Skype for Business Server での監視の計画Plan for monitoring in Skype for Business Server

概要: Skype for Business Server で監視サービスを計画する場合は、このトピックを確認してください。Summary: Review this topic while planning for the monitoring service in Skype for Business Server.

Skype for Business Server の監視サービスは、管理者が組織で行う通信セッションの使用状況と品質のデータを収集する方法を提供します。これにより、管理者は傾向と問題を特定できます。The monitoring service in Skype for Business Server provides a way for administrators to collect usage and quality data for the communication sessions that take place in their organization, which allows them to identify trends and problems. 展開を継続的に監視することで、問題を早期に発見し、組織のユーザーの満足を維持できます。Ongoing monitoring of your deployment allows you to catch problems early and keep your organization's users satisfied.

Skype for Business Server での監視には、個別のサーバーの役割は必要とされません (以前のバージョンの Lync の場合と同様)。代わりに、監視サービスが各フロントエンド サーバーに組み込されます。Monitoring in Skype for Business Server does not require a separate server role (as was the case in earlier Lync versions); instead, the monitoring service is built into each Front End server. Skype for Business Server では、監視は既定では有効になっていません。Monitoring is not enabled by default in Skype for Business Server. この記事は、Skype for Business Server の初期構成中または後に監視を有効にするかどうか、および監視アクティビティをサポートするために必要な SQL リソースを決定するのに役立ちます。This article will help you determine whether to enable Monitoring during or after your initial Skype for Business Server configuration, and what SQL resources you'll need to support Monitoring activities. 監視対象と監視方法が正確に不明な場合は、「監視に関する基本」に アクセスしてくださいIf you're not sure exactly what is or is not monitored and how monitoring can be helpful, go to Basics about Monitoring. 計画プロセスを開始するには、「監視の要件 を定義する」を参照してくださいTo begin your planning process, go to Define your requirements for monitoring. 監視の要件の詳細SQL、監視のSQL を参照してくださいFor more details on the SQL requirements for monitoring, go to SQL requirements for monitoring.

監視の基本Basics about Monitoring

セッションは、ユーザーが次の接続に接続する一般的な用語です。A session is a generic term for a user's connection to a:

  • ConferenceConference

  • 音声ビデオ、アプリケーション共有などの会議ツールConferencing tool such as Audio/Video or Application Sharing

  • インスタント メッセージングや音声通話などのピアツーピア会話を介した別のユーザーAnother user via a peer-to-peer conversation such as instant messaging or an audio call

注意

Skype for Business Server は、各セッションに関する情報 (誰が誰に電話したのか) を追跡します。セッションで使用されたエンドポイントセッションの最後の期間。セッションの品質が認識されたのは何か。などなど。Skype for Business Server keeps track of information about each session: who called who; which endpoints were used in the session; how long did the session last; what was the perceived quality of the session; and so on. Skype for Business Server は、実際の通話自体を記録および保存しません。Skype for Business Server does not record and store the actual call itself. これには、インスタント メッセージング セッションが含まれます。Skype for Business Server はインスタント メッセージング セッションに関する情報を記録しますが、セッション中に送信された各インスタント メッセージの記録は保持しません。That includes instant messaging sessions: although Skype for Business Server records information about instant messaging sessions, it does not maintain a record of each instant message that was sent during the session.

Skype for Business Server によってセッションごとに収集される基本的な通話の詳細情報は、次の目的で使用できます。The basic call detail information collected by Skype for Business Server for each session can be used for:

  • 投資収益率 (ROI) 分析。Return on Investment (ROI) analysis. 管理者は、コスト削減を示し、Skype for Business Server の展開を正当化するために、使用状況データを以前のテレフォニー システム用に収集された類似のデータと比較できます。Administrators can compare the usage data to similar data collected for their previous telephony system in order to show cost savings and help justify the deployment of Skype for Business Server.

  • デバイス インベントリ管理Device Inventory Management. アセット管理情報は、管理者が交換が必要な古いデバイスを識別し、未使用または未使用の高価なデバイスを特定するのに役立ちます。Asset management information helps administrators identify old devices still in use that need to be replaced, and identify expensive devices that are unused or under-used.

  • ヘルプ デスクHelp Desk. トラブルシューティング データは、サーバー側またはクライアント側のログを収集することなく、サポート エンジニアがユーザーの呼び出しが失敗した理由を判断するのに役立ちます。Troubleshooting data helps support engineers determine why a user's call failed, without having to collect server or client side logs. この情報は、Skype for Business クライアントと Skype for Business Server に関する詳細な技術的知識を持っていないサポート担当者が容易にアクセスして理解できます。This information can be readily accessed and understood by support personnel who do not have a deep technical knowledge of the Skype for Business client and Skype for Business Server.

  • システム トラブルシューティング。管理者は、エンド ユーザーが会議への参加、通話の確立、インスタント メッセージの送信などの基本的なタスクを実行できなくなる主な問題を検出できます。System Troubleshooting. Enables administrators to detect major issues that might prevent end users from performing basic tasks like joining a conference, establishing a call, or sending an instant message.

監視には、管理者がアクセスできないトラブルシューティング情報を SIP エンドポイント (Skype for Business など) が提供できるメカニズムも用意されています。Monitoring also provides a mechanism that allows SIP endpoints (such as Skype for Business) to provide troubleshooting information that the administrator would not otherwise have access to:

  • 品質に影響を与えるメディア 指標Media Metrics that Impact Quality. これらの指標は、通話自体の実際の転送を扱います。ネットワークをまたがって通話を行う場合に、一種のトラベローグを提供します。These metrics deal with the actual transmission of the call itself; they provide a sort of travelogue as the call journeys across the network. これらの指標 (パケット損失、ジッター、ラウンド トリップ時間など) は、一方のユーザーのエンドポイントから相手のエンドポイントに到着した時点まで、通話に何が起こったかについての情報を提供します。These metrics (which include such things as packet loss, jitter, and round trip times) provide information on what happened to the call from the time it left one person's endpoint to the time it arrived at the other person's endpoint.

  • エンド ユーザーにレポートされる問題Issues Reported to the End User. これらの指標には、コンピューター上の別のプログラムが利用可能なリソースを消費しているという理由で、マイクから遠すぎる、声が弱すぎる、ネットワーク接続が悪い、品質が低いなどの場合に、Skype for Business がエンド ユーザーに提示する低品質の通知が含まれます。These metrics include poor quality notifications that Skype for Business presents to end users in cases where they are too far from a microphone, speaking too softly, have a poor network connection, or are experiencing poor quality because another program on the computer is consuming the available resources.

  • 環境情報。これらの指標は、使用されているマイクとスピーカーの種類、ユーザーが VPN 接続経由で接続しているかどうか、ユーザーがワイヤレスで接続しているかどうかなど、通話品質要因の詳細を示します。Environment Information. These metrics detail call quality factors such as the type of microphone and speakers being used, whether the user is connected through a VPN connection, and whether the user is on a wireless connection.

各呼び出しの最後に、SIP 準拠のエンドポイントは、この情報を、呼び出しを容易にしたフロントエンド サーバーに送信します。At the end of each call, SIP-compliant endpoints transmit this information to the Front End server that facilitated the call. エンドポイントを取得してその情報を送信するために何もする必要はありません。この動作は SIP プロトコルに組み込んでおく必要があります。You don't have to do anything to get endpoints to transmit that information; that behavior is built into the SIP protocol. ただし、その情報を収集して保存する場合は、監視をインストールして有効にする必要があります。However, if you want to collect and store that information, then you need to install and enable monitoring. 監視をインストールして有効にした場合、通話情報はフロントエンド サーバー上で実行されているエージェントによって収集され、2 つのサーバー データベースにSQL Serverされます。If you do install and enable monitoring, then call information is gathered by agents running on the Front End server and relayed to a pair of SQL Server databases. 監視サービス ("統合データ収集エージェント" の形式) は、すべてのフロントエンド サーバーに一元的に展開されます。The monitoring service (in the form of "unified data collection agents") is collocated into all Front End servers.

監視の要件を定義するDefine your requirements for monitoring

Skype for Business Server での監視のインストールと構成を開始する前に、いくつかの重要な問題に対処する必要があります。There are still several key issues that should be addressed before you begin to install and configure monitoring with Skype for Business Server:

監視をインストールする場合When do you want to install monitoring? 監視は、Skype for Business Server のインストールと構成と同時にインストールおよび構成できます。Skype for Business Server 展開ウィザードを使用すると、セットアップ中にフロントエンド プールを監視データベースに関連付ける機会が提供されます。Monitoring can be installed and configured at the same time you install and configured Skype for Business Server; the Skype for Business Server Deployment Wizard will provide you with the opportunity to associate your Front End pools with a monitoring database during setup. または、Skype for Business Server 自体のインストール後に監視をインストールすることもできます。これを行う場合は、トポロジ ビルダーを使用してフロントエンド プールとサーバーを監視データベースに関連付け、変更したトポロジを公開します。Alternatively, you can install monitoring after Skype for Business Server itself has been installed; this can be done by using Topology Builder to associate your Front End pools and servers with a monitoring database, and then publishing the revised topology.

監視を展開および構成SQL Server前にインストールおよび構成する必要があります。Keep in mind that SQL Server must be installed and configured before you deploy and configure monitoring. ただし、展開する必要SQL Server必要があります。Skype for Business Server トポロジを公開すると、監視データベースが自動的に作成されます。However, you only need to deploy SQL Server itself; the monitoring databases will be created for you when you publish your Skype for Business Server topology.

監視するデータの種類What type of data do you want to monitor? Skype for Business Server では、通話詳細記録 (CDR) データと QoE (Quality of Experience) データの 2 種類の一般的なデータを監視できます。Skype for Business Server enables you to monitor two general types of data: call detailing recording (CDR) data and Quality of Experience (QoE) data. 通話詳細記録は、ボイス オーバー IP (VoIP) 通話などの Skype for Business Server 機能の使用状況を追跡する方法を提供します。インスタント メッセージング (IM)ファイル転送音声ビデオ (A/V) 会議およびアプリケーション共有セッション。Call detail recording provides a way for you to track the usage of Skype for Business Server features such as Voice over IP (VoIP) phone calls; instant messaging (IM); file transfers; audio/video (A/V) conferencing; and application sharing sessions. この情報は、使用されている Skype for Business Server の機能 (および使用されていない機能) を確認するのに役立ち、これらの機能がいつ使用されるのかについての情報も提供します。This information helps you know which Skype for Business Server features are being used (and which ones are not) and also provides information as to when these features are being used. Quality of Experience データを使用すると、ネットワーク パケットの損失数、バックグラウンド ノイズ、"ジッター" の量 (パケット遅延の違い) など、組織内で行われる音声通話とビデオ通話の品質の記録を維持できます。Quality of Experience data allows you to maintain a record of the quality of audio and video calls made in your organization, including such things as the number of network packets lost, background noise, and the amount of "jitter" (differences in packet delay).

Skype for Business Server で監視を有効にする場合は、CDR 監視と QoE 監視の両方を有効にするか、一方の種類の監視を有効にし、もう一方の種類を無効にすることもできます。If you choose to enable monitoring in Skype for Business Server you can enable both CDR monitoring and QoE monitoring, or you can choose to enable one type of monitoring while leaving the other type disabled. たとえば、ユーザーがインスタント メッセージングとファイル転送だけを使用し、音声またはビデオ通話を行わないとします。For example, suppose your users only use instant messaging and file transfers, and do not make audio or video calls. この場合、QoE 監視を有効にする意味はほとんどありません。In that case, there might be little reason to enable QoE monitoring. 同様に、Skype for Business Server を使用すると、監視の展開後に監視を簡単に有効または無効にできます。Likewise, Skype for Business Server makes it easy to enable and disable monitoring after monitoring has been deployed. たとえば、監視を展開するが、最初は QoE 監視を無効にする場合があります。For example, you might choose to deploy monitoring but initially leave QoE monitoring disabled. ユーザーが音声またはビデオ通話の問題に遭遇し始めた場合は、QoE 監視を有効にし、そのデータを使用してトラブルシューティングとそれらの問題の解決を行います。If your users begin to experience problems with audio or video calls you could then enable QoE monitoring and use that data to help you troubleshoot and resolve those problems.

Skype for Business Server のインストールと Skype for Business Server のインストールと同時に監視をインストールする場合、特に利点 (または欠点) はありません。There is no particular advantage (or disadvantage) to installing monitoring at the same time you install Skype for Business Server vs. installing monitoring after Skype for Business Server has been installed. 注意する必用がある点は、監視をインストールする前に、バックエンドの監視ストアをホストするコンピューターを選択し、そのコンピューターを監視に使用する前に、サポートされているバージョンの SQL Server をそのコンピューターにインストールして構成する必用があるということです。The one point to keep in mind is that, before you install monitoring, you must select a computer to host the backend monitoring store, and a supported version of SQL Server must be installing and configured on that computer before that computer can be used for monitoring. コンピューターにSQL Serverインストール済みで、そのコンピューターを使用する準備ができている場合は、Skype for Business Server をインストールすると同時に監視をインストールできます。If you have already installed SQL Server on a computer and that computer is ready for use then you can install monitoring at the same time you install Skype for Business Server. バックエンド コンピューターの準備ができていない場合は、Skype for Business Server をそれ自体でインストールし、バックエンド コンピューターを使用する準備ができたときに監視をインストールできます。If you do not have a backend computer ready then you can proceed to install Skype for Business Server by itself, then install monitoring whenever the backend computer is ready for use.

必要なバックエンド監視データベースの数How many backend monitoring databases do you need? 監視とアーカイブの両方のデータベースが 240,000 の Skype for Business Server ユーザーをサポートできると推定されました。It was estimated that a collocated database for both monitoring and archiving could support 240,000 Skype for Business Server users). さらに、1 つの監視データベースを複数のフロントエンド プールで使用できます。組織内に 3 つのフロントエンド プールがある場合は、これらの 3 つすべてのプールを同じバックエンド ストアに関連付ける可能性があります。In addition, a single monitoring database can be used by multiple Front End pools; if you have three Front End pools in your organization then you could associate all three of those pools with the same backend store.

多くの組織では、必要なバックエンド監視データベースの数を決定する際に、データベース容量が決め手になるのではありません。For many organizations, database capacity will not be the deciding factor when determining the number of backend monitoring databases that will be required. 代わりに、より重要な考慮事項はネットワーク速度である可能性があります。Instead, a more important consideration could be network speed. 3 つのフロントエンド プールがあるが、そのうちの 1 つが低速のネットワーク接続を越えて位置している場合を考えてみる。Suppose you have three Front End pools, but one of those pools is located across a slow network connection. その場合は、2 つの監視データベースを使用できます。1 つのデータベースは、良好なネットワーク接続を持つ 2 つのプールにサービスを提供し、別のデータベースを使用して低速のネットワーク接続でプールにサービスを提供します。In that case, you might want to use two monitoring databases: one database to service the two pools with the good network connection, and a separate database to service the pool with the slower network connection.

また、Skype for Business Server がミラー データベースの使用をサポートする場合も考慮する必要があります。You should also take into account that Skype for Business Server supports the use of mirror databases. 「データベース ミラーリング」を使用すると、データベースの 2 つのコピーを、それぞれ別のサーバー上で同時に保持することができます。"Database mirroring" provides a way for you to simultaneously maintain two copies of a database, with each database residing on a different server. データがプライマリ データベースに書き込まれるたびに、同じデータがミラー データベースに書き込まれます。Any time data is written to a primary database that same data is also written to the mirror database. プライマリ データベースに障害が発生した場合、または使用できなくなった場合は、単純な Skype for Business Server PowerShell コマンドを使用してミラー データベースに "フェールオーバー" できます。If the primary database should fail or otherwise become unavailable, you can "fail over" to the mirror database by using a simple Skype for Business Server PowerShell command. 次に例を示します。For example:

Invoke-CsDatabaseFailover -PoolFqdn atl-cs-001.litwareinc.com -DatabaseType "Monitoring" -NewPrincipal "Mirror"

これが重要なのは、ミラーリングでは、必要なデータベースの数が 2 倍になるからです。This is important for planning purposes simply because mirroring will require you to double your required number of databases: in addition to each primary database you will need a second database to act as the mirror.

Skype for Business Server サイトには独自のカスタム監視構成が必要ですか?Do your Skype for Business Server sites need their own custom monitoring configurations? Skype for Business Server をインストールすると、CDR および QoE 構成設定のグローバル コレクションもインストールされます。これらのグローバル コレクションを使用すると、組織全体に同じ CDR および QoE 設定を適用できます。When you install Skype for Business Server you also install global collections of CDR and QoE configuration settings; these global collections give you the ability to apply the same CDR and QoE settings to your entire organization. 多くの場合、これで十分です。多くの場合、すべてのユーザーに対して CDR 監視を有効にする必要があります。In many cases, this will be sufficient: often-times you will want, say, to have CDR monitoring enabled for all of your users.

ただし、異なるサイトに異なる設定を適用する必要がある場合があります。However, there might also be times when you want to apply different settings to different sites. たとえば、Redmond サイトで CDR と QoE の両方の監視を使用し、Dublin サイトでは CDR 監視のみを使用する場合があります。For example, perhaps you want to use both CDR and QoE monitoring in your Redmond site, but only use CDR monitoring in your Dublin site. 同様に、Redmond サイトでは監視データを 60 日間保持する必要がありますが、この種類のデータは Dublin サイトで 30 日間保持する必要があります。Likewise, you might want to retain monitoring data for 60 days in the Redmond site but only need to maintain this type of data for 30 days in the Dublin site. Skype for Business Server では、サイト スコープで CDR および QoE 構成設定の個別のコレクションを作成できます。これにより、各サイトを異なる方法で管理できます。Skype for Business Server allows you to create separate collections of CDR and QoE configuration settings at the site scope; that enables you to manage each site differently. (これには、監視の有効化と無効化、およびデータの保持期間などの管理設定の構成の両方が含まれます)。(This includes both enabling and disabling monitoring as well as configuring management settings such as how long data is to be retained.)

監視を展開する前、または監視を展開した後、これを決定できることに注意してください。たとえば、監視を展開してから、グローバル設定を使用して組織全体を管理できます。後で変更する場合には、たとえば、Redmond サイト用の設定の別個のコレクションを作成し、これらの設定を使用して Redmond 用の監視を管理します (サイト スコープに適用された設定は、グローバル スコープに適用された設定よりも常に優先されます)。再び変更する場合は、Redmond サイトに適用された構成設定を単に削除します。サイト設定のコレクションを削除すると、設定のグローバル コレクションがそのサイトに自動的に適用されます。Note that you can make this decision before you deploy monitoring or after you deploy monitoring. For example, you can deploy monitoring and then manage the entire organization by using the global settings. If you later change your mind, you can create a separate collection of settings for, say, the Redmond site, and then use those settings to manage monitoring for Redmond. (Settings applied at the site scope always take precedence over settings applied at the global scope.) If you change your mind again, you can simply delete the configuration settings applied to the Redmond site. When a collection of site settings is removed then the global collection of settings will automatically be applied to that site.

SQLの要件SQL requirements for monitoring

監視を有効にすると、統合データ収集エージェントが各フロントエンド サーバーに自動的にインストールされ、アクティブ化されます。The unified data collection agents are automatically installed and activated on each Front End server when you enable Monitoring. サポートされているバージョンの SQL Serverその他の詳細については、「Skype for Business Server 2015のサーバー要件」を参照してください。For supported versions of SQL Server and other details, see Server requirements for Skype for Business Server 2015

監視データは、他の種類SQL Serverデータインスタンスを共有できます。Monitoring data can share a SQL Server instance with other types of data. 通常、通話詳細記録データベース (LcsCdr) と Quality of Experience データベース (QoEMetrics) は、同じ通話詳細記録データベースSQLします。また、2 つの監視データベースがアーカイブ データベース (LcsLog) SQL同じインスタンスに含まれます。Typically, the call detail recording database (LcsCdr) and the Quality of Experience database (QoEMetrics) share the same SQL instance; it is also common for the two monitoring databases to be in the same SQL instance as the archiving database (LcsLog). インスタンスの実際の要件SQL Server、インスタンスの 1 つのインスタンスSQL Server以下に制限されます。About the only real requirement with SQL Server instances is that any one instance of SQL Server is limited to the following:

  • Skype for Business Server 2015 バックエンド データベースの 1 つのインスタンス。One instance of the Skype for Business Server 2015 backend database. (一般に、監視データベースをバックエンド データベースと同じ SQL インスタンスに、または同じコンピューターに同じコンピューター上に同時に表示する方法は推奨されません。(As a general rule, it is not recommended that your monitoring database be collocated in the same SQL instance, or even on the same computer, as the backend database. 技術的には可能ですが、監視データベースがバックエンド データベースに必要なディスク領域を使い切るリスクがあります)。Although technically possible, you run the risk of the monitoring database using up disk space needed by the backend database.)

  • 通話詳細記録データベースの 1 つのインスタンス。One instance of the call detail recording database.

  • Quality of Experience データベースの 1 つのインスタンス。One instance of the Quality of Experience database.

  • アーカイブ データベースの 1 つのインスタンス。One instance of the archiving database.

つまり、LcsCdr データベースの 2 つのインスタンスを同じインスタンスの lcsCdr データベースに含SQL Server。In other words, you can't have two instances of the LcsCdr database in the same instance of SQL Server. LcsCdr データベースの複数のインスタンスが必要な場合は、複数の LcsCdr データベース インスタンスを構成SQL Server。If you need multiple instances of the LcsCdr database then you need to configure multiple instances of SQL Server.

関連項目See also

監視の展開Deploying Monitoring