ErrorReport ビューErrorReport view

ErrorReport ビューには、報告されたエラーに関する情報が格納されます。The ErrorReport view stores information about errors reported. 各レコードは 1 つのエラー発生です。Each record is one error occurrence. エラーは、フロントエンド サーバーで実行されている CDR エージェントまたはクライアントから送信された CDR エージェントによってキャプチャされます。The errors are captured either by the CDR agent running on the front-end server or sent from the client. このビューは、Microsoft Lync Server 2013 で導入されました。This view was introduced in Microsoft Lync Server 2013.

Column データ型Data Type 詳細Details
ErrorTimeErrorTime
日付型datetime
エラーが発生した時刻。エラー を一意に識別するために ErrorReportSeq と併用されます。Time of error occurred. Used in conjunction with ErrorReportSeq to uniquely identify an error.
ErrorReportSeqErrorReportSeq
intint
エラーを識別する ID 番号。エラーを一意に識別するために ErrorTime と併用されます。ID number to identify the error. Used in conjunction with ErrorTime to uniquely identify an error.
MsDiagIdMsDiagId
intint
エラー レポートの診断 ID。Diagnostic ID for the error report.
FromUriFromUri
nvarchar(450)nvarchar(450)
エラーを発生したユーザーの URI。URI of the user who originated the error.
FromUriTypeFromUriType
nvarchar(256)nvarchar(256)
エラーを発生したユーザーの URI の種類。Type of URI of the user who originated the error. 詳細については 、UriTypes の表 を参照してください。See the UriTypes table for more information.
FromTenantFromTenant
nvarchar(256)nvarchar(256)
エラーを発生したユーザーのテナント。Tenant of the user who originated the error. 詳細については 、「テナント」の表 を参照してください。See the Tenants table for more information.
ToUriToUri
nvarchar(450)nvarchar(450)
エラー レポートの対象だったユーザーの URI。URI of the user who was the target of the error report.
ToUriTypeToUriType
nvarchar(256)nvarchar(256)
エラー レポートの対象となるユーザーの URI の種類。Type of URI of the user who target of the error report. 詳細については、「UriTypes Table」を参照してください。See the UriTypes Table for more information.
ToTenantToTenant
nvarchar(256)nvarchar(256)
エラー レポートの対象となるユーザーのテナント。Tenant of the user who target of the error report. 詳細については 、「テナント」の表 を参照してください。See the Tenants table for more information.
ConferenceUriConferenceUri
nvarchar(450)nvarchar(450)
エラー レポートの対象だった電話会議の URI。URI of the conference that was the target of the error report.
ConferenceUriTypeConferenceUriType
nvarchar(256)nvarchar(256)
エラー レポートの対象だった電話会議の URI の種類。URI type of the conference that was the target of the error report. 詳細については 、UriTypes の表 を参照してください。See the UriTypes table for more information.
SessionIdTimeSessionIdTime
日付型datetime
エラー 報告を発生したセッション要求の時刻。Time of session request that originated the error report. セッションを一意に識別するために SessionIdSeq と組み合わせて使用されます。Used in conjunction with SessionIdSeq to uniquely identify a session. 詳細については 、Skype for Business Server 2015 の Dialogs テーブルを参照してください。See the Dialogs table in Skype for Business Server 2015 for more information.
SessionIdSeqSessionIdSeq
intint
エラー 報告を発生したセッション要求を識別する ID 番号。ID number to identify the session request that originated the error report. セッションを一意に識別するために SessionIdTime と組み合わせて使用されます。Used in conjunction with SessionIdTime to uniquely identify a session. 詳細については 、Skype for Business Server 2015 の Dialogs テーブルを参照してください。See the Dialogs table in Skype for Business Server 2015 for more information.
DialogIdDialogId
varstring(775)varstring(775)
エラーが発生したセッションの SIP ダイアログ ID。SIP dialog ID of session that originated the error. 形式は次のとおりです。The format is:
dialog;from-tag;to-tagdialog;from-tag;to-tag
このデータは、次の構文を使用してテキスト形式に変換できます。This data can be converted to text format by using this syntax:
cast(cast(ExternalId as varbinary(max)) as varchar(max))cast(cast(ExternalId as varbinary(max)) as varchar(max))
ClientVersionClientVersion
nvarchar(256)nvarchar(256)
エラーを発生したユーザーが使用するクライアントのバージョン。Version of client used by the user who originated the error.
ClientTypeClientType
intint
エラーを発生したユーザーが使用するクライアント。Client used by the user who originated the error. 詳細については 、UserAgentDef の表 を参照してください。See the UserAgentDef table for more details.
ClientCategoryClientCategory
nvarchar(64)nvarchar(64)
エラーを発生したユーザーが使用するクライアントのカテゴリの名前。Name of the category of the client used by the user who originated the error.
SourceSource
nvarchar(256)nvarchar(256)
エラーを発生させたサーバーの名前 (サーバー コンポーネントからレポートが送信された場合)。Name of server that originated the error (if report was sent from a server component).
アプリケーションApplication
nvarchar(256)nvarchar(256)
エラーを発生させたアプリケーションの名前 (サーバー コンポーネントからレポートが送信された場合)。Name of application that originated the error (if report was sent from a server component).
ResponseCodeResponseCode
intint
エラー レポートを含む SIP メッセージのセッションに対する SIP 応答コード。SIP response code to the session of the SIP message containing the error report.
RequestTypeRequestType
varchar(max)varchar(max)
失敗した要求の種類。Type of request that failed.
ContentTypeContentType
varchar(max)varchar(max)
失敗した要求のコンテンツ タイプ。Content type of the request that failed.
CallTypeCallType
nvarchar(256)nvarchar(256)
セッションの種類。Type of session. 詳細については 、Skype for Business Server 2015 の CallType テーブルを参照してください。See the CallType table in Skype for Business Server 2015 for more information.
TelemetryIdTelemetryId
uniqueidentifieruniqueidentifier
会議に関するさまざまなコンポーネントの参加時間情報に関係する一意の識別子。Unique identifier correlating join time information for the different components involved in a conference.
SetupTimeSetupTime
intint
特定のコンポーネントが会議に参加するのに必要な時間 (ミリ秒)。Time (in milliseconds) required for a specific component to join a conference.
IsCapturedByServerIsCapturedByServer
bitbit
エラー 報告がフロントエンド サーバーで実行されている CDR エージェントによってキャプチャされたのか、それともクライアントによって送信されたのかを示します。Indicates whether the error report was captured by the CDR agent running on the Front End server, or sent by the client.
FlagFlag
smallintsmallint
将来使用するために予約されています。Reserved for future use.
MsDiagHeaderMsDiagHeader
varchar(max)varchar(max)
エラーに関する追加情報。Additional information about the error.
FrontEndFrontEnd
nvarcharnvarchar
レポートを送信したフロントエンド サーバーの完全修飾ドメイン名。Fully qualified domain name of the Front End server that submitted the report.
PoolPool
nvarcharnvarchar
レポートを送信したフロントエンド サーバーを含むプールの完全修飾ドメイン名。Fully qualified domain name of the pool containing the Front End server that submitted the report.