アドレス帳を移行するMigrate Address Book

通常、アドレス帳は他のトポロジと一緒に移行されます。In general, the Address Book is migrated along with the rest of your topology. ただし、従来の環境で次のようにカスタマイズした場合は、移行後の手順を実行する必要があります。However, you might need to perform some post-migration steps if you customized the following in your legacy environment:

  • アドレス帳の正規化ルールをカスタマイズした場合。Customized the Address Book normalization rules.

  • UseNormalizationRules の既定の値を False に変更した場合。Changed the default value for the UseNormalizationRules parameter to False.

アドレス帳の正規化ルールAddress Book Normalization Rules

従来の環境でアドレス帳の正規化ルールをカスタマイズした場合は、カスタマイズしたルールをパイロットプールに移行する必要があります。If you customized Address Book normalization rules in your legacy environment, you must migrate the customized rules to your pilot pool. アドレス帳の正規化ルールをカスタマイズしていない場合は、アドレス帳サービスで移行するものは何もありません。If you did not customize Address Book normalization rules, you have nothing to migrate for Address Book service. Skype for Business Server 2019 の既定の正規化ルールは、従来のインストールの既定のルールと同じです。The default normalization rules for Skype for Business Server 2019 are the same as the default rules for the legacy install. カスタマイズした正規化ルールを移行するには、このセクションの後半の手順に従います。Follow the procedure later in this section to migrate customized normalization rules.

注意

組織でリモート通話コントロールを使用していて、アドレス帳の正規化ルールをカスタマイズした場合は、リモート通話コントロールを使う前に、このトピックの手順を遂行しなければなりません。この手順では、RTCUniversalServerAdmins グループのメンバーシップまたはそれに相当する権限が必要です。If your organization uses remote call control and you customized Address Book normalization rules, you must perform the procedure in this topic before you can use remote call control. The procedure requires membership in the RTCUniversalServerAdmins group or equivalent rights.

False に設定した UseNormalizationRulesUseNormalizationRules Set to False

UseNormalizationRulesの値を False に設定して、ユーザーが Skype For business Server 2019 を使用せずに Active Directory ドメインサービスで定義された電話番号を使用できるようにする場合は、 UseNormalizationRulesおよびIgnoregenericrulesパラメーターを True に設定する必要があります。If you set the value for UseNormalizationRules to False so that users can use phone numbers as they are defined in Active Directory Domain Services without having Skype for Business Server 2019 apply normalization rules, you need to set the UseNormalizationRules and IgnoreGenericRules parameters to True. これらのパラメーターを True に設定するには、このセクションの後半の手順に従います。Follow the procedure later in this section to set these parameters to True.

アドレス帳のカスタマイズした正規化ルールを移行するにはTo migrate Address Book customized normalization rules

  1. アドレス帳の共有フォルダーのルートにある Company_Phone_Number_Normalization_Rules.txt ファイルを検索し、Skype for Business Server 2019 パイロットプールのアドレス帳共有フォルダーのルートにコピーします。Find the Company_Phone_Number_Normalization_Rules.txt file in the root of the Address Book shared folder, and copy it to the root of the Address Book shared folder in your Skype for Business Server 2019 pilot pool.

    注意

    アドレス帳の正規化ルールの例は、ABS Web コンポーネントのファイルディレクトリにインストールされています。The sample Address Book normalization rules have been installed in your ABS Web component file directory. パスは $installedDriveLetter: Files\Files/Skype For Business Server 2019 \ Web Components\Address Book Sample_Company_Phone_Number_Normalization_Rules.txtThe path is $installedDriveLetter:\Program Files\Microsoft Skype for Business Server 2019\Web Components\Address Book Files\Files\ Sample_Company_Phone_Number_Normalization_Rules.txt. このファイルは、アドレス帳の共有フォルダーのルートディレクトリに、 Company_Phone_Number_Normalization_Rules.txtとしてコピーしたり名前を変更したりできます。This file can be copied and renamed as Company_Phone_Number_Normalization_Rules.txt to the address book shared folder's root directory. たとえば、アドレス帳が $serverXで共有されている場合、このパスは** \ $serverX \SkypeForBusiness-FileShare\2-WebServices-1\ABFiles**のようになります。For example, the address book shared in $serverX, the path will be similar to: \$serverX \SkypeForBusiness-FileShare\2-WebServices-1\ABFiles.

  2. メモ帳などのテキスト エディターを使用して、Company_Phone_Number_Normalization_Rules.txt ファイルを開きます。Use a text editor, such as Notepad, to open the Company_Phone_Number_Normalization_Rules.txt file.

  3. 特定の種類のエントリは、Skype for Business Server 2019 では正しく動作しません。Certain types of entries will not work correctly in Skype for Business Server 2019. このファイルに目を通して、このステップで説明しているような種類のエントリがあれば、必要に応じてそれを編修し、パイロット プール内のアドレス帳共有フォルダーに変更後のファイルを保存します。Look through the file for the types of entries described in this step, edit them as necessary, and save the changes to the Address Book shared folder in your pilot pool.

    必要な空白文字や区切り文字が文字列に含まれていると、正規化ルールが正常に機能しなくなります。これらの文字は、正規化ルールに入力される文字列から取り除かれるためです。必要な空白文字や区切り文字が含まれる文字列を使用する場合は、文字列を編集する必要があります。たとえば、次の文字列を使用すると、正規化ルールが正常に機能しません。Strings that include required whitespace or punctuation cause normalization rules to fail because these characters are stripped out of the string that is input to the normalization rules. If you have strings that include required whitespace or punctuation, you need to modify the strings. For example, the following string would cause the normalization rule to fail:

    \s*\(\s*\d\d\d\s*\)\s*\-\s*\d\d\d\s*\-\s*\d\d\d\d
    

    次の文字列では正規化ルールに問題は生じません。The following string would not cause the normalization rule to fail:

    \s*\(?\s*\d\d\d\s*\)?\s*\-?\s*\d\d\d\s*\-?\s*\d\d\d\d
    

UseNormalizationRules および IgnoreGenericRules を true に設定するにはTo set UseNormalizationRules and IgnoreGenericRules to true

  1. Skype for Business Server 管理シェルを起動します。 [スタート]、[すべてのプログラム]、[ Microsoft Skype for business Server 2019]、[ skype for business server 管理シェル] の順にクリックします。Start the Skype for Business Server Management Shell: Click Start, click All Programs, click Microsoft Skype for Business Server 2019, and then click Skype for Business Server Management Shell.

  2. 次のいずれかの操作を行います。Do one of the following:

    • 展開に Skype for Business Server 2019 のみが含まれている場合は、グローバルレベルで次のコマンドレットを実行して、 UseNormalizationRulesおよびignoregenericrulesの値を True に変更します。If your deployment includes only Skype for Business Server 2019, run the following cmdlet at the global level to change the values for UseNormalizationRules and IgnoreGenericRules to True:
    Set-CsAddressBookConfiguration -identity <XdsIdentity> -UseNormalizationRules=$true -IgnoreGenericRules=$true
    
    • 展開に Skype for Business Server 2019 と従来のインストールの組み合わせが含まれている場合は、次のコマンドレットを実行して、トポロジ内の各 Skype for Business Server 2019 プールに割り当てます。If your deployment includes a combination of Skype for Business Server 2019 and a legacy install, run the following cmdlet and assign it to each Skype for Business Server 2019 pool in the topology:
    New-CsAddressBookConfiguration -identity <XdsIdentity> -UseNormalizationRules=$true -IgnoreGenericRules=$true
    
  3. 中央管理ストアのレプリケーションがすべてのプールで実行されるのを待ちます。Wait for Central Management store replication to occur on all pools.

  4. 展開の電話正規化ルール ファイル "Company_Phone_Number_Normalization_Rules.txt" を変更し、コンテンツをクリアします。Modify the phone normalization rules file, "Company_Phone_Number_Normalization_Rules.txt", for your deployment to clear the content. このファイルは、各 Skype for Business Server 2019 プールのファイル共有にあります。The file is on the file share of each Skype for Business Server 2019 pool. ファイルが存在しない場合は、"Company_Phone_Number_Normalization_Rules.txt" という名前の空のファイルを作成します。If the file is not present, then create an empty file named "Company_Phone_Number_Normalization_Rules.txt".

  5. すべてのフロントエンドプールが新しいファイルを読み取るまで数分待機します。Wait several minutes for all Front End pools to read the new files.

  6. 展開の各 Skype for Business Server 2019 プールで次のコマンドレットを実行します。Run the following cmdlet on each Skype for Business Server 2019 pool in your deployment:

    Update-CsAddressBook