Microsoft OLE DB Provider for Internet パブリッシングの概要Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishing Overview

Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishing は、ADO を Microsoft または Microsoft インターネット インフォメーション サーバーによって提供されるリソースにアクセスできます。The Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishing allows ADO to access resources served by Microsoft FrontPage or Microsoft Internet Information Server. リソースには、HTML ファイル、または Windows 2000 web フォルダーなどの web ソース ファイルが含まれます。Resources include web source files such as HTML files, or Windows 2000 web folders.

接続文字列パラメーターConnection String Parameters

このプロバイダーに接続するには、設定、プロバイダーの引数、 ConnectionStringプロパティ。To connect to this provider, set the Provider argument of the ConnectionString property to:

MSDAIPP.DSO

この値も設定またはを使用して読み取る、プロバイダープロパティ。This value can also be set or read using the Provider property.

一般的な接続文字列Typical Connection String

このプロバイダーの一般的な接続文字列は次のとおりです。A typical connection string for this provider is:

"Provider=MSDAIPP.DSO;Data Source=ResourceURL;User ID=MyUserID;Password=MyPassword;"

- または --or-

"URL=ResourceURL;User ID=MyUserID;Password=MyPassword;"

文字列は、これらのキーワードで構成されます。The string consists of these keywords:

KeywordKeyword 説明Description
ProviderProvider OLE DB Provider for Internet Publishing を指定します。Specifies the OLE DB Provider for Internet Publishing.
データ ソース- または - URLData Source -or- URL ファイルまたは Web フォルダーに発行されるディレクトリの URL を指定します。Specifies the URL of a file or directory published in a Web Folder.
User IDUser ID ユーザー名を指定します。Specifies the user name.
PasswordPassword ユーザーのパスワードを指定します。Specifies the user password.

注意

Windows 認証をサポートするデータ ソース プロバイダーに接続するかどうかは、する必要がありますを指定するTrusted_Connection = yesまたはIntegrated Security = SSPIユーザー ID とパスワードの代わりに接続文字列の情報です。If you are connecting to a data source provider that supports Windows authentication, you should specify Trusted_Connection=yes or Integrated Security = SSPI instead of user ID and password information in the connection string.

設定した場合、 ResourceURL値から、"URL ="で無効な値への接続文字列、既定では、インターネット パブリッシング用プロバイダーを発生させます有効な値を要求するダイアログ ボックス。If you set the ResourceURL value from the "URL=" in the connection string to an invalid value, by default the Internet Publishing Provider raises a dialog box to prompt for a valid value. これは、ダイアログ ボックスがオフになってされ、コンポーネントからの応答を受信していないため、固定するのには、クライアントが表示されるまで、プログラムの実行を中断しますので、アプリケーションの中間層のコンポーネントの動作が望ましくないです。This is undesirable behavior for a component in the middle tier of an application, because it suspends program execution until the dialog box is cleared and the client appears to freeze because it has not received a response from the component.

注意

場合 MSDAIPP します。DSO は、プロバイダーのいずれかの値として明示的に指定された、プロバイダー接続文字列キーワード、またはプロバイダープロパティは使用できません"URL ="接続文字列にします。If MSDAIPP.DSO is explicitly specified as the value of the provider, either with the Provider connection string keyword or the Provider property, you cannot use "URL=" in the connection string. この場合、エラーが発生します。If you do, an error will occur. 代わりに、トピックに示すように単純に、URL を指定ADO、OLE DB Provider for Internet Publishing とを使用してします。Instead, simply specify the URL as shown in the topic Using ADO with the OLE DB Provider for Internet Publishing.

関連項目See Also

インターネットのシナリオへの発行 OLE DB Provider for Internet PublishingInternet Publishing Scenario The OLE DB Provider for Internet Publishing