簡単なコマンドの作成と実行

単純なコマンドは、パラメーター化されていないコマンドであり、永続化を必要としないコマンドです。 簡単なコマンドを作成して実行するには、3 つの方法があります。

  • Command オブジェクト 使用

  • Connection オブジェクト 使用

  • レコードセット オブジェクト 使用

Command オブジェクトの使用

Command オブジェクトを使用して単純なコマンドを作成するには、Command オブジェクトの CommandText プロパティに命令を割り当て 、CommandType プロパティに適切な値 を設定する必要 があります。 コマンドを実行するには、開いている接続を Command オブジェクトの ActiveConnection プロパティに割り当て、その後に Command オブジェクトの Execute メソッドを呼び出 す必要 があります。

次のコード スニペットは 、Command オブジェクトを使用してデータ ソースに対してコマンドを実行する基本的な方法を示しています。 この例では、行を返すコマンドを使用し、コマンド実行の結果を Recordset オブジェクトとして します。

    'BeginBasicCmd  
    On Error GoTo ErrHandler:  
  
    Dim objConn As New ADODB.Connection  
    Dim objCmd As New ADODB.Command  
    Dim objRs As New ADODB.Recordset  
  
    objCmd.CommandText = "SELECT OrderID, OrderDate, " & _  
                         "RequiredDate, ShippedDate " & _  
                         "FROM Orders " & _  
                         "WHERE CustomerID = 'ALFKI' " & _  
                         "ORDER BY OrderID"  
    objCmd.CommandType = adCmdText  
  
    ' Connect to the data source.  
    Set objConn = GetNewConnection  
    objCmd.ActiveConnection = objConn  
  
    ' Execute once and display...  
    Set objRs = objCmd.Execute  
  
    Debug.Print "ALFKI"  
    Do While Not objRs.EOF  
        Debug.Print vbTab & objRs(0) & vbTab & objRs(1) & vbTab & _  
                    objRs(2) & vbTab & objRs(3)  
        objRs.MoveNext  
    Loop  
  
    'clean up  
    objRs.Close  
    objConn.Close  
    Set objRs = Nothing  
    Set objConn = Nothing  
    Set objCmd = Nothing  
    Exit Sub  
  
ErrHandler:  
    'clean up  
    If objRs.State = adStateOpen Then  
        objRs.Close  
    End If  
  
    If objConn.State = adStateOpen Then  
        objConn.Close  
    End If  
  
    Set objRs = Nothing  
    Set objConn = Nothing  
    Set objCmd = Nothing  
  
    If Err <> 0 Then  
        MsgBox Err.Source & "-->" & Err.Description, , "Error"  
    End If  
'EndBasicCmd  
  
'BeginNewConnection  
Private Function GetNewConnection() As ADODB.Connection  
    Dim oCn As New ADODB.Connection  
    Dim sCnStr As String  
  
    sCnStr = "Provider='SQLOLEDB';Data Source='MySqlServer';" & _  
             "Integrated Security='SSPI';Initial Catalog='Northwind';"  
    oCn.Open sCnStr  
  
    If oCn.State = adStateOpen Then  
        Set GetNewConnection = oCn  
    End If  
  
End Function  
'EndNewConnection  

レコードセット オブジェクトの使用

また、コマンドをテキスト文字列として作成し、レコード セット オブジェクトの Open メソッドに、実行するコマンドの種類 (adCmdText) と共にパスすることもできます。 これを示すコード スニペットを次に示します。

  
Const DS = "MySqlServer"  
Const DB = "Northwind"  
Const DP = "SQLOLEDB"  
  
Dim objRs As New ADODB.Recordset  
Dim CommandText As String  
Dim ConnctionString As String  
  
CommandText = "SELECT OrderID, OrderDate, " & _  
                     "RequiredDate, ShippedDate " & _  
                     "FROM Orders " & _  
                     "WHERE CustomerID = 'ALFKI' " & _  
                     "ORDER BY OrderID"  
ConnectionString = "Provider=" & DP & _  
                   ";Data Source=" & DS & _  
                   ";Initial Catalog=" & DB & _  
                   ";Integrated Security=SSPI;"  
  
' Connect to data source and execute the SQL command.  
objRs.Open CommandText, ConnectionString, _  
            adOpenStatic, adLockReadOnly, adCmdText  
  
Debug.Print "ALFKI"  
Do While Not objRs.EOF  
    Debug.Print vbTab & objRs(0) & vbTab & objRs(1) & vbTab & _  
                objRs(2) & vbTab & objRs(3)  
    objRs.MoveNext  
Loop  
  
'Clean up.  
objRs.Close  
Set objRs = Nothing  

Connection オブジェクトの使用

開いている Connection オブジェクトでコマンドを実行することもできます。 前のコード例は次のようになります。

Const DS = "MySqlServer"  
Const DB = "Northwind"  
Const DP = "SQLOLEDB"  
  
Dim objConn As New ADODB.Connection  
Dim objRs As New ADODB.Recordset  
  
CommandText = "SELECT OrderID, OrderDate, " & _  
                     "RequiredDate, ShippedDate " & _  
                     "FROM Orders " & _  
                     "WHERE CustomerID = 'ALFKI' " & _  
                     "ORDER BY OrderID"  
  
ConnectionString = "Provider=" & DP & _  
                   ";Data Source=" & DS & _  
                   ";Initial Catalog=" & DB & _  
                   ";Integrated Security=SSPI;"  
  
' Connect to the data source.  
objConn.Open ConnectionString  
  
' Execute command through the connection and display...  
Set objRs = objConn.Execute(CommandText)  
  
Debug.Print "ALFKI"  
Do While Not objRs.EOF  
    Debug.Print vbTab & objRs(0) & vbTab & objRs(1) & vbTab & _  
                objRs(2) & vbTab & objRs(3)  
    objRs.MoveNext  
Loop  
  
'Clean up.  
objRs.Close  
objConn.Close  
Set objRs = Nothing  
Set objConn = Nothing