Bookmark プロパティ (ADO)

レコードセットオブジェクト内の現在のレコードを一意に識別するブックマークを示します。または、レコードセット オブジェクトの現在のレコードを、有効なブックマークによって識別されるレコードに設定します。

設定と戻り値

有効なブックマークに評価される バリアント 式を設定または返します。

注釈

Bookmark プロパティを使用して、現在のレコードの位置を保存し、いつでもそのレコードに戻るようにします。 ブックマークは、ブックマーク機能をサポートする レコードセット オブジェクトでのみ使用できます。

レコード セット オブジェクトを開くと、各レコードに一意のブックマークが作成されます。 現在のレコードのブックマークを保存するには、 bookmark プロパティの値を変数に割り当てます。 別のレコードに移動した後、いつでもそのレコードにすばやく戻るには、 レコードセット オブジェクトの Bookmark プロパティをその変数の値に設定します。

ユーザーはブックマークの値を表示できない可能性があります。 また、同じレコードを参照する2つのブックマークの値が異なる可能性があるため、ブックマークを直接比較することはできません。

Cloneメソッドを使用して レコードセット オブジェクトのコピーを作成する場合、元のレコードセットオブジェクトと重複した レコードセット オブジェクトの Bookmark プロパティ設定は同じであり、同じように使用できます。 ただし、同じソースまたはコマンドから作成された場合でも、異なる レコードセット オブジェクトのブックマークを同じように使用することはできません。

注意

リモートデータサービスの使用状況 クライアント側の レコードセット オブジェクトで使用する場合、 Bookmark プロパティは常に使用できます。

適用対象

Recordset オブジェクト (ADO)

参照

BOF、EOF、および Bookmark プロパティの例 (VB)
BOF、EOF、および Bookmark プロパティの例 (VC++)
Supports メソッド