Microsoft OLE DB Provider for SQL Server の概要

Microsoft OLE DB Provider for SQL Server SQLOLEDB を使用すると、ADO はMicrosoft SQL Serverにアクセスできます。

重要

Microsoft OLE DB Provider for SQL Server (SQLOLEDB) は非推奨のままであり、新しい開発作業には使用しないことをお勧めします。 代わりに、新しい Microsoft OLE DB Driver for SQL Server (MSOLEDBSQL) を使用します。これは、最新のサーバー機能で更新されます。

接続文字列パラメーター

このプロバイダーに接続するには、 Provider 引数を ConnectionString プロパティに次の値に設定します。

SQLOLEDB

この値は、 Provider プロパティを使用して設定または読み取ることもできます。

一般的な接続文字列

このプロバイダーの一般的な接続文字列は次のとおりです。

"Provider=SQLOLEDB;Data Source=serverName;"
Initial Catalog=databaseName;
User ID=MyUserID;Password=MyPassword;"

文字列は、次のキーワードで構成されます。

キーワード 説明
プロバイダー OLE DB Provider for SQL Serverを指定します。
データ ソース または サーバー サーバーの名前を指定します。
初期カタログ または データベース サーバー上のデータベースの名前を指定します。
ユーザー ID または uid ユーザー名 (SQL Server認証用) を指定します。
パスワード または pwd ユーザー パスワードを指定します (SQL Server認証用)。

注意

Windows 認証をサポートするデータ ソース プロバイダーに接続する場合は、接続文字列のユーザー ID とパスワード情報ではなく、Trusted_Connection =yes または Integrated Security = SSPI を指定する必要があります。

Provider-Specific接続パラメーター

プロバイダーは、ADO で定義されている接続パラメーターに加えて、プロバイダー固有の複数の接続パラメーターをサポートしています。 ADO 接続プロパティと同様に、これらのプロバイダー固有のプロパティは、Connection の Properties コレクションを使用して設定することも、ConnectionString の一部として設定することもできます。

パラメーター 説明
Trusted_Connection ユーザー認証モードを示します。 これは、[ はい ] または [いいえ] に設定できます。 既定値は [いいえ] です。 このプロパティが [はい] に設定されている場合、SQLOLEDB は Microsoft Windows NT 認証モードを使用して、Location プロパティ値と Datasource プロパティ値で指定されたSQL Server データベースへのユーザー アクセスを承認します。 このプロパティが No に設定されている場合、SQLOLEDB は混合モードを使用して、SQL Server データベースへのユーザー アクセスを承認します。 SQL Serverログインとパスワードは、[ユーザー ID] プロパティと [パスワード] プロパティで指定します。
[現在の言語] SQL Server言語名を示します。 システム メッセージの選択や書式設定に使われる言語を示します。 言語はSQL Serverにインストールする必要があります。そうしないと、接続を開けなくなります。
[ネットワーク アドレス] Location プロパティで指定されたSQL Serverのネットワーク アドレスを示します。
Network Library SQL Serverとの通信に使用するネットワーク ライブラリ (DLL) の名前を示します。 この名前には、パスやファイル拡張子 (.dll) は含めません。 既定値は、SQL Server クライアント構成によって提供されます。
準備の手順 コマンドの準備時SQL Server一時ストアド プロシージャを作成するかどうかを決定します (Prepared プロパティによって)。
自動翻訳 OEM/ANSI 文字が変換されるかどうかを示します。 このプロパティは True または False に設定できます。 既定値は True です。 このプロパティが True に設定されている場合、SQLOLEDB は、複数バイトの文字列がSQL Serverから取得または送信されるときに OEM/ANSI 文字変換を実行します。 このプロパティが False に設定されている場合、SQLOLEDB は、マルチバイト文字列データに対して OEM/ANSI 文字変換を実行しません。
Packet Size ネットワーク パケット サイズをバイト単位で示します。 パケット サイズプロパティの値は、512 ~ 32767 の間である必要があります。 既定の SQLOLEDB ネットワーク パケット サイズは 4096 です。
アプリケーション名 クライアント アプリケーション名を示します。
[ワークステーション ID] ワークステーションを識別する文字列。

コマンド オブジェクトの使用

SQLOLEDB は、有効な構文として ODBC、ANSI、およびSQL Server固有の Transact-SQL のアマルガムを受け入れます。 たとえば、次の SQL ステートメントでは、ODBC SQL のエスケープ シーケンスを使用して、LCASE 文字列関数を指定しています。

SELECT customerid={fn LCASE(CustomerID)} FROM Customers

LCASE 関数は、大文字をすべて小文字に変換した文字列を返します。 ANSI SQL文字列関数 LOWER は同じ操作を実行するため、次のSQLステートメントは、前に示した ODBC ステートメントと同等の ANSI です。

SELECT customerid=LOWER(CustomerID) FROM Customers

SQLOLEDB は、コマンドのテキストとして指定された場合に、ステートメントのいずれかの形式を正常に処理します。

ストアド プロシージャ

SQLOLEDB コマンドを使用してSQL Serverストアド プロシージャを実行する場合は、コマンド テキストで ODBC プロシージャ呼び出しエスケープ シーケンスを使用します。 その後、SQLOLEDB は、SQL Serverのリモート プロシージャ コール メカニズムを使用して、コマンド処理を最適化します。 たとえば、次の ODBC SQL ステートメントは、Transact-SQL フォームよりも優先されるコマンド テキストです。

ODBC SQL

{call SalesByCategory('Produce', '1995')}

Transact-SQL

EXECUTE SalesByCategory 'Produce', '1995'

SQL Server の機能

SQL Serverでは、ADO はコマンド入力に XML を使用し、レコードセット オブジェクトではなく XML ストリーム形式で結果を取得できます。 詳細については、「コマンド入力にストリームを使用して結果セットをストリームに取得する」を参照してください。

MDAC 2.7、MDAC 2.8、または DAC 6.0 Windowsを使用したsql_variant データへのアクセス

Microsoft SQL Serverには、sql_variantと呼ばれるデータ型があります。 OLE DB の DBTYPE_VARIANTと同様に、 sql_variant データ型には、いくつかの異なる型のデータを格納できます。 ただし、DBTYPE_VARIANTsql_variantにはいくつかの重要な違いがあります。 ADO では、他のデータ型の処理方法とは異なる 方法で、sql_variant 値として格納されたデータも処理されます。 次の一覧では、sql_variant型の列に格納SQL Serverデータにアクセスするときに考慮すべき問題について説明します。

  • MDAC 2.7、MDAC 2.8、および Windows データ アクセス コンポーネント (Windows DAC) 6.0 では、OLE DB Provider for SQL Serverはsql_variantの種類をサポートしています。 OLE DB Provider for ODBC では使用できません。

  • sql_variant型は、DBTYPE_VARIANTデータ型と完全には一致しません。 sql_variant型では、GUIDANSI (非 UNICODE) 文字列、BIGINT など、DBTYPE_VARIANTでサポートされていないいくつかの新しいサブタイプがサポートされています。 前述のサブタイプ以外のサブタイプを使用すると、正しく機能します。

  • sql_variant サブタイプ NUMERIC、サイズのDBTYPE_DECIMALと一致しません。

  • 複数のデータ型強制型が一致しない型になります。 たとえば、GUID のサブタイプを持つsql_variantDBTYPE_VARIANTに強制すると、safearray(bytes) のサブタイプになります。 この型を sql_variant に変換すると、 配列 (バイト) の新しいサブタイプが作成されます。

  • sql_variant データを含むレコードセット フィールドは、リモート処理 (マーシャリング) することも、sql_variantに特定のサブタイプが含まれている場合にのみ永続化することもできます。 次のサポートされていないサブタイプを使用してデータをリモートまたは永続化しようとすると、Microsoft 永続化プロバイダー (MSPersist) からの実行時エラー (サポートされていない変換) が発生します。 VT_VARIANTVT_RECORDVT_ILLEGALVT_UNKNOWNVT_BSTRおよびVT_DISPATCH。

  • MDAC 2.7、MDAC 2.8、および Windows DAC 6.0 の OLE DB Provider for SQL Serverには、ネイティブ バリアントの許可という動的プロパティがあり、名前が示すように、開発者はDBTYPE_VARIANTではなくネイティブ形式でsql_variantにアクセスできます。 このプロパティを設定し、クライアント カーソル エンジン (adUseClient) で Recordset を開くと、Recordset.Open 呼び出しは失敗します。 このプロパティを設定し、サーバー カーソル (adUseServer) を使用して Recordset を開くと、Recordset.Open 呼び出しは成功しますが、sql_variant型の列にアクセスするとエラーが発生します。

  • MDAC 2.5 を使用するクライアント アプリケーションでは、sql_variant データをMicrosoft SQL Serverに対するクエリで使用できます。 ただし、 sql_variant データの値は文字列として扱われます。 このようなクライアント アプリケーションは、MDAC 2.7、MDAC 2.8、または DAC 6.0 Windowsにアップグレードする必要があります。

レコードセットの動作

SQLOLEDB では、SQL Server カーソルを使用して、多くのコマンドによって生成される複数の結果をサポートすることはできません。 コンシューマーがSQL Serverカーソルのサポートを必要とするレコードセットを要求した場合、使用されるコマンド テキストで結果として 1 つ以上のレコードセットが生成された場合、エラーが発生します。

スクロール可能な SQLOLEDB レコードセットは、SQL Server カーソルでサポートされています。 SQL Server では、他のデータベース ユーザーの変更によって影響を受けるカーソルに制限が設けらます。 具体的には、一部のカーソル内の行を並べ替えることができないため、SQL ORDER BY 句を含むコマンドを使用してレコードセットを作成しようとすると失敗する可能性があります。

動的プロパティ

Microsoft OLE DB Provider for SQL Serverは、開いていない接続レコードセットおよびコマンド オブジェクトの Properties コレクションにいくつかの動的プロパティを挿入します。

次の表は、各動的プロパティの ADO 名と OLE DB 名のクロスインデックスです。 OLE DB プログラマリファレンスは、"Description" という用語で ADO プロパティ名を参照します。これらのプロパティの詳細については、OLE DB プログラマ リファレンスを参照してください。 インデックスで OLE DB プロパティ名を検索するか、「 付録 C: OLE DB プロパティ」を参照してください。

Connection の動的プロパティ

次のプロパティは、接続オブジェクトの Properties コレクションに追加されます。

ADO プロパティ名 OLE DB プロパティ名
Active sessions DBPROP_ACTIVESESSIONS
Asynchable Abort (非同期で起こる中止) DBPROP_ASYNCTXNABORT
Asynchable Commit (非同期のコミット) DBPROP_ASYNCTNXCOMMIT
Autocommit Isolation Levels (オートコミット分離レベル) DBPROP_SESS_AUTOCOMMITISOLEVELS
Catalog Location (カタログの場所) DBPROP_CATALOGLOCATION
Catalog Term (カタログ用語) DBPROP_CATALOGTERM
Column Definition (列の定義) DBPROP_COLUMNDEFINITION
Connect Timeout DBPROP_INIT_TIMEOUT
Current Catalog (現在のカタログ) DBPROP_CURRENTCATALOG
Data Source DBPROP_INIT_DATASOURCE
データ ソース名 DBPROP_DATASOURCENAME
Data Source Object Threading Model (データ ソース オブジェクト スレッド モデル) DBPROP_DSOTHREADMODEL
DBMS Name (DBMS 名) DBPROP_DBMSNAME
DBMS Version (DBMS バージョン) DBPROP_DBMSVER
Extended Properties DBPROP_INIT_PROVIDERSTRING
GROUP BY Support (GROUP BY をサポートする) DBPROP_GROUPBY
Heterogeneous Table Support (異なるテーブルのサポート) DBPROP_HETEROGENEOUSTABLES
Identifier Case Sensitivity (識別子の大文字と小文字の区別) DBPROP_IDENTIFIERCASE
Initial Catalog DBPROP_INIT_CATALOG
分離レベル DBPROP_SUPPORTEDTXNISOLEVELS
Isolation Retention (分離の保持) DBPROP_SUPPORTEDTXNISORETAIN
[Locale Identifier] DBPROP_INIT_LCID
Maximum Index Size (インデックスの最大サイズ) DBPROP_MAXINDEXSIZE
Maximum Row Size (行の最大サイズ) DBPROP_MAXROWSIZE
Maximum Row Size Includes BLOB (行の最大サイズは BLOB を含む) DBPROP_MAXROWSIZEINCLUDESBLOB
Maximum Tables in SELECT (SELECT の最大のテーブル) DBPROP_MAXTABLESINSELECT
Multiple Parameter Sets (複数のパラメーター セット) DBPROP_MULTIPLEPARAMSETS
複数の結果 DBPROP_MULTIPLERESULTS
Multiple Storage Objects (複数のストレージ オブジェクト) DBPROP_MULTIPLESTORAGEOBJECTS
Multi-Table Update (複数テーブルの更新) DBPROP_MULTITABLEUPDATE
NULL Collation Order (NULL 照合順序) DBPROP_NULLCOLLATION
NULL Concatenation Behavior (NULL 連結ビヘイビアー) DBPROP_CONCATNULLBEHAVIOR
OLE DB Version (OLE DB バージョン) DBPROP_PROVIDEROLEDBVER
OLE Object Support (OLE オブジェクトのサポート) DBPROP_OLEOBJECTS
Open Rowset Support (行セットのサポートをオープンする) DBPROP_OPENROWSETSUPPORT
ORDER BY Columns in Select List (選択リストの ORDER BY 列) DBPROP_ORDERBYCOLUMNSINSELECT
Output Parameter Availability (出力パラメーターが使用可能かどうか) DBPROP_OUTPUTPARAMETERAVAILABILITY
Pass By Ref Accessors (Ref アクセサーを使って渡す) DBPROP_BYREFACCESSORS
Password DBPROP_AUTH_PASSWORD
Persist Security Info DBPROP_AUTH_PERSIST_SENSITIVE_AUTHINFO
Persistent ID Type (永続的な ID の型) DBPROP_PERSISTENTIDTYPE
Prepare Abort Behavior (中止ビヘイビアーの準備) DBPROP_PREPAREABORTBEHAVIOR
Prepare Commit Behavior (コミット ビヘイビアーの準備) DBPROP_PREPARECOMMITBEHAVIOR
Procedure Term (プロシージャ用語) DBPROP_PROCEDURETERM
Prompt DBPROP_INIT_PROMPT
Provider Friendly Name (プロバイダーのフレンドリ名) DBPROP_PROVIDERFRIENDLYNAME
プロバイダー名 DBPROP_PROVIDERFILENAME
プロバイダーのバージョン DBPROP_PROVIDERVER
Read-Only Data Source (読み取り専用データ ソース) DBPROP_DATASOURCEREADONLY
Rowset Conversions on Command (指示に従って行セットの変換) DBPROP_ROWSETCONVERSIONSONCOMMAND
Schema Term (スキーマ用語) DBPROP_SCHEMATERM
Schema Usage (スキーマの使用) DBPROP_SCHEMAUSAGE
SQL サポート DBPROP_SQLSUPPORT
Structured Storage (構造化ストレージ) DBPROP_STRUCTUREDSTORAGE
Subquery Support (サブクエリ サポート) DBPROP_SUBQUERIES
Table Term (テーブル用語) DBPROP_TABLETERM
Transaction DDL (トランザクション DDL) DBPROP_SUPPORTEDTXNDDL
User ID DBPROP_AUTH_USERID
[ユーザー名] DBPROP_USERNAME
ウィンドウ ハンドル DBPROP_INIT_HWND

Recordset の動的プロパティ

Recordset オブジェクトの Properties コレクションには、次のプロパティが追加されます。

ADO プロパティ名 OLE DB プロパティ名
Access Order (アクセス順序) DBPROP_ACCESSORDER
Blocking Storage Objects (ブロッキング ストレージ オブジェクト) DBPROP_BLOCKINGSTORAGEOBJECTS
Bookmark Type (ブックマークの種類) DBPROP_BOOKMARKTYPE
Bookmarkable (ブックマーク可能) DBPROP_IROWSETLOCATE
Change Inserted Rows (挿入行の変更) DBPROP_CHANGEINSERTEDROWS
Column Privileges (列の特権) DBPROP_COLUMNRESTRICT
Column Set Notification (列セットの通知) DBPROP_NOTIFYCOLUMNSET
Command Time Out (コマンドのタイムアウト) DBPROP_COMMANDTIMEOUT
Defer Column (列の延期) DBPROP_DEFERRED
Delay Storage Object Updates (ストレージ オブジェクトの更新を遅延する) DBPROP_DELAYSTORAGEOBJECTS
Fetch Backwards (逆にフェッチする) DBPROP_CANFETCHBACKWARDS
Hold Rows (行の保持) DBPROP_CANHOLDROWS
IAccessor DBPROP_IAccessor
IColumnsInfo DBPROP_IColumnsInfo
IColumnsRowset DBPROP_IColumnsRowset
IConnectionPointContainer DBPROP_IConnectionPointContainer
IConvertType DBPROP_IConvertType
Immobile Rows (固定行) DBPROP_IMMOBILEROWS
IRowset DBPROP_IRowset
IRowsetChange DBPROP_IRowsetChange
IRowsetIdentity DBPROP_IRowsetIdentity
IRowsetInfo DBPROP_IRowsetInfo
IRowsetLocate DBPROP_IRowsestLocate
IRowsetResynch
IRowsetScroll DBPROP_IRowsetScroll
IRowsetUpdate DBPROP_IRowsetUpdate
ISequentialStream DBPROP_ISequentialStream
ISupportErrorInfo DBPROP_ISupportErrorInfo
Literal Bookmarks (リテラル ブックマーク) DBPROP_LITERALBOOKMARKS
Literal Row Identity (リテラル行の ID) DBPROP_LITERALIDENTITY
Maximum Open Rows (オープンする行の最大数) DBPROP_MAXOPENROWS
Maximum Pending Rows (保留できる行の最大数) DBPROP_MAXPENDINGROWS
Maximum Rows (最大行) DBPROP_MAXROWS
Notification Granularity (通知の細分性) DBPROP_NOTIFICATIONGRANULARITY
Notification Phases (通知のフェーズ) DBPROP_NOTIFICATIONPHASES
Objects Transacted (トランザクションされたオブジェクト) DBPROP_TRANSACTEDOBJECT
Others' Changes Visible (その他の変更を可視化) DBPROP_OTHERUPDATEDELETE
Others' Inserts Visible (その他の挿入を可視化) DBPROP_OTHERINSERT
Own Changes Visible (自分の変更を可視化) DBPROP_OWNUPDATEDELETE
Own Inserts Visible (自分の挿入を可視化) DBPROP_OWNINSERT
Preserve on Abort (中止時に保存する) DBPROP_ABORTPRESERVE
Preserve on Commit (コミット時に保存) DBPROP_COMMITPRESERVE
Quick Restart (クイック再起動) DBPROP_QUICKRESTART
Reentrant Events (再入イベント) DBPROP_REENTRANTEVENTS
Remove Deleted Rows (削除行を削除) DBPROP_REMOVEDELETED
Report Multiple Changes (複数変更のレポート) DBPROP_REPORTMULTIPLECHANGES
Return Pending Inserts (保留の挿入を戻す) DBPROP_RETURNPENDINGINSERTS
Row Delete Notification (行の削除通知) DBPROP_NOTIFYROWDELETE
Row First Change Notification (行を初めて変更した通知) DBPROP_NOTIFYROWFIRSTCHANGE
Row Insert Notification (行の挿入通知) DBPROP_NOTIFYROWINSERT
Row Privileges (行の特権) DBPROP_ROWRESTRICT
Row Resynchronization Notification (行の再同期の通知) DBPROP_NOTIFYROWRESYNCH
Row Threading Model (行のスレッド モデル) DBPROP_ROWTHREADMODEL
Row Undo Change Notification (行変更を元に戻す通知) DBPROP_NOTIFYROWUNDOCHANGE
Row Undo Delete Notification (行削除を元に戻す通知) DBPROP_NOTIFYROWUNDODELETE
Row Undo Insert Notification (行挿入を元に戻す通知) DBPROP_NOTIFYROWUNDOINSERT
Row Update Notification (行の更新通知) DBPROP_NOTIFYROWUPDATE
Rowset Fetch Position Change Notification (行セットのフェッチ位置の変更通知) DBPROP_NOTIFYROWSETFETCHPOSISIONCHANGE
Rowset Release Notification (行セットの解放通知) DBPROP_NOTIFYROWSETRELEASE
Scroll Backwards (逆にスクロールする) DBPROP_CANSCROLLBACKWARDS
Server Cursor (サーバー カーソル) DBPROP_SERVERCURSOR
Skip Deleted Bookmarks (削除されたブックマークをスキップ) DBPROP_BOOKMARKSKIPPED
Strong Row Identity (厳密な行の ID) DBPROP_STRONGITDENTITY
Unique Rows (一意の行) DBPROP_UNIQUEROWS
Updatability (適応性) DBPROP_UPDATABILITY
Use Bookmarks (ブックマークの使用) DBPROP_BOOKMARKS

コマンドの動的プロパティ

次のプロパティは、Command オブジェクトの Properties コレクションに追加されます。

ADO プロパティ名 OLE DB プロパティ名
Access Order (アクセス順序) DBPROP_ACCESSORDER
基本パス SSPROP_STREAM_BASEPATH
Blocking Storage Objects (ブロッキング ストレージ オブジェクト) DBPROP_BLOCKINGSTORAGEOBJECTS
Bookmark Type (ブックマークの種類) DBPROP_BOOKMARKTYPE
Bookmarkable (ブックマーク可能) DBPROP_IROWSETLOCATE
Change Inserted Rows (挿入行の変更) DBPROP_CHANGEINSERTEDROWS
Column Privileges (列の特権) DBPROP_COLUMNRESTRICT
Column Set Notification (列セットの通知) DBPROP_NOTIFYCOLUMNSET
コンテンツの種類 SSPROP_STREAM_CONTENTTYPE
カーソルの自動フェッチ SSPROP_CURSORAUTOFETCH
Defer Column (列の延期) DBPROP_DEFERRED
準備コマンドの遅延送信 SSPROP_DEFERPREPARE
Delay Storage Object Updates (ストレージ オブジェクトの更新を遅延する) DBPROP_DELAYSTORAGEOBJECTS
Fetch Backwards (逆にフェッチする) DBPROP_CANFETCHBACKWARDS
Hold Rows (行の保持) DBPROP_CANHOLDROWS
IAccessor DBPROP_IAccessor
IColumnsInfo DBPROP_IColumnsInfo
IColumnsRowset DBPROP_IColumnsRowset
IConnectionPointContainer DBPROP_IConnectionPointContainer
IConvertType DBPROP_IConvertType
Immobile Rows (固定行) DBPROP_IMMOBILEROWS
IRowset DBPROP_IRowset
IRowsetChange DBPROP_IRowsetChange
IRowsetIdentity DBPROP_IRowsetIdentity
IRowsetInfo DBPROP_IRowsetInfo
IRowsetLocate DBPROP_IRowsetLocate
IRowsetResynch DBPROP_IRowsetResynch
IRowsetScroll DBPROP_IRowsetScroll
IRowsetUpdate DBPROP_IRowsetUpdate
ISequentialStream DBPROP_ISequentialStream
ISupportErrorInfo DBPROP_ISupportErrorInfo
Literal Bookmarks (リテラル ブックマーク) DBPROP_LITERALBOOKMARKS
Literal Row Identity (リテラル行の ID) DBPROP_LITERALIDENTITY
ロック モード DBPROP_LOCKMODE
Maximum Open Rows (オープンする行の最大数) DBPROP_MAXOPENROWS
Maximum Pending Rows (保留できる行の最大数) DBPROP_MAXPENDINGROWS
Maximum Rows (最大行) DBPROP_MAXROWS
Notification Granularity (通知の細分性) DBPROP_NOTIFICATIONGRANULARITY
Notification Phases (通知のフェーズ) DBPROP_NOTIFICATIONPHASES
Objects Transacted (トランザクションされたオブジェクト) DBPROP_TRANSACTEDOBJECT
Others' Changes Visible (その他の変更を可視化) DBPROP_OTHERUPDATEDELETE
Others' Inserts Visible (その他の挿入を可視化) DBPROP_OTHERINSERT
出力エンコード プロパティ DBPROP_OUTPUTENCODING
Output Stream プロパティ DBPROP_OUTPUTSTREAM
Own Changes Visible (自分の変更を可視化) DBPROP_OWNUPDATEDELETE
Own Inserts Visible (自分の挿入を可視化) DBPROP_OWNINSERT
Preserve on Abort (中止時に保存する) DBPROP_ABORTPRESERVE
Preserve on Commit (コミット時に保存) DBPROP_COMMITPRESERVE
Quick Restart (クイック再起動) DBPROP_QUICKRESTART
Reentrant Events (再入イベント) DBPROP_REENTRANTEVENTS
Remove Deleted Rows (削除行を削除) DBPROP_REMOVEDELETED
Report Multiple Changes (複数変更のレポート) DBPROP_REPORTMULTIPLECHANGES
Return Pending Inserts (保留の挿入を戻す) DBPROP_RETURNPENDINGINSERTS
Row Delete Notification (行の削除通知) DBPROP_NOTIFYROWDELETE
Row First Change Notification (行を初めて変更した通知) DBPROP_NOTIFYROWFIRSTCHANGE
Row Insert Notification (行の挿入通知) DBPROP_NOTIFYROWINSERT
Row Privileges (行の特権) DBPROP_ROWRESTRICT
Row Resynchronization Notification (行の再同期の通知) DBPROP_NOTIFYROWRESYNCH
Row Threading Model (行のスレッド モデル) DBPROP_ROWTHREADMODEL
Row Undo Change Notification (行変更を元に戻す通知) DBPROP_NOTIFYROWUNDOCHANGE
Row Undo Delete Notification (行削除を元に戻す通知) DBPROP_NOTIFYROWUNDODELETE
Row Undo Insert Notification (行挿入を元に戻す通知) DBPROP_NOTIFYROWUNDOINSERT
Row Update Notification (行の更新通知) DBPROP_NOTIFYROWUPDATE
Rowset Fetch Position Change Notification (行セットのフェッチ位置の変更通知) DBPROP_NOTIFYROWSETFETCHPOSITIONCHANGE
Rowset Release Notification (行セットの解放通知) DBPROP_NOTIFYROWSETRELEASE
Scroll Backwards (逆にスクロールする) DBPROP_CANSCROLLBACKWARDS
Server Cursor (サーバー カーソル) DBPROP_SERVERCURSOR
挿入時のサーバー データ DBPROP_SERVERDATAONINSERT
Skip Deleted Bookmarks (削除されたブックマークをスキップ) DBPROP_BOOKMARKSKIP
Strong Row Identity (厳密な行の ID) DBPROP_STRONGIDENTITY
Updatability (適応性) DBPROP_UPDATABILITY
Use Bookmarks (ブックマークの使用) DBPROP_BOOKMARKS
XML ルート SSPROP_STREAM_XMLROOT
XSL (XSL) SSPROP_STREAM_XSL

Microsoft SQL Server OLE DB プロバイダーに関する具体的な実装の詳細と機能情報については、SQL Server プロバイダーを参照してください。

関連項目

ConnectionString プロパティ (ADO)Provider プロパティ (ADO)Recordset オブジェクト (ADO)