VDI 環境での Skype for Business の計画Plan for Skype for Business in VDI environments

このトピックでは、リモートの仮想デスクトップに接続しているときに Skype for Business を使用する際の計画に関する考慮事項について説明します。This topic discusses planning considerations for using Skype for Business while connecting to a remote virtual desktop.

仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI) 環境は、セキュリティおよびコンプライアンスの問題が特に重要である一部の組織で使用されます。A Virtual Desktop Infrastructure (VDI) environment is used in some organizations where security and compliance issues are especially sensitive. ユーザーは、リモートデスクトップサービスまたは同様のリモート接続を使用して、すべてのデスクトップアプリケーションとファイルで仮想デスクトップ上で作業を行います。Their users do their work on a virtual desktop with all their desktop applications and files using Remote Desktop Services or a similar remote connection. 仮想デスクトップに所属するクライアントで、オーディオとビデオの処理の負荷が増大しなければならないような接続で、Skype for Business を使用して、オーディオとビデオを完全に統合することができます。Using Skype for Business with full audio and video on a connection like that requires heavy loads of audio and video processing on the client homed on a virtual desktop. その処理をエンドユーザーのローカルコンピューターにオフロードし、仮想デスクトップの負荷を軽減する、追加の VDI プラグインソフトウェアが用意されています。Additional VDI plug-in software is available that offloads that processing to the end user's local machine, and reduces the load on the virtual desktop.

VDI プラグインコンポーネントには、Microsoft、Citrix、VMWare で提供される3つのソリューションが用意されています。There are three solutions available for the VDI plug-in component, offered by Microsoft, Citrix, or VMWare. 新しい展開の場合、Citrix HDX リアルタイム最適化パックソリューションまたは VMWare ホライズン仮想化パックのどちらかを使用することをお勧めします。For new deployments, Microsoft recommends using either the Citrix HDX RealTime Optimization Pack solution or the VMWare Horizon Virtualization Pack. 元の Lync VDI プラグインは、そのライフサイクルの残りの部分でまだサポートされています。The original Lync VDI Plug-in is still supported for the remainder of its lifecycle.

  • Lync VDI プラグインは lync 2013 用に開発され、仮想デスクトップ上で実行されている lync 2013 または Skype for business 2015 クライアントのどちらかと互換性があります。The Lync VDI plug-in was developed for Lync 2013 and is compatible with either the Lync 2013 or Skype for Business 2015 client running on a virtual desktop. これはスタンドアロンアプリケーションで、ローカルコンピューターにインストールされ、仮想デスクトップ上のクライアントでローカルのオーディオおよびビデオデバイスを使用することができます。It's a stand-alone application that installs on the local computer and allows the use of local audio and video devices with a client on a virtual desktop. このプラグインでは、ローカルコンピューターまたはシンクライアントに Skype for Business クライアントをインストールする必要はありません。これには、Windows 7、Windows 8、または Windows Server 2008 オペレーティングシステムを実行する必要があります。The plug-in does not require a Skype for Business client to be installed on the local computer or thin client, which must run Windows 7, Windows 8, or Windows Server 2008 operating systems. (これらのオペレーティングシステムを使用し、Microsoft によってサポートされているシンクライアントデバイスには、Dell Wyse Z90D7、Dell Wyse R90L7、Dell Wyse X90m7、HP t610、HP t5740e) があります。このプラグインはまだサポートされていますが、今後の更新プログラムは予定されていません。(Thin client devices using these operating systems and supported by Microsoft include: Dell Wyse Z90D7, Dell Wyse R90L7, Dell Wyse X90m7, HP t610 and HP t5740e.) This plug-in is still supported, but no future updates are planned. Citrix ベースの仮想環境の場合、Citrix リアルタイム最適化パックを使用することをお勧めします。For Citrix-based virtual environments, the Citrix RealTime Optimization Pack is recommended.

  • Citrix リアルタイム最適化パックは、lync VDI プラグインに基づいて作成され、仮想デスクトップ上の lync 2013 または Skype for business 2016 クライアントで動作します。The Citrix RealTime Optimization Pack builds on the Lync VDI plug-in and works with Lync 2013 or Skype for Business 2016 clients on a virtual desktop. これは、従来の VDI プラグインを改善するために Citrix と Microsoft によって共同開発されました。It was co-developed by Citrix and Microsoft to improve upon the original VDI Plug-in. Windows および windows 以外のオペレーティングシステム (Windows 10、Mac、Linux を含む) がインストールされているクライアントにインストールできます。It can be installed on clients with Windows and non-Windows operating systems (including Windows 10, Mac and Linux). これは、リアルタイムコネクタ (仮想デスクトップにインストールされる) とリアルタイムメディアエンジン (エンドユーザーのローカルコンピューターにインストールされている) の2つのコンポーネントで構成されています。It consists of two components: the RealTime Connector (which is installed on the virtual desktop) and the RealTime Media Engine (which is installed on the end user's local machine). この2つのコンポーネントを使用すると、ユーザーのローカルコンピューターは、ローカルコンピューターに音声ビデオ処理を移動することで、仮想デスクトップ上で実行されている Skype for Business クライアントを使用することができます。These two components allow the user's local computer to use the Skype for Business client running on the virtual desktop with the A/V processing moved to the local computer. Citrix ベースの仮想デスクトップ環境では、Citrix リアルタイム最適化パックが推奨されており、さらにサポートが計画されています。For Citrix-based virtual desktop environments, the Citrix RealTime Optimization Pack is recommended, and further support is planned.

  • Vmware とのコラボレーションで開発された Skype for business 用Vmware ホライズン仮想化パックを使用すると、優れたユーザー環境を提供しながら、仮想デスクトップで Skype for business を提供することができます。The VMWare Horizon Virtualization Pack for Skype for Business, developed in collaboration with VMWare, allows you to deliver Skype for Business in a virtual desktop while delivering a great user experience. このソリューションでは、クライアントのメディアエンジンを使用して最適化されたソリューションを作成し、クライアントエンドポイントで音声およびビデオ通話用のメディアオフロード機能を提供します。The solution works by leveraging a media engine at the client to create an optimized solution, with the client endpoint providing media offload capabilities for audio and video calls. 1対1のコラボレーションのためのエンドポイント間での音声とビデオの配信、またはマルチパーティの電話会議または会議のために中央の Multipoint Control Unit (MCU) にオフロードできる、このソリューション。This solution that can deliver audio and video either directly between endpoints for one-on-one collaboration, or offload it to a central Multipoint Control Unit (MCU) for multiparty conference calls or meetings.

注意

Skype for Business Basic クライアントは、Citrix HDX リアルタイム最適化パックまたは VMWare ホライズン仮想化パックではサポートされていません。The Skype for Business Basic clients are not supported with the Citrix HDX RealTime Optimization Pack or the VMWare Horizon Virtualization Pack.

Citrix HDX リアルタイム最適化パックCitrix HDX RealTime Optimization Pack

Citrix の VDI 環境プラグイン (XenApp および XenDesktop の機能) は、Lync 2013 と Skype for Business 2015 および 2016 (任意のクリックを使用してインストーラーを実行する完全なクライアント、または仮想デスクトップにインストールされた1月 2017 PU 後にリリースされる MSI インストーラー) と互換性があります。Citrix's VDI environment plugin (a feature of XenApp and XenDesktop) is compatible with Lync 2013 and Skype for Business 2015 and 2016 (Full clients using any click to run installer, or MSI installers released after January 2017 PU) clients installed on a virtual desktop. 全体的な機能は Microsoft Lync VDI プラグインに基づいていますが、Windows 10、Macintosh、Linux を含む、幅広いクライアントオペレーティングシステムで動作します。Its overall functioning is based on the Microsoft Lync VDI plug-in, but works on a wider variety of client operating systems, including Windows 10, Macintosh, and Linux.

機能とサポートされるテクノロジの完全な一覧については、「 Microsoft Skype For business を XenApp および XenDesktop ユーザーに提供する」を参照してください。A full list of features and supported technologies can be found on the Citrix website at Delivering Microsoft Skype for Business to XenApp and XenDesktop Users.

詳細については、次のリンクを参照してください。Review the following links for more information:

VMWare ホライズン仮想化パックVMWare Horizon Virtualization Pack

VMWare の VDI 環境ソリューションは、仮想デスクトップにインストールされた Skype for Business 2015 および2016の完全なクライアントと互換性があります。VMWare's VDI environment solution is compatible with Skype for Business 2015 and 2016 Full clients installed on a virtual desktop. 全体的な機能は Microsoft Lync VDI プラグインに基づいていますが、Windows 10、Macintosh、Linux を含む、幅広いクライアントオペレーティングシステムで動作します。Its overall functioning is based on the Microsoft Lync VDI plug-in, but works on a wider variety of client operating systems, including Windows 10, Macintosh, and Linux.

機能とサポートされているテクノロジの詳細については、以下のリンクにある VMWare web サイトを参照してください。A full discussion of features and supported technologies can be found on the VMWare website at the following links:

Microsoft の Lync VDI プラグインMicrosoft's Lync VDI plug-in

Microsoft Lync VDI プラグインソリューションでは、ユーザーは Windows コンピューターまたはシンクライアント上にあり、仮想デスクトップ上のクライアントからの音声ビデオストリームを処理するために Microsoft の Lync VDI プラグインがインストールされている必要があります。With the Microsoft Lync VDI plug-in solution, the user has to be on a Windows computer or thin client and have Microsoft's Lync VDI plugin installed to handle audio/video streams from the client on the virtual desktop. ユーザーは次のようになります。A user will:

  1. 音声ビデオデバイス (ヘッドセットやカメラなど) をローカルコンピューターに接続します。Connect an audio/video device (like a headset or camera) to a local computer.

  2. Lync 2013 または Skype for Business 2015 クライアントを使用してリモート仮想デスクトップに接続します。Connect to a remote virtual desktop with a Lync 2013 or Skype for Business 2015 client.

  3. 仮想デスクトップ上の Skype for Business の資格情報を入力します。Enter credentials for Skype for Business on the virtual desktop.

  4. ユーザー資格情報を再入力して、ローカルの Windows コンピューターまたはシンクライアントで Lync VDI プラグインとの接続を確立します。Re-enter user credentials to establish a connection with the Lync VDI plug-in on the local Windows computer or thin client.

接続が確立されると、ユーザーは音声およびビデオ通話を発信および受信できるようになります。After a connection is established, the user is ready to make and receive audio and video calls. ローカルコンピューターが音声/ビデオ処理を処理するため、ネットワーク上のトラフィックと仮想デスクトップの負荷は最小化されます。Traffic on the network and the load on the virtual desktop are minimized, since the local computer handles the audio/video processing.

Microsoft の Lync VDI プラグインは、特定の Windows オペレーティングシステムでのみサポートされており、Lync 2013 または Skype for Business 2015 クライアントのみをサポートします。Microsoft's Lync VDI plug-in is only supported on certain Windows operating systems and only supports Lync 2013 or Skype for Business 2015 clients. サポートされているテクノロジと制限の詳細については、「サポートされる仮想化テクノロジと既知の制限」を参照してください。See Supported virtualization technologies and known limitations for more details on supported technologies and limitations.

詳細については、次のリンクを参照してください。Review the following links for more information:

Microsoft VDI プラグインは、 Microsoft LYNC vdi 2013 プラグイン (32 ビット)またはmicrosoft lync vdi 2013 plugin (64 ビット)から入手できます。The Microsoft VDI plugin is available at Microsoft Lync VDI 2013 plugin (32 bit) or Microsoft Lync VDI 2013 plugin (64 bit). このプラグインは、名前にかかわらず、Skype for Business 2015 クライアントでサポートされています。This plugin is supported with the Skype for Business 2015 client, despite the name.

サポートされる仮想化テクノロジと既知の制限Supported virtualization technologies and known limitations

Lync VDI プラグインは、サポートされている仮想化テクノロジに対して音声およびビデオ通話を許可します。The Lync VDI plug-in allows audio and video calling for supported virtualization technologies. 標準電話の規制に準拠するには、E911 のサポートも含まれています。In compliance with standard telephone regulations, support for E911 is also included. 次のセクションでは、Lync VDI プラグインによってサポートされる仮想化テクノロジと既知の機能制限について説明します。The following sections describe the virtualization technologies that are supported by the Lync VDI plug-in and the known feature limitations.

仮想化テクノロジのサポートSupport for Virtualization Technologies

Lync VDI プラグインは、個人用仮想デスクトップシナリオでは完全なデスクトップリモートセッションをサポートしますが、リモートデスクトップセッションシナリオではサポートしていません。The Lync VDI plug-in supports full desktop remote sessions in the personal virtual desktop scenario, but not in the remote desktop session scenario. これらのシナリオは、次のように記述できます。These scenarios can be described as follows:

  • サポート: カスタマイズされた仮想デスクトップまたは仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI)。Supported: Personalized Virtual Desktops or Virtual Desktop Infrastructure (VDI). このシナリオでは、ユーザーごとにカスタマイズ可能な仮想デスクトップにログオンし、セッション間で保持されるファイルをデスクトップに保存することができます。In this scenario, each user logs on to a customizable virtual desktop and is able to save files on the desktop that persist across sessions. Microsoft リモートデスクトップサービスおよび VMware のホライズン表示では、Skype for Business 2015 での使用をテストした実装の例を示します。Microsoft Remote Desktop Services and VMware Horizon View are example implementations that have been tested for use with Skype for Business 2015. 検証を行うその他の実装には、Citrix XenDesktop が含まれます。Other implementations undergoing validation include Citrix XenDesktop. Microsoft によってテストされたベンダー固有の VDI 環境およびクライアントハードウェアの詳細については、「 Microsoft Lync 用のインフラストラクチャ認定」を参照してください。For information about vendor-specific VDI environments and client hardware that have been tested by Microsoft, see Infrastructure qualified for Microsoft Lync.

  • サポート対象外: リモートデスクトップセッション。Not supported: Remote Desktop Sessions. このシナリオでは、ユーザーごとに、カスタマイズできない汎用の仮想デスクトップセッションにログオンします。In this scenario, each user logs on to a generic virtual desktop session that can't be customized. たとえば、Microsoft リモートデスクトップセッション (RDSH) と citrix XenApp を Citrix 受信者と組み合わせて使用することができます。Examples include Microsoft Remote Desktop Sessions (RDSH) and Citrix XenApp combined with Citrix Receiver.

Lync VDI プラグインは、アプリケーションの仮想化などの他の仮想化テクノロジをサポートしていません。これにより、完全なアプリケーションをローカルにインストールすることなく、アプリケーションを使用できるようになります。The Lync VDI plug-in does not support other virtualization technologies, such as application virtualization, which allows the use of an application without requiring installation of the full application locally. 実装の例としては、Citrix XenApp と Microsoft Application Virtualization (App-v) があります。Example implementations include Citrix XenApp and Microsoft Application Virtualization (App-V). アプリケーションのストリーミング、アプリケーションのリモート処理、および混合仮想化モード (たとえば、完全なデスクトップリモート処理でのアプリケーションのリモート処理) はサポートされていません。Application streaming, application remoting, and mixed virtualization modes (for example, application remoting in full desktop remoting) are not supported.

Lync VDI プラグインは、動的仮想チャネル (DVCs) と呼ばれるプラットフォームに依存しない Api を使用するように設計されています。The Lync VDI plug-in was designed to use platform-independent APIs called Dynamic Virtual Channels (DVCs). 明示的にサポートされていないシナリオについては、「VDI ソリューションプロバイダーからのサポートステートメント」を参照してください。For scenarios that are not explicitly supported, refer to support statements from the VDI solution provider.

Lync VDI プラグインの前提条件Lync VDI plug-in prerequisites

VDI 環境では、仮想マシンとユーザーのローカルコンピューターが、このセクションで説明されている要件を満たしている必要があります。In a VDI environment, the virtual machines and the user's local computer must meet the requirements outlined in this section.

注意

仮想化ソリューションプロバイダーは、環境をインストールして展開する方法の詳細を提供できます。Your virtualization solution provider can supply details about how to install and deploy their environment. Hyper-v およびリモートデスクトップサービスに基づく仮想環境の展開に関する一般的な情報については、「Microsoft Library: hyper-vリモートデスクトップサービス (Windows Server 2008 R2 )」の次の記事を参照してください。For general information about deploying a virtualized environment based on Hyper-V and Remote Desktop Services, see the following articles in the Microsoft Library: Hyper-V, Remote Desktop Services in Windows Server 2008 R2

仮想マシンは、最新のサービスパックを使用して Windows 8、windows 7、または Windows Server 2008 R2 を使用して構成する必要があります。Virtual machines must be configured with Windows 8, Windows 7, or Windows Server 2008 R2 with the latest service packs.

ユーザーのローカルコンピューターは、次の要件を満たしている必要があります。The user's local computer must meet the following requirements:

  • ユーザーは、Skype for Business Server または Lync Server 2013 に所属している必要があります。The user must be homed on Skype for Business Server or Lync Server 2013.

  • ローカルコンピューターでは、Windows Embedded Standard 7 SP1、Windows 7 SP1、または Windows 8 を実行している必要があります。The local computer must be running Windows Embedded Standard 7 with SP1, Windows 7 with SP1, or Windows 8.

  • リモートデスクトップサービスを使用している場合は、ローカルコンピューターのオペレーティングシステムと一致するように、32ビットまたは64ビットの Lync VDI プラグインを選択します。If you're using Remote Desktop Services, choose the 32-bit or 64-bit Lync VDI plug-in to match the local computer's operating system. ローカルコンピューターと仮想マシンの両方に32ビットまたは64ビットのオペレーティングシステムがインストールされている必要はありません。It's not required for both the local computer and the virtual machine to have 32-bit or 64-bit operating systems. 別の仮想化ソリューションまたはプラットフォームを使用している場合は、プロバイダーの要件を参照してください。If you're using another virtualization solution or platform, refer to your provider's requirements.

  • ローカルコンピューターは、最新バージョンのリモートデスクトップクライアントを実行している必要があります。The local computer must be running the latest version of the remote desktop client. マイクロソフトからリモート デスクトップ サービス クライアントの最新更新プログラムをインストールするか、仮想化ソリューション プロバイダーから最新のリモート デスクトップ クライアント ソフトウェアをインストールしてください。Install the latest updates of Remote Desktop Services client from Microsoft or the latest remote desktop client software from your virtualization solution provider.

  • ローカル コンピューター上のリモート デスクトップ クライアントの設定は、オーディオがローカル コンピューターで再生され、リモート録音が無効となるように構成する必要があります。On the local computer, the remote desktop client settings must be configured so that audio plays on the local computer and remote recording is disabled. Windows でこれらの設定をリモートデスクトップ接続用に構成するには、次のセクション「リモートデスクトップ接続の設定を構成するには」を参照してください。To configure these settings for Remote Desktop Connection in Windows, see the next section, "To configure Remote Desktop Connection settings."

Microsoft VDI プラグインは、 Microsoft LYNC vdi 2013 プラグイン (32 ビット)またはmicrosoft lync vdi 2013 plugin (64 ビット)から入手できます。The Microsoft VDI plugin is available at Microsoft Lync VDI 2013 plugin (32 bit) or Microsoft Lync VDI 2013 plugin (64 bit).

既知の機能制限Known Feature Limitations

VDI 環境で Skype for Business 2015 クライアントを使用する場合の既知の制限事項は次のとおりです。The following are known limitations when you use the Skype for Business 2015 client in a VDI environment:

通話委任および応答グループエージェント匿名化機能のサポートには制限があります。There is limited support for Call Delegation and Response Group Agent Anonymization features.

以下の機能はサポートされません。There is no support for the following features:

  • 統合オーディオ デバイスとビデオ デバイスのチューニング ページIntegrated Audio Device and Video Device tuning pages.

  • マルチビュービデオ。Multiple-view video.

  • 会話の録音Recording of conversations.

  • 匿名での会議への参加 (つまり、組織とフェデレーションされない組織によってホストされている Skype for Business 会議への参加)。Joining meetings anonymously (that is, joining Skype for Business meetings hosted by an organization that does not federate with your organization).

  • Lync VDI プラグインを Lync Phone Edition デバイスと共に使用します。Using the Lync VDI plug-in along with a Lync Phone Edition device.

  • ネットワーク停止時の通話の継続Call continuity in case of a network outage.

  • カスタマイズされた着信音と音楽の保持機能。Customized ringtones and music-on-hold features.

Lync VDI プラグインは、Microsoft 365 または Office 365 環境ではサポートされていません。The Lync VDI plug-in is not supported in Microsoft 365 or Office 365 environments.

注意

Citrix リアルタイム最適化パックは、Microsoft 365 および Office 365 をサポートしています。The Citrix RealTime Optimization Pack does support Microsoft 365 and Office 365. Citrix ベースの仮想環境の場合は、サポートされている機能とバージョンの一覧について、Citrix の技術概要のドキュメントを参照してください。For Citrix-based virtual environments, review Citrix's Technical Overview documentation for the list of supported features and versions.

関連項目See also

Skype for Business Server を使用して Lync VDI プラグインを展開するDeploy the Lync VDI plug-in with Skype for Business Server