Microsoft OLE DB Provider for Oracle の概要Microsoft OLE DB Provider for Oracle Overview

重要

この機能は、今後のバージョンの Windows では削除される予定です。This feature will be removed in a future version of Windows. 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。Avoid using this feature in new development work, and plan to modify applications that currently use this feature. 代わりに、Oracle の OLE DB プロバイダーを使用します。Instead, use Oracle's OLE DB provider.

Microsoft OLE DB Provider for Oracle により、ADO は Oracle データベースにアクセスできます。The Microsoft OLE DB Provider for Oracle allows ADO to access Oracle databases.

接続文字列パラメーターConnection String Parameters

このプロバイダーに接続するには、 ConnectionStringプロパティのprovider引数を次のように設定します。To connect to this provider, set the Provider argument of the ConnectionString property to:

MSDAORA

プロバイダープロパティを読み取ると、この文字列も返されます。Reading the Provider property will return this string as well.

キーセットカーソルまたは動的カーソルを使用した結合クエリが Oracle データベースで実行されると、エラーが発生します。If a join query with a keyset or dynamic cursor is executed in an Oracle database, an error occurs. Oracle では、静的な読み取り専用カーソルのみがサポートされます。Oracle only supports a static read-only cursor.

一般的な接続文字列Typical Connection String

このプロバイダーの一般的な接続文字列は次のとおりです。A typical connection string for this provider is:

"Provider=MSDAORA;Data Source=serverName;User ID=MyUserID; Password=MyPassword;"

文字列は、次のキーワードで構成されています。The string consists of these keywords:

キーワードKeyword 説明Description
プロバイダーProvider Oracle の OLE DB プロバイダーを指定します。Specifies the OLE DB Provider for Oracle.
データ ソースData Source サーバーの名前を指定します。Specifies the name of a server.
[ユーザー ID]User ID ユーザー名を指定します。Specifies the user name.
パスワードPassword ユーザーのパスワードを指定します。Specifies the user password.

注意

Windows 認証をサポートするデータソースプロバイダーに接続する場合は、接続文字列にユーザー ID とパスワードの情報ではなく、 Trusted_Connection = yes または INTEGRATED Security = SSPI を指定する必要があります。If you are connecting to a data source provider that supports Windows authentication, you should specify Trusted_Connection=yes or Integrated Security = SSPI instead of user ID and password information in the connection string.

プロバイダー固有の接続パラメーターProvider-Specific Connection Parameters

プロバイダーは、ADO によって定義されているものに加えて、いくつかのプロバイダー固有の接続パラメーターをサポートしています。The provider supports several provider-specific connection parameters in addition to those defined by ADO. ADO の接続プロパティと同様に、これらのプロバイダー固有のプロパティは、接続propertiesコレクションまたはConnectionStringの一部として設定できます。As with the ADO connection properties, these provider-specific properties can be set via the Properties collection of a Connection or as part of the ConnectionString.

これらのパラメーターの詳細については OLE DB プログラマーリファレンス」を参照してください。These parameters are fully described in the OLE DB Programmer's Reference. ADO 動的プロパティインデックスは、これらのパラメーター名と、対応する OLE DB プロパティとの間の相互参照を提供します。The ADO Dynamic Property Index provides a cross-reference between these parameter names and the corresponding OLE DB properties.

パラメーターParameter 説明Description
ウィンドウ ハンドルWindow Handle 追加情報の入力を求めるために使用するウィンドウハンドルを示します。Indicates the window handle to use to prompt for additional information.
[Locale Identifier]Locale Identifier ユーザーの言語に関連する設定を指定する32ビットの一意の数値 (1033 など) を示します。Indicates a unique 32-bit number (for example, 1033) that specifies preferences related to the user's language. これらの設定は、日付と時刻を書式設定する方法、アルファベット順に並べ替えられる項目、文字列を比較する方法などを指定します。These preferences indicate how dates and times are formatted, items are sorted alphabetically, strings are compared, and so on.
OLE DB サービスOLE DB Services 有効または無効にする OLE DB サービスを指定するビットマスクを示します。Indicates a bitmask that specifies OLE DB services to enable or disable.
プロンプトPrompt 接続の確立中にユーザーにプロンプトを表示するかどうかを示します。Indicates whether to prompt the user while a connection is being established.
Extended PropertiesExtended Properties プロバイダー固有の拡張接続情報を含む文字列。A string containing provider-specific, extended connection information. このプロパティは、プロパティメカニズムでは記述できないプロバイダー固有の接続情報に対してのみ使用します。Use this property only for provider-specific connection information that cannot be described through the property mechanism.

参照See Also

ConnectionString プロパティ (ado) プロバイダープロパティ (ado ) レコードセットオブジェクト (ado)ConnectionString Property (ADO) Provider Property (ADO) Recordset Object (ADO)