Skype for Business Server での発信音声ルーティングを計画するPlan for outbound voice routing in Skype for Business Server

通話ルーティング設定、ダイヤル プラン、正規化ルール、音声ポリシー、PSTN 使用法レコード、ボイス ルートなど、Skype for Business Server エンタープライズ VoIP での発信音声ルーティングについて説明します。Learn about outbound voice routing in Skype for Business Server Enterprise Voice, including call routing settings, dial plans, normalization rules, voice policies, PSTN usage records, and voice routes.

発信通話ルーティングは、公衆交換エンタープライズ VoIP (PSTN) ゲートウェイ、トランク、または PBX (Private Branch Exchange) 宛ての通話に適用されます。Outbound call routing applies to Enterprise Voice calls that are destined for a public switched telephone network (PSTN) gateway, trunk, or private branch exchange (PBX). Skype for Business ユーザーが通話を行う場合、サーバーは必要に応じて電話番号を E.164 形式に正規化し、SIP URI と一致します。When a Skype for Business user places a call, the server normalizes the phone number to E.164 format, if necessary, and attempts to match it to a SIP URI. 一致する SIP URI が見つからない場合は、指定されたダイヤル文字列に基づいて発信通話ルーティング ロジックが適用されます。If the server cannot make the match, it applies outbound call routing logic based on the supplied dial string. ユーザーは、次の表で説明するサーバー設定を構成することで、そのロジックを定義します。You define that logic by configuring the server settings that are described in the following table.

Skype for Business Server の発信通話ルーティング設定Skype for Business Server Outbound Call Routing Settings

オブジェクトObject 説明Description
ダイヤル プランDial Plan
ダイヤル プランとは、電話番号の承認と通話のルーティングを目的として、特定の場所、個々のユーザー、または連絡先オブジェクトの電話番号を 1 つの標準形式 (E.164) に変換する正規化ルールのセットに名前を付けたものです。A dial plan is a named set of normalization rules that translates phone numbers for a named location, individual user, or contact object into a single standard (E.164) format for purposes of phone authorization and call routing.
正規化ルールNormalization rule
正規化ルールは、さまざまな形式で表現された電話番号を指定された各場所、ユーザー、または連絡先オブジェクトにルーティングする方法を定義します。ダイヤル元の場所および電話をかける人や連絡先オブジェクトによって、同じダイヤル文字列が異なる方法で解釈および変換される場合があります。特定の位置に関連付けられた正規化ルールをまとめたものが、ダイヤル プランです。Normalization rules define how phone numbers expressed in various formats are to be routed for each specified location, user, or contact object. The same dial string may be interpreted and translated differently, depending on the location from which it is dialed and the person or contact object that makes the call. A set of normalization rules associated with a particular location constitutes a dial plan.
音声ポリシーVoice policy
音声ポリシーでは、1 つ以上の PSTN 使用法レコードを 1 人のユーザーまたはユーザーのグループに関連付けます。 音声ポリシーも、ユーザーが有効と無効を切り替えできる通話機能のリストを提供します。A voice policy associates one or more PSTN usage records with one user or a group of users. A voice policy also provides a list of calling features that you can enable or disable.
PSTN 使用法レコードPSTN usage record
PSTN 使用法レコードは、組織内のさまざまなユーザーまたはグループが利用できる通話のクラス (内部、市内、長距離など) を指定します。A PSTN usage record specifies a class of call (such as internal, local, or long distance) that can be made by various users, or groups of users, in an organization.
通話ルートCall Route
通話ルートでは、通話先の電話番号を特定のトランクおよび PSTN 使用法レコードに関連付けます。 PSTN ゲートウェイはトランクとみなされます。A call route associates destination phone numbers with particular trunks and PSTN usage records. A PSTN gateway is considered a trunk.

ダイヤル プランと正規化ルールDial plans and normalization rules

ダイヤル プランとは、電話番号の承認と通話のルーティングを目的として、特定の場所、個々のユーザー、または連絡先オブジェクトの電話番号を 1 つの標準形式 (E.164) に変換する正規化ルールのセットに名前を付けたものです。A dial plan is a named set of normalization rules that translates phone numbers for a named location, individual user, or contact object into a single standard (E.164) format for purposes of phone authorization and call routing.

正規化ルールは、さまざまな形式で表現された電話番号を指定された各場所、ユーザー、または連絡先オブジェクトにルーティングする方法を定義します。Normalization rules define how phone numbers expressed in various formats are to be routed for each specified location, user, or contact object. ダイヤルされた場所と、呼び出しを行うユーザーまたは連絡先オブジェクトに応じて、同じダイヤル文字列が異なる方法で解釈および変換される場合があります。The same dial string may be interpreted and translated differently, depending on the location from which it is dialed and the person or contact object making the call.

ダイヤル プランのスコープDial Plan Scope

ダイヤル プランのスコープは、ダイヤル プランを適用できる階層レベルを決定します。A dial plan's scope determines the hierarchical level at which the dial plan can be applied. Skype for Business Server では、ユーザーに特定のユーザーごとのダイヤル プランを割り当てることができます。In Skype for Business Server, a user can be assigned a specific per-user dial plan. ユーザー ダイヤル プランが割り当てられていない場合は、フロントエンド プールのダイヤル プランが適用されます。If a user dial plan is not assigned, the Front End pool dial plan is applied. フロント エンド プールのダイヤル プランがない場合は、サイト ダイヤル プランが適用されます。If there is no Front End pool dial plan, the site dial plan is applied. ユーザーに適用可能な他のダイヤル プランがない場合は、最後にグローバル ダイヤル プランが適用されます。Finally, if there is no other dial plan applicable to the user, the global dial plan is applied.

クライアントは、ユーザーが Skype for Business にログオンするときに提供されるインバンド プロビジョニング設定によってダイヤル プランのスコープ レベルを取得します。Clients obtain dial plan scope levels through in-band provisioning settings that are provided when users log on to Skype for Business. 管理者は、Skype for Business Server コントロール パネルを使用してダイヤル プランのスコープ レベルを管理および割り当てできます。As the administrator, you can manage and assign dial plan scope levels by using Skype for Business Server Control Panel.

注意

サービス レベルの公衆交換電話網 (PSTN) ゲートウェイ ダイヤル プランは、特定のゲートウェイからの着信呼び出しに適用されます。The service level public switched telephone network (PSTN) gateway dial plan is applied to the incoming calls from a particular gateway.

ダイヤル プランのスコープ レベルは、次のように定義されます。Dial plan scope levels are defined as follows:

  • ユーザー ダイヤル プラン: 個々のユーザー、グループ、または連絡先オブジェクトに割り当てることができます。User dial plan: Can be assigned to individual users, groups, or contact objects. 音声アプリケーションは、電話コンテキストがユーザーの既定値に設定された通話を受信すると、ユーザーごとのダイヤル プランを参照できます。Voice applications can look up a per-user dial plan when a call is received with the phone-context set to user-default. ダイヤル プランを割り当てる目的で、連絡先オブジェクトは個々のユーザーとして扱います。For the purpose of assigning a dial plan, a contact object is treated as an individual user.

  • プール ダイヤル プラン: トポロジ内の PSTN ゲートウェイまたはレジストラーのサービス レベルで作成できます。 プール ダイヤル プランを定義するには、ダイヤル プランを適用する特定のサービス (PSTN ゲートウェイまたはレジストラー プール) を指定する必要があります。Pool dial plan: Can be created at the service level for any PSTN gateway or Registrar in your topology. To define a pool dial plan, you must specify the particular service (PSTN gateway or Registrar pool) to which the dial plan applies.

  • サイト ダイヤル プラン: プール ダイヤル プランまたはユーザー ダイヤル プランが割り当てられているユーザー、グループ、または連絡先オブジェクトを除き、サイト全体に対して作成できます。Site dial plan: Can be created for an entire site, except for any users, groups, or contact objects that are assigned a pool dial plan or user dial plan. サイト ダイヤル プランを定義するには、ダイヤル プランを適用するサイトを指定する必要があります。To define a site dial plan, you must specify the site to which the dial plan applies.

  • グローバル ダイヤル プラン: 製品と一緒にインストールされた既定のダイヤル プラン。Global dial plan: The default dial plan installed with the product. グローバル ダイヤル プランは、編集はできますが削除することはできません。You can edit the global dial plan, but you cannot delete it. このダイヤル プランは、より具体的なスコープでダイヤル プランを構成して割り当てない限り、展開内のすべての エンタープライズ VoIP ユーザー、グループ、および連絡先オブジェクトに適用されます。This dial plan applies to all Enterprise Voice users, groups, and contact objects in your deployment, unless you configure and assign a dial plan with a more specific scope.

ダイヤル プランの計画Planning for Dial Plans

ダイヤル プランを計画するには、次の手順を実行します。To plan a dial plan, follow these steps:

  • 組織がオフィスを持つすべてのローカルを一覧表示します。List all the locales in which your organization has an office.

    リストは最新の完全なリストである必要があります。The list must be up-to-date and complete. また、組織の変化に合わせて改訂する必要があります。It will need to be revised as company organization evolves. 多数の小規模ブランチ オフィスを持つ大規模な多国籍企業では、これは時間のかかる作業になる可能性があります。In a large, multinational company with numerous small branch offices, this can be a time-consuming task.

  • 各サイトの有効な番号パターンを特定します。Identify valid number patterns for each site.

    ダイヤル プランの計画で最も時間がかかるのは、それぞれのサイトの有効な番号パターンを特定することです。 あるダイヤル プラン用に記述した正規化ルールを他のダイヤル プランにコピーできる場合があります (特に、対応しているサイトが同じ国/地域または大陸にある場合)。 これ以外の場合でも、あるダイヤル プランの番号を少し変更すれば他のダイヤル プランに十分使用できる場合があります。The most time-consuming part of planning your dial plans is identifying the valid number patterns for each site. In some cases, you may be able to copy normalization rules that you have written for one dial plan to other dial plans, especially if the corresponding sites are within the same country/region or even continent. In other cases, small changes to numbers in one dial plan may be enough to use them in other dial plans.

  • ダイヤル プランに名前を付ける組織全体のスキームを開発します。Develop an organization-wide scheme for naming dial plans.

    標準の名前付けスキームを採用することで、組織間の一貫性を保ち、メンテナンスと更新を簡単に行うことができます。Adopting a standard naming scheme assures consistency across an organization and makes maintenance and updates easier.

  • 1 つの場所に複数のダイヤル プランが必要かどうかを決定します。Decide whether multiple dial plans are required for a single location.

    組織が複数の場所にまたがって単一のダイヤル プランを維持している場合でも、プライベートブランチ 交換 (PBX) から移行し、既存の内線番号を保持する必要がある エンタープライズ VoIP ユーザーに対して個別のダイヤル プランを作成する必要がある場合があります。If your organization maintains a single dial plan across multiple locations, you may still need to create a separate dial plan for Enterprise Voice users who are migrating from a private branch exchange (PBX) and who need to have their existing extensions retained.

  • ユーザーごとのダイヤル プランが必要かどうかを決定します。Decide whether per-user dial plans are required. たとえば、中央サイトに登録されているブランチ サイトのユーザーや、存続可能ブランチ アプライアンスに登録されているユーザーがある場合は、ユーザーごとのダイヤル プランと正規化ルールを使用するこのようなユーザーに対して特別なダイヤル シナリオを検討できます。For example, if you have users at a branch site who are registered with the central site or if you have users who are registered on a Survivable Branch Appliance, you can consider special dialing scenarios for such users using per-user dial plans and normalization rules. 詳細については 、「Plan for エンタープライズ VoIP resiliency in Skype for Business Server 」を参照してくださいFor details, see Plan for Enterprise Voice resiliency in Skype for Business Server.

  • ダイヤル プランのスコープを決定します (このトピックで前述したとおり)。Determine dial plan scope (as previously described in this topic).

ダイヤル プランを作成するには、Skype for Business Server コントロール パネルまたは Skype for Business Server 管理シェルを使用して、必要に応じて次のフィールドに値を指定します。To create a dial plan, you specify values in the following fields, as required, by using Skype for Business Server Control Panel or Skype for Business Server Management Shell.

名前および簡単な名前Name and Simple Name

ユーザー ダイヤル プランの場合は、ダイヤル プランを割り当てるユーザー、グループ、または連絡先オブジェクトを識別するわかりやすい名前を指定する必要があります。For user dial plans, you should specify a descriptive name that identifies the users, groups, or contact objects to which the dial plan will be assigned. サイト ダイヤル プランの場合、[名前] フィールドにはサイト名が事前に入力され、変更できません。For site dial plans, the Name field is pre-populated with the site name and cannot be changed. プール ダイヤル プランの場合、[名前] フィールドには PSTN ゲートウェイまたはフロントエンド プールの完全修飾ドメイン名 (FQDN) が事前に入力され、変更できません。For pool dial plans, the Name field is pre-populated with the PSTN gateway or Front End pool fully qualified domain name (FQDN) and cannot be changed.

ダイヤル プランの簡易名には、ダイヤル プラン名から派生した文字列が事前に入力されています。The dial plan Simple Name is pre-populated with a string that is derived from the dial plan name. [簡単な名前] フィールドは編集可能で、ダイヤル プランのわかりやすい名前付け規則を作成できます。The Simple Name field is editable, which enables you to create a more descriptive naming convention for your dial plans. TheSimple Name value cannot be empty and must be unique.TheSimple Name value cannot be empty and must be unique. ベスト プラクティスは、組織全体の名前付け規則を作成し、その規則をすべてのサイトとユーザーで一貫して使用する方法です。A best practice is to develop a naming convention for your entire organization and then use this convention consistently across all sites and users.

説明Description

対応するダイヤル プランが適用される地理的な場所の、一般的でわかりやすい名前を入力することをお勧めします。 たとえば、ダイヤル プランの名前が London.Contoso.com である場合、説明を London とすることをお勧めします。We recommend that you type the common, recognizable name of the geographic location to which the corresponding dial plan applies. For example, if the dial plan name is London.Contoso.com, the recommended description would be London.

ダイヤルイン会議の地域Dial-in Conferencing Region

ダイヤルイン会議を展開している場合、ダイヤルイン会議の地域を指定し、ダイヤルイン会議のアクセス番号をダイヤル プランと関連付ける必要があります。If you are deploying dial-in conferencing, you will need to specify a dial-in conferencing region to associate dial-in conferencing access numbers with a dial plan.

外部アクセス プレフィックスExternal Access Prefix

ユーザーが外線を取得するために先頭に 1 つ以上の数字 (9 など) をダイヤルする必要がある場合は、最大 4 文字 (#、および 0 ~ 9) の外部アクセス プレフィックスを指定できます。 *You can specify an external access prefix of up to four characters (#, *, and 0-9) if users need to dial one or more additional leading digits (for example, 9) to get an external line.

注意

外部アクセス プレフィックスを指定する場合に、プレフィックスに対応するために追加の正規化ルールを作成する必要はありません。If you specify an external access prefix, you do not need to create an additional normalization rule to accommodate the prefix.

正規化ルールNormalization Rules

正規化ルールは、さまざまな形式で表された電話番号を名前付き場所にルーティングする方法を定義します。Normalization rules define how phone numbers expressed in various formats are to be routed for the named location. ダイヤルするロケールによって、同じ番号文字列が異なる方法で解釈および変換される場合があります。The same number string may be interpreted and translated differently, depending on the locale from which it is dialed. 正規化ルールは、ユーザーが連絡先リストに電話番号を入力する際にさまざまな形式を使用し、使用することができるため、通話ルーティングに必要です。Normalization rules are necessary for call routing because users can, and do, use various formats when entering phone numbers in their Contacts lists.

ユーザーが指定した電話番号を正規化すると、一貫した形式が提供され、次のタスクが容易になります。Normalizing user-supplied phone numbers provides a consistent format that facilitates the following tasks:

  • ダイヤルされた番号を、目的の受信者の SIP-URI と一致します。Match a dialed number to the intended recipient's SIP-URI.

  • 呼び出し元にダイヤルの承認ルールを適用します。Apply dialing authorization rules to the calling party.

次の番号フィールドでは、正規化ルールの考慮が必要になる可能性があります。The following number fields are among those that your normalization rules may need to account for:

  • ダイヤル プランDial plan

  • 国番号Country code

  • 市外局番Area code

  • 内線番号の長さLength of extension

  • サイトのプレフィックスSite prefix

正規化ルールの作成Creating Normalization Rules

正規化ルールでは、.NET Framework 正規表現を使用して、サーバーが逆引き番号検索を実行するためにダイヤル文字列を E.164 形式に変換するために使用する数値の一致パターンを指定します。Normalization rules use .NET Framework regular expressions to specify numeric match patterns that the server uses to translate dial strings to E.164 format for the purpose of performing reverse number lookup. Skype for Business Server コントロール パネルで正規化ルールを作成するには、式を手動で入力するか、開始番号と一致するダイヤル文字列の長さを入力して、Skype for Business Server コントロール パネルで対応する正規表現を生成します。You create normalization rules in the Skype for Business Server Control Panel either by entering the expressions manually, or by entering the starting digits and the length of the dial strings to be matched and letting the Skype for Business Server Control Panel generate the corresponding regular expression for you. どちらの方法でも、終了したら、テスト番号を入力して、正規化ルールが期待通り動作するか確認できます。Either way, when you finish, you can enter a test number to verify that the normalization rule works as expected.

.NET Framework 正規表現の使用の詳細については 、「".NET Framework Regular Expressions"」を参照してくださいFor details about using .NET Framework regular expressions, see ".NET Framework Regular Expressions".

正規化ルールの例Sample Normalization Rules

次の表は、.NET Framework 正規表現で記述された正規化ルールの例です。 ここに示すのは単なる例であり、ご自分の正規化ルールをこのとおりに作成する必要はありません。The following table shows sample normalization rules that are written as .NET Framework regular expressions. The samples are examples only and are not meant to be a prescriptive reference for creating your own normalization rules.

表 1. .NET Framework 正規表現を使用した正規化ルールTable 1.Normalization Rules Using .NET Framework Regular Expressions

ルール名Rule name 説明Description 番号パターンNumber pattern 翻訳Translation Example
4digitExtension4digitExtension
4 桁の内線番号を変換します。Translates 4-digit extensions
^(\d{4})$^(\d{4})$
+1425555$1+1425555$1
0100 が +14255550100 に変換されます。0100 is translated to +14255550100
5digitExtension5digitExtension
5 桁の内線番号を変換します。Translates 5-digit extensions
^5(\d {4} )$^5(\d{4})$
+1425555$1+1425555$1
50100 が +14255550100 に変換されます。50100 is translated to +14255550100
7digitcallingRedmond7digitcallingRedmond
7 桁の番号を Redmond の電話番号に変換します。Translates 7-digit numbers to Redmond local numbers
^(\d{7})$^(\d{7})$
+1425$1+1425$1
5550100 が +14255550100 に変換されます。5550100 is translated to +14255550100
7digitcallingDallas7digitcallingDallas
7 桁の番号を Dallas の電話番号に変換します。Translates 7-digit numbers to Dallas local numbers
^(\d{7})$^(\d{7})$
+1972$1+1972$1
5550100 が +19725550100 に変換されます。5550100 is translated to +19725550100
10digitcallingUS10digitcallingUS
米国の 10 桁の番号を変換します。Translates 10-digit numbers in the United States
^(\d{10})$^(\d{10})$
+1$1+1$1
2065550100 が +12065550100 に変換されます。2065550100 is translated to +12065550100
LDCallingUSLDCallingUS
米国の長距離プレフィックス付きの番号を変換します。Translates numbers with long distance prefixes in the United States
^1(\d {10} )$^1(\d{10})$
+$1+$1
12145550100 が +2145550100 に変換されます。12145550100 is translated to +2145550100
IntlCallingUSIntlCallingUS
米国の国際プレフィックス付きの番号を変換します。Translates numbers with international prefixes in the United States
^011(\d * )$^011(\d*)$
+$1+$1
01191445550100 が +91445550100 に変換されます。01191445550100 is translated to +91445550100
RedmondOperatorRedmondOperator
0 を Redmond のオペレータ呼び出し番号に変換します。Translates 0 to Redmond Operator
^0$^0$
+14255550100+14255550100
0 が +14255550100 に変換されます。0 is translated to +14255550100
RedmondSitePrefixRedmondSitePrefix
ネットワーク内プレフィックス (6) および Redmond のサイト コード (222) 付きの番号を変換します。Translates numbers with on-net prefix (6) and Redmond site code (222)
^6222(\d {4} )$^6222(\d{4})$
+1425555$1+1425555$1
62220100 が +14255550100 に変換されます。62220100 is translated to +14255550100
NYSitePrefixNYSitePrefix
ネットワーク内プレフィックス (6) および NY のサイト コード (333) 付きの番号を変換します。Translates numbers with on-net prefix (6) and NY site code (333)
^6333(\d {4} )$^6333(\d{4})$
+1202555$1+1202555$1
63330100 が +12025550100 に変換されます。63330100 is translated to +12025550100
DallasSitePrefixDallasSitePrefix
ネットワーク内プレフィックス (6) および Dallas のサイト コード (444) 付きの番号を変換します。Translates numbers with on-net prefix (6) and Dallas site code (444)
^6444(\d {4} )$^6444(\d{4})$
+1972555$1+1972555$1
64440100 が +19725550100 に変換されます。64440100 is translated to +19725550100

以下の表は、Redmond (Washington、米国) の場所のダイヤル プランの例です。これは、前の表に示す正規化ルールに基づいています。The following table illustrates a sample dial plan for Redmond, Washington, United States, based on the normalization rules shown in the previous table.

表 2. 表 1 の正規化ルールに基づく Redmond のダイヤル プランTable 2. Redmond Dial Plan Based on Normalization Rules Shown in Table 1

Redmond.forestFQDNRedmond.forestFQDN
5digitExtension5digitExtension
7digitcallingRedmond7digitcallingRedmond
10digitcallingUS10digitcallingUS
IntlCallingUSIntlCallingUS
RedmondSitePrefixRedmondSitePrefix
NYSitePrefixNYSitePrefix
DallasSitePrefixDallasSitePrefix
RedmondOperatorRedmondOperator

注意

前の表に記載した正規化ルールの名前にはスペースが含まれていませんが、これは任意に設定できます。たとえば、この表の最初の名前は、「5 digit extension」または「5-digit Extension」のどちらで記述しても問題ありません。The normalization rules names shown in the preceding table do not include spaces, but this is a matter of choice. The first name in the table, for example, could have been written "5 digit extension" or "5-digit Extension" and still be valid.

音声ポリシーVoice policies

Skype for Business Server 音声ポリシーは、ポリシーが割り当てられているユーザー、サイト、または組織ごとに次を定義します。Skype for Business Server voice policies define the following for each user, site, or organization that is assigned the policy:

  • ユーザーが使用できる通話機能を決定するために有効または無効エンタープライズ VoIP機能のセット。A set of calling features that can be enabled or disabled to determine the Enterprise Voice functionality available to users.

  • 承認される通話の種類を定義する一連の公衆交換電話網 (PSTN) 使用法レコード。A set of public switched telephone network (PSTN) usage records that define what types of calls are authorized.

次の手順は、展開環境で必要な音声ポリシーを計画エンタープライズ VoIPします。The following steps will help you plan the voice policies that you will need for your Enterprise Voice deployment:

  • グローバル音声ポリシー (製品と共にインストールされる既定の音声ポリシー) の構成方法を決定する。Determine how you will configure your global voice policy (the default voice policy that is installed with the product). このポリシーは、サイト レベルエンタープライズ VoIPユーザーごとのポリシーが明示的に割り当てられていないすべてのユーザーに適用されます。This policy will apply to all Enterprise Voice users who are not explicitly assigned a site-level or per-user policy.

  • 必要なサイトレベルの音声ポリシーをすべて識別する。Identify any site-level voice policies that you might need.

  • 必要なユーザー単位の音声ポリシーをすべて識別する。Identify any per-user voice policies that you might need.

  • 音声ポリシーごとに、有効にする通話機能を決定する。Decide which call features to enable for each voice policy.

  • 音声ポリシーごとに、構成する PSTN 使用法レコードを決定する。Determine what PSTN usage records to configure for each voice policy.

音声ポリシー スコープVoice Policy Scope

音声ポリシー スコープにより、ポリシーを適用可能な階層レベルが決まります。Voice policy scope determines the hierarchical level at which the policy can be applied. Skype for Business Server では、次のスコープ レベル (最も具体的なレベルから最も一般的なレベルまで) を使用して音声ポリシーを構成できます。In Skype for Business Server, you can configure voice policies with the following scope levels (listed from the most specific to the most general).

  • ユーザー音声ポリシー は、個々のユーザー、グループ、または連絡先オブジェクトに割り当てることができます。これは最下位レベルのポリシーです。ユーザー音声ポリシーを展開することにより、サイトの特定のユーザーまたはグループを対象に機能を有効にし、同じサイトの他のユーザーまたはグループに対しては有効にしないようにすることができます。たとえば、一部の従業員に対しては長距離ダイヤル機能を無効にすることができます。連絡先オブジェクトは、音声ポリシーを割り当てる目的で個々のユーザーとして扱われます。User voice policy can be assigned to individual users, groups, or contact objects. This is the lowest level policy. User voice policies can be deployed to enable features for certain users or groups at a site, but not for others in the same site. For example, you may want to disable long distance dialing for some employees. For the purpose of assigning a voice policy, a contact object is treated as an individual user.

    注意

    ブランチ サイトのユーザー音声ポリシーは、中央サイト展開に登録されている エンタープライズ VoIP ユーザー、または存続可能ブランチ アプライアンスに登録されているユーザーに展開することをお勧めします。We recommend that you deploy a user voice policy for branch site Enterprise Voice users who are registered with the central site deployment, or users who are registered on a Survivable Branch Appliance.

  • サイト音声ポリシー は、ユーザー音声ポリシーが割り当てられているユーザー、グループ、または連絡先オブジェクトを除いて、サイト全体に適用されます。サイト音声ポリシーを定義するには、ポリシーを適用するサイトを指定する必要があります。ユーザー音声ポリシーが割り当てられていない場合は、サイト音声ポリシーを使用します。Site voice policy applies to an entire site, except for any users, groups, or contact objects that are assigned a user voice policy. To define a site voice policy, you must specify the site to which the policy applies. If a user voice policy is not assigned, the site voice policy is used.

  • グローバル音声ポリシー は、製品と一緒にインストールされる既定の音声ポリシーです。Global voice policy is the default voice policy that is installed with the product. グローバル音声ポリシーは、組織の具体的な必要性を満たすように編集できますが、名前を変更したり、削除したりすることはできません。You can edit the global voice policy to meet the specific needs of your organization, but you cannot rename or delete it. この音声ポリシーは、展開内のすべての エンタープライズ VoIP ユーザー、グループ、および連絡先オブジェクトに適用されます。具体的なスコープを持つ音声ポリシーを構成して割り当てない限りです。This voice policy applies to all Enterprise Voice users, groups, and contact objects in your deployment unless you configure and assign a voice policy with more specific scope. このポリシー全体を無効にする場合は、サイトおよびユーザーのすべてにカスタム ポリシーが割り当てられるようにしてください。If you want to disable this policy entirely, be sure that all sites and users have custom policies assigned to them.

通話機能Call Features

音声ポリシーごとに、以下の通話機能を有効または無効にすることができます。You can enable or disable the following call features for each voice policy:

  • [着信の転送] では、他の電話機やクライアント デバイスに通話を転送できます。既定では有効です。Call forwarding enables users to forward calls to other phones and client devices. Enabled by default.

  • [委任] では、代わりに通話を送受信する他のユーザーを指定できます。既定では有効です。Delegation enables users to specify other users to send and receive calls on their behalf. Enabled by default.

  • [通話の転送] では、他のユーザーに通話を転送できます。既定では有効です。Call transfer enables users to transfer calls to other users. Enabled by default.

  • [コール パーク] では、通話を保留し、別の電話機やクライアントで受けることができます。既定では無効です。Call park enables users to park calls and then pick up the call from a different phone or client. Disabled by default.

  • [同時呼び出し] では、追加の電話機 (携帯電話など) や他のエンドポイント デバイスで、着信の呼び出し音を鳴らすことができます。既定では有効です。Simultaneous ringing enables incoming calls to ring on an additional phone (for example, a mobile phone) or other endpoint devices. Enabled by default.

  • [チーム呼び出し] では、定義したチームのユーザーがチームの他のメンバーの呼び出しに応答できます。既定では有効です。Team call enables users on a defined team to answer calls for other members of the team. Enabled by default.

  • [PSTN 再ルート] では、WAN が混雑していたり利用できない場合に、このポリシーを割り当てられているユーザーが他のエンタープライズ ユーザーに掛けた通話を、公衆交換電話網 (PSTN) で再ルートできます。既定では有効です。PSTN reroute enables calls made by users who are assigned this policy to other enterprise users to be rerouted on the public switched telephone network (PSTN) if the WAN is congested or unavailable. Enabled by default.

  • [帯域幅ポリシーの上書き] により管理者は、特定のユーザーに関する通話受付管理ポリシーによる決定を上書きできます。既定では無効です。Bandwidth policy override enables administrators to override call admission control policy decisions for a particular user. Disabled by default.

  • 悪意のある呼び出 しトレースを使用すると、ユーザーは Skype for Business クライアントを使用して悪意のある呼び出しを報告し、通話詳細記録でそのような呼び出しにフラグを設定できます。Malicious call tracing enables users to report malicious calls by using the Skype for Business client, and then flags such calls in the call detail records. 既定では無効です。Disabled by default.

  • ボイス メール エスケープは、同時呼び出しが構成され、電話がオフ、バッテリ切れ、または使用範囲外のときに、通話がユーザーの携帯電話ボイスメール システムにすぐにルーティングされるのを防ぎ、タイマー値に基づいて行います。Voicemail escape prevents calls from being immediately routed to the user's mobile phone voicemail system when simultaneous ringing is configured and the phone is turned off, out of battery, or out of range, and is based on a timer value. この設定でタイマーを有効または無効にし、タイマーの値を設定します。This setting enables and disables the timer and sets the value of the timer. Skype for Business Server 管理シェルを使用する場合にのみ構成できます。It can be configured only by using the Skype for Business Server Management Shell. 既定では無効です。Disabled by default.

  • 管理者は、通話の転送と同時呼び出しの PSTN 使用法を使用して、通話の転送と同時呼び出しの音声ポリシーと同じ PSTN 使用法を指定したり、内部の Skype for Business ユーザーにのみ呼び出しの転送と同時呼び出しを制限したり、音声ポリシーの PSTN 使用法とは異なるカスタム PSTN 使用法を指定することができます。Call forwarding and simultaneous ringing PSTN usages enables administrators to specify the same PSTN usage as the voice policy for call forwarding and simultaneous ringing, restrict call forwarding and simultaneous ringing to internal Skype for Business users only, or specify a custom PSTN usage that is different from the voice policy's PSTN usage. 既定では、着信の転送および同時呼び出しに対して音声ポリシーと同じ PSTN 使用法を使用します。The default is to use the same PSTN usage as the voice policy for call forwarding and simultaneous ringing.

PSTN 使用法レコードPSTN Usage Records

各音声ポリシーには、1 つ以上の PSTN 使用法レコードが関連付けられている必要があります。Each voice policy should have one or more associated PSTN usage records. PSTN 使用法は、同時呼び出しおよび着信の転送のみのための音声ポリシーと関連付けることができます。PSTN usages can be associated with a voice policy for the purpose of simultaneous ringing and call forwarding only.

注意

発信ルーティング機能では、ユーザーとルートの照合時に PSTN 使用法を上位から下位の順に比較するため、PSTN 使用法の順序は重要です。 最初の使用法が通話ルートに一致した場合は、そのルートが使用されます。 一致しない場合、発信ルーティング機能はリスト内の次の PSTN 使用法との照合を、一致が検出されるまで続けます。 事実上、後続の PSTN 使用法は、リストの最初の使用法が使用できない場合のバックアップとなります。PSTN usage order is critical because in matching users to routes, the outbound routing functionality compares PSTN usages from top to bottom. If the first usage matches the call route, that route is used. If not, the outbound routing functionality looks at the next PSTN usage on the list and continues until a match is found. In effect, the subsequent PSTN usages provide backup if the first one on the list is unavailable.

PSTN 使用法レコードPSTN usage records

PSTN 使用法レコードの計画では、主に、CEO から派遣社員、コンサルタント、および臨時スタッフに至る組織内のすべてのユーザーに現在適用されているすべての通話許可の一覧を作成します。 この作業を行うと、既存の通話許可を再度検証し、それらを修正することができます。 エンタープライズ VoIP の見込みユーザーに適用する通話許可のみに対応した PSTN 使用法レコードを作成することもできますが、現時点で通話許可がエンタープライズ VoIP で有効なユーザー グループのメンバーに適用されるかどうかに関係なく、すべての通話許可に対応した PSTN 使用法レコードを作成する方が、長期的には優れたソリューションになる場合があります。 通話許可の変更や、異なる通話許可を持つ新規ユーザーを追加する場合でも、必要な電話 PSTN 使用法レコードは既に作成済みであるため、新しく作成する必要がありません。Planning PSTN usage records consists mainly of listing all the call permissions that are currently in force in your organization, from the CEO to temporary workers, consultants, and contingent staff. This process also provides an opportunity to reexamine existing call permissions and revise them. You can create PSTN usage records only for those call permissions that apply to your anticipated Enterprise Voice users, but a better long-range solution might be to create PSTN usage records for all call permissions, regardless of whether some may not currently apply to the group of users to be enabled for Enterprise Voice. If call permissions change or new users with different call permissions are added, you will have already created the required PSTN usage records.

次の表に、一般的な PSTN 使用法テーブルを示します。The following table shows a typical PSTN usage table.

PSTN 使用法レコードPSTN Usage Records

電話属性Phone attribute 説明Description
ローカルLocal
市内通話Local calls
Long-DistanceLong-Distance
長距離通話Long distance calls
InternationalInternational
国際通話International calls
デリーDelhi
Delhi のフルタイム社員Delhi full-time employees
RedmondRedmond
Redmond のフルタイム社員Redmond full-time employees
RedmondTempsRedmondTemps
Redmond の派遣社員Redmond temporary employees
チューリヒZurich
Zurich のフルタイム社員Zurich full-time employees

PSTN 使用法レコードは単独では機能しません。 PSTN 使用法レコードは、以下と組み合わせて使用する必要があります。By themselves, PSTN usage records do not do anything. For them to work, you must associate them with the following:

  • 音声ポリシー (ユーザーに割り当てる)Voice policies, which are assigned to users.

  • ルート (電話番号に割り当てる)Routes, which are assigned to phone numbers.

音声ルートVoice routes

通話ルートは、ユーザーが発信した通話を Skype for Business Server が処理エンタープライズ VoIPします。Call routes specify how Skype for Business Server handles outbound calls placed by Enterprise Voice users. ユーザーが番号をダイヤルすると、フロント エンド サーバーはダイヤル文字列を必要に応じて E.164 形式に正規化し、SIP URI と一致します。When a user dials a number, the Front End Server normalizes the dial string to E.164 format, if necessary, and attempts to match it to a SIP URI. サーバーが一致しない場合は、番号に基づいて発信通話ルーティング ロジックが適用されます。If the server cannot make the match, it applies outgoing call routing logic based on the number. このロジックを定義する最後の手順では、各ダイヤル プランに記載されている宛先電話番号のセットごとに個別の名前付き通話ルートを作成します。The final step in defining that logic is to create a separate named call route for each set of destination phone numbers that are listed in each dial plan.

発信通話ルートを定義する前に、次の手順を実行する必要があります。Before you define outbound call routes, you should complete the following steps:

  • 1 つ以上のトランクを展開します。Deploy one or more trunks.

  • 必要に応じて、サイト、個人、および連絡先オブジェクトのダイヤル プランを作成します。Create dial plans as needed for sites, individuals, and Contact objects.

  • 公衆交換電話網 (PSTN) 使用法レコードを作成します。Create public switched telephone network (PSTN) usage records.

また、発信通話ルーティングを有効にするには、1 つ以上の音声ポリシーを作成して割り当てる必要があります。Additionally, to enable outbound call routing, you must create and assign one or more voice policies. これは、発信通話ルートを定義する前または後に行います。You can do this either before or after you define outbound call routes.

ルートごとに、次の項目を指定する必要があります。For each route, you must specify:

  • ルートを簡単に識別できる名前。A name by which the route can be easily identified.

  • 名前だけではルートを記述できない場合のオプションの説明。An optional description in cases where the name alone may not be sufficient to describe the route.

  • 一致パターンが適用されない例外と共に、ルートが適用される宛先電話番号を識別する正規表現照合パターン。The regular expression matching pattern that identifies the destination phone numbers to which the route is applied, along with exceptions to which the matching pattern is not to be applied.

  • ルートに割り当てる 1 つ以上のトランク。One or more trunks that you want to assign to the route.

  • 宛先電話番号の正規表現に一致する電話番号を呼び出す場合にユーザーが持っている必要がある PSTN 使用法レコード。The PSTN usage records that users must have in order to call numbers matching the destination phone number regular expression.

Skype for Business Server コントロール パネルで通話ルートを指定できます。You can specify call routes in the Skype for Business Server Control Panel. これらの通話ルートは、Skype for Business Server が PSTN 宛の通話をルーティングするために使用するサーバー ルーティング テーブルを設定します。These call routes populate the server routing table, which Skype for Business Server uses to route calls that are destined for the PSTN.

M:N トランクのサポートM:N Trunk Support

Skype for Business Server は、通話を PSTN にルーティングする方法を柔軟に提供します。Skype for Business Server provides flexibility in how calls are routed to the PSTN. ボイス ルートは、特定の音声通話に使用できる PSTN へのトランクのセットを指定します。A voice route specifies a set of trunks to the PSTN that can be used for a particular voice call. トランクは、仲介サーバーとポート番号を PSTN ゲートウェイおよびリッスン ポート番号に関連付ける。A trunk associates a Mediation Server and a port number with a PSTN gateway and listening port number. この論理関連付けにより、仲介サーバーを複数のゲートウェイに関連付け、同じゲートウェイへの複数の接続を持つ可能性があります。This logical association enables a Mediation Server to be associated with multiple gateways and have multiple connections to the same gateway. 通話ルートを定義する場合、そのルートに関連付けられているトランクを指定しますが、ルートに関連付けられている仲介サーバーは指定しません。When defining a call route, you specify the trunks associated with that route, but you do not specify which Mediation Servers are associated with the route. 仲介サーバーと PSTN ゲートウェイ、IP-PBX、セッション ボーダー コントローラー (SBC) の間の関係を定義してトランクを作成するには、トポロジ ビルダーを使用します。To create trunks by defining the relationships between Mediation Servers and PSTN gateways, IP-PBXs, and Session Border Controllers (SBCs), use the Topology Builder.

Least-Cost ルーティングLeast-Cost Routing

さまざまな番号がルーティングされるトランクを指定する機能を使用すると、コストが最も低いルートを特定し、そのルートを適切に実装できます。The ability to specify the trunks to which various numbers are routed enables you to determine which routes incur the lowest costs and implement them accordingly. トランクを選択する際の一般的なルールは、長距離料金を最小限に抑えるために、宛先番号の場所に最も近いゲートウェイを持つトランクを選択します。The general rule in selecting trunks is to choose the trunk with the closest gateway to the location of the destination number in order to minimize long-distance charges. たとえば、ニューヨークにいて、ローマで番号に電話を発信している場合、IP ネットワークを使用して、ローマのオフィスのゲートウェイを持つトランクに通話を引き継ぐと、ローカル通話の料金が発生します。For example, if you are in New York and calling a number in Rome, you would carry the call over the IP network to the trunk with the gateway in your Rome office, thereby incurring a charge only for a local call.

最小コストのルーティングを使用する方法の例については、次の点を考慮してください。Fabrikam は、ドイツのユーザーが米国のトランクを使用して米国の番号にダイヤルできる設定にしました。For an example of how least-cost routing might be used, consider the following: Fabrikam decides to enable German users to dial U.S. numbers by using the U.S. trunk. Fabrikam では、米国の Skype for Business Server ユーザーからドイツへのすべての通話と、隣接する国/地域からのすべての通話がドイツのゲートウェイを使用するトランクで終了するシステムを構成する必要があります。Fabrikam also wants to configure the system so that all calls from U.S. Skype for Business Server users to Germany and adjacent countries/regions terminate on the trunk with the gateway in Germany. たとえば、ドイツからオーストリアへの通話は、米国からオーストリアへの通話よりも安価なので、このルーティングによって費用が節約されます。This routing will save money, because a call from Germany to Austria, for example, is less expensive than a call from the U.S. to Austria.

発信ダイヤル文字列の変換Translating Outbound Dial Strings

Skype for Business Server では、逆引き番号検索 (RNL) を実行するために、すべてのダイヤル文字列を E.164 形式に正規化する必要があります。Skype for Business Server requires all dial strings to be normalized to E.164 format for the purpose of performing reverse number lookup (RNL). ゲートウェイまたは PBX (PBX) を使用するトランクで、ローカルのダイヤル形式で変換された番号を必要とする場合、Skype for Business Server を使用すると、トランクにルーティングする前に、呼び出し先の番号 (要求 URI) の操作を支援する 1 つ以上のルールを作成できます。For trunks with gateways or private branch exchanges (PBXs) that require numbers translated in local dialing formats, Skype for Business Server enables you to create one or more rules that assist in manipulating the called number (i.e. Request URI) prior to routing it to the trunk. たとえば、ダイヤル文字列の頭から +44 を削除して 0144 に置き換えるルールを作成できます。For example, you could write a rule to remove +44 from the head of a dial string and replace it with 0144.

Skype for Business Server では、トランクにルーティングする前に呼び出し番号の操作を支援する 1 つ以上のルールを作成できます。With Skype for Business Server, it is possible to create one or more rules that assist in manipulating the calling number prior to routing it to the trunk.

ゲートウェイとポートのペアを仲介サーバーとポートのペアに関連付けるトランクを計画する際に、ローカル ダイヤル要件が類似しているトランクをグループ化すると便利な場合があります。そのため、必要な変換ルールの数と書き込みにかかる時間を短縮できます。In planning your trunks that associate gateway:port pairs with Mediation Server:port pairs, it may be useful to group trunks with similar local dialing requirements, and therefore reduce the number of required translation rules and the time it takes to write them.

発信者番号の構成Configuring Caller ID

Skype for Business Server は、発信通話の発信者番号を操作する方法を提供します。Skype for Business Server provides a way to manipulate the caller ID for outbound calls. たとえば、組織が従業員のダイレクト ダイヤル内線番号をマスクし、それらを一般的な会社番号または部門番号に置き換える場合、管理者は Skype for Business Server コントロール パネルを使用して発信者番号を非表示にし、指定された代替発信者番号に置き換えます。For example, if an organization wants to mask employees' direct-dial extensions and replace them with the generic corporate or departmental number, an administrator can do that by using Skype for Business Server Control Panel to suppress the caller ID and replace it with a specified alternative caller ID. ルーティング ロジックを計画する際には、このオプションが必要な個人、グループ、サイト (たとえば、すべての従業員に対して) を検討します。In planning your routing logic, consider which individuals, groups, sites you'll want this option for—perhaps, even, for all employees.

注意

PSTN を使用して再ルーティングされた通話の場合、元の発信者番号の代わりに汎用の発信者番号が表示されます。For calls that are rerouted over the PSTN, the generic caller ID will be presented instead of the original caller ID. これにより、呼び出し先が構成した[通知不可] またはプライバシー設定がバイパスされる可能性があります。This can cause the call to bypass Do Not Disturb or privacy settings that the callee may have configured.

その他のルーティング ロジックAdditional Routing Logic

発信通話ルートを作成する際には、ルーティング ロジックに影響を与える可能性がある次の要因に注意する必要があります。In creating outbound call routes, you should be aware of the following factors that can affect routing logic:

  • フェデレーション境界を越える呼び出しが確立された場合、URI のドメイン部分を使用して、発信ルーティング ロジックの適用を担当する企業に通話をルーティングします。Where a call is established over a federated boundary, the domain portion of the URI is used to route the call over to the enterprise that is responsible for applying the outbound routing logic.

  • 要求 URI のドメイン部分に企業でサポートされているドメインが含まれている場合、サーバー上の発信ルーティング コンポーネントは呼び出しを処理しません。If the domain portion of the request URI does not contain a supported domain for the enterprise, the outbound routing component on the server does not process the call.

  • ユーザーがサーバーに対して有効エンタープライズ VoIP、サーバーは必要に応じて他のルーティング ロジックを適用します。If a user is not enabled for Enterprise Voice, the server applies other routing logic, as appropriate.

  • 通話が完全に占有されているゲートウェイ (すべてのトランク回線がビジー状態) にルーティングされる場合、ゲートウェイは通話を拒否し、発信ルーティング ロジックは通話を次の最小コストのルートにリダイレクトします。If a call is routed to a gateway that is fully occupied (all trunk lines are busy), the gateway rejects the call and the outbound routing logic redirects the call to the next-least-cost route. この点は慎重に検討してください。これは、小規模なオフィスの本社 (たとえば、スイス) 用のゲートウェイは、実際にはスイスへの国際通話に対して大量の非国内トラフィックを持ち込む可能性があるためです。Give this careful consideration, because a gateway sized for a small office overseas (for example, Zurich) may actually carry a significant amount of nonlocal traffic for international calls to Switzerland. ゲートウェイのサイズがこの追加トラフィックに対して適切に設定されていない場合、スイスへの通話はドイツのゲートウェイを通じてルーティングされ、その結果、より大きな有料料金が発生する可能性があります。If the gateway is not correctly sized for this additional traffic, calls to Switzerland may be routed by way of a gateway in Germany, resulting in larger toll charges.