ADO MD の基礎

Microsoft® ActiveX® データ オブジェクト (多次元) (ADO MD) を使用すると、Microsoft Visual Basic®、Microsoft Visual C++® などの言語から多次元データに簡単にアクセスできます。 ADO MD Microsoft ActiveX® Data Objects (ADO) が拡張され、CubeDefオブジェクトや Cellset オブジェクトなどの多次元データに固有のオブジェクトが含まれます。 このADO MD多次元スキーマを参照し、キューブに対してクエリを実行して、結果を取得できます。

ADO と同様にADO MD基になるデータ プロバイダー OLE DBを使用してデータにアクセスします。 ADO MDを使用するには、OLAP 仕様の OLE DB で定義されている多次元データ プロバイダー (MDP) である必要があります。 MDP では、表形式ビューではなく多次元ビューにデータが表示されます。これは、表形式データ プロバイダー (TDP) がデータを表示する方法です。 プロバイダーでサポートされている特定の構文と動作の詳細については、OLAP OLE DBプロバイダーのドキュメントを参照してください。

このドキュメントでは、プログラミング言語に関するVisual Basic知識と、ADO と OLAP に関する一般的な知識を前提とします。 詳細については 、ADO プログラマー ガイドとオンライン分析処理 (OLAP) OLE DBガイド」を参照してください

このセクションでは、次のトピックを扱います。

参照

ADO MD オブジェクト モデル
ADO プログラマー ガイド
データ定義言語とセキュリティ (ADOX) 用の ADO 拡張機能
多次元スキーマとデータの概要
アプリケーションを使用したADO MD
ADO と ADO MD
多次元データの操作