XMPP フェデレーションの移行Migrating XMPP federation

以前のバージョンでは、XMPP の展開とのフェデレーションを可能にするために、独立したサーバーの役割として展開できる拡張メッセージングおよびプレゼンスプロトコル (XMPP) ゲートウェイが提供されていました。Previous versions provided an extensible messaging and presence protocol (XMPP) gateway that could be deployed as a separate server role to allow federating with XMPP deployments. XMPP 機能は使用できなくなり、Skype for Business Server 2019 では廃止されました。The XMPP functionality is no longer available and is deprecated in Skype for Business Server 2019. XMPP の機能を引き続き使用する場合は、従来のバージョン (Skype for Business Server 2015 または Lync Server 2013) を使用した共存環境でこれを行うことができます。If you want to continue with the XMPP functionality, you can do so in a coexistence environment with a legacy version (Skype for Business Server 2015 or Lync Server 2013). XMPP 機能は、従来のエッジサーバーで実行される XMPP プロキシ、従来のフロントエンドサーバー上で実行される XMPP ゲートウェイとして、2つの部分に分けてインストールされます。XMPP functionality is installed in two parts: as an XMPP proxy that runs on the legacy Edge Server, and the XMPP Gateway that runs on the legacy Front End Server.

移行の観点から、XMPP 機能の利用を希望するユーザーは従来のサーバーに残しておく必要があります。ただし、Skype for Business Server 2019 プールに移動する必要はありませんが、従来の XMPP ゲートウェイを引き続き使用する必要があります。From a migration perspective, users who want to avail the XMPP feature should remain in the legacy server and should not be moved to a Skype for Business Server 2019 pool but continue to use the legacy XMPP gateway. これは、XMPP フェデレーションパートナーが Skype for Business Server 2015 または Lync Server 2013 で構成されている場合にのみ可能です。This is possible only when the XMPP federated partner is configured in Skype for Business Server 2015 or Lync Server 2013. XMPP 機能を引き続き使用する場合は、従来のエッジサーバーを Skype for Business Server 2019 に移行しないでください。You should not migrate the legacy Edge Server to Skype for Business Server 2019 if you want to continue with XMPP functionality. ただし、従来のエッジサーバー (XMPP プロキシを使用) と Skype for Business 2019 エッジサーバーを共存させることができます。However, you can have coexistence of the legacy Edge Server (with XMPP Proxy) and the Skype for Business 2019 Edge Server.