your Skype for Business Server 2019 Edge Server. Skype for Business Server 2019 の展開および構成プロセスは、Skype for business Server 2015 によく似ています。The deployment and configuration processes for Skype for Business Server 2019 are very similar to Skype for Business Server 2015. このセクションで説明するのは、パイロット プールの展開の際に考慮が必要となる主なポイントのみです。This section only highlights key points you should consider as part of your pilot pool deployment.

新しいエッジ プールの定義ウィザードでは、以下の手順に示すキー構成の設定を確認してください。ただし、新しいエッジ プールの定義ウィザードのごく一部のページのみが示されています。As you navigate through the Define New Edge Pool wizard, review the key configuration settings shown in the following steps. Note that only a few pages of the Define New Edge Pool wizard are shown.

エッジプールを定義するにはTo define an Edge Pool

  1. トポロジ ビルダーがインストールされているコンピューターに、Domain Admins グループおよび RTCUniversalServerAdmins グループのメンバーとしてログオンします。Log on to the computer where Topology Builder is installed as a member of the Domain Admins group and the RTCUniversalServerAdmins group.

  2. [Skype for Business Server 2019 ノードに移動します。Navigate to the Skype for Business Server 2019 node. [エッジ プール] を右クリックし、[新しいエッジ プール] をクリックします。Right-click Edge pools, and click New Edge pool.

    [新しいエッジプールの定義] ダイアログボックス

  3. エッジ プールは、[複数のコンピューター プール] または [単一コンピューター プール] のどちらかになります。An Edge pool can be a Multiple computer pool or Single computer pool.

    [エッジプールの FQDN の定義] ダイアログボックス

  4. [機能の選択] ページでは、フェデレーションまたは XMPP フェデレーションを有効にしないでください。On the Select features page, do not enable federation or XMPP federation. フェデレーションと XMPP フェデレーションは、現在、従来のエッジサーバーを経由してルーティングされます。Federation and XMPP federation are both currently routed through the legacy Edge Server. この機能は、後ほど移行のフェーズで構成されます。These features will be configured in a later phase of migration.

  5. 引き続き、[外部 fqdn]、[内部 ip アドレスの定義]、および [外部 ip アドレスの定義] の各ウィザードページを完了します。Continue completing the following wizard pages: External FQDNs, Define the internal IP address, and Define the external IP address.

  6. [次ホップサーバーの定義] ページで、従来のエッジプールの次ホップのディレクターを選択します。On the Define the next hop server page, select the Director for the next hop of the legacy Edge pool.

    [次ホップの定義] ダイアログボックス

  7. [フロントエンドまたは仲介プールの関連付け] ページで、現時点ではプールをこのエッジプールに関連付けないでください。On the Associate Front End or Mediation pools page, do not associate a pool with this Edge pool at this time. 外部メディアトラフィックは、現在、従来のエッジサーバーを経由してルーティングされています。External media traffic is currently routed through the legacy Edge Server. この設定は、後ほど移行のフェーズで構成されます。This setting will be configured in a later phase of migration.

    [フロントエンドプールの関連付け] ダイアログボックス

  8. [完了] をクリックしてトポロジを公開します。Click Finish, and then Publish the topology.

  9. 「展開」のドキュメントの手順に従って、新しいエッジサーバーにファイルをインストールし、証明書を構成して、サービスを開始します。Follow the steps in the Deployment documentation to install the files on the new Edge Server, configure certificates, and start the services.

「展開」のドキュメントのトピックのガイドラインに従うことが非常に重要です。It's very important that you follow the guidelines in the topics in the Deployment documentation. このセクションでは、これらのサーバーの役割をインストールする際の構成設定に関するガイドラインの一部を提供したにすぎません。This section merely provided some guidance on configuration settings when installing these server roles.

これで、Skype for Business Server 2019 エッジサーバー展開と並行して展開された従来のエッジサーバーを使用できるようになります。You should now have a legacy Edge Server deployed in parallel with a Skype for Business Server 2019 Edge server deployment. 次のフェーズに進む前に、双方の展開が適切に動作していること、サービスが開始されていること、および各展開を管理できることを確認してください。Verify that both deployments are running properly, services are started, and you can administer each deployment prior to moving to the next phase.