Skype for Business Server のスキーマ属性と説明Schema attributes and descriptions in Skype for Business Server

このセクションでは、Skype for Business Server で使用されるスキーマ属性について説明します。This section describes all the schema attributes used by Skype for Business Server. 属性に関連付けられているクラスについては、Skype for Business Server のクラス 別のスキーマ属性を参照してくださいFor the classes associated with attributes, see Schema attributes by class in Skype for Business Server.

リンクペアである属性は、転送リンクまたはバック リンクとして指定されます。Attributes that are linked pairs are specified as forward links or back links. 別のオブジェクトを参照する属性は、前方リンクです。最初のオブジェクトを参照する他のオブジェクトの属性は、バック リンクです。An attribute that refers to another object is a forward link; the attribute of the other object that refers back to the first object is a back link. 転送リンクは更新可能ですが、戻るリンクは読み取り専用です。Forward links are updatable, while back links are read-only.

一部の属性にはビット マスク値があります。Some attributes have a bit-mask value. これらの属性では、各設定はビットで表され、表示される 10 進数値はビット位置を表します。For these attributes, each setting is represented by a bit, and the displayed decimal value represents the bit position. ビット位置は、ビット 0 で始まる。Bit positions start with bit 0. たとえば、1 (バイナリ) はビット 0 セット、10000 (バイナリ) はビット 4 セットです。For example, 1 (binary) is bit 0 set and 10000 (binary) is bit 4 set. 各ビットはプロパティを表します。Each bit represents a property. 以下はその例です。The following are some examples:

  • 10000 (バイナリ) の 10 進数値は 16 です (つまり、ビット 4 が設定されます)。10000 (binary) has a decimal value of 16 (that is, bit 4 is set).

  • 1000000000 (バイナリ) の 10 進数の値は 256 です (つまり、ビット 8 が設定されます)。100000000 (binary) has a decimal value of 256 (that is, bit 8 is set).

  • 1100 (バイナリ) の 10 進数値は 12 です (つまり、ビット 2 と 3 が設定され、両方のビットで表されるプロパティが有効になります)。1100 (binary) has a decimal value of 12 (that is, bits 2 and 3 are set; properties represented by both bits are enabled).

  • 11110000001 (バイナリ) の 10 進数値は 961 です (つまり、ビット 0、6、7、8、および 9 が設定され、これらの各ビットのプロパティが有効になります)。1111000001 (binary) has a decimal value of 961 (that is, bits 0, 6, 7, 8, and 9 are set; properties for each of these bits are enabled).

Skype for Business Server のスキーマ属性Schema Attributes for Skype for Business Server

属性Attribute 説明Description コメントComments
dnsHostNamednsHostName
現在 、msRTCSIP-Pool クラスおよび msRTCSIP-MonitoringServer クラスに関連付けられている Active Directory ドメイン サービスの既存の属性。An existing attribute in Active Directory Domain Services that is now associated with the msRTCSIP-Pool and msRTCSIP-MonitoringServer classes. この属性は、プールまたは監視サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定します。This attribute specifies the fully qualified domain name (FQDN) of a pool or Monitoring Server.
各セグメントの有効な値は 63 文字です。FQDN 全体の有効な値は 255 文字です。A valid value for each segment is 63 characters; a valid value for the entire FQDN is 255 characters.
Communications Server 2005 Microsoft® Office Live新機能。New in Microsoft Office Live Communications Server 2005.
msDS-SourceObjectDNmsDS-SourceObjectDN
この属性には、このオブジェクトに対応する別のフォレスト内のオブジェクトの識別名 (DN) の文字列表現が含まれます。This attribute contains the string representation of the distinguished name (DN) of the object in another forest that corresponds to this object. この属性は、配布グループの拡張と自動出席に使用されます。This attribute is used for distribution group expansion and auto attendance. この属性は、ユーザーの既定の Active Directory スキーマでWindows Server 2003 R2。This attribute is defined in the default Active Directory schema for Windows Server 2003 R2.
AD DS から Windows Server 2003 R2 へのアップグレードを回避するために、Active Directory スキーマの準備では、この属性定義を使用して Windows Server 2003 スキーマを拡張します。To avoid requiring an upgrade of AD DS to Windows Server 2003 R2, Active Directory schema preparation extends the Windows Server 2003 schema with this attribute definition.
Communications Server 2007 Microsoft Office新機能。New in Microsoft Office Communications Server 2007.
msExchUCVoiceMailSettingsmsExchUCVoiceMailSettings
この複数値属性は、ボイス メール設定を保持します。This multi-valued attribute holds voice mail settings. この属性は、Exchange ユニファイド メッセージング (UM) と共有されます。This attribute is shared with Exchange Unified Messaging (UM).
Microsoft Lync Server 2010 の新機能。New in Microsoft Lync Server 2010.
msExchUserHoldPoliciesmsExchUserHoldPolicies
この複数値の属性には、ユーザーに適用される保持ポリシーの識別子が保持されます。This multi-value attribute holds identifiers for hold policies that apply to the user. この保持の間は、ユーザーのメールボックス アイテムが保持ポリシーに保存されます。Hold policies preserve mailbox items for the user for the duration of the hold. この属性は Exchange 2013 と共有されます。This attribute is shared with Exchange 2013.
Lync Server 2013 の新機能。New in Lync Server 2013.
msRTCSIP-AcpInfomsRTCSIP-AcpInfo
この属性は、ユーザーの電話会議プロバイダー情報を格納します。This attribute stores audio conferencing provider information for a user.
Lync Server 2010 の新機能。New in Lync Server 2010.
msRTCSIP-ApplicationDestinationmsRTCSIP-ApplicationDestination
この属性は、アプリケーション連絡先の信頼できるサービス エントリをポイントします。This attribute points to the trusted service entry for the application contact.
Communications Server 2007 R2 Microsoft Office新機能。New in Microsoft Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-ApplicationListmsRTCSIP-ApplicationList
この属性には、アプリケーション サーバー上のホストされたアプリケーションの一覧が含まれる。This attribute contains a list of hosted applications on the application server.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-ApplicationOptionsmsRTCSIP-ApplicationOptions
この属性は、アプリケーション連絡先のオプションを指定します。This attribute specifies the options for the application contact.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-ApplicationPrimaryLanguagemsRTCSIP-ApplicationPrimaryLanguage
この属性には、アプリケーション連絡先の主言語が含まれる。This attribute contains the primary language for the application contact.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-ApplicationSecondaryLanguagesmsRTCSIP-ApplicationSecondaryLanguages
この複数値属性には、アプリケーション連絡先の第 2 言語が含まれる。This multiple value attribute contains the secondary languages for the application contact.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-ApplicationServerBLmsRTCSIP-ApplicationServerBL
この属性には、このプールに属するアプリケーション サーバーの一覧が含まれます。This attribute contains a list of application servers that belong to this pool. このバック リンク属性への対応する前方リンクは msRTCSIP-ApplicationServerPoolLink ですThe corresponding forward link to this back link attribute is msRTCSIP-ApplicationServerPoolLink.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-ApplicationServerPoolLinkmsRTCSIP-ApplicationServerPoolLink
この属性は、このアプリケーション サーバーが属するプールをポイントします。This attribute points to the pool to which this application server belongs. これは転送リンクです。This is the forward link. 対応する後方リンクは msRTCSIP-ApplicationServerBL ですThe corresponding backward link is msRTCSIP-ApplicationServerBL.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-ArchiveDefault (廃止)msRTCSIP-ArchiveDefault (obsolete)
-
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
Communications Server 2007 Officeで使用されなくなりました。Obsolete in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-ArchiveDefaultFlags (廃止)msRTCSIP-ArchiveDefaultFlags (obsolete)
この属性は、すべてのユーザー通信をアーカイブするフォレスト境界内のグローバル既定値を指定します。This attribute specifies the global default within the forest boundary for archiving all user communications. これは、アーカイブ エージェントレイヤーによって適用されます。This is enforced by the archiving agent layer. この属性の値の範囲は次のとおりです。The range of values for this attribute is as follows:
TRUE: すべてのユーザーをアーカイブするTRUE: Archive all users
FALSE: すべてのユーザーをアーカイブしないFALSE: Do not archive all users
この属性は、フォレスト境界内で内部ネットワーク内のユーザー通信をアーカイブする方法をグローバルに制御します。This attribute globally controls, within the forest boundary, how user communications within an internal network are archived.
Live Communications Server 2005 の動作 (廃止)Live Communications Server 2005 behavior (now retired)
この属性の値の範囲は次のとおりです。The range of values for this attribute is as follows:
0: メッセージ本文をアーカイブする [ビット 0]0: Archive the message body [bit 0]
1: メッセージ本文をアーカイブしない [ビット 0]1: Do not archive the message body [bit 0]
Office Communications Server 2007 の動作Office Communications Server 2007 behavior
この属性の値の範囲は次のとおりです。The range of values for this attribute is as follows:
0: ArchiveFederationDefaultWithoutBody (廃止)0: ArchiveFederationDefaultWithoutBody (retired)
1-2: ArchiveInternalCommunications1-2: ArchiveInternalCommunications
3-4: ArchiveFederatedCommunications3-4: ArchiveFederatedCommunications
5: RecordPresenceRegistrations5: RecordPresenceRegistrations
6: RecordIMCallDetails6: RecordIMCallDetails
7: RecordGroupIMCallDetails7: RecordGroupIMCallDetails
8: RecordFileTransferInstances8: RecordFileTransferInstances
9: RecordAudioCallDetails9: RecordAudioCallDetails
10: RecordVideoCallDetails10: RecordVideoCallDetails
11: RecordRemoteAssistanceCallDetails11: RecordRemoteAssistanceCallDetails
12: RecordApplicationSharingDetails12: RecordApplicationSharingDetails
13: RecordMeetingInstantiations13: RecordMeetingInstantiations
14: RecordMeetingJoins14: RecordMeetingJoins
15: RecordDataJoins15: RecordDataJoins
16: RecordAVJoins16: RecordAVJoins
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-ArchiveFederationDefault (廃止)msRTCSIP-ArchiveFederationDefault (obsolete)
-
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
Communications Server 2007 Officeで使用されなくなりました。Obsolete in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-ArchiveFederationDefaultFlags (廃止)msRTCSIP-ArchiveFederationDefaultFlags (obsolete)
-
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
Communications Server 2007 Officeで使用されなくなりました。Obsolete in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-ArchivingEnabledmsRTCSIP-ArchivingEnabled
この属性は、1 人のユーザーの通信をアーカイブするかどうかを制御するビット フィールドとして使用される整数です。This attribute is an integer used as a bit field to control whether a single user's communications are to be archived. このコントロールは、アーカイブ エージェント層によって適用されます。This control is enforced by the archiving agent layer. グローバル カタログ レプリケーションのマークが付いている。It is marked for global catalog replication.
この属性のスコープは、1 人のユーザーまたは連絡先に固有です。The scope of this attribute is specific to a single user or contact. Skype for Business Server の有効な値 (および関連するビット位置) は次のとおりです。The valid values (and associated bit positions) in Skype for Business Server are as follows:
0: アーカイブしない (ビットが設定されていない)0: Do not archive (no bit set)
1: 廃止 (ビット位置 0)1: Retired (bit position 0)
2: 廃止 (ビット位置 1)2: Retired (bit position 1)
4: 内部通信をアーカイブする (ビット位置 2)4: Archive internal communications (bit position 2)
8: フェデレーション通信をアーカイブする (ビット位置 3)8: Archive federated communications (bit position 3)
Live Communications Server 2005 で以前有効であった値は次のとおりです。Previously valid values in Live Communications Server 2005 are as follows:
0:msRTCSIP-ArchiveDefault および msRTCSIP-ArchiveFederation で定義されている既定値を次の優先順位で使用します。0:Use the default value defined by msRTCSIP-ArchiveDefault and msRTCSIP-ArchiveFederation in this order of precedence:
1: アーカイブ1: Archive
2: アーカイブしない2: Do not archive
3: メッセージ本文を含めずにアーカイブする3: Archive without the message body
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-ArchivingServerData (廃止)msRTCSIP-ArchivingServerData (obsolete)
この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-ArchivingServerVersion (廃止)msRTCSIP-ArchivingServerVersion (obsolete)
この属性は、アーカイブ サービスのバージョンを定義します。This attribute defines the version of the Archiving service. この属性は、正式な製品リリースごとに増加する単調に増加する整数型です。This attribute is a monotonously increasing integer type that increments with each official product release. 有効な値は次のとおりです。The possible valid values are:
未定義: Live Communications Server 2003Undefined: Live Communications Server 2003
Live Communications Server 2005Live Communications Server 2005
Live Communications Server 2005 with SP1Live Communications Server 2005 with SP1
3: Office Communications Server 20073: Office Communications Server 2007
4: Office Communications Server 2007 R24: Office Communications Server 2007 R2
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-BackEndServermsRTCSIP-BackEndServer
この属性は、プールのバック エンド サーバーの FQDN を指定します。This attribute specifies the FQDN of the Back End Server of the pool. プールごとに 1 つのバック エンド サーバーしか存在しないので、これは単一値の属性です。Because there can only be a single Back End Server per pool, this is a single-valued attribute.
各セグメントの有効な値は 63 文字です。FQDN 全体の有効な値は 255 文字です。The valid value for each segment is 63 characters; the valid value for the entire FQDN is 255 characters.
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-ConferenceDirectoryHomePoolmsRTCSIP-ConferenceDirectoryHomePool
この属性には、会議ディレクトリをホストするプールの識別子が含まれます。This attribute contains the identifier of the pool that hosts the conference directory.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-ConferenceDirectoryIdmsRTCSIP-ConferenceDirectoryId
この属性には、会議ディレクトリの識別子が含まれます。This attribute contains the identifier of a conference directory.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-ConferenceDirectoryTargetPoolmsRTCSIP-ConferenceDirectoryTargetPool
この属性には、会議ディレクトリを移動するプールの識別子が含まれます。This attribute contains the identifier of the pool to which the conference directory is being moved.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-DefaultmsRTCSIP-Default
このブール値属性は、電話の使用状況が既定の使用法であるかどうかを定義します。This Boolean attribute defines whether the phone usage is a default usage. この属性が TRUE に設定されている場合、電話の使用状況は既定の使用法であり、管理者が削除することはできません。If this attribute is set to TRUE, the phone usage is a default usage and cannot be deleted by the administrator. この属性を FALSE に 設定すると、利用状況を削除できます。If this attribute is set to FALSE, the usage can be deleted.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-DefaultCWAExternalURLmsRTCSIP-DefaultCWAExternalURL
この属性は、組織外のユーザーの URL を識別します。This attribute identifies the URL for users who are outside the organization.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-DefaultCWAInternalURLmsRTCSIP-DefaultCWAInternalURL
この属性は、組織内のユーザーの URL を識別します。This attribute identifies the URL for users who are inside the organization.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-DefaultLocationProfileLink (廃止)msRTCSIP-DefaultLocationProfileLink (obsolete)
この単一値属性には、割り当てられた場所プロファイル クラス オブジェクトの識別名 (DN) が含まれる。This single-valued attribute contains the distinguished name (DN) of a location profile class object assigned to it.
[転送リンク]: リンク ID 11036Forward link: Link ID 11036
対応する後方リンクは msRTCSIP-ServerReferenceBL ですThe corresponding backward link is msRTCSIP-ServerReferenceBL.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-DefaultPolicy (廃止)msRTCSIP-DefaultPolicy (obsolete)
このブール値属性は、ポリシーが既定のポリシーであるかどうかを指定します。This Boolean attribute specifies whether the policy is a default policy. ポリシーは、TRUE に設定されている場合の既定の ポリシーですThe policy is a default policy when set to TRUE.
Office Communications Server 2007 の新機能New in Office Communications Server 2007
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-DefaultRouteToEdgeProxy (廃止)msRTCSIP-DefaultRouteToEdgeProxy (obsolete)
この属性は、アクセス エッジ サービスを実行しているエッジ サーバー (直接アクセスできる場合) の FQDN、またはアクセス エッジ サービスを実行しているサーバーのプールのハードウェア ロード バランサーの FQDN を指定します。This attribute specifies the FQDN of either the Edge Server running the Access Edge service, if it can be accessed directly, or of the hardware load balancer for a pool of servers running Access Edge service. アクセス エッジ サービスを実行しているサーバーにアクセスできるディレクターが 1 つ以上の場合、この属性は FQDN と、オプションでディレクターのポート番号、またはディレクター プールを提供するハードウェア ロード バランサーのポート番号を指定します。If the servers running Access Edge service can be accessed only through one or more Directors, this attribute specifies the FQDN and, optionally, the port number of the Director or of the hardware load balancer serving a Director pool.
各セグメントの有効な値は 63 文字です。FQDN 全体の有効な値は 255 文字です。The valid value for each segment is 63 characters; the valid value for the entire FQDN is 255 characters.
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-DefaultRouteToEdgeProxyPort (廃止)msRTCSIP-DefaultRouteToEdgeProxyPort (obsolete)
この属性は、アクセス エッジ サービスを実行しているサーバーへの接続に使用する必要があるポート番号を表します。This attribute represents the port number that should be used to connect to the server running Access Edge service.
有効な値は、使用するポートを指定する整数値です。The valid value is an integer value specifying the port to be used. 既定値は 5061 です。The default value is 5061.
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-DefPresenceSubscriptionTimeout (廃止)msRTCSIP-DefPresenceSubscriptionTimeout (obsolete)
この属性は、既定のプレゼンス サブスクリプションのタイム アウト期間を表します。This attribute represents the default presence subscription time-out period.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-DefRegistrationTimeout (廃止)msRTCSIP-DefRegistrationTimeout (obsolete)
この属性は、既定の登録のタイム アウト ウィンドウを表します。This attribute represents the default registration time-out window.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-DefRoamingDataSubscriptionTimeout (廃止)msRTCSIP-DefRoamingDataSubscriptionTimeout (obsolete)
この属性は、既定のローミング データ サブスクリプションのタイム アウト ウィンドウを表します。This attribute represents the default roaming data subscription time-out window.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-DeploymentLocatormsRTCSIP-DeploymentLocator
この属性は分割ドメイン トポロジで使用され、完全修飾ドメイン名 (FQDN) が含まれる。This attribute is used in a split domain topology and contains a fully qualified domain name (FQDN).
Lync Server 2010 の新機能。New in Lync Server 2010.
msRTCSIP-Description (廃止)msRTCSIP-Description (obsolete)
この単一値 UNICODE 文字列属性には、この電話ルートまたは正規化ルールの簡単な説明が含まれます。This single-valued UNICODE string attribute contains a friendly description of this phone route or normalization rule.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-DomainDatamsRTCSIP-DomainData
この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
-
msRTCSIP-DomainNamemsRTCSIP-DomainName
この属性は、レジストラー用に構成されたドメインを表します。This attribute represents a domain configured for the Registrar.
-
msRTCSIP-EdgeProxyDatamsRTCSIP-EdgeProxyData
この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-EdgeProxyFQDNmsRTCSIP-EdgeProxyFQDN
この属性は、アクセス エッジ サービスを実行しているサーバーの FQDN を指定します。This attribute specifies the FQDN of the server running Access Edge service.
各セグメントの有効な値は 63 文字です。FQDN 全体の有効な値は 255 文字です。The valid value for each segment is 63 characters; the valid value for the entire FQDN is 255 characters.
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-EnableBestEffortNotify (廃止)msRTCSIP-EnableBestEffortNotify (obsolete)
この属性は、クライアントからの SUBSCRIBE 要求に対する応答として、サーバーが NOTIFY 要求の代わりにベスト インベスト の NOTIFY (BENOTIFY) 要求を生成するかどうかを制御します。This attribute controls whether a server generates a Best Effort NOTIFY (BENOTIFY) request, instead of a NOTIFY request, in response to a SUBSCRIBE request from a client. BENOTIFY は、通常の NOTIFY 要求ではなく、サーバーが BENOTIFY 要求を生成するサブスクライブ通知ハンドシェイクのパフォーマンスを向上させる拡張機能です。BENOTIFY is a performance-enhancing extension to the subscribe notification handshake where the server generates BENOTIFY requests, instead of regular NOTIFY requests. パフォーマンス上の利点は、NOTIFY 要求の場合と同様に、BENOTIFY 要求がクライアントからの 200 OK 応答を必要としないという点です。The performance benefit is that a BENOTIFY request does not require a 200 OK response from the client as the NOTIFY request does.
有効な値は TRUE または FALSE ですThe valid values are TRUE or FALSE.
> [!NOTE]> Live Communications Server 2003 は BENOTIFY 要求をサポートしません。> [!NOTE]> Live Communications Server 2003 does not support BENOTIFY requests. Live Communications Server 2005 およびサードパーティ サーバー上で実行されている Live Communications Server 2003 サーバー API で記述されたサーバー アプリケーションと相互運用するには、その値を FALSE に設定することで BENOTIFY 要求を無効 にすることができますTo interoperate with server applications written with the Live Communications Server 2003 server API running on Live Communications Server 2005 and third-party servers, BENOTIFY requests can be disabled by setting its value to FALSE. BENOTIFY は現在、IETF (Internet Engineering Task Force) SIP 標準化プロセスの一部ではありません。BENOTIFY is not currently part of the IETF (Internet Engineering Task Force) SIP standardization process.
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-EnableFederation (廃止)msRTCSIP-EnableFederation (obsolete)
この属性は、IT 管理者がユーザーが他の組織のユーザーと通信できるかどうかを構成するために使用するグローバル スイッチです。This attribute is a global switch that IT administrators use to configure whether users are allowed to communicate with users from other organizations. 管理者は、個々のユーザーの FederationEnabled 属性を上書き できます。It enables an administrator to overwrite an individual user's FederationEnabled attribute. この属性は、ワーム、ウイルス、会社に対する標的型攻撃によるインターネット攻撃から内部ネットワークを保護するのに役立ちます。This attribute can be useful to help protect the internal network from Internet attacks that may be caused by worms, viruses, or targeted attacks on the company.
有効な値 (および関連するビット位置) は次のとおりです。The valid values (and associated bit positions) are as follows:
1: パブリック IM 接続に対して有効 (ビット位置 0)1: Enabled for public IM connectivity (bit position 0)
2: 予約済み (ビット位置 1)2: Reserved (bit position 1)
4: 予約済み (ビット位置 2)4: Reserved (bit position 2)
8: 予約済み (ビット位置 3)8: Reserved (bit position 3)
16: リモート通話コントロール有効 - テレフォニー (ビット位置 4)16: Remote call control Enabled - Telephony (bit position 4)
64: AllowOrganizeMeetingWithAnonymousParticipants (ユーザーが匿名ユーザーを会議に招待できる (ビット位置 6)64: AllowOrganizeMeetingWithAnonymousParticipants (allow users to invite anonymous users to meetings (bit position 6)
128: UCEnabled (統合コミュニケーションでユーザーを有効にする) (ビット位置 7)128: UCEnabled (enable users for unified communications) (bit position 7)
256: EnabledForEnhancedPresence (パブリック IM 接続に対してユーザーを有効にする) (ビット位置 8)256: EnabledForEnhancedPresence (enable user for public IM connectivity) (bit position 8)
512: RemoteCallControlDualMode (ビット位置 9)512: RemoteCallControlDualMode (bit position 9)
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-EnterpriseServicesmsRTCSIP-EnterpriseServices
この属性は、エンタープライズ サービスが特定のサーバーに読み込まれるかどうかを示します。This attribute indicates whether the Enterprise Services are loaded on the given server.
-
msRTCSIP-ExtensionDatamsRTCSIP-ExtensionData
この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
-
msRTCSIP-ExternalAccessCodemsRTCSIP-ExternalAccessCode
この属性には、外部アクセス用のダイヤル コードが含まれる。This attribute contains the dial code for external access.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-FederationEnabledmsRTCSIP-FederationEnabled
この属性は、1 人のユーザーがフェデレーションを有効にするかどうかを制御します。This attribute controls whether a single user is enabled for federation. これは、Enterprise Services レイヤーによって適用されます。It is enforced by the Enterprise Services layer. グローバル カタログ レプリケーションのマークが付いている。It is marked for global catalog replication.
有効な値は TRUE または FALSE ですThe valid values are TRUE or FALSE.
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-FrontEndServersmsRTCSIP-FrontEndServers
この属性は、プールに関連付けられているすべての Enterprise Edition サーバーのドメイン名の複数値リストです。This attribute is a multi-valued list of the domain names of all Enterprise Edition servers associated with a pool.
バック リンク: リンク ID 11023Back link: Link ID 11023
このバック リンクへの対応する前方リンクは msRTCSIP-PoolAddress ですThe corresponding forward link to this back link is msRTCSIP-PoolAddress.
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-Gateways (廃止)msRTCSIP-Gateways (obsolete)
この複数値を持つ文字列属性には、ゲートウェイとポート (ゲートウェイごとの) の一覧が含まれます。This multi-valued string attribute contains a list of gateways and ports (per gateway).
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-GlobalSettingsData (廃止)msRTCSIP-GlobalSettingsData (obsolete)
この属性には、名前と値のペアが格納されます。This attribute stores name:value pairs. 定義済みの名前と値のペアは、プレゼンス設定のポーリング を許可しますThe already-defined name:value pair is for the allow polling for presence setting.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-GroupingIDmsRTCSIP-GroupingID
この属性は、アドレス帳エントリをグループ化するために使用されるグループの一意の識別子です。This attribute is a unique identifier of a group that is used to group address book entries.
Lync Server 2010 の新機能。New in Lync Server 2010.
msRTCSIP-HomeServer (廃止)msRTCSIP-HomeServer (obsolete)
-
Live Communications Server 2003 の新機能 (使用されません)。New in Live Communications Server 2003 (not used).
Live Communications Server 2005 では使用されなくなりました。Obsolete in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-HomeServerString (廃止)msRTCSIP-HomeServerString (obsolete)
-
Live Communications Server 2003 の新機能。New in Live Communications Server 2003.
Live Communications Server 2005 では使用されなくなりました。Obsolete in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-HomeUsers (廃止)msRTCSIP-HomeUsers (obsolete)
-
Live Communications Server 2003 の新機能 (使用されません)。New in Live Communications Server 2003 (not used).
Live Communications Server 2005 では使用されなくなりました。Obsolete in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-InternetAccessEnabledmsRTCSIP-InternetAccessEnabled
この属性は、外部ユーザー アクセスに対して 1 人のユーザーを有効にするかどうかを制御します。This attribute controls whether a single user is enabled for outside user access. これは、Enterprise Services レイヤーによって適用されます。It is enforced by the Enterprise Services layer. グローバル カタログ レプリケーションのマークが付いている。It is marked for global catalog replication.
有効な値は TRUE または FALSE ですThe valid values are TRUE or FALSE.
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-IsMaster (廃止)msRTCSIP-IsMaster (obsolete)
-
Live Communications Server 2003 の新機能New in Live Communications Server 2003
Live Communications Server 2005 では使用されなくなりました。Obsolete in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-LinemsRTCSIP-Line
この単一値属性には、テレフォニー用に Skype for Business クライアントが使用するデバイス ID (ユーザーが制御する電話の SIP URI または TEL URI) が含まれます。This single-valued attribute contains the device ID (either the SIP URI or the TEL URI of the phone the user controls) used by Skype for Business client for telephony. この属性はグローバル カタログ レプリケーションのマークが付けされ、インデックスが作成されます。This attribute is marked for Global Catalog replication and is indexed. ユーザーが エンタープライズ VoIP に対して有効になっている場合、この属性にはユーザーの電話番号の E.164 正規化バージョンが格納されます。If a user is enabled for Enterprise Voice, this attribute stores the E.164 normalized version of the user's phone number.
Microsoft® Office Live Communications Server 2005 SP1 の新機能New in Microsoft Office Live Communications Server 2005 with SP1
msRTCSIP-LineServermsRTCSIP-LineServer
この単一値属性には、CSTA-SIP ゲートウェイ サーバーの SIP URI が含まれています。This single-valued attribute contains the SIP URI of the CSTA-SIP gateway server. この属性はグローバル カタログ レプリケーションのマークが付けされますが、インデックスは付けされません。This attribute is marked for Global Catalog replication but is not indexed.
Microsoft® Office Live Communications Server 2005 SP1 の新機能New in Microsoft Office Live Communications Server 2005 with SP1
msRTCSIP-LocalNormalizationData (廃止)msRTCSIP-LocalNormalizationData (obsolete)
この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-LocalNormalizationLinks (廃止)msRTCSIP-LocalNormalizationLinks (obsolete)
この複数値属性には、この場所プロファイルに関連付けられたローカル正規化識別名 (DN) のリストが含まれる。This multi-valued attribute contains a list of local normalization distinguished names (DN) associated with this location profile. この属性の種類は DN バイナリです。The type of this attribute is a DN binary. 場所プロファイルとローカル正規化ルールの間には、一対多の関係があります。There is a one-to-many relationship between location profile and local normalization rules. ローカル正規化の DN の一覧の順序は、管理者が指定した順序で維持する必要があります。The ordering of the list of local normalization DNs must be maintained in the order specified by the administrator. 順序の保持は、順序インデックスを指定する DN バイナリのバイナリ部分によって維持されます。The preservation of order is maintained by the binary portion of the DN binary, which specifies the order index.
[転送リンク]: リンク ID 11034Forward link: Link ID 11034
この転送リンク属性に対応するバック リンクは msRTCSIP-LocationProfileBL ですThe corresponding back link to this forward link attribute is msRTCSIP-LocationProfileBL.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-LocalNormalizationOptionsmsRTCSIP-LocalNormalizationOptions
この属性には、正規化ルールのオプションの一覧が含まれる。This attribute contains a list of options for the normalization rule.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-LocationName (廃止)msRTCSIP-LocationName (obsolete)
この単一値属性には、このプロファイルが表す場所を示す場所プロファイルの表示名が含まれる。This single-valued attribute contains a friendly name for the location profile that indicates which location this profile represents. 複数の場所のプロファイルが考えられますので、管理者は異なるプロファイルを区別する方法を必要とします。Because there can be multiple location profiles, the administrator needs a way to distinguish between different profiles.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-locationProfileBL (廃止)msRTCSIP-locationProfileBL (obsolete)
この複数値属性には、場所プロファイル識別名の一覧が含まれる。This multi-valued attribute contains a list of location profile distinguished names. この属性は、1 つ以上の場所プロファイルへのバック リンクを指定します。This attribute specifies the back link to one or more location profiles.
バック リンク: リンク ID 11035Back link: Link ID 11035
この属性は、転送リンク msRTCSIP-LocalNormalizationLinks に対応しますThis attribute corresponds to the forward link msRTCSIP-LocalNormalizationLinks.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-LocationProfileData (廃止)msRTCSIP-LocationProfileData (obsolete)
この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-LocationProfileOptionsmsRTCSIP-LocationProfileOptions
この属性には、場所プロファイルのオプションが含まれる。This attribute contains the options for the location profile.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-MappingContactmsRTCSIP-MappingContact
この複数値属性は、アプリケーション連絡先のリストを保持します。This multiple-value attribute holds a list of application contacts.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-MappingLocationmsRTCSIP-MappingLocation
この複数値属性は、場所プロファイルのリストを保持します。This multiple-value attribute holds a list of location profiles.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-MaxNumOutstandingSearchPerServer (廃止)msRTCSIP-MaxNumOutstandingSearchPerServer (obsolete)
この属性は、サーバーごとの未処理の検索要求の最大数を表します。This attribute represents the maximum number of outstanding search requests per server.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-MaxNumSubscriptionsPerUser (廃止)msRTCSIP-MaxNumSubscriptionsPerUser (obsolete)
この属性は、ユーザーごとのサブスクリプションの最大数を表します。The attribute represents the maximum number of subscriptions per user.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-MaxPresenceSubscriptionTimeout (廃止)msRTCSIP-MaxPresenceSubscriptionTimeout (obsolete)
この属性は、サブスクリプションの最大のタイム アウト ウィンドウを表します。This attribute represents the maximum subscription time-out window.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-MaxRegistrationsTimeout (廃止)msRTCSIP-MaxRegistrationsTimeout (obsolete)
この属性は、登録の最大タイム アウト ウィンドウを表します。This attribute represents the maximum registrations time-out window.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-MaxRoamingDataSubscriptionTimeout (廃止)msRTCSIP-MaxRoamingDataSubscriptionTimeout (obsolete)
この属性は、ローミング データサブスクリプションの最大タイム アウト ウィンドウを表します。This attribute represents the maximum roaming data subscriptions time-out window.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-MCUDatamsRTCSIP-MCUData
この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-MCUFactoryAddressmsRTCSIP-MCUFactoryAddress
この属性は、コンピューター クラスのサービス コントロール ポイント属性で、それが属するマルチポイントコントロール ユニット (MCU) ファクトリへのリンクを指定します。This attribute is a service control point attribute under the computer class that specifies a link back to the multipoint control unit (MCU) Factory to which it belongs. このサービス コントロール ポイントと属性は、すべての Microsoft MCU に対して作成されます。This service control point and attribute is created for every Microsoft MCU. 各 Microsoft MCU は、プール レベルの設定を取得するために、そのサーバーが属するプールのバック エンド サーバーを見つける必要があります。Each Microsoft MCU must find the Back End Server of the pool to which it belongs, in order to retrieve pool-level settings from it.
この属性の値は、MCU ファクトリの識別名 (DN) です。The value of this attribute is the distinguished name (DN) of the MCU Factory. これは単一値の属性であり、グローバル カタログ レプリケーションのマークが付けらた属性です。This is a single-valued attribute and marked for global catalog replication.
[転送リンク]: リンク ID 11026Forward link: Link ID 11026
この転送リンク属性に対応するバック リンクは msRTCSIP-MCUServers ですThe corresponding back link to this forward link attribute is msRTCSIP-MCUServers.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-MCUFactoryDatamsRTCSIP-MCUFactoryData
これは、複数文字列の予約済み属性です。This is a multi-string reserved attribute. この属性に格納されている設定は、名前と値のペアとして表されます。Settings stored in this attribute are represented as name=value pairs. 現在定義されている名前と値のペアは次のとおりです。Currently defined name=value pairs are:
FactoryURL = <URL>FactoryURL = <URL>
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-MCUFactoryPathmsRTCSIP-MCUFactoryPath
これは、プールに関連付けられた 1 つの MCU ファクトリの識別名 (DN) を含む単一値属性です。This is a single-valued attribute that contains the distinguished name (DN) of a single MCU factory associated with a pool.
[転送リンク]: リンク ID 11024Forward link: Link ID 11024
この転送リンク属性に対応するバック リンクは msRTCSIP-PoolAddresses ですThe corresponding back link to this forward link attribute is msRTCSIP-PoolAddresses.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-MCUFactoryProviderIDmsRTCSIP-MCUFactoryProviderID
この属性は、MCU ファクトリ プロバイダーの GUID を指定する単一値の文字列です。This attribute is a single-valued string that specifies the GUID of the MCU factory provider. GUID 値に基づいて、MCU ファクトリ プロセスは、この MCU タイプにサービスを提供するかどうかを決定します。Based on the GUID value, the MCU factory process determines whether to service this MCU type. GUID 値が {F0810510-424F-46ef-84FE-6CC720DF1791} の場合、MCU ファクトリ プロセス (Lync Server で既定で使用可能) が処理します。If the GUID value is {F0810510-424F-46ef-84FE-6CC720DF1791}, then the MCU factory process (available by default in Lync Server) will process it. その他の GUID 値の場合、MCU ファクトリ プロセスは MCU タイプにサービスを提供します。For any other GUID value, the MCU factory process will not service the MCU type.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-MCUServersmsRTCSIP-MCUServers
この属性は、識別名 (DN) の複数値リストです。This attribute is a multi-valued list of distinguished names (DN). この属性には、この MCU ファクトリに関連付けられている同じ種類およびベンダーのすべての MCU サーバーの一覧が含まれます。This attribute contains a list of all MCU servers of the same type and vendor associated with this MCU factory. 各セグメントの有効な値は 63 文字です。FQDN 全体の有効な値は 255 文字です。The valid value for each segment is 63 characters; the valid value for the entire FQDN is 255 characters.
バック リンク: リンク ID 11027Back link: Link ID 11027
このバック リンクへの対応する前方リンクは msRTCSIP-MCUFactoryAddress ですThe corresponding forward link to this back link is msRTCSIP-MCUFactoryAddress.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-MCUTypemsRTCSIP-MCUType
この属性は、MCU が処理できるメディアを指定する単一値の文字列です。This attribute is a single-valued string that specifies the medium the MCU can handle.
サポートされている有効な型は次のとおりです。Supported valid types are:
meetingmeeting
audio-videoaudio-video
チャットchat
phone-confphone-conf
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-MCUVendormsRTCSIP-MCUVendor
この属性は、MCU ベンダーの名前を指定する単一値の文字列です。This attribute is a single-valued string that specifies an MCU vendor's name. すべての Microsoft MCUs は、この属性を Microsoft Corporation に 指定しますAll Microsoft MCUs will specify this attribute to be Microsoft Corporation.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-MeetingFlags (廃止)msRTCSIP-MeetingFlags (obsolete)
この属性は、すべてのユーザーまたは連絡先オブジェクトに対してグローバルに有効になっているさまざまな会議オプションを定義します。This attribute defines different meeting options that are enabled globally for all users or contact objects. この属性は、整数型のビット マスク値です。This attribute is a bit-mask value of integer type.
有効な値 (および関連するビット位置) は次のとおりです。The valid values (and associated bit positions) are as follows:
0: AllowOrganizeMeetingWithAnonymousParticipants が None (ユーザーが匿名ユーザーを会議に招待できない) (ビットが設定されていない)0: AllowOrganizeMeetingWithAnonymousParticipants is None (do not allow users to invite anonymous users to meetings) (no bits set)
4: AllowOrganizeMeetingWithAnonymousParticipants が Everyone (すべてのユーザーが匿名ユーザーを会議に招待できる) (ビット位置 2)4: AllowOrganizeMeetingWithAnonymousParticipants is Everyone (allow all users to invite anonymous users to meetings) (bit position 2)
8: AllowOrganizeMeetingWithAnonymousParticipants は UsePerUserSetting (ユーザーごとの設定に基づいて匿名ユーザーを会議に招待できる) (ビット位置 3)8: AllowOrganizeMeetingWithAnonymousParticipants is UsePerUserSetting (allow users to invite anonymous users to meetings based on per user setting) (bit position 3)
16: UserPerUserMeetingPolicy (会議ポリシーはユーザーごとに定義されます) (ビット位置 4)16: UserPerUserMeetingPolicy (meeting policy is defined per user) (bit position 4)
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-MeetingPolicy (廃止)msRTCSIP-MeetingPolicy (obsolete)
この属性は、管理者が単一値属性としてこのユーザーに割り当てたポリシーの識別名 (DN) を指定します。This attribute specifies the distinguished name (DN) of the policy the administrator has assigned for this user as a single-valued attribute.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-MinPresenceSubscriptionTimeout (廃止)msRTCSIP-MinPresenceSubscriptionTimeout (obsolete)
この属性は、プレゼンス サブスクリプションの最小のタイム アウト ウィンドウを表します。This attribute represents the minimum presence subscription time-out window.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-MinRegistrationTimeout (廃止)msRTCSIP-MinRegistrationTimeout (obsolete)
この属性は、登録の最小のタイム アウト ウィンドウを表します。This attribute represents the minimum registration time-out window.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-MinRoamingDataSubscriptionTimeout (廃止)msRTCSIP-MinRoamingDataSubscriptionTimeout (obsolete)
この属性は、ローミング データ サブスクリプションの最小のタイム アウト ウィンドウを表します。This attribute represents the minimum roaming data subscription time-out window.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-MirrorBackEndServermsRTCSIP-MirrorBackEndServer
この属性は、フロントエンド プールで使用SQL Serverミラー化されたバックエンドを格納するために使用されます。This attribute is used to store the mirrored SQL Server backend used by the Front End pool.
Lync Server 2013 の新機能。New in Lync Server 2013.
msRTCSIP-MobilityFlagsmsRTCSIP-MobilityFlags
この属性には、モビリティ設定を定義するオプションとフラグが含まれる。This attribute contains options and flags that define mobility settings.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-MobilityPolicymsRTCSIP-MobilityPolicy
この属性には、モビリティ ポリシー オブジェクトの DN が含まれる。This attribute contains the DN for a mobility policy object.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-NumDevicesPerUser (廃止)msRTCSIP-NumDevicesPerUser (obsolete)
この属性は、ユーザーが SIP 通信に登録してプレゼンスをサブスクライブできるデバイスの許可数を表します。This attribute represents the allowed number of devices on which a user can register for SIP communications and subscribe to presence.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-OptionFlagsmsRTCSIP-OptionFlags
この属性は、ユーザーまたは連絡先オブジェクトに対して有効になっているオプションを指定します。This attribute specifies the options that are enabled for the user or contact object. この属性は、整数型のビット マスク値です。This attribute is a bit-mask value of type integer. 各オプションはビットで表されます。Each option is represented by a bit. この属性は、グローバル カタログ レプリケーションのマークが付いている。This attribute is marked for global catalog replication.
有効な値 (および関連するビット位置) は次のとおりです。The valid values (and associated bit positions) are as follows:
1: パブリック インスタント メッセージング (IM) 接続に対して有効 (ビット位置 0)1: Enabled for public instant messaging (IM) connectivity (bit position 0)
2: 予約済み (ビット位置 1)2: Reserved (bit position 1)
4: 予約済み (ビット位置 2)4: Reserved (bit position 2)
8: 予約済み (ビット位置 3)8: Reserved (bit position 3)
16: リモート通話コントロール有効 - テレフォニー (ビット位置 4)16: Remote call control Enabled - Telephony (bit position 4)
64: AllowOrganizeMeetingWithAnonymousParticipants (ユーザーが匿名ユーザーを会議に招待できる (ビット位置 6)64: AllowOrganizeMeetingWithAnonymousParticipants (allow users to invite anonymous users to meetings (bit position 6)
128: UCEnabled (UC でユーザーを有効にする) (ビット位置 7)128: UCEnabled (enable users for UC) (bit position 7)
256: EnabledForEnhancedPresence (パブリック IM 接続に対してユーザーを有効にする) (ビット位置 8)256: EnabledForEnhancedPresence (enable user for public IM connectivity) (bit position 8)
512: RemoteCallControlDualMode (ビット位置 9)512: RemoteCallControlDualMode (bit position 9)
Live Communications Server 2005 SP1 の新機能。New in Live Communications Server 2005 with SP1.
msRTCSIP-OriginatorSIDmsRTCSIP-OriginatorSID
この属性は、Windows NT サーバー プリンシパル アカウントからのユーザーの ObjectSID が、リソースまたは中央フォレストの対応するユーザーまたは連絡先オブジェクトのこの属性にコピーされる場合に、リソースおよび中央フォレストのトポロジで使用されます。This attribute is used in resource and central forest topologies to enable single sign-on when a user's ObjectSID from the Windows NT Server principal account is copied into this attribute of the corresponding user or contact object in the resource or central forest. Skype for Business Server は、この属性またはユーザーの ObjectSID AD DS 内のユーザーを検索します。Skype for Business Server searches for a user in AD DS using this attribute or the user's ObjectSID. この属性は、グローバル カタログ レプリケーションのマークが付いている。This attribute is marked for global catalog replication.
-
msRTCSIP-OwnerUrnmsRTCSIP-OwnerUrn
この属性は、アプリケーション連絡先の所有者の UNIFORM Resource Name (URN) です。This attribute is the Uniform Resource Name (URN) of the owner for an application contact.
Lync Server 2010 の新機能。New in Lync Server 2010.
msRTCSIP-Pattern (廃止)msRTCSIP-Pattern (obsolete)
この単一値文字列属性には、ダイヤル番号を E.164 形式に照合するために使用されるパターンが含まれます。This single-valued string attribute contains a pattern used for matching dial numbers into E.164 format. ダイヤル番号がこのパターンと一致する場合、変換はダイヤル番号に適用されます。If the dial number matches this pattern, the translation is applied to the dialed number.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-PhoneRouteBL (廃止)msRTCSIP-PhoneRouteBL (obsolete)
この複数値属性には、電話ルート識別名 (DN) の一覧が含まれる。This multi-valued attribute contains a list of phone route distinguished names (DN). この属性は、1 つ以上の電話ルートへのバック リンクを指定します。This attribute specifies the back link to one or more phone routes.
バック リンク: リンク ID 11033Back link: Link ID 11033
この属性は、転送リンク msRTCSIP-RouteUsageLinks に対応しますThis attribute corresponds to the forward link msRTCSIP-RouteUsageLinks.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-PhoneRouteData (廃止)msRTCSIP-PhoneRouteData (obsolete)
この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-PhoneRouteName (廃止)msRTCSIP-PhoneRouteName (obsolete)
この単一値 UNICODE 文字列属性は、電話ルートの表示名を指定します。したがって、管理者が簡単に参照できます。This single valued UNICODE string attribute specifies the friendly name of the phone route, so it can easily be referenced by the administrator.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-PhoneUsageData (廃止)msRTCSIP-PhoneUsageData (obsolete)
この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-PolicyContent (廃止)msRTCSIP-PolicyContent (obsolete)
この属性は、単一値の Unicode 文字列です。This attribute is a single-valued Unicode string. この文字列属性には、XML 形式のポリシー定義が含まれます。This string attribute contains the policy definition in XML format. XML スキーマ定義はポリシーの種類ごとに共通で、ポリシーの種類ごとに設定だけが異なります。The XML schema definition is common across different policy types, only the settings are different for each policy type.
XML スキーマ定義 (XSD) は次のように定義されます。The XML schema definition (XSD) is defined as follows:
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?><xs:schema id="instance" xmlns="" xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" xmlns:msdata="urn:schemas-microsoft-com:xml-msdata"> <xs:element name="instance" msdata:IsDataSet="true"> <xs:complexType> <xs:choice maxOccurs="unbounded"> <xs:element name="property" nillable="true"> <xs:complexType> <xs:simpleContent msdata:ColumnName="property_Text" msdata:Ordinal="1"> <xs:extension base="xs:string"> <xs:attribute name="name" type="xs:string" /> </xs:extension> </xs:simpleContent> </xs:complexType> </xs:element> </xs:choice> </xs:complexType> </xs:element></xs:schema>
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-PolicyData (廃止)msRTCSIP-PolicyData (obsolete)
この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-PolicyType (廃止)msRTCSIP-PolicyType (obsolete)
この単一値 Unicode 文字列属性には、ポリシーの種類が含まれます。This single-valued Unicode string attribute contains the policy type. 有効なポリシーの種類は次のとおりです。Valid policy types are as follows:
meetingmeeting
テレフォニーtelephony
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-PoolAddressmsRTCSIP-PoolAddress
この属性は、コンピューターが属するプールへのリンクを指定します。This attribute specifies a link back to the pool to which a computer belongs. この属性は、コンピューターが Standard Edition または Enterprise Edition を実行しているかどうかに関係なく設定されます。This attribute is set regardless of whether the computer is running the Standard Edition or the Enterprise Edition. この属性は、グローバル カタログ レプリケーションのマークが付いている。This attribute is marked for global catalog replication.
有効な値は、プールのドメイン名です。The valid value is the domain name of the pool.
[転送リンク]: リンク ID 11022Forward link: Link ID 11022
この前方リンク属性への対応するバック リンクは msRTCSIP-FrontEndServers ですThe corresponding back link to this forward link attribute is msRTCSIP-FrontEndServers.
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-PoolAddressesmsRTCSIP-PoolAddresses
これは、MCU ファクトリが関連付けられているプールの識別名 (DN) の一覧を含む複数値属性です。This is a multi-valued attribute that contains a list of the distinguished names (DN) of pools with which the MCU factory is associated.
バック リンク: リンク ID 11025Back link: Link ID 11025
このバック リンクへの対応する前方リンクは msRTCSIP-MCUFactoryPath ですThe corresponding forward link to this back link is msRTCSIP-MCUFactoryPath.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-PoolDatamsRTCSIP-PoolData
この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
Live Communications Server 2005 SP1 の新機能。New in Live Communications Server 2005 with SP1.
msRTCSIP-PoolDisplayNamemsRTCSIP-PoolDisplayName
この属性は、管理コンソールによって表示されるプールの任意の名前を指定します。This attribute specifies an arbitrary name for a pool that is displayed by the management console. この名前は管理者が変更できます。This name can be changed by the administrator.
有効な値は、プールの名前を表す文字列です。The valid value is a string representing the name of a pool.
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-PoolDomainFQDNmsRTCSIP-PoolDomainFQDN
この属性は、単一値の文字列値です。This attribute is a single-valued string value. この属性の値が指定されている場合、管理者がフロントエンド プールが作成される Active Directory ドメイン構造に準拠しない FQDN を持つフロントエンド プールを作成する場合は、プールのドメイン FQDN を表します (たとえば、ドメイン ネーム システム (DNS) 名前空間から離れた SIP 名前空間)。The value of this attribute, when present, represents the pool's domain FQDN if the administrator wants to create a Front End pool with an FQDN that does not conform to the Active Directory domain structure in which the Front End pool is created (for example, a SIP namespace disjoined from Domain Name System (DNS) namespace).
フロントエンド プールのドメイン FQDN を、プールが存在する Active Directory ドメインとしてドメイン名部分にマップすることをお勧めします。We recommend that you map the Front End pool domain FQDN to the domain name portion as the Active Directory domain in which the pool resides. したがって、この属性に値が存在しない場合、フロントエンド プールの FQDN は 、dnsHostName 属性で示される Active Directory ドメイン名構造に既定で設定されます。Therefore, when no value is present in this attribute, the Front End pool FQDN will default to the Active Directory domain name structure, as denoted by the dnsHostName attribute.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-PoolFunctionalitymsRTCSIP-PoolFunctionality
プールに関連付けられているすべての Skype for Business Server、Enterprise Edition サーバーのドメイン名の複数値リスト。A multi-valued list of the domain names of all Skype for Business Server, Enterprise Edition servers associated with a pool. この種類の整数の属性は、プールがインスタント メッセージング (IM) とプレゼンス、および会議に対応するかどうかを定義します。This attribute of type integer defines whether the pool is capable of instant messaging (IM) and presence, and meetings.
有効な値の種類は次のとおりです。The possible valid value types are as follows:
未定義: IM およびプレゼンス サービス (Live Communications Server 2005 および 2003)Undefined: IM and Presence Service (Live Communications Server 2005 and 2003)
1: IM およびプレゼンス サービス (Skype for Business Server)1: IM and Presence Service (Skype for Business Server)
2: IM とプレゼンスおよび会議サービス (Skype for Business Server)2: IM and Presence and Meeting Service (Skype for Business Server)
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-PoolTypemsRTCSIP-PoolType
この属性は、サーバー プールで Standard Edition サーバーを実行するか、Enterprise Edition サーバーを実行するかを指定します。This attribute specifies whether a server pool is running Standard Edition server or Enterprise Edition server. この属性は、整数型のビット マスク値です。This attribute is a bit-mask value of type integer. 各オプションはビットで表されます。Each option is represented by a bit.
有効な値 (および関連するビット位置) は次のとおりです。The valid values (and associated bit positions) are as follows:
1: Standard Edition サーバー、ユーザーをホストする (ビット位置 0)1: Standard Edition server, hosts users (bit position 0)
2: Enterprise Edition サーバー、ユーザーをホストする (ビット位置 1)2: Enterprise Edition server, hosts users (bit position 1)
4: Standard Edition サーバー、アプリケーションをホストする (ビット位置 2)4: Standard Edition server, hosts applications (bit position 2)
8: Enterprise Edition サーバー、アプリケーションをホストする (ビット位置 3)8: Enterprise Edition server, hosts applications (bit position 3)
Lync Server はアプリケーションのみをホストするプールをサポートしていないので、有効な値は次のとおりです。Because Lync Server does not support pools that host only applications, the only valid values are as follows:
5: Standard Edition サーバーは、ユーザーとアプリケーションをホストします (ビット位置 0 とビット位置 2)。5: Standard Edition server, hosts users and applications (bit positions 0 and 2)
10: Enterprise Edition サーバーは、ユーザーとアプリケーションをホストします (ビット位置 1 と 3)。10: Enterprise Edition server, hosts users and applications (bit positions 1 and 3)
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-PoolVersionmsRTCSIP-PoolVersion
この属性は、プールのバージョンを定義します。This attribute defines the pool version. これは、主要な製品リリースごとにインクリメントされる整数型です。It is an integer type that is incremented with each major product release.
有効な値の種類は次のとおりです。The possible valid value types are as follows:
0: Live Communications Server 20030: Live Communications Server 2003
1: Live Communications Server 20051: Live Communications Server 2005
2: Live Communications Server 2005 SP12: Live Communications Server 2005 with SP1
3: Office Communications Server 20073: Office Communications Server 2007
4: Office Communications Server 2007 R24: Office Communications Server 2007 R2
5: Lync Server 20105: Lync Server 2010
Live Communications Server 2005 SP1。Live Communications Server 2005 with SP1.
msRTCSIP-PresenceFlagsmsRTCSIP-PresenceFlags
この属性には、プレゼンス設定を定義するオプションとフラグが含まれる。This attribute contains options and flags that define presence settings.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-PresencePolicymsRTCSIP-PresencePolicy
この属性には、プレゼンス ポリシー オブジェクトの DN が含まれる。This attribute contains the DN for a presence policy object.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-PrimaryHomeServermsRTCSIP-PrimaryHomeServer
この属性により、ユーザーまたは連絡先が SIP メッセージングに使用できます。This attribute enables a user or contact for SIP messaging. 中央フォレスト トポロジでは、ユーザー オブジェクトではなく連絡先オブジェクトが SIP が有効になっているため、連絡先クラスに追加されます。It is added to the contact class because in the central forest topology, contact objects, not user objects, are SIP enabled.
有効な値は、ユーザーがホームに設定されている Standard Edition サーバーまたは Enterprise Edition フロントエンド プールの DN です。The valid value is the DN of the Standard Edition server or Enterprise Edition Front End pool where a user is homed.
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-PrimaryUserAddressmsRTCSIP-PrimaryUserAddress
この属性には、特定のユーザーの SIP アドレスが含まれる。This attribute contains the SIP address of a given user.
-
msRTCSIP-PrivateLinemsRTCSIP-PrivateLine
この属性には、プライベート回線デバイスのデバイス ID が含まれる。This attribute contains the device ID of the private line device.
Lync Server 2010 の新機能。New in Lync Server 2010.
msRTCSIP-RoutablemsRTCSIP-Routable
この属性は、Skype for Business Server が GRUU アドレスを使用してこのサービスへのルーティングを承認されているかどうかを判断するために使用されるブール属性です。This attribute is a Boolean attribute used to determine whether Skype for Business Server is authorized to route to this service using its GRUU address. この値が TRUE に設定されている場合、Skype for Business Server は、このサービスへのルーティングを承認されます。If this value is set to TRUE, Skype for Business Server is authorized to route to this service. この値が FALSE に設定されている場合、Skype for Business Server は、このサービスへのルーティングを承認されません。If this value is set to FALSE, Skype for Business Server is not authorized to route to this service.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-RouteUsageAttribute (廃止)msRTCSIP-RouteUsageAttribute (obsolete)
この単一値 UNICODE 文字列属性は、電話ルートの使用法を指定する属性を定義します。This single-valued UNICODE string attribute defines an attribute that qualifies the usage for a phone route. 電話ルートの選択は、電話ルートに割り当てられた usage 属性と発信者が許可するポリシー使用属性の 2 つの要素に基づいて決定されます。Selection of a phone route is determined based on two elements: the usage attribute assigned to the phone route and the caller's allowed policy usage attributes. 発信者の許可された使用法に一致する使用法属性を持つ最初の電話ルートが選択されます。The first phone route with a usage attribute that matches the caller's allowed usage is selected.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-RouteUsageLinks (廃止)msRTCSIP-RouteUsageLinks (obsolete)
この複数値の識別名 (DN) 属性には、ルート使用法の識別名の一覧が含まれる。This multi-valued distinguished name (DN) attribute contains a list of route usage distinguished names.
[転送リンク]: リンク ID 11032Forward link: Link ID 11032
この属性は、対応するバック リンク msRTCSIP-PhoneRouteBL への転送リンクですThis attribute is a forward link to the corresponding back link msRTCSIP-PhoneRouteBL.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-RoutingPoolDNmsRTCSIP-RoutingPoolDN
この属性には、この MCU または信頼済みサービスへのすべての SIP トラフィックが通過する必要があるプールをポイントする DN が含まれる。This attribute contains the DN that points to the pool that all SIP traffic addressed to this MCU or Trusted Service must go through.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-RuleName (廃止)msRTCSIP-RuleName (obsolete)
この単一値の UNICODE 文字列属性は、正規化ルールの表示名を指定します。したがって、管理者が簡単に参照できます。This single-valued UNICODE string attribute specifies the friendly name of the normalization rule, so it can easily be referenced by an administrator.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-SchemaVersionmsRTCSIP-SchemaVersion
この属性は、組織に現在展開されているスキーマ バージョンを表します。This attribute represents the schema version currently deployed in the organization.
-
msRTCSIP-SearchMaxRequests (廃止)msRTCSIP-SearchMaxRequests (obsolete)
この属性は、ユーザーがディレクトリ検索を使用して連絡先を検索するときにディレクトリ検索から返される検索結果の数をCommunicator。This attribute limits the number of search results to be returned from a directory search when a user searches for a contact using Communicator. この属性は、クライアントによって提供される値を上書きします。This attribute will override the value provided by the client.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-SearchMaxResults (廃止)msRTCSIP-SearchMaxResults (obsolete)
この属性は、返される検索要求の数を制限します。This attribute limits the number of search requests returned.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-ServerBLmsRTCSIP-ServerBL
この複数値属性は、識別名 (DN) のリストを含むバック リンクです。This multi-valued attribute is a back link that contains a list of distinguished names (DN). これらの DN は、プールまたは TrustedService オブジェクトをポイント します。These DNs point to a pool or TrustedService object.
この属性は、転送リンク msRTCSIP-TrustedServiceLinks に対応しますThis attribute corresponds to the forward link msRTCSIP-TrustedServiceLinks.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-ServerDatamsRTCSIP-ServerData
この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
-
msRTCSIP-ServerReferenceBL (廃止)msRTCSIP-ServerReferenceBL (obsolete)
この複数値属性には、識別名のリストが含まれる。This multi-valued attribute contains a list of distinguished names. これらの識別名は、既定の場所プロファイルを割り当て可能な他のサーバー オブジェクトを参照するバック リンクです。These distinguished names are back links that reference other server objects that can be assigned a default location profile.
バック リンク: リンク ID 11037Back link: Link ID 11037
このバック リンクへの対応する前方リンクは msRTCSIP-DefaultLocationProfileLink ですThe corresponding forward link to this back link is msRTCSIP-DefaultLocationProfileLink.
このバック リンク属性は、プールと仲介サーバーのみを参照します。This back link attribute references pools and Mediation Servers only.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-ServerVersionmsRTCSIP-ServerVersion
この属性は、サーバーのバージョン情報を定義します。This attribute defines the version information of the server. このバージョン番号は、すべてのサーバーの役割に適用されます。This version number applies to all server roles. これは、正式な製品リリースごとに増加する単調に増加する整数です。It is a monotonously increasing integer that increments with each official product release.
有効な値は次のとおりです。The possible valid values are as follows:
未定義: Live Communications Server 2003Undefined: Live Communications Server 2003
Live Communications Server 2005Live Communications Server 2005
Live Communications Server 2005 with SP1Live Communications Server 2005 with SP1
3: Office Communications Server 20073: Office Communications Server 2007
4: Office Communications Server 2007 R24: Office Communications Server 2007 R2
5: Lync Server 20105: Lync Server 2010
6: Lync Server 20136: Lync Server 2013
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-SourceObjectTypemsRTCSIP-SourceObjectType
この整数型の単一値属性は 、msDS-SourceObjectDN がポイントするオブジェクトの種類を次のように指定します。This single-valued attribute of integer type specifies the type of object the msDS-SourceObjectDN points to, as follows:
nullnull
0x000000001: 別Windows NTのサーバー プリンシパル ユーザー オブジェクトを表します0x00000001: Represents a Windows NT Server principal user object from a different forest
次の属性は、配布グループ展開用の別のフォレストのグループの種類を表します。The following attributes represent a group type from a different forest for distribution group expansion:
0x00000002: ADS_GROUP_TYPE_GLOBAL_GROUP0x00000002: ADS_GROUP_TYPE_GLOBAL_GROUP
0x00000004: ADS_GROUP_TYPE_DOMAIN_LOCAL_GROUP0x00000004: ADS_GROUP_TYPE_DOMAIN_LOCAL_GROUP
0x00000004: ADS_GROUP_TYPE_LOCAL_GROUP0x00000004: ADS_GROUP_TYPE_LOCAL_GROUP
0x00000008: ADS_GROUP_TYPE_UNIVERSAL_GROUP0x00000008: ADS_GROUP_TYPE_UNIVERSAL_GROUP
0x80000000: ADS_GROUP_TYPE_SECURITY_ENABLED0x80000000: ADS_GROUP_TYPE_SECURITY_ENABLED
0x90000000: 同じフォレストまたは別のフォレストからの自動応答またはサブスクライバー アクセス オブジェクトを表します0x90000000: Represents an Auto-Attendant or subscriber access object from the same forest or a different forest
msRTCSIP-SubscriptionAuthRequired (廃止)msRTCSIP-SubscriptionAuthRequired (obsolete)
-
Live Communications Server 2003 の新機能。New in Live Communications Server 2003.
Live Communications Server 2005 では使用されなくなりました。Obsolete in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-TargetHomeServermsRTCSIP-TargetHomeServer
この属性を使用すると、ユーザーまたは連絡先オブジェクトを Skype for Business Server プール間で移動できます。This attribute enables you to move a user or contact object from one Skype for Business Server pool to another. 中央フォレスト トポロジでは、ユーザー オブジェクトではなく連絡先オブジェクトが SIP に対応しているという理由で、この属性が連絡先クラスに追加されます。This attribute is added to the contact class, because in the central forest topology, contact objects, not user objects, are SIP enabled.
有効な値は、ユーザーの移動先の Standard Edition サーバーまたはフロントエンド プールの DN です。The valid value is the DN of the destination Standard Edition server or Front End pool to which a user is to be moved.
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-TargetPhoneNumber (廃止)msRTCSIP-TargetPhoneNumber (obsolete)
この単一値の文字列属性には 、msRTCSIP-Gateways で定義されている指定のゲートウェイにルーティングする電話番号パターンまたは範囲が含まれます。This single-valued string attribute contains a phone number pattern or range to route to the specified gateways defined in msRTCSIP-Gateways.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-TargetUserPoliciesmsRTCSIP-TargetUserPolicies
この属性は、Skype for Business Server ユーザーのターゲット ポリシーの名前と値のペアを格納します。This attribute stores name-value pairs for target policies for Skype for Business Server users.
Lync Server 2010 の新機能。New in Lync Server 2010.
msRTCSIP-TenantIdmsRTCSIP-TenantId
この属性には、テナントの一意の識別子が格納されます。This attribute stores the unique identifier for a tenant.
Lync Server 2010 の新機能。New in Lync Server 2010.
msRTCSIP-Translation (廃止)msRTCSIP-Translation (obsolete)
この属性は Lync Server の音声機能によって使用され、一致が見つかった場合にダイヤル番号に適用される変換文字列が含まれます。This attribute is used by the voice feature of Lync Server and contains the translation string to apply on the dialed number, if a match is found.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-TrustedMCUDatamsRTCSIP-TrustedMCUData
この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-TrustedMCUFQDNmsRTCSIP-TrustedMCUFQDN
この属性は、MCU の FQDN を含む文字列値です。This attribute is a string value that contains the FQDN of the MCU. これは単一値の属性です。This is a single-valued attribute. 各セグメントの有効な値は 63 文字です。FQDN 全体の有効な値は 255 文字です。The valid value for each segment is 63 characters; the valid value for the entire FQDN is 255 characters.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-TrustedProxyDatamsRTCSIP-TrustedProxyData
この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-TrustedProxyFQDNmsRTCSIP-TrustedProxyFQDN
この属性は、プロキシ サーバーを実行しているサーバーの FQDN を含む文字列値です。This attribute is a string value that contains the FQDN of the server running Proxy Server. この属性は単一値です。This attribute is single-valued. 各セグメントの有効な値は 63 文字です。FQDN 全体の有効な値は 255 文字です。The valid value for each segment is 63 characters; the valid value for the entire FQDN is 255 characters.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-TrustedServerDatamsRTCSIP-TrustedServerData
この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
-
msRTCSIP-TrustedServerFQDNmsRTCSIP-TrustedServerFQDN
この属性は、信頼済みサーバーの FQDN を表す単一値属性です。This attribute is a single-valued attribute that represents the FQDN of a trusted server.
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-TrustedServerVersionmsRTCSIP-TrustedServerVersion
この属性は、信頼済みサーバー リスト内のサーバーのバージョン番号を指定します。This attribute specifies the version number of a server in the trusted server list.
有効な値は次のとおりです。The possible valid values are as follows:
NULL: Live Communications Server 2003NULL: Live Communications Server 2003
2: Live Communications Server 20052: Live Communications Server 2005
3: Office Communications Server 20073: Office Communications Server 2007
4: Office Communications Server 2007 R24: Office Communications Server 2007 R2
5: Lync Server 20105: Lync Server 2010
6: Lync Server 20136: Lync Server 2013
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
msRTCSIP-TrustedServiceFlagsmsRTCSIP-TrustedServiceFlags
この属性は、信頼済みサービスに対して有効になっているオプションを定義します。This attribute defines the options that are enabled for the trusted service.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-TrustedServiceLinksmsRTCSIP-TrustedServiceLinks
この複数値属性には、メディア リレー認証サービスなどの信頼済みサービス オブジェクトを参照する識別名 (DN) のリストが含まれる。This multi-valued attribute contains a list of distinguished names (DN) that reference a trusted service object, such as a Media Relay Authentication Service. リモート ユーザーの音声シナリオをサポートするには、メディア リレー認証サービス (音声ビデオ会議サービスを実行しているエッジ サーバー上に物理的に一緒に展開される) をプールに関連付けする必要があります。A Media Relay Authentication Service (physically collocated on the Edge Server running the A/V Conferencing service) must be associated with a pool to support audio scenarios for remote users.
この転送リンク属性に対応するバック リンクは msRTCSIP-ServerBL ですThe corresponding back link to this forward link attribute is msRTCSIP-ServerBL.
UCUC
msRTCSIP-TrustedServicePortmsRTCSIP-TrustedServicePort
この属性は、この GRUU サービスへの接続に使用されるポート番号を定義する整数です。This attribute is an integer that defines the port number used to connect to this GRUU service.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-TrustedServiceTypemsRTCSIP-TrustedServiceType
この属性は、それが表す GRUU サービスの種類を定義する文字列値です。This attribute is a string value that defines the type of GRUU service it represents.
有効な GRUU サービスの種類は次のとおりです。The valid GRUU service types are as follows:
MediationServerMediationServer
ゲートウェイGateway
メディア リレー認証サービス (MRAS)Media Relay Authentication Service (MRAS)
QoSMQoSM
msRTCSIP-UserExtension CWAmsRTCSIP-UserExtension CWA
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-TrustedWebComponentsServerDatamsRTCSIP-TrustedWebComponentsServerData
この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-TrustedWebComponentsServerFQDNmsRTCSIP-TrustedWebComponentsServerFQDN
この属性は、Skype for Business Server Web サービスを実行している IIS サーバーの FQDN を含む文字列値です。This attribute is a string value that contains the FQDN of the IIS server running Skype for Business Server Web Services. これは単一値の属性です。This is a single-valued attribute. 各セグメントの有効な値は 63 文字です。FQDN 全体の有効な値は 255 文字です。The valid value for each segment is 63 characters; the valid value for the entire FQDN is 255 characters.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-UCFlags (廃止)msRTCSIP-UCFlags (obsolete)
この属性は、すべてのユーザーオブジェクトまたは連絡先オブジェクトに対してグローバルに有効にするさまざまな UC オプションを定義します。This attribute defines different UC options that are enabled globally to all user or contact objects. この属性は、整数型のビット マスク値です。This attribute is a bit-mask value of integer type. 各オプションは、ビットが存在することで表されます。Each option is represented by the presence of a bit.
有効な値 (および関連するビット位置) は次のとおりです。The possible valid value (and associated bit position) are as follows:
4: UsePerUserUCPolicy (ビット位置 2)4: UsePerUserUCPolicy (bit position 2)
このビットを設定すると、ユーザーごとに UC ポリシーが定義されます。When this bit is set, the UC policy is defined per user.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-UCPolicy (廃止)msRTCSIP-UCPolicy (obsolete)
この単一値属性には、管理者がこのユーザーに割り当てた UC ポリシーの識別名 (DN) が含まれる。This single-valued attribute contains the distinguished name (DN) of the UC policy that the administrator has assigned for this user.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-UserDomainList (廃止)msRTCSIP-UserDomainList (obsolete)
この属性は、SIP が有効なユーザーをホストするフォレスト内のすべてのドメインの一覧を提供します。This attribute provides a list of all the domains in a forest that host SIP-enabled users. 既定値は空の一覧で、フォレスト内のすべてのドメインが SIP 対応であることを示します。The default is an empty list, indicating that all domains in the forest are SIP-enabled.
有効な値は、個々のドメインのドメイン名を表す複数の文字列です。Valid values are multiple strings representing the domain names of individual domains.
Live Communications Server 2005 の新機能。New in Live Communications Server 2005.
Lync Server 2010 では使用されなくなりました。Obsolete in Lync Server 2010.
msRTCSIP-UserEnabledmsRTCSIP-UserEnabled
この属性は、ユーザーが現在 Skype for Business Server に対して有効になっているかどうかを決定します。This attribute determines whether the user is currently enabled for Skype for Business Server.
-
msRTCSIP-UserExtensionmsRTCSIP-UserExtension
この複数値属性には、名前と値のペアの一覧が "name=value" の形式で含まれます。This multi-valued attribute contains a list of name-value pairs in the format of "name=value." この属性は、グローバル カタログ レプリケーションのマークが付いている。This attribute is marked for global catalog replication.
Live Communications Server 2005 SP1 の新機能。New in Live Communications Server 2005 with SP1.
msRTCSIP-UserLocationProfilemsRTCSIP-UserLocationProfile
この属性には、場所プロファイル オブジェクトをポイントする識別名 (DN) が含まれる。This attribute contains the distinguished name (DN) that points to a location profile object.
Communications Server 2007 R2 Office新機能。New in Office Communications Server 2007 R2.
msRTCSIP-UserPoliciesmsRTCSIP-UserPolicies
この属性には、ユーザー ポリシーの名前と値のペアが格納されます。This attribute stores name-value pairs for user policies.
Lync Server 2010 の新機能。New in Lync Server 2010.
msRTCSIP-UserPolicymsRTCSIP-UserPolicy
これは、さまざまな種類のグローバル ユーザー ポリシーを示すバイナリ (DN_WITH_BINARY) を持つ識別名のリストを含む複数値属性です。This is a multi-valued attribute containing a list of distinguished names with binary (DN_WITH_BINARY) pointing to global user policies of different types. バイナリ パーツは、DN 部分がポイントするポリシーの種類を示します。The binary part indicates the type of policy to which the DN portion points.
有効なバイナリ値は次のとおりです。The valid binary values are as follows:
0x00000001: 会議ポリシー0x00000001: Meeting policy
0x00000002: UC ポリシー0x00000002: UC policy
0x00000005: プレゼンス ポリシー0x00000005: Presence policy
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-UserRoutingGroupIdmsRTCSIP-UserRoutingGroupId
SIP ルーティング グループ ID。同じグループのユーザーは、同じフロントエンド サーバーに登録します。This is the SIP routing group ID. Users in the same group will register to the same Front End Server.
Lync Server 2013 の新機能。New in Lync Server 2013.
msRTCSIP-WebComponentsDatamsRTCSIP-WebComponentsData
これは複数値を持つ属性です。This is a multi-valued attribute. この属性は将来使用するために予約されています。This attribute is reserved for future use.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-WebComponentsPoolAddressmsRTCSIP-WebComponentsPoolAddress
この単一値属性は、Web コンポーネントが属するプールまたは Standard Edition サーバーをポイントします。This single-valued attribute points to the pool or Standard Edition server to which the web components belong.
[転送リンク]: リンク ID 11028Forward link: Link ID 11028
この転送リンク属性に対応するバック リンクは msRTCSIP-WebComponentsServers ですThe corresponding back link to this forward link attribute is msRTCSIP-WebComponentsServers.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-WebComponentsServersmsRTCSIP-WebComponentsServers
この属性は、識別名の複数値リストです。This attribute is a multi-valued list of distinguished names. この属性には、このプールに関連付けられているすべての Web サーバーの一覧が含まれます。This attribute contains a list of all Web servers associated with this pool.
バック リンク: リンク ID 11029Back link: Link ID 11029
このバック リンクへの対応する前方リンクは msRTCSIP-WebComponentsPoolAddress ですThe corresponding forward link to this back link is msRTCSIP-WebComponentsPoolAddress.
Communications Server 2007 Office新機能。New in Office Communications Server 2007.
msRTCSIP-WMIInstanceId (廃止)msRTCSIP-WMIInstanceId (obsolete)
-
Live Communications Server 2003 の新機能。New in Live Communications Server 2003.
Live Communications Server 2005 では使用されなくなりました。Obsolete in Live Communications Server 2005.
OtherIPPhoneOtherIPPhone
この既存の Active Directory 属性は、電話の代替 TCP/IP アドレスの一覧を指定するためにテレフォニーで使用されます。This existing Active Directory attribute is used by telephony to specify the list of alternate TCP/IP addresses for a phone.
Windows Server 2008 オペレーティング システムの新機能。New in Windows Server 2008 operating system.
PhoneOfficeOtherPhoneOfficeOther
この既存の Active Directory 属性は、ユニファイド メッセージングの自動応答番号とサブスクライバー アクセス番号に通話をルーティングする目的でのみ、Skype for Business Server の音声コンポーネントによって使用されます。This existing Active Directory attribute is used by the voice components in Skype for Business Server, for contact objects only, for the purpose of routing calls to the unified messaging auto-attendant and subscriber access numbers. 無条件の呼び出し転送アドレスは、この複数値属性に格納されます。The unconditional call forwarding address is stored in this multi-valued attribute. このアカウントは、自動応答およびサブスクライバー アクセスの特定の目的で作成されます。This account is created for the specific purpose of auto-attendant and subscriber access. このアカウントの属性は、管理者が変更することはできません。This account's attributes should not be modified by administrators.
Windows 2000 オペレーティング システムの新機能。New in Windows 2000 operating system.
ProxyAddressesProxyAddresses
この既存の Active Directory 複数値属性は、Windows 2000 で導入された基本 Active Directory スキーマの一部です。This existing Active Directory multi-valued attribute is part of the base Active Directory schema introduced in Windows 2000. この属性には、ユーザーの電子メールのさまざまな X400、X500、および SMTP アドレスが含まれます。This attribute contains the various X400, X500, and SMTP addresses of the user's email. Live Communications Server 2003 以降では、ユーザーの SIP URI が "sip:" タグを使用してこのリストに追加されます。In Live Communications Server 2003 and later, the user's SIP URI is added to this list, using the "sip:" tag.
次のアプリケーションは、この属性からユーザーの SIP URI を検索します。The following applications search the user's SIP URI from this attribute:
Microsoft Office Outlook 2003 メッセージングおよびコラボレーション クライアントMicrosoft Office Outlook 2003 messaging and collaboration client
Microsoft Office SharePoint Server 2007Microsoft Office SharePoint Server 2007
Windows 2000 オペレーティング システムの新機能。New in Windows 2000 operating system.
TelephoneNumberTelephoneNumber
この既存の Active Directory 属性には、ユーザーの電話番号が含まれます。This existing Active Directory attribute contains the telephone number for the user.
Windows 2000 オペレーティング システムの新機能。New in Windows 2000 operating system.