Skype for Business Server での SIP トランキングSIP trunking in Skype for Business Server

Skype for Business Server エンタープライズ VoIP での SIP トランキングについてLearn about SIP trunking in Skype for Business Server Enterprise Voice

セッション開始プロトコル (SIP) は、基本的な電話サービスおよび追加のリアルタイム通信サービス (インスタント メッセージング、会議、プレゼンス検出、マルチメディアなど) のボイス オーバー IP (VoIP) 通信セッションを開始および管理するために使用します。Session Initiation Protocol (SIP) is used to initiate and manage Voice over IP (VoIP) communications sessions for basic telephone service and for additional real-time communication services, such as instant messaging, conferencing, presence detection, and multimedia. ここでは、ローカル ネットワークの境界を越えて広がる種類の SIP 接続である、SIP トランクを実装するための計画情報について説明します。This section provides planning information for implementing SIP trunks, a type of SIP connection that extends beyond the boundary of your local network.

SIP トランクとはWhat is SIP Trunking?

SIP トランクは、組織とファイアウォールの外側のインターネット テレフォニー サービス プロバイダー (ITSP) との間に SIP 通信リンクを確立する SIP 接続です。A SIP trunk is an IP connection that establishes a SIP communications link between your organization and an Internet telephony service provider (ITSP) beyond your firewall. 通常、SIP トランクは、組織の中央サイトを ITSP に接続するために使用されます。Typically, a SIP trunk is used to connect your organization's central site to an ITSP. ブランチ サイトを ITSP に接続するために SIP トランキングを使用する場合もあります。In some cases, you may also opt to use SIP trunking to connect your branch site to an ITSP.

SIP トランキングの展開は、組織の通信を簡素化し、リアルタイム通信の最新の機能拡張に備えするための大きなステップになる場合があります。Deploying SIP trunking can be a big step toward simplifying your organization's telecommunications and preparing for up-to-date enhancements to real-time communications. SIP トランキングの主な利点の 1 つは、組織の接続を中央サイトの公衆交換電話網 (PSTN) に統合できるという方法です。これは、通常、各ブランチ サイトとは別のトランクが必要な、先行の時分割多重 (TDM) トランキングとは対照的です。One of the primary advantages of SIP trunking is that you can consolidate your organization's connections to the public switched telephone network (PSTN) at a central site, as opposed to its predecessor, time division multiplexing (TDM) trunking, which typically requires a separate trunk from each branch site.

費用の削減Cost Savings

SIP トランキングに関連する費用の削減はかなりのものです。The cost savings associated with SIP trunking can be substantial:

  • 長距離通話は、SIP トランクを介した場合よりもかなり安くすみます。Long distance calls typically cost much less through a SIP trunk.

  • 管理コストを削減でき、展開を簡素化することが可能です。You can cut manageability costs and reduce the complexity of deployment.

  • SIP トランクを大幅な低コストで直接 ITSP に接続した場合、ベーシック レート インターフェイス (BRI) およびプライマリ レート インターフェイス (PRI) の料金をなくすことができます。TDM トランキングでは、サービス プロバイダーは分単位で通話に課金します。SIP トランキングの料金は帯域幅の使用量に基づくので、より少ない、より経済的な単位で購入できます (実際の料金は、使用する ITSP のサービス モデルによって異なります)。Basic rate interface (BRI) and primary rate interface (PRI) fees can be eliminated if you connect a SIP trunk directly to your ITSP at significantly lower cost. In TDM trunking, service providers charge for calls by the minute. The cost of SIP trunking may be based on bandwidth usage, which you can buy in smaller, more economical increments. (The actual cost depends on the service model of the ITSP you choose.)

SIP トランキング対 PSTN ゲートウェイまたは IP-PBX のホストSIP Trunking vs. Hosting a PSTN Gateway or IP-PBX

SIP トランクは直接サービス プロバイダーに接続されるため、PTSN ゲートウェイおよび管理費用を削除でき、接続が簡素化されます。SIP トランクを利用することでメンテナンス費用および管理費用を減らすことができ、相当な費用削減となります。Because SIP trunks connect directly to your service provider, you can eliminate your PSTN gateways and their management cost and complexity. Using a SIP trunk can lead to substantial cost savings through reduced maintenance and administration.

VoIP サービスの拡張Expanded VoIP Services

多くの場合、音声機能が SIP トランキングを展開する主な動機ではありますが、音声サポートは最初のステップにすぎません。Voice features are often the primary motivation for deploying SIP trunking, but voice support is just the first step. SIP トランキングを使用すると、VoIP 機能を拡張し、Skype for Business Server が豊富なサービス セットを提供できます。With SIP trunking, you can extend VoIP capabilities and enable Skype for Business Server to deliver a richer set of services. 例:For example:

  • Skype for Business Server を実行していないデバイスの拡張プレゼンス検出により、携帯電話との統合が向上し、ユーザーが携帯電話に通話中の時間を確認できます。Enhanced presence detection for devices that are not running Skype for Business Server can provide better integration with mobile phones, enabling you to see when a user is on a mobile phone call.

  • E9-1-1 緊急通話では、911 件の通話に応答する機関が、電話番号から発信者の場所を特定できます。E9-1-1 emergency calling enables the authorities who answer 911 calls to determine the caller's location from his or her telephone number.

注意

組織で利用できる、ITSP がサポートするサービスの内容については、ご利用の ITSP に問い合わせてください。Contact your ITSP for a list of services that they support and can enable for your organization.

SIP トランクと直接 SIP 接続の比較SIP Trunks vs. Direct SIP Connections

トランクという用語は、回線交換技術から派生しています。The term trunk is derived from circuit-switched technology. 電話交換装置を接続する専用の物理回線を指します。It refers to a dedicated physical line that connects telephone switching equipment. 前身の時分割多重 (TDM) トランクと同様に、SIP トランクは Skype for Business Server エンタープライズと ITSP という 2 つの独立した SIP ネットワーク間の接続です。Like their predecessor, time division multiplexing (TDM) trunks, SIP trunks are connections between two separate SIP networks—the Skype for Business Server enterprise and the ITSP. 回線交換トランクとは異なり、SIP トランクは、サポートされている SIP トランキング接続の種類を使用して確立できる仮想接続です。Unlike circuit-switched trunks, SIP trunks are virtual connections that can be established over any of the supported SIP trunking connection types.

これに対し、直接 SIP 接続は、ローカル ネットワークの境界を越えない SIP 接続です (つまり、内部ネットワーク内の公衆交換電話網 (PSTN) ゲートウェイまたは構内交換機 (PBX) に接続します)。Direct SIP connections, on the other hand, are SIP connections that do not cross the local network boundary (that is, they connect to a public switched telephone network (PSTN) gateway or private branch exchange (PBX) within your internal network). Skype for Business Server で直接 SIP 接続を使用する方法の詳細については 、「Skype for Business Server での直接 SIP 接続」を参照してくださいFor details about how you can use direct SIP connections with Skype for Business Server, see Direct SIP connections in Skype for Business Server.

SIP トランキングを実装する方法How do I implement SIP Trunking?

SIP トランキングを実装するには、仲介サーバーを介して接続をルーティングする必要があります。仲介サーバーは、Skype for Business Server クライアントとサービス プロバイダー間の通信セッションのプロキシとして機能し、必要に応じてメディアをコード変換します。To implement SIP trunking, you must route the connection through a Mediation Server, which acts as a proxy for communications sessions between Skype for Business Server clients and the service provider and transcodes media, when necessary.

各仲介サーバーには、内部ネットワーク インターフェイスと外部ネットワーク インターフェイスがあります。Each Mediation Server has an internal network interface and an external network interface. 内部インターフェイスはフロントエンド サーバーに接続します。The internal interface connects to the Front End Servers. 外部インターフェイスは、従来、仲介サーバーを公衆交換電話網 (PSTN) ゲートウェイまたは IP-PBX に接続するために使用され、ゲートウェイ インターフェイスと呼ばれるのが一般的です。The external interface is commonly called the gateway interface because it has traditionally been used to connect the Mediation Server to a public switched telephone network (PSTN) gateway or an IP-PBX. SIP トランクを実装するには、仲介サーバーの外部インターフェイスを ITSP の外部エッジ コンポーネントに接続します。To implement a SIP trunk, you connect the external interface of the Mediation Server to the external edge component of the ITSP. ITSP の外部エッジ コンポーネントとは、セッション ボーダー コントローラー (SBC)、ルーター、またはゲートウェイです。The external edge component of the ITSP could be a Session Border Controller (SBC), a router, or a gateway.

仲介サーバーの詳細については 、Skype for Business Server の仲介サーバー コンポーネントを参照してくださいFor details about Mediation Servers, see Mediation Server component in Skype for Business Server.

集中型と分散型 SIP トランキングの比較Centralized vs. Distributed SIP Trunking

集中 SIP トランキングは、ブランチ サイトトラフィックを含むすべての VoIP トラフィックを中央サイト経由でルーティングします。Centralized SIP trunking routes all VoIP traffic, including branch site traffic, through your central site. 一元展開モデルはシンプルで費用効果が高く、一般に Skype for Business Server で SIP トランクを実装する場合に推奨されるアプローチです。The centralized deployment model is simple, cost-effective, and is generally the recommended approach for implementing SIP trunks with Skype for Business Server.

分散 SIP トランキングは、1 つ以上のブランチ サイトにローカル SIP トランクを実装する展開モデルです。Distributed SIP trunking is a deployment model in which you implement local SIP trunks at one or more branch sites. その後、VoIP トラフィックは、中央サイトを経由せずに、ブランチ サイトからサービス プロバイダーに直接ルーティングされます。VoIP traffic is then routed from the branch site directly to a service provider without going through the central site.

分散型 SIP トランキングが必要なのは、次のケースだけです。Distributed SIP trunking is required only in the following cases:

  • ブランチ サイトに存続可能な通話接続が必要な場合 (WAN がダウンした場合など)。The branch site requires survivable phone connectivity (for example, if the WAN goes down). この要件は、ブランチ サイトごとに分析する必要があります。一部のブランチでは冗長性とフェールオーバーが必要ですが、他のブランチでは必要ない場合があります。This requirement should be analyzed for each branch site; some of your branches may require redundancy and failover, whereas others may not.

  • 2 つの中央サイト間で復元が必要です。Resiliency is required between two central sites. SIP トランクが各中央サイトで終了する必要があります。You need to make sure that a SIP trunk terminates at each central site. たとえば、Dublin と Dublinwila の中央サイトを使用し、両方とも 1 つのサイトの SIP トランクのみを使用している場合、トランクがダウンすると、他のサイトのユーザーは PSTN 通話を発信できません。For example, if you have Dublin and Tukwila central sites and both use only one site's SIP trunk, if the trunk goes down, the other site's users cannot make PSTN calls.

  • ブランチ サイトとセントラル サイトは、国/地域が異なります。The branch site and central site are in different countries/regions. 互換性と法律上の理由により、国/地域ごとに少なくとも 1 つの SIP トランクが必要です。For compatibility and legal reasons, you need at least one SIP trunk per country/region. たとえば EU では、通信は現地の中央ポイントで終了することなしに国/地域外にでることはできません。For example, in the European Union, communications cannot leave a country/region without terminating locally at a centralized point.

サイトの地理的な場所と企業内で予想されるトラフィック量によっては、すべてのユーザーを中央 SIP トランク経由でルーティングしたくない場合や、ブランチ サイトの SIP トランクを介して一部のユーザーをルーティングすることを選択する場合があります。Depending on the geographical location of sites and how much traffic you anticipate within your enterprise, you may not want to route all users through the central SIP trunk, or you may opt to route some users through a SIP trunk at their branch site. 必要性を分析するために、次の質問に回答してください。To analyze your needs, answer the following questions:

  • 各サイトの大小はどのくらいですか (つまり、サイトで有効になっているエンタープライズ VoIP)。How big is each site (that is, how many users are enabled for Enterprise Voice)?

  • 各サイトで最も通話を受ける Direct Inward Dialing (DID) 番号はどれですか。Which direct inward dialing (DID) numbers at each site get the most phone calls?

集中型 SIP トランキングと分散型 SIP トランキングのどちらを展開するかを決定するには、費用便益分析が必要です。The decision whether to deploy centralized or distributed SIP trunking requires a cost-benefit analysis. 必要のない場合にも分散型展開モデルを選択したほうが有益な場合があります。In some cases, it may be advantageous to opt for the distributed deployment model even if it is not required. 完全な集中型展開では、すべてのブランチ サイトのトラフィックが WAN リンク経由でルーティングされます。In a completely centralized deployment, all branch site traffic is routed over WAN links. WAN リンクに必要な帯域幅に費用をかけるより、分散型 SIP トランキングを使用したい場合があります。Instead of paying for the bandwidth required for WAN linking, you may want to use distributed SIP trunking. たとえば、中央サイトにフェデレーションがあるブランチ サイトに Standard Edition サーバーを展開したり、小さなゲートウェイを使用して存続可能ブランチ アプライアンスまたは存続可能ブランチ サーバーを展開することができます。For example, you may want to deploy a Standard Edition server at a branch site with federation to the central site, or you may want to deploy a Survivable Branch Appliance or a Survivable Branch Server with a small gateway.

注意

分散型 SIP トランキングの詳細については、Skype for Business Server のブランチ サイト SIP トランキングを参照してくださいFor details about distributed SIP trunking, see Branch site SIP trunking in Skype for Business Server.

サポートされている SIP トランキング接続の種類Supported SIP Trunking Connection Types

Skype for Business Server は、SIP トランキング用に次の接続の種類をサポートしています。Skype for Business Server supports the following connection types for SIP trunking:

  • Multiprotocol Label Switching (MPLS) は、ネットワーク ノード間でデータを伝送するプライベート ネットワークです。Multiprotocol Label Switching (MPLS) is a private network that directs and carries data from one network node to the next. MPLS ネットワークの帯域幅は他のサブスクライバーと共有され、各データ パケットには、サブスクライバーのデータを別のサブスクライバーと区別するためのラベルが割り当てられます。The bandwidth in an MPLS network is shared with other subscribers, and each data packet is assigned a label to distinguish one subscriber's data from another's. この接続の種類に仮想プライベート ネットワーク (VPN) は必要ありません。This connection type does not require a virtual private network (VPN). 潜在的な欠点は、VoIP トラフィックに優先度を与えないと、過剰な IP トラフィックが VoIP の処理に干渉する可能性があることです。A potential drawback is that excessive IP traffic can interfere with VoIP operation unless VoIP traffic is given priority.

  • 他のトラフィックを使用しないプライベート接続 (専用の光ファイバー接続、T1 回線など) は、通常、最も信頼できるセキュリティで保護された接続の種類です。 この接続の種類には、最高の通話伝送能力がありますが、通常最も費用がかかります。VPN は必要ありません。プライベート接続は、通話件数が多いか、セキュリティと可用性の要件が厳しい組織に適しています。A private connection with no other traffic—for example, a leased fiber-optic connection or T1 line—is typically the most reliable and secure connection type. This connection type provides the highest call-carrying capacity, but it is typically the most expensive. VPN is not required. Private connections are appropriate for organizations with high call volumes or stringent security and availability requirements.

  • インターネットは、最も費用のかからない接続の種類ですが、最も信頼性が低いです。The Internet is the least expensive connection type, but it is also the least reliable. インターネット接続は、VPN を必要とする唯一の Skype for Business Server SIP トランキング接続の種類です。Internet connection is the only Skype for Business Server SIP trunking connection type that requires VPN.

接続の種類の選択Selecting a Connection Type

企業に最適な SIP トランキング接続の種類は、ニーズと予算によって異なります。The most appropriate SIP trunking connection type for your enterprise depends on your needs and your budget.

  • 中規模または比較的大規模な企業では、通常、MPLS ネットワークが最も費用対効果が高くなります。専用のプライベート ネットワークに比べて、必要な帯域幅が安価に提供されます。For a mid-size or larger enterprise, an MPLS network usually provides the greatest value. It can provide the necessary bandwidth at a cheaper rate than a specialized private network.

  • 大規模な企業には、プライベートな光ファイバー接続、T1、T3、またはそれ以上の接続が必要なことがあります (EU では E1、E3、またはそれ以上の接続)。Large enterprises may require a private fiber-optic, T1, T3 or higher connection (E1, E3 or higher in the European Union).

  • 通話量が少ない小規模な企業またはブランチ サイトでは、インターネットを介した SIP トランキングが最適な選択です。For a small enterprise or branch site with low call volume, SIP trunking through the Internet may be the best choice. この接続の種類は、中規模サイズあるいは比較的大規模なサイトには推奨されません。This connection type is not recommended for mid-size or larger sites.

帯域幅要件Bandwidth Requirements

実装に必要となる帯域幅は、通話処理能力 (サポートされなければならない同時通話の数) によって異なります。代金を支払っている最大処理能力をできるだけ活用できるよう、使用可能な帯域幅を考慮に入れる必要があります。SIP トランクの最大帯域幅要件を計算するには次の式を使用してください。The amount of bandwidth your implementation requires depends on call capacity (the number of concurrent calls you must be able to support). You need to consider bandwidth availability, so that you can take full advantage of the peak capacity that you have paid for. Use the following formula to calculate SIP trunk peak bandwidth requirement:

SIP トランク最大帯域幅 = 最大同時通話数 x (64 kbps + ヘッダー サイズ)SIP Trunk Peak Bandwidth = Max Simultaneous Calls x (64 kbps + header size)

注意

ヘッダー サイズは最大で 20 バイトです。Header size is 20 bytes maximum.

コーデックのサポートCodec Support

Skype for Business Server は、次のコーデックのみをサポートしています。Skype for Business Server supports only the following codecs:

  • G.711 A-Law (主に北米以外で使用)G.711 a-law (used primarily outside North America)

  • G.711 µ-Law (北米で使用)G.711 µ-law (used in North America)

インターネット テレフォニー サービス プロバイダーInternet Telephony Service Provider

SIP トランク接続のサービス プロバイダー側の実装方法は、ITSP 間で異なります。How you implement the service provider side of a SIP trunk connection varies from one ITSP to another. 展開の情報については、サービス プロバイダーにお問い合わせください。For deployment information, contact your service provider. 認定 SIP トランキング サービス プロバイダーの一覧については 、Microsoft Unified Communications Open Interoperability Program の Web サイトを参照してくださいFor a list of certified SIP trunking service providers, see Microsoft Unified Communications Open Interoperability Program website.

Microsoft 認定 SIP トランキング プロバイダーの詳細については、Microsoft 担当者に問い合わせてください。For details about Microsoft certified SIP trunking providers, contact your Microsoft representative.

重要

SIP トランクを通過するすべての機能を ITSP が確実にサポートするためには、Microsoft 認定のサービス プロバイダーを利用する必要があります (セッションのセットアップおよび管理、拡張 VoIP サービスの全機能のサポートなど)。Microsoft テクニカル サポートは、認定されていないプロバイダーを使用する構成には適用されません。現在、SIP トランキングに認定されていないインターネット サービス プロバイダーを使用している場合は、そのプロバイダーを ISP として使用し続け、SIP トランキングには Microsoft 認定プロバイダーを使用することもできます。You must use a Microsoft certified service provider to ensure that your ITSP supports all of the functionality that traverses the SIP trunk (for example, setting up and managing sessions and supporting all of the extended VoIP services). Microsoft technical support does not extend to configurations that use noncertified providers. If you currently use an Internet service provider that is not certified for SIP trunking, you can opt to continue using that provider as your ISP and use a provider certified by Microsoft for SIP trunking.

SIP トランキングのトポロジとコンポーネントTopologies and Components for SIP Trunking

次の図は、Skype for Business Server の SIP トランキング トポロジを示しています。The following figure depicts the SIP trunking topology in Skype for Business Server.

SIP トランキングのトポロジSIP trunking topology

SIP トランキング トポロジ

図に示すように、エンタープライズ ネットワークと公衆交換電話網 (PSTN) サービス プロバイダーの間の接続には、IP 仮想プライベート ネットワーク (VPN) が使用されます。このプライベート ネットワークの目的は、IP 接続を提供し、セキュリティを強化し、(必要に応じて) サービス品質 (QoS) 保証を得ることです。VPN の性質により、SIP 信号トラフィックにトランスポート層セキュリティ (TLS) を使用したり、メディア トラフィックにセキュア リアルタイム転送プロトコル (SRTP) を使用したりする必要はありません。このため、企業とサービス プロバイダーの間の接続は、IP VPN を通じてトンネリングされる可能性のある SIP 用の普通の TCP 接続と、メディア用の普通のリアルタイム転送プロトコル (RTP) (over UDP) で構成されます。VPM ルーター間のすべてのファイアウォールのポートが開いていて VPN ルーターが通信できること、および VPN ルーターの外部エッジの IP アドレスがパブリック ルーティング可能であることを確認してください。As shown in the diagram, an IP virtual private network (VPN) is used for connectivity between the enterprise network and the public switched telephone network (PSTN) service provider. The purpose of this private network is to provide IP connectivity, enhance security, and (optionally) obtain Quality of Service (QoS) guarantees. Because of the nature of a VPN, you do not need to use Transport Layer Security (TLS) for SIP signaling traffic or secure real-time transport protocol (SRTP) for the media traffic. Connections between the enterprise and the service provider therefore consist of plain TCP connections for SIP and plain real-time transport protocol (RTP) (over UDP) for media tunneled through an IP VPN. Ensure that all firewalls between the VPN routers have ports open to allow the VPN routers to communicate, and that the IP addresses on the external edges of the VPN routers are publicly routable.

重要

フェールオーバーを含め、高可用性のサポートを提供しているかどうかを確認するには、サービス プロバイダーに問い合わせてください。Contact your service provider to determine whether it provides support for high availability, including failover. サポートしている場合、高可用性を設定する手順を確認する必要があります。If so, you will need to determine the procedures for setting it up. たとえば、各仲介サーバーに 1 つの IP アドレスと 1 つの SIP トランクのみを構成するか、または各仲介サーバーで複数の SIP トランクを構成する必要がありますか。For example, do you need to configure only one IP address and one SIP trunk on each Mediation Server, or do you need to configure multiple SIP trunks on each Mediation Server? >複数のセントラル サイトがある場合は、サービス プロバイダーが別のセントラル サイトとの接続を有効にできるかどうかも確認します。> If you have multiple central sites, also ask whether the service provider has the ability to enable connections to and from another central site.

注意

SIP トランキングでは、スタンドアロンの仲介サーバーを展開することを強く推奨します。For SIP trunking, we strongly recommend that you deploy stand-alone Mediation Servers. 詳細については、「展開」のドキュメントの「Deploying Mediation Servers and Defining Peers」を参照してください。For details, see Deploying Mediation Servers and Defining Peers in the Deployment documentation.

SIP トランキングを行うための仲介サーバーのセキュリティ保護Securing the Mediation Server for SIP Trunking

セキュリティ上の理由から、2 つの VPN ルーター間の各接続に仮想 LAN (VLAN) を設定する必要があります。 VLAN の実際の設定プロセスは、ルーターの製造元によって異なります。詳細については、ルーター ベンダーに問い合わせてください。For security purposes, you should set up a virtual LAN (VLAN) for each connection between the two VPN routers. The actual process for setting up a VLAN varies from one router manufacturer to another. For details, contact your router vendor.

次のガイドラインに従うことをお勧めします。We recommend that you follow these guidelines:

  • 境界ネットワーク内の仲介サーバーと VPN ルーターの間に仮想 LAN (VLAN) を設定します (DMZ、非武装地帯、スクリーン サブネットとも呼ばれる)。Set up a virtual LAN (VLAN) between the Mediation Server and the VPN router in the perimeter network (also known as DMZ, demilitarized zone, and screened subnet).

  • ルーターから VLAN へのブロードキャストまたはマルチキャスト パケットの転送は許可しません。Do not allow broadcast or multicast packets to be transferred from the router to the VLAN.

  • ルーターから仲介サーバーを含む任意の場所にトラフィックをルーティングするルーティング ルールをブロックします。Block any routing rules that route traffic from the router to anywhere but the Mediation Server.

VPN サーバーを使用する場合、次のガイドラインに従うことをお勧めします。If you use a VPN server, we recommend that you follow these guidelines:

  • VPN サーバーと仲介サーバーの間に VLAN を設定します。Set up a VLAN between the VPN server and the Mediation Server.

  • VPN サーバーから VLAN へのブロードキャストまたはマルチキャスト パケットの転送は許可しません。Do not allow broadcast or multicast packets to be transmitted from the VPN server to the VLAN.

  • VPN サーバー トラフィックを仲介サーバーを含む任意の場所にルーティングするルーティング ルールをブロックします。Block any routing rule that routes VPN server traffic to anywhere but the Mediation Server.

  • Generic Routing Encapsulation (GRE) を使用して VPN 上のデータを暗号化します。Encrypt data on the VPN by using generic routing encapsulation (GRE).

関連項目See also

Skype for Business Server のブランチ サイト SIP トランキングBranch site SIP trunking in Skype for Business Server