Get-CcApplianceDirectoryGet-CcApplianceDirectory

Get-CcApplianceDirectory コマンドレットは、Skype for Business Cloud Connector エディションのホスト サーバーでの作業ディレクトリを取得します。すべての展開ファイルはこのディレクトリに保存されます。The Get-CcApplianceDirectory cmdlet retrieves the working directory on the Skype for Business Cloud Connector Edition host server. All deployment files are stored in this directory.

このコマンドレットは Skype for Business Cloud Connector エディション 1.4.1、1.4.2 に適用されます。This cmdlet applies to Skype for Business Cloud Connector Edition 1.4.1, 1.4.2.

Get-CcApplianceDirectory

パラメーターParameters

なしNone

Examples

例 1Example 1

次の例は、クラウドコネクタコンポーネントの構成ファイルと仮想マシンファイルが保存されている現在のフォルダーを示しています。The following example shows the current folder where configuration and virtual machine files of Cloud Connector components are stored:

Get-CcApplianceDirectory

解説Detailed Description

CcApplianceDirectory コマンドレットは、クラウドコネクタアプライアンスのすべての構成ファイル、仮想マシンのファイル、ログ、外部証明書が保存されている場所を示します。The Get-CcApplianceDirectory cmdlet shows where all configuration and virtual machine files, logs, and external certificates are stored for the Cloud Connector appliance.

各クラウドコネクタアプライアンスには、仲介サーバー、中央管理ストア、エッジサーバー、ドメインコントローラーという4つのコンポーネントがあります。Each Cloud Connector appliance has four components: Mediation Server, Central Management Store, Edge Server, and a Domain Controller. 既定のフォルダーは C:\Users%userprofile%\CloudConnector\ApplianceRoot.The default folder is C:\Users%userprofile%\CloudConnector\ApplianceRoot. Set-CCApplianceDirectory コマンドレットを使用してこのフォルダーを変更できます。You can change this folder by using the Set-CCApplianceDirectory cmdlet.

入力の種類Input Types

なし。Get-CCApplianceDirectory コマンドレットはパイプライン入力を受け入れません。None. The Get-CCApplianceDirectory cmdlet does not accept pipelined input.

戻り値の種類Return Types

このコマンドはファイル パスを返します。The command returns a file path.

関連項目See also

Set-CcApplianceDirectorySet-CcApplianceDirectory