Skype for Business Server でのビデオ相互運用サーバーの計画Plan for Video Interop Server in Skype for Business Server

概要: Skype for Business Server をサードパーティの電話会議デバイスと統合する計画を立てながら、このトピックを確認してください。Summary: Review this topic while planning to integrate Skype for Business Server with third-party teleconferencing devices.

Skype for Business Server では、特定のサード パーティ VTC (ビデオ会議システム) ソリューションと統合できます。Skype for Business Server now allows you to integrate with certain third-party VTC (Video Teleconferencing System) solutions. このビデオ会議の相互運用性を有効にする新しいサーバーの役割は、ビデオ相互運用サーバー (VIS) です。現在、オンプレミスインストールでのみ使用できるスタンドアロン サーバーの役割として実装されています。The new server role that enables this video conferencing interoperability is the Video Interop Server (VIS), which is currently implemented as a standalone server role available only for on-premises installations. VIS は、サードパーティの電話会議システムと Skype for Business Server 展開の仲介者として機能します。A VIS acts as an intermediary between a third party teleconference system and a Skype for Business Server deployment. このリリースでは、VIS は Cisco/Tandberg ビデオ システムとの相互運用性に重点を置いされています。For this release, VIS is focused on interoperability with Cisco/Tandberg video systems. この記事を確認して、Skype for Business Server インストールでこの機能を使用するかどうかを決定します。Review this article to determine whether to use this feature in your Skype for Business Server installation.

デバイスの相互運用性Device interoperability

相互運用は、Cisco Unified Communications Manager (CallManager または CUCM) バージョン 10.5 および CUCM と VIS の間にセットアップされた TCP SIP トランクに登録された Cisco VTC でテストおよびサポートされます。Interoperation is tested and supported with Cisco VTCs registering with Cisco Unified Communications Manager (CallManager, or CUCM) version 10.5 and TCP SIP trunks set up between CUCM and the VIS.

現在サポートされている VTC は次のとおりです。The currently supported VTCs are:

  • Cisco C40Cisco C40

  • Cisco C60Cisco C60

  • Cisco C90Cisco C90

  • Cisco MX200Cisco MX200

  • Cisco MX300Cisco MX300

  • Cisco DX80Cisco DX80

  • Cisco EX60Cisco EX60

  • Cisco EX90Cisco EX90

  • Cisco SX20Cisco SX20

注意

Skype for Business Server との統合が期待通り動作するには、これらのシステムで Cisco ソフトウェア リリース TC7.0.0 以上が必要です。Cisco software release TC7.0.0 or above is required on these systems for integration with Skype for Business Server to work as expected.

SIP トランクSIP trunks

ビデオ相互運用サーバーは SIP トランク モードで機能します。このモードでは、VTC は既存の Cisco インフラストラクチャ (Cisco Call Manager (CUCM) など) に引き続き登録されます。The Video Interop Server functions in SIP trunk mode, where the VTCs continue to register with the existing Cisco infrastructure - for example, Cisco Call Manager (CUCM). ビデオ SIP トランクは CUCM と VIS の間で定義され、2 つのシステム間で通話をルーティングできます。A video SIP trunk is defined between CUCM and the VIS so that calls can be routed between the two systems. VTC から VIS への SIP トランクの呼び出しだけがサポートされます。Only calls over the SIP trunk from the VTC to the VIS are supported. したがって、(Call Automated Attendant に関連付けられた電話番号をダイヤルして) SKYPE for Business 会議にダイヤルインできますが、電話会議にドラッグ アンド ドロップすることはできません。Thus, VTCs can dial into a Skype for Business conference (by dialing the phone number associated with the Call Automated Attendant), but cannot be dragged and dropped into the conference.

SfB の VIS の図

機能Features

このサーバーの役割は、次の機能を提供します。This server role provides:

  • サードパーティ製のビデオ システムで使用される H.264 形式と Skype for Business Server 展開間の変換。Conversion between the H.264 formats used by 3rd party video systems and the Skype for Business Server deployment.

  • VTC からの特定の解像度での単一のビデオ ストリームを、Skype for Business Server 展開で使用するために異なる解像度の複数のシマルチキャスト ストリームに変換します。Conversion of a single video stream at a given resolution from a VTC into multiple simulcast streams of different resolutions for use in the Skype for Business Server deployment. これらのストリームは、AVMCU に送信してから、異なる解像度を要求した Skype for Business Server エンドポイントや他のビデオ システムに送信できます。These streams can be sent to the AVMCU and then to Skype for Business Server endpoints and other video systems that have requested different resolutions. この変換は、サード パーティ製のビデオ システムが Skype for Business の A/V 電話会議に参加する場合にも使用されます。This conversion is also used when the third party video system is involved in a Skype for Business A/V conference call. 特定の VIS サーバーでコード変換の制限に達すると、次に示すさまざまな解像度の要求は、最も低い解像度のストリームのみを受け取ります。Once the transcoding limit is reached in a particular VIS server, any following requests for different resolutions will only receive a stream with the lowest resolution.

  • CUCM ゲートウェイと Skype for Business Server ビデオ相互運用サーバー間のビデオ SIP トランクのサポートVTC は引き続き Cisco ゲートウェイに登録し、ゲートウェイを介して Skype for Business 展開への通話を開始します。Support for a video SIP trunk between the CUCM gateway and a Skype for Business Server Video Interop Server; VTCs continue to register with the Cisco gateway, and initiate calls to the Skype for Business deployment through the gateway. 通話は、ゲートウェイからビデオ SIP トランクを経由して Skype for Business ビデオ相互運用サーバーにルーティングされます。Calls are routed from the gateway to the Skype for Business Video Interop Server over the video SIP trunk.

  • サポートされているビデオ システムを備えた会議室のユーザーが、そのシステムからダイヤルして、開いている会議または閉じている会議に参加できます。Support for a user in a conference room with a supported video system to dial from that system to join an open or closed conference. この呼び出しは、ビデオ SIP トランクをスキャンします。This call will traverse the video SIP trunk.

  • Skype for Business クライアントを呼び出すビデオ システムがサポートされている会議室内のユーザーのサポート。Support for a user in a conference room with a supported video system to call a Skype for Business client. 呼び出しは SIP トランクを通過します。The call will traverse the SIP trunk.

  • 音声のミュート/ミュート解除、ビデオの一時停止/再開、ビデオのロック、通話の保留/保留解除などのポイント間通話とマルチポイント通話の両方について、Skype for Business Server 側またはサポートされている VTC システムからの通話中の制御のサポート。Support for mid-call control from the Skype for Business Server side or from the supported VTC system for both point to point and multipoint calls including mute/un-mute audio, pause/resume video, lock video, and hold/un-hold call.

既知の制限Known limitations

このサーバーの役割には、次の制限があります。This server role has the following limitations:

  • Skype for Business 展開からビデオ SIP トランク経由の VTC への新しい通話はサポートされていません。New calls from the Skype for Business deployment to the VTCs over the video SIP trunk are not supported. .. つまり、ビデオ SIP トランク経由でサポートされているのは、VTC から Skype for Business 展開への新しい呼び出しのみです。This means that only new calls from the VTCs into the Skype for Business deployment are supported over the video SIP trunk. サポートされているビデオ システムのプレゼンスは、ビデオ SIP トランクを使用して VIS に対して使用できません。Presence for the supported video system will not be available over the video SIP trunk to the VIS.

  • ビデオ SIP トランク モードでは、スタンドアロンの VIS プールだけがサポートされます。Only a standalone VIS pool will be supported for video SIP trunk mode.

  • ビデオ SIP トランクを使用した VTC と VIS の間の通信では、TLS + SRTP または TCP + RTP がサポートされます。TLS + SRTP or TCP + RTP will be supported for communications between the VTC and VIS over the video SIP trunk.

  • アプリケーション共有はサポートされていません。Application sharing is not supported. 会議室の Skype for Business ユーザーは、Skype for Business 会議に参加し (ノート PC など)、VTC に関連付けされていない会議室のいずれかの無料モニターにアプリ共有画面を表示する必要があります。A Skype for Business user in the conference room needs to join the Skype for Business conference (via a laptop for example) and display the app sharing screens on one of the free monitors in the conference room not associated with the VTC.

  • VTC が VIS を介してフェデレーション会議に参加する機能はサポートされていません。The ability for a VTC to join a federated meeting via VIS is not supported.

  • VTC が VIS を介してオンライン会議に参加する機能はサポートされていません。The ability for a VTC to join an online meeting via VIS is not supported.

  • VTC から VIS 経由の PSTN への通話はサポートされていません。Calls from a VTC to the PSTN via VIS are not supported.

  • PSTN から VIS 経由の VTC への通話はサポートされていません。Calls from the PSTN to a VTC via VIS are not supported.

復元メカニズムResiliency mechanisms

VIS は、ビデオ SIP トランクを引き継ぐ CUCM からの着信呼び出しをサポートします。The VIS supports incoming calls from a CUCM that are carried over a video SIP trunk. アップストリームまたはダウンストリームのどちらかの接続を失う可能性があります。したがって、堅牢な回復性を得る上で、次の両方の可能性を考慮してください。It's possible to lose connectivity either upstream or downstream, so for robust resiliency consider both possibilities:

  1. VIS プールフェールオーバー ビデオ ゲートウェイがポイントするメイン VIS プールがダウンしている場合、ビデオ ゲートウェイが 2 つ以上の VIS プールにトランクを定義している場合、回復が可能です。VIS Pool Failover If the main VIS pool that the video gateway points to is down, recovery is possible if the video gateway has defined trunks to two (or more) VIS pools. ビデオ ゲートウェイがプライマリ VIS プールに通話できないと判断した場合は、単に通話をセカンダリ VIS プールにルーティングします。If the video gateway determines it cannot make calls to the primary VIS pool, it simply routes the calls to a secondary VIS pool.

    VIS プールのフェールオーバーの図

    特定の VIS プールは複数のゲートウェイへのトランクを持つ場合がありますが、通常、特定のゲートウェイは複数の VIS プールへのトランクを持てないので、このフェールオーバーをサポートするには、2 つの FDQN を DNS で定義する必要があります。これは、ビデオ ゲートウェイの同じ IP アドレスに解決されます。A particular VIS pool can have trunks to multiple gateways, but normally a particular gateway can't have trunks to multiple VIS pools, so a trick needs to be done to support this failover: Define 2 FDQNs in DNS which resolve to the same IP address of a video gateway. 各ビデオ ゲートウェイが異なる VIS プールへのトランクを持ち、回復が可能なトポロジ ドキュメントで、各 FQDN を個別のビデオ ゲートウェイとして表します。Represent each FQDN as a separate video gateway in the Topology Document where each video gateway has a trunk to a different VIS pool, and recovery is now possible. (TLS を使用する場合は、複数の名前がビデオ ゲートウェイ証明書の SAN にある必要があります)。(If TLS is used, the multiple names will need to be in the SAN of the video gateway certificate.)

    注意

    VIS では、トポロジ ドキュメントで構成されたゲートウェイからの着信のみを許可します。VIS only allows incoming calls from gateways configured in the Topology Document.

  2. フロントエンドフェールオーバー VIS プールが CUCM から通話を受信したが、プライマリの次ホップ レジストラーまたはフロントエンド プールに到達できない場合、通話はバックアップ フロントエンド プールにルーティングされます。Front End failover If a VIS pool receives a call from CUCM but cannot reach its primary next-hop Registrar or Front End pool, calls are routed to a backup Front End pool.

    フロントエンド フェールオーバーの図

    VIS は、プライマリ フロントエンド プールとそのバックアップ フロントエンド プールの状態を追跡します (この設定は、トポロジ ドキュメントのレジストラー サービスのバックアップ設定にあります)。The VIS will keep track of the status of its primary Front End pool and its backup Front End pool (the setting is found in the backup setting for the Registrar service in the Topology Document). オプション ポーリングは、1 分に 1 回、両方のプールに送信され、連続して 5 回エラーが発生した場合、VIS は特定のフロントエンド プールがダウンしたと見なします。It sends Options polls once a minute to both pools, and if there are five consecutive failures the VIS assumes that a particular Front End pool is down. プライマリ フロントエンド プールがダウンとしてマークされ、利用可能な構成済みのバックアップがある場合、VIS はゲートウェイからバックアップ フロントエンド プールに新しい呼び出しを送信します。If the primary Front End pool is marked as down and there is an available configured backup the VIS sends new calls from the gateway to the backup Front End pool. プライマリ フロントエンド プールが戻ると、VIS はプライマリ フロントエンド プールを使用して新しい通話を再開します。Once the primary Front End pool comes back, the VIS will resume using the primary Front End pool for new calls.

    VIS は、ビデオ SIP トランクからの呼び出しに 10 秒のタイマーも実装します。The VIS will also implement a 10 second timer for calls from the video SIP trunk. プライマリ次ホップ フロント エンド プールがビデオ SIP トランクからの通話に使用され、プライマリ次ホップ フロント エンド プールが、このタイマー値内で送信された招待に対する一部の SIP メッセージ (100 を含む) で応答しなかった場合は、通話のバックアップの次ホップ プロキシが構成されている場合に試みる必要があります。If the primary next-hop Front End pool was used for a call from the video SIP trunk, and the primary next-hop Front End pool did not answer with some SIP message (including 100 Trying) to the Invite sent to it within this timer value, the backup next-hop proxy for the call should be tried if configured.

    注意

    バックアップの次ホップが最初に試みらた場合、プライマリは次に試みらなされます。If the backup next hop was tried first, the primary will not be tried next.

    管理者は、プライマリ フロントエンド プールでメンテナンスを実行する必要がある場合など、Windows PowerShell フェールオーバー コマンドを使用して VIS にバックアップ フロントエンド プールを強制的に使用することもできます。The admin could also use the Windows PowerShell failover command to force VIS to use the backup Front End pool, for example, when maintenance has to be performed on the primary Front End pool.

同じゲートウェイ ピアへの音声トランクとビデオ トランクの同時使用Co-existence of Voice and Video Trunks to the Same Gateway Peer

Skype for Business Server では、音声とビデオの SIP トランクで同じゲートウェイ ピアを使用できます。Skype for Business Server supports having voice and video SIP trunks use the same gateway peer. したがって、同じ CUCM 展開で、仲介サーバーへの音声 SIP トランクと VIS へのビデオ SIP トランクを使用できます。So the same CUCM deployment could have voice SIP trunks to the Mediation Server and video SIP trunks to VIS.

  • PSTN ゲートウェイは、音声 SIP トランクのトポロジ ドキュメントで特定の FQDN で定義する必要があります。A PSTN Gateway will need to be defined with a particular FQDN in the Topology Document for the voice SIP trunks.

  • PSTN ゲートウェイへのピアが仲介サーバーになります。The peer to the PSTN Gateway will be the Mediation Server.

  • 必要に応じて、PSTN ゲートウェイから複数の仲介サーバー プールに及ぶ複数の音声トランクを定義できます。Multiple voice trunks can be defines spanning from a PSTN Gateway to multiple Mediation Server pools if necessary.

  • ビデオ ゲートウェイは、PSTN ゲートウェイと同じ FQDN を持つビデオ SIP トランクのトポロジ ドキュメントで定義する必要があります。A Video Gateway will need to be defined in the Topology Document for the video SIP trunk with the same FQDN as for the PSTN Gateway.

  • ビデオ ゲートウェイへのピアは VIS です。The peer to the Video Gateway will be VIS.

  • 1 つのビデオ トランクをビデオ ゲートウェイから特定の VIS プールに定義できます。A single video trunk can be defined from a Video Gateway to a particular VIS pool.

  • CUCM は、音声トランクとビデオ トランクを正しくルーティングするように構成する必要があります。CUCM will need to be configured to correctly route calls over the voice trunk vs. the video trunk. たとえば、VTC からダイヤルするときに特殊なダイヤル プレフィックスを使用できます。CUCM は、このダイヤル プレフィックスを VIS への呼び出しに関連付け、適切な変換ルールによってこのプレフィックスが VIS への SIP 招待から削除されます。For example, a special dial prefix could be used when dialing from the VTC; CUCM could associate this dial prefix with calls to VIS, and appropriate translation rules would strip this prefix from the SIP Invite to VIS.

Skype for Business リリースでの VIS と Lync の以前のリリースとの関連付けCo-existence of VIS in the Skype for Business Release with Previous Releases of Lync

VIS は、Skype for Business 展開の一部としてのみ展開できます。VIS can only be deployed as part of Skype for Business deployment. 既存の展開の一部である Lync 2013 会議およびクライアントと相互運用できます。このような場合、VIS プールは、VIS プールの次ホップであるレジストラー/FE プールを含む Skype for Business 展開の一部である必要があります。It can interoperate with Lync 2013 conferences and clients that are a part of an existing deployment; in those cases, the VIS pool will need to be part of a Skype for Business deployment that includes a Registrar/FE pool that is the next-hop for the VIS pool.

VIS では、RTV と H.264 の間のコード変換はサポートされていません。VIS does not support transcoding between RTV and H.264. 会議に参加する Lync 2013 より前のクライアントと VTC 参加者の間には、ビデオの相互運用性はありません。There is no video interoperability between pre-Lync 2013 clients and VTC participants in a conference.

会議に Lync 2013 より前のクライアントがある場合、モバイル クライアントは RTV を使用して送信し、その結果、モバイル クライアントが優先スピーカーになると、ビデオを受信しません。Having pre-Lync 2013 clients in a conference will cause mobile clients to send using RTV resulting in VTCs receiving no video when the mobile client becomes the dominant speaker.

Lync 2013 が Skype for Business 展開の一部である VIS と正しく動作するには、Lync 2013 が VIS と動作するように Lync 2013 クライアント、CAA、および AVMCU をアップグレードする適切な CU を適用する必要があります。In order for Lync 2013 to work correctly with VIS that is part of a Skype for Business deployment, Lync 2013 needs the appropriate CU to be applied that upgrades the Lync 2013 client, CAA, and AVMCU to work with VIS.

VIS と Lync 2013 および Skype for Business デスクトップ クライアントとの相互運用性はテスト済みで、サポートされています。Interoperability of VIS with Lync 2013 and Skype for Business desktop clients has been tested and is supported.

VIS とデスクトップ以外との相互運用性 (Android、Ipad、Iphone、Windows Phone、LMX など)VIS リリース時に該当するアプリ ストアから利用できる Skype for Business クライアントはテスト済みで、サポートされています。Interoperability of VIS with non-desktop (Android, Ipad, Iphone, Windows Phone, LMX, etc.) Skype for Business clients available from the applicable Apps Store at the time of VIS release has been tested and is supported.

FEC によるパケット損失からの回復Recovery from Packet Loss via FEC

FEC をオンにすると、パケット損失からの回復を支援できます。FEC can be turned on to aid in recovery from packet loss. オンにすると、VIS から VTC 方向に 50% 多くのビデオ帯域幅が使用されます。If turned on, 50% more video bandwidth will be used in the VIS to VTC direction.

VIS のサイズ変更とコード変換のコストVIS Sizing and Transcoding Costs

Cisco VTC から複数のサイマルチ キャスト ストリームへの単一のビデオ ストリームのコード変換では、CPU 容量が使用されます。Transcoding the single video streams from the Cisco VTC to multiple simulcast streams uses CPU capacity. Lync 2013 の推奨 FE プラットフォームと同等の動作をしている単一の VIS で、約 16 台の VTC でビデオをコード変換できます (各 VTC からの 720p ビデオ ストリームが 720p、360p、180p の 3 つの別々のサイプルキャスト ストリームにコード変換されている場合)。Approximately 16 VTCs can have their video transcoded (assuming a 720p video stream from each VTC is transcoded into 3 separate simulcast streams at 720p, 360p, and 180p) in a single VIS running on the equivalent of the Lync 2013 recommended FE platform. コード変換をオフにすると、VIS CPU が節約されます。If Transcoding is turned off, this will save on VIS CPU. ただし、VTC から VIS によって要求されたビデオ 画像は、Skype for Business 側のすべての受信者を満たすために最も低い共通解像度になります。However, the video image requested by VIS from the VTC will be the lowest common resolution to satisfy all receivers on the Skype for Business side. コード変換をオフにした場合でも、Skype for Business クライアントが、VTC が送信できない低解像度を要求すると、コード変換がアクティブ化される可能性があります。Note that even with transcoding off, transcoding may be activated when Skype for Business clients request certain low resolutions that VTCs cannot send.

ビデオ ゲートウェイから VIS への通話の配布Call Distribution from the Video Gateway to VIS

配信は、CUCM 配布メカニズムのいずれかを使用して行います。Distribution is accomplished via one of the CUCM distribution mechanisms:

  • DNS を動的に使用します。Dynamically using DNS.

  • CUCM 側では、VIS プール内の異なるサーバーで各トランクが終了する個々のトランクを定義できます。On the CUCM side, you can define individual trunks, where each trunk terminates on a different server in the VIS pool. CUCM は、異なるトランク間で通話をルーティングします。CUCM will route calls across the different trunks.

ハイブリッド相互運用性なしNo Hybrid Interoperability

オンプレミス VIS を介してオンライン会議に参加する VTC のサポートは、Skype for Business の一部ではありません。Support for VTCs joining online meetings via on-premises VIS is not part of Skype for Business.

フェデレーションのサポートなしNo Federation Support

VIS を介してフェデレーション会議に参加する VTC のサポートは、Skype for Business の一部ではありません。Support for VTCs joining federated meetings via VIS is not part of Skype for Business.

関連項目See also

Skype for Business Server でのビデオ相互運用サーバーの展開Deploy Video Interop Server in Skype for Business Server