Exchange ユニファイド メッセージングの移行サポートExchange Unified Messaging Online migration support

重要

Exchange Online のユニファイドメッセージングサービスは、2020年2月28日の午後太平洋時間にサポートされていません。すべてのボイスメールアカウントは、Microsoft によってクラウドボイスメールサービスに移行されました。残りの自動応答トラフィックは監視されず、いつでも中断する可能性があります。The Unified Messaging service in Exchange Online is out of support as of February 28, 2020, 5 PM Pacific Time. All voicemail accounts have been migrated to Cloud Voicemail service by Microsoft. Any remaining auto attendant traffic won't be monitored and might be disrupted at any time.

2019年2月8日の アナウンス への参照では、Microsoft は2020年2月28日に Exchange ユニファイドメッセージング Online (ExchUMO) サービスを廃止しています。In reference to the announcement on February 8, 2019, Microsoft is retiring the Exchange Unified Messaging Online (ExchUMO) service by February 28, 2020. この記事では、影響を受けるお客様がビジネス継続性を計画する際に知っておく必要がある事項について概要を示します。This article offers a summary of what affected customers should know and do to plan for their business continuity.

ExchUMO は、ボイスメール、自動応答、通話キュー、および fax 統合サービスのお客様によって展開されます。ExchUMO is deployed by customers for voicemail, auto attendant, Call Queue, and fax integration services. Microsoft は、お客様が Skype for Business Online および Microsoft Teams で数千の顧客をサポートしている電話システムサービスへの移行を支援する計画を立てています。Microsoft plans to help customers migrate to Phone System services that already support thousands of customers on Skype for Business Online and Microsoft Teams.

ボイスメールは、主に Microsoft による移行です。お客様のサブセットについては、管理者の関与や投資が必要になる場合があります。Voicemail is primarily a Microsoft-driven migration; admin involvement and/or investment might be required for a subset of customers. 自動応答は、管理者主導の移行です。クラウド自動応答クラウドサービスで既存の ExchUMO 自動応答ツリーを再作成する必要があります。Auto attendant is an admin-driven migration; you will need to re-create the existing ExchUMO auto attendant trees in the Cloud Auto Attendant cloud service. サードパーティの PBX で任意の操作を使用しているお客様は、サードパーティの PBX システムをサポートしていないため、Skype cloud services に移行されません。Customers who consume any of the ExchUMO features with a third-party PBX will not be migrated to Skype cloud services because they do not support third-party PBX systems. このブログでは、サードパーティサポートのための定年予定が発表されました。この展開モデルのお客様は、ユーザーを Microsoft の統合コミュニケーションプラットフォーム/サービスの1つに移行することも、サードパーティ製のボイスメールまたは自動応答ソリューションを取得することもできます。A retirement plan for third-party support was announced in this blog, and customers in this deployment model can migrate their users to one of Microsoft’s Unified Communications platforms/services or acquire a third-party voicemail and/or auto attendant solution for these users. Fax 統合は、クラウドベースのサービスではサポートされていません。お客様は、サードパーティ製のソリューションに移行する必要があります。Fax integration is not supported in the cloud-based services; customers will need to migrate to a third-party solution.

影響を受けるユーザーWho is affected?

Exchange ユニファイドメッセージングオンラインサービスの次の機能のいずれかを使用しているお客様は影響を受けます。Customers using any of the following features from the Exchange Unified Messaging Online service are affected:

  • ボイスメールサービスVoicemail service
  • 自動応答サービスAuto Attendant service
  • 呼び出しキューサービスCall Queue service
  • Fax 統合Fax integration

注意

オンプレミスの Exchange Server をユニファイドメッセージングで使用しているお客様は影響を受けません。Customers who are using any of the Exchange Server on-premises with Unified Messaging are not affected.

ユーザーと管理者がユーザーに及ぼす 影響についての詳細を確認してください。Learn more about the user and admin experience impact in User experience impact.

移行計画の概要Migration plan overview

Microsoft は、独自の機能を使用しているさまざまな顧客展開を特定し、次のプランに基づいてお客様を移行することを支援しています。Microsoft has identified various customer deployments that are consuming features from ExchUMO and will be helping customers migrate based on the following plan.

顧客グループCustomer group タイムラインTimeline 詳細Details
移行の準備ができているお客様Customers who are ready to migrate

移行する機能:Features to migrate:
  • ボイスメールVoicemail
3月-2019 年5月March — May 2019 例:Examples:
  • シンプルなボイスメールの展開と使用状況を持つお客様Customers with simple voicemail deployment and usage
  • 移行を実行するために Microsoft に対して確立されたすべての要件を持つお客様Customers that have all requirements established for Microsoft to execute the migration
    前提条件を持つお客様Customers with prerequisites

    移行する機能:Features to migrate:
    • ボイスメールVoicemail
    • 自動応答Auto attendant
    • 呼び出しキューCall Queue
    5月2019日May — December 2019 例:Examples:
    • ハイブリッド構成が完了していませんHybrid configuration is not complete
    • ハイブリッド PSTN 番号が設定されていないHybrid PSTN numbers are not set up
    お客様の投資 & 管理者の関与を必要とするお客様Customers who require admin involvement & customer investment

    移行する機能:Features to migrate:
    • voicemailvoicemail
    • 自動応答Auto attendant
    • 呼び出しキューCall Queues
    • Fax 統合Fax integration
    2020年2月までにBy February 2020 例:Examples:
    • ExchUMO サービスは、サードパーティの PBX によって使用されています。ExchUMO service is consumed by third party PBX
    • PSTN サブスクライバーアクセスの要件を持つお客様Customers with PSTN Subscriber Access requirements
    • SFB 2010 (未サポート) のお客様Customers on SFB 2010 (not-supported)
    • Fax 統合Fax integration

    ボイスメール移行のガイドラインVoicemail migration guidelines

    情報を入手するGet informed

    ユーザーにとってスムーズな移行を計画するには、 ブログのアナウンス とこの記事をよくお読みください。Familiarize yourself with the blog announcement and this article to plan a smooth migration for your users. 電話システムのボイスメール機能の詳細については、「 Skype For business ボイスメールとオプションを確認 する」を参照してください。See Check Skype for Business voicemail and options for details on the Phone System Voicemail capabilities.

    Skype for Business ハイブリッドトポロジを確立するEstablish a Skype for Business hybrid topology

    Skype for Business ハイブリッドトポロジが確立されていない場合は、これを実行してボイスメールユーザーをスムーズに移行できるようにする必要があります。If you do not have a Skype for Business hybrid topology established, you need to do that to enable a smooth migration of your voicemail users. 詳細については、「 Skype For business ハイブリッドの構成 」を参照してください。See Configure Skype for Business hybrid for more details.

    注意

    ボイスメールサービスの移行のためにユーザーをオンラインで移行する必要はありません。You do not need to migrate your users online for the voicemail service migration. ただし、オンプレミスのユーザーが電話システムのボイスメールサービスを利用するには、ハイブリッドトポロジを確立する必要があります。However, for on-premises users to leverage Phone System voicemail service, a hybrid topology must be established.

    自動応答の移行を計画するPlan your auto attendant migration

    管理者は、いつでも、ExchUMO からクラウドの自動応答への自動応答の移行を開始できます。Admins can start migrating their auto attendants from ExchUMO to the Cloud auto attendant at any time. 詳細について は、「クラウド自動応答をセットアップする 」を参照してください。See Set up a Cloud auto attendant for more details.

    Microsoft は、お客様が移行に必要と思われる追加の自動応答機能を引き続き提供しています。Microsoft continues to deliver additional auto attendant capabilities that customers might consider required for their migration. 管理者は、機能セットを評価し、それに応じて自動応答インスタンスを移行する必要があります。Admins should evaluate the feature set and migrate their auto attendant instances accordingly. 機能リストの比較については、「 Exchumo And Azure クラウドベースのサービス機能マトリックス」を参照してください。For a feature-list comparison, see the ExchUMO and Azure cloud-based services feature matrix.

    移行後の検証とテストの計画Plan for your voicemail post-migration validation and testing

    ボイスメールの移行は Microsoft によって行われます。Voicemail migration is Microsoft driven. 前提条件となるハイブリッドトポロジが確立されている場合、管理者は何もする必要はありません。Admins are not required to do anything, given that the pre-requisite hybrid topology is established. Microsoft は、ユーザーのボイスメールの移行が中断されないようにするために必要な検証とテストを行います。Microsoft performs the required validation and testing to make sure users’ voicemail migration is not disrupted. 管理者は、自分の側でテストと検証を行うことをお勧めします。Admins are encouraged to perform testing and validation on their side. 推奨されるテスト計画については、「提案された テスト計画」および「管理者向けの移行後の検証 」を参照してください。See Suggested test plan and post-migration validation for admins for a recommended test plan.

    注意

    Lync Server 2010 はサポートされていません。Lync Server 2010 is not supported. 2010サーバー展開の場合は、サーバーのアップグレードを計画するか、ユーザーを Microsoft Teams に移行することを検討する必要があります。If you are in a 2010 server deployment, you should plan a server upgrade or consider migrating your users to Microsoft Teams.

    管理者通知センターを監視するMonitor the Admin Notification Center

    管理者通知センターの通知については、詳細とユーザーの移行に関するタイムラインを参照してください。Watch for a notice in the Admin Notification Center with further details and a timeline regarding your users' migration. 通知は、移行期間の少なくとも30日前に送信されます。Notifications are sent at least 30 days before your migration period.

    注意

    ユーザーの移行タイムラインで通知を受信し、業務上重要な理由で移行を延期したい場合は、Microsoft サポートに連絡してください。If you received a notification with your users’ migration timeline and would like to postpone your migration for a business-critical reason, you can do so by contacting Microsoft Support. 2020年2月28日の退職日を超えて移行を延期することはできません。You cannot postpone your migration beyond the retirement date of February 28, 2020. さらに多くの質問があるお客様については、アカウントチームまたは Microsoft サポートにお問い合わせください。For customers who might have more questions, please contact your account team or Microsoft Support. Microsoft 365 または Office 365 をすでに使用しているお客様は、Microsoft 365 管理センターからサポート案件を送信できます。Customers already using Microsoft 365 or Office 365 can submit a support case through the Microsoft 365 admin center.

    計画された移行をオプトインすることを検討するConsider opting in for a planned migration

    CVM への予定されたボイスメールサービスの移行を選択できます。You can opt in for a planned Voicemail service migration to CVM. を有効にする前に、この記事の詳細を確認してください (特に次のセクションを参照してください)。Before opting in, review the details of this article, especially the following sections:

    • 移行手順 (このセクション)Migration steps (this section)
    • ExchUMO および Azure クラウドベースのサービス機能のマトリックスExchUMO and Azure cloud-based services feature matrix
    • ユーザー環境への影響User experience impact

    管理された移行を選択した場合、Microsoft 365 管理ポータルメッセージセンターでは、移行前の30日間の通知を受け取ることはありません。When you choose a managed migration, you will not receive a pre-migration 30-days notification in the Microsoft 365 admin portal message center.

    計画された移行をオプトインするには、管理者の電子メールアドレスから、電子メール要求を cvm@microsoft.com に送信して、次の情報を入力します。To opt in for a planned migration, send an email request from your administrator's email address to cvm@microsoft.com with the following information:

    • 推奨日 (火曜日): 移行 wave は毎週火曜日に実行されます。Preferred date (Tuesdays): migration waves are executed every Tuesday. 12/3/2019 を超えていない火曜日の日付を選択してください。Please select a date on a Tuesday that is not beyond 12/3/2019.

    • テナント ID:32 文字この形式の番号は、0046728c-688 a-4472-a38f-098fec60ac6x です。Tenant ID: 32 characters number in this format 0046728c-688a-4472-a38f-098fec60ac6x. テナント ID は、Microsoft 365 管理ポータルの Azure AD にあるか、または次の PowerShell コマンドレットを使用して見つけることができます。 Get-CsTenant | Select ObjectIdYou can find your tenant ID in the Microsoft 365 admin portal under Azure AD, or using the following PowerShell cmdlet: Get-CsTenant | Select ObjectId

    テナントが正常に移行されると、電子メールの確認が送信されます。You will receive an email confirmation once your tenant is successfully migrated.

    自動応答移行のガイドラインAuto attendant migration guidelines

    Microsoft 365 および Office 365 組織管理者は、Microsoft クラウド自動応答サービスで Exchange UM Online 自動応答を再作成して、オンプレミスの電話番号を、2020年2月28日の Exchange の UMO サービスの退職前に切り替える必要があります。Microsoft 365 and Office 365 organization administrators are required to re-create their Exchange UM Online auto attendants in the Microsoft Cloud Auto Attendant service and switch their on-premises phone numbers to them before the Exchange UMO service retirement date of February 28, 2020. 新しいクラウド自動応答を移行してテストするには、このガイドラインが推奨されています。This is the recommended guideline to successfully migrate and test new Cloud auto attendants. 自動応答の数が多い場合は、 EXCHANGE UM 自動応答をクラウド自動応答移行スクリプトに 使用して、自動応答の一括移行を簡略化できます。If you have a large number of auto attendants, you can use the Exchange UM Auto Attendant to Cloud Auto Attendant Migration scripts to simplify the bulk migration of auto attendants.

    自動応答のセットアップAuto attendant setup

    過去1分の問題を回避し、クラウド自動応答サービスの機能や経験を理解するために、新しい自動応答のセットアップを早い段階で開始することを強くお勧めします。We strongly advise that you start the setup of your new auto attendants early to avoid last minute issues and to get familiar with the functionality and experience of the Cloud Auto Attendant service. 1つ以上のギャップ機能を必要とする自動応答では、展開の準備にギャップ機能を使用できるときに、自動応答を作成してテストすることができます。For auto attendants that require one or more gap features, you can create and test the auto attendants when the gap features are available to prepare for deployment. ギャップ機能の詳細については、 付録を参照してください。For more information about gap features, see the Appendix.

    1. Exchange UMO コマンドレットを使用して、 Get-Umautoアテンダントを使用して既存の自動応答の構成をエクスポートします。Use the Exchange UMO cmdlets to export the configuration of existing auto attendants by using Get-UMAutoAttendant.
    2. Exchange Online の PowerShell で、コマンドレットの export を使用して、案内応答メディアファイル (使用されている場合) をエクスポートし、それを. mp3 形式に変換します。Use the Export-UMprompt cmdlet in Exchange Online PowerShell to export the greeting media files (if used) and convert them to .mp3 format.
    3. Microsoft Teams の管理センターまたは Powershell を使用して自動応答を作成するには、「 クラウド自動 応答を計画する」の手順に従って、 クラウド自動応答を設定 します。Follow the instructions in Plan Cloud auto attendants and Set up a Cloud auto attendant to create auto attendants by using the Microsoft Teams admin center or Powershell.
    4. メニューオプションが変更された場合は、案内応答を確認します。Review your greetings if the menu options changed.
    5. この記事の「 既知の問題 」の「PSTN への自動応答呼び出しの転送」回避策を使用して、応答グループへの転送を構成します。Configure transfers to your response groups by using the "Auto Attendant Call Transfer to PSTN" workaround in the Known issues section of this article.
    6. 新しい自動応答をテストするには、それらを内部で呼び出すか、テスト電話番号を割り当てます。Test the new auto attendants by calling them internally or assigning a test phone number.

    一括Cutover

    1. 電話番号を Exchange UMO 自動応答から新しい自動応答に切り替えます。Switch your phone numbers from Exchange UMO auto attendants to the new auto attendants.
    2. SIP URI を連絡先オブジェクトからリソースアカウントに移動します。Move the SIP URI from the contact object to the resource account.
    3. 新たに割り当てられた電話番号を使用して、自動応答のテストと検証を行います。Test and validate your auto attendants by using the newly assigned phone numbers.

    付録Appendix

    ExchUMO および Azure クラウドベースのサービス機能のマトリックスExchUMO and Azure cloud-based services feature matrix

    サービスService 機能レベルFeature level 機能Feature メモNotes クラウド VM/AACloud VM/AA ExUMOExUMO
    /VMVM サービス機能Service Features サードパーティ製 PBX のサポートSupport 3rd-party PBX Exchange UM Online からの SIP notify メッセージを使用して、MWI (メッセージ待機インジケーター) などのサードパーティ製 PBX に提供されるすべての機能を含むIncluding all features provided to third party PBX such as MWI (Message Waiting Indicator) using SIP notify messages from Exchange UM Online ×N YY
    /VMVM サービス機能Service Features Skype for Business Server をサポートするSupport Skype for Business Server   YY YY
    /VMVM サービス機能Service Features Microsoft Teams をサポートするSupport Microsoft Teams YY ×N
    /VMVM サービス機能Service Features 電子情報開示と保持eDiscovery and Hold セキュリティと法令遵守For security and compliance YY YY
    /VMVM サービス機能Service Features Exchange ルールのサポートExchange Rules support セキュリティと法令遵守For security and compliance YY YY
    /VMVM ユーザー機能User Features PSTN ダイヤルインアクセスPSTN Dial-in Access サブスクライバーアクセスSubscriber access ×N YY
    /VMVM ユーザー機能User Features 代理人Delegate 不在着信メールmissed call email ×N YY
    /VMVM ユーザー機能User Features PSTN Outlook Voice AccessPSTN Outlook Voice Access サブスクライバーアクセスSubscriber access ×N YY
    /VMVM ユーザー機能User Features 認証されたエンドポイントを使用したダイヤルインDial-in using an authenticated endpoint ボイスメッセージを受信してボイスメールの設定を変更するためのボイスメールサービスの呼び出しCalling the voicemail service to listen to voice messages and change voicemail settings YY YY
    /VMVM ユーザー機能User Features ボイスメールを無効にするためのユーザー設定User setting to disable voicemail YY YY
    /VMVM ユーザー機能User Features 個人用の案内応答を変更するためのユーザー設定User setting to change the personal greeting YY YY
    /VMVM ユーザー機能User Features 不在時の案内応答を作成するためのユーザー設定User setting to create an OOF greeting YY YY
    /VMVM ユーザー機能User Features 既定の言語を変更するためのユーザー設定User setting to change the default language YY YY
    /VMVM ユーザー機能User Features TTS を使用して既定の案内応答を上書きするユーザー設定User setting to overwrite default greeting with TTS YY ×N
    /VMVM ユーザー機能User Features 個人用の案内応答の録音 (認証デバイス)Record personal greetings (authenticated device) YY YY
    /VMVM ユーザー機能User Features 個人用案内応答 (PSTN) の記録-電話での再生Record personal greetings (PSTN) — play on phone ×N YY
    /VMVM ユーザー機能User Features 議事録を無効にするためのユーザー設定User setting to disable transcription ×N YY
    /VMVM ユーザー機能User Features 文字起こしTranscription YY YY
    /VMVM ユーザー機能User Features SIP notify メッセージを使用した MWI (メッセージ待機インジケーター)MWI (Message Waiting Indicator) using SIP notify messages ×N YY
    /VMVM ユーザー機能User Features Outlook での MP3 オーディオファイル形式MP3 audio file format in Outlook YY YY
    /VMVM ユーザー機能User Features 可変速度の再生コントロールVariable speed play control YY YY
    /VMVM ユーザー機能User Features ボイスメールの転送Forward a voicemail 受信したボイスメールを他のユーザーに転送するForward a received voicemail to other users YY YY
    /VMVM ユーザー機能User Features ユーザーのグループへの音声メッセージの送信Sending a voice message to a group of users ボイスメールブロードキャストVoicemail broadcast ×N YY
    /VMVM ユーザー機能User Features SMS を使用したボイスメール通知Voicemail notification using SMS ユーザーが新しいボイスメールを持っている場合は、SMS を受信できます。Users can receive an SMS when they have a new voicemail ×N YY
    /VMVM ユーザー機能User Features サポートされる案内応答言語Supported greeting languages 詳細は次のとおりです。 https://docs.microsoft.com/microsoftteams/what-are-phone-system-auto-attendantsDetails here: https://docs.microsoft.com/microsoftteams/what-are-phone-system-auto-attendants YY YY
    /VMVM ユーザー機能User Features 通話応答ルールCall answering rules YY YY
    /VMVM ユーザー機能User Features 電話での再生 (PSTN)-メッセージを再生するPlay on phone (PSTN)- to play message 音声メッセージを聞くためにセルに電話をかけるCall me on my cell to listen to the voice message ×N YY
    /VMVM ユーザー機能User Features 電話での再生 (認証)-メッセージを再生するPlay on phone (Auth)- to play message 認証されたデバイスでの呼び出しCall me on my authenticated device ×N YY
    /VMVM ユーザー機能User Features 複数のユーザー間の共有メールボックスShared mailbox between multiple users YY YY
    /VMVM 発信者の機能Caller Features 発信者の利便性—保護されたボイスメールCaller experience — protected voicemail 発信者は、録音済みのメッセージを保護されたものとしてマークするオプションを選択できます。The caller can choose an option to mark a recorded message as protected ×N YY
    /VMVM 発信者の機能Caller Features 発信者の利便性-プライベートボイスメールCaller experience — private voicemail 発信者は、記録されたメッセージを親展としてマークするオプションを選択できます。The caller can choose an option to mark a recorded message as private ×N YY
    /VMVM 発信者の機能Caller Features 無音検出Silence detection ×N YY
    /VMVM テナント-管理機能Tenant-Admin Features サーバーレベルで保護されたボイスメールServer-level protected voicemail テナント管理者は、受信ボイスメールを保護としてマークするようにサービスレベルのルールを構成できます。Tenant-admin can configure a service-level rule to mark incoming voicemail as protected YY YY
    /VMVM テナント-管理機能Tenant-Admin Features レコーディングの時間制限を変更するChange recording duration time limit YY YY
    /VMVM テナント-管理機能Tenant-Admin Features 無音検出のタイムアウトを変更するChange silence detection timeout N/AN/A YY
    /VMVM テナント-管理機能Tenant-Admin Features 入力エラーの数を変更するChange number of input failure CVM: 3 にハードコーディングされているCVM: hard coded to 3 ×N YY
    /VMVM テナント-管理機能Tenant-Admin Features 既定の言語を変更するChange the default language YY YY
    /VMVM テナント-管理機能Tenant-Admin Features 議事録の無効化/有効化Disable/enable transcription YY YY
    /VMVM テナント-管理機能Tenant-Admin Features 不在着信通知を無効または有効にするDisable/enable missed call notification ×N YY
    /VMVM テナント-管理機能Tenant-Admin Features ボイスメールプレビューの改善にご協力くださいHelp Microsoft improve voice mail preview YY YY
    /VMVM テナント-管理機能Tenant-Admin Features 有効なユーザーのテキストメッセージをカスタマイズするCustomize text message for enabled users N/AN/A YY
    /VMVM テナント-管理機能Tenant-Admin Features 用語のプロファニティマスクの議事録Transcription profanity masking YY ×N
    /VMVM テナント-管理機能Tenant-Admin Features ボイスメールポリシーVoicemail policy YY YY
    /VMVM テナント-管理機能Tenant-Admin Features Web ポータルの管理Web portal administration CY19CY19 YY
    /VMVM テナント-管理機能Tenant-Admin Features PowerShellPowerShell YY YY
    UMUM ユーザー機能User Features Skype for Business 認定電話機のメッセージ待機インジケーター (MWI)Message Waiting Indicator (MWI) on Skype for Business certified phones 電話パートナーによって提供される場合があるMay be provided by phone partner いいえNo はいYes
    ナンバーAA サービス機能Service Features AA はサードパーティの PBX をサポートします。AA support 3rd-party PBX ×N YY
    ナンバーAA サービス機能Service Features Skype for Business Server をサポートするSupport Skype for Business Server YY YY
    ナンバーAA サービス機能Service Features Microsoft Teams をサポートするSupport Microsoft Teams YY ×N
    ナンバーAA サービス機能Service Features 名前でダイヤルする、DTMF 入力Dial by name, DTMF input YY YY
    ナンバーAA サービス機能Service Features 名前でダイヤル、音声入力Dial by name, speech input YY YY
    ナンバーAA サービス機能Service Features 複数言語のサポートMulti-language support 言語の詳細は次のとおりです。 https://docs.microsoft.com/microsoftteams/what-are-phone-system-auto-attendantsLanguage details here: https://docs.microsoft.com/microsoftteams/what-are-phone-system-auto-attendants YY YY
    ナンバーAA サービス機能Service Features オペレーター、CQ.ADD、またはユーザーへの転送Transfer to operator, CQ, or a user YY YY
    ナンバーAA サービス機能Service Features PSTN 番号への内部転送 (DID RNL)Transfer to PSTN number internally (DID RNL) YY YY
    ナンバーAA サービス機能Service Features PSTN 番号への外部への転送Transfer to PSTN number externally 下記の「既知の問題」セクションを参照してください。Check out Known Issues section below YY
    ナンバーAA サービス機能Service Features 勤務時間Business hours YY YY
    ナンバーAA サービス機能Service Features メニューオプションMenu options IVR メニューオプションIVR menu options YY YY
    ナンバーAA サービス機能Service Features Cloud PSTN 番号を AA に割り当てるAssigning a cloud PSTN number to AA YY ×N
    ナンバーAA サービス機能Service Features オンプレミスの PSTN 番号を AA に割り当てるAssigning an on-prem PSTN number to AA YY YY
    ナンバーAA サービス機能Service Features カスタムユーザーの選択Custom user selection 発信者がカスタマイズされた組織ユーザーのリストに到達できるようにするEnabling callers to reach customized list of organization users YY YY
    ナンバーAA サービス機能Service Features 勤務時間および休日の処置After-hours and holidays treatment YY YY
    ナンバーAA サービス機能Service Features テキスト読み上げを使用したユーザー設定の案内応答Custom greeting using text to speech YY YY
    ナンバーAA サービス機能Service Features 内線ダイヤルExtension dialing 内線番号をダイヤルしてユーザーに到達するReaching a user by dialing their extension YY YY
    ナンバーAA サービス機能Service Features AA がメッセージを残すためのメールボックスMailbox for AA callers to leave a message YY YY
    ナンバーAA サービス機能Service Features 複数の PSTN 番号の AA への割り当てMultiple PSTN number assignments to an AA YY YY
    ナンバーAA テナント-管理機能Tenant-Admin Features Web ポータルの管理Web portal administration YY ×N
    ナンバーAA テナント-管理機能Tenant-Admin Features PowerShell コマンドレットPowerShell cmdlets YY YY
    FAXFax サービス機能Service Features Fax 統合Fax integration ×N YY

    管理者向けに推奨されるテスト計画と移行後の検証Suggested test plan and post-migration validation for admins

    ユーザーがクラウドボイスメールに移行されたことを確認するには、ボイスメールをユーザーに残し、Outlook でメッセージ本文を確認します。To validate that your users have been migrated to Cloud Voicemail, leave a voicemail to a user and check the message body in Outlook. クラウドボイスメールメッセージには、次のようなフッターがあります。Cloud Voicemail messages have a footer that reads:

    「議事録をご利用いただきありがとうございます。"Thank you for using Transcription! 上記のトランスクリプトが表示されない場合は、音声品質が議事録を作成するのに十分ではないためです。If you don't see a transcript above, it's because the audio quality was not clear enough to transcribe."

    ユーザーの移行後にボイスメール機能をテストする場合は、次のシナリオを考慮してください。When testing voicemail functionality after your users have been migrated, make sure to consider the following scenarios:

    • 組織内のすべてのエンドポイントの種類 (アプリ、IP 電話など) でボイスメールアクセスを検証します。Validate voicemail access across all endpoint types in your organization, such as apps and IP phones.
    • 構成したパーソナライズされた案内応答が発信者に対して再生されることをサンプルユーザーに対して検証します。Validate with sample users that the configured personalized greetings are played to callers.
    • ユーザーに対する議事録の使用を無効にする法的またはコンプライアンス要件が組織にある場合は、移行後に無効にすることを確認してください。If your organization has a legal or compliance requirement to disable transcription for users, make sure it is disabled post migration. 詳細については、「 Cloud ボイスメールをセットアップする」を参照してください。For more details, see Set up Cloud Voicemail.
    • 以前に Exchange VM のポリシーとルールを構成している場合は、それらが有効になっていることを確認してください。If you have previously configured Exchange VM policies and rules, make sure they are effective.
    • ユーザー設定を変更するためのクラウドボイスメールサービス PowerShell コマンドレットについて理解します。Familiarize yourself with the Cloud Voicemail service PowerShell cmdlets for changing user settings.

    ユーザー環境への影響User experience impact

    エンドユーザーボイスメール移行の概要を次に示します。The following is an overview of end-user voicemail migration experience.

    エクスペリエンスExperience ユーザー環境での変更Change in user experience
    メール通知Email notification 変更なしNo change
    ボイスメールアカウントのライセンス認証と移行についてユーザーに通知する電子メールは送信されません。No email is sent to users notifying them about voicemail account activation/migration.
    以前のメッセージへのアクセスAccess to previous messages 変更なしNo change
    ユーザーは、サポートされているすべてのエンドポイントの以前のボイスメールメッセージにアクセスできます。Users have access to their previous voicemail messages in all supported endpoints.
    Outlook で VM を受信する、SFB アプリReceiving VM in outlook, SFB Apps 変更なしNo change
    ユーザーは、サポートされているすべてのエンドポイントで引き続きボイスメールメッセージを受信します。Users continue to receive their voicemail messages in all supported endpoints.
    文字起こしTranscription 保護Enhanced
    CVM の議事録は、より高い精度率とサポートされている言語 (ExchUMO よりも)CVM transcription has a much higher accuracy rate and supported languages than ExchUMO.
    ユーザー設定User setting 新しい作業New experience
    ユーザーは、ユーザー設定ポータル (USP) からユーザー設定を変更することができます。Users are able to change their preferences from a User Setting Portal (USP). ユーザーは、ボイスメールのハイパーリンクから、または SFB クライアントの [ユーザー設定] ボタンを使用して、USP にアクセスできます。 https://aka.ms/vmsettings.Users can access their USP from a hyperlink in their voicemail email, or the User-Settings button on their SFB client; https://aka.ms/vmsettings.
    機能Features 詳細については、「機能設定の比較」を参照してください。Please see the feature-set comparison for details.
    VM メッセージの Outlook ルールOutlook rules for VM messages 変更なしNo change
    以前に作成したルールは、移行後に CVM メッセージに適用されます。Previously created rules will apply to CVM messages after migration.

    CVM でのユーザー管理とプロビジョニングUser management and provisioning in CVM

    新しい Skype for Business ユーザーは、作成時にクラウドボイスメール用に自動的にプロビジョニングされます。New Skype for Business users will be automatically provisioned for Cloud voicemail when created. 新しいボイスメールユーザーをプロビジョニングするには、追加の管理作業またはライセンスは必要ありません。No additional admin work or license is required to provision new voicemail users. 既存および新規ユーザーのポリシー管理については、「 クラウドボイスメールをセットアップ する」を参照してください。See Set up Cloud Voicemail to learn about policy management for existing and new users.

    管理者自動応答管理の手順Admin Auto Attendant management experience

    自動応答の詳細については、「 クラウド自動応答の設定」を参照してください。To learn more about auto attendants, see Set up a Cloud auto attendant.

    既知の問題Known issues

    案内応答の不一致Greeting inconsistencies

    すべてのユーザーがクラウドボイスメールに移行された後であっても、サービスが完全に廃止されるまで、サブスクライバーアクセスはテナントに対して引き続き動作する可能性があります。Subscriber access might continue to work for your tenant until the service is completely retired, even after all your users have been migrated to Cloud Voicemail. ユーザーの混乱を防ぎ、一貫性のない動作を避けるために、移行後に案内応答が変更されたため、サブスクライバーアクセスを無効にします。To avoid user confusion and an inconsistent experience, disable the subscriber access since the greetings change after migration. これを行うには、を使用して、各サブスクライバーアクセス回線の EXUM 連絡先を削除し Get-CsExUmContact | ?{$_.IsSubscriberAccess -eq $true} | Remove-CsExUmContact ます。To do that, remove the EXUM contact for each subscriber access line using Get-CsExUmContact | ?{$_.IsSubscriberAccess -eq $true} | Remove-CsExUmContact.

    PSTN への自動応答通話の転送Auto Attendant Call Transfer to PSTN

    Skype for business server で Skype for Business Server または応答グループサービス (RG) 経由で外部 PSTN 電話番号に自動応答を転送するには、PSTN の電話番号または RG の電話番号に設定された着信転送を使用して、新しいオンプレミスのユーザーを作成します。To transfer an auto attendant call to an external PSTN phone number via Skype for Business Server or a Response Group service (RGS) on Skype for Business Server, create a new on-premises user with call forwarding set to the PSTN phone number or RGS phone number. ユーザーはエンタープライズ Voip に対して有効であり、正しく構成されていて、音声ポリシーが割り当てられている必要があります。The user must be enabled and correctly configured for Enterprise Voice and have a voice policy assigned.

    共有メールボックスにまだアクセスできるShared mailbox is still accessible

    Exchange UM Online を使用して構成された共有メールボックスは、CVM への移行後もメッセージを引き続き受信し、Outlook 経由でユーザーがアクセスできるようになります。A shared mailbox configured using Exchange UM Online continues to receive messages after the migration to CVM and be accessible to users via Outlook. ただし、これらのメールボックスの案内応答メッセージを変更するためのアクセスは、CVM に移行した後は利用できません。However, access to change the greeting messages of these mailboxes will not be available once migrated to CVM. 自動応答の発信者をキャプチャするために使用される共有メールボックスを持つお客様は、リリース後に、自動応答と通話キューの共有メールボックス機能を利用する必要があります (2019 年10月から)。Customers with shared mailboxes that are used to capture auto attendant callers should leverage the Auto Attendants and Call Queues Shared Mailbox capabilities once released (ETA October 2019).

    "ユーザー名が Skype for Business を使用していません" バナーが表示される"Username is not using Skype for Business" banner displays

    CVM サービスは Microsoft Teams インフラストラクチャに基づいており、Skype for Business クライアントからの呼び出しによって、"Username is は Skype for Business を使用していません。" という読み取りを行うクライアントに情報バナーが表示されることがあります。The CVM service is based on the Microsoft Teams infrastructure, and calls from a Skype for Business client might cause an information banner to display on the client that reads: "Username is not using Skype for Business. 操作性を向上させるには、Teams に切り替えるか、Skype 会議を開始してください。For a richer experience, switch to Teams or start a Skype meeting." このバナーが表示されないようにするために、ユーザーの Skype for Business クライアントを最新の C2R クライアント更新プログラムに更新してください。Make sure to update your users' Skype for Business client to the latest C2R client update to prevent this banner from appearing.

    「音声メールをセットアップする」で OWA に移動します。"Set Up Voice Mail" takes you to OWA

    [クライアントからの ボイスメールの設定 ] をクリックすると、cvm への移行後、Skype For business Server 2015/2013 のお客様は Office Web ACCESS (OWA) ポータルページに移動し続けます。Clicking Set Up Voice Mail from the client will continue taking Skype for Business Server 2015/2013 customers to the Office Web Access (OWA) portal page after migration to CVM. OWA の [ボイスメール] タブからすべての設定が削除され、ユーザーを CVM ユーザー設定ポータルに移動するリダイレクトリンクが付いたバナーが表示されます。All settings have been removed from the Voicemail tab in OWA and a banner will display with a redirect link to take users to the CVM user settings portal.

    あいさつ文をリモートで変更するChanging greeting remotely

    CVM では、PSTN サブスクライバーアクセスはサポートされていません。PSTN subscriber access is not supported in CVM. リモートで案内応答を変更する必要があるユーザーの場合は、モバイルクライアントのボイスメール IVR サービスに [案内応答の変更] メニューオプションが追加されています。For users that need to change their greeting remotely, a "Change your greeting" menu option has been added to the voicemail IVR service for mobile clients. ユーザーは、モバイルクライアントのダイヤルパッドで "1" キーを押したままにして、このサービスを呼び出すことができます。Users can call this service by pressing and holding the "1" key on the mobile client dial-pad.