ConnectionString プロパティ (ADO)ConnectionString Property (ADO)

データ ソースへの接続を確立するための情報を示します。Indicates the information used to establish a connection to a data source.

設定と戻り値Settings and Return Values

設定または取得を文字列値。Sets or returns a String value.

コメントRemarks

使用して、 ConnectionStringプロパティを含む、一連の詳細な接続文字列を渡すことによって、データ ソースを指定する引数 値 = で区切られたステートメントセミコロン入力します。Use the ConnectionString property to specify a data source by passing a detailed connection string containing a series of argument = value statements separated by semicolons.

ADO の 5 つの引数をサポートする、 ConnectionStringプロパティです。 ADO で処理なしのプロバイダーに直接の引数のパス。ADO supports five arguments for the ConnectionString property; any other arguments pass directly to the provider without any processing by ADO. 引数の ADO サポートは、次のとおりです。The arguments ADO supports are as follows.

引数Argument 説明Description
Provider=Provider= 接続に使用するプロバイダーの名前を指定します。Specifies the name of a provider to use for the connection.
ファイル名 =File Name= 事前設定された接続情報を格納しているプロバイダーに固有のファイル (たとえば、永続化されたデータ ソース オブジェクト) の名前を指定します。Specifies the name of a provider-specific file (for example, a persisted data source object) containing preset connection information.
リモート プロバイダー =Remote Provider= クライアント側の接続を開くときに使用するプロバイダーの名前を指定します。Specifies the name of a provider to use when opening a client-side connection. (リモート データのサービスのみ。)(Remote Data Service only.)
リモート サーバー =Remote Server= クライアント側の接続を開くときに使用するサーバーのパス名を指定します。Specifies the path name of the server to use when opening a client-side connection. (リモート データのサービスのみ。)(Remote Data Service only.)
URL=URL= ファイルやディレクトリなどのリソースを識別する絶対 URL として、接続文字列を指定します。Specifies the connection string as an absolute URL identifying a resource, such as a file or directory.

設定した後、 ConnectionStringプロパティとオープン、接続オブジェクト、プロバイダーが ADO 定義の引数名をマップすることによって、プロパティの内容をたとえば、alter 可能性があります、特定のプロバイダーに対応します。After you set the ConnectionString property and open the Connection object, the provider may alter the contents of the property, for example, by mapping the ADO-defined argument names to their equivalents for the specific provider.

ConnectionStringプロパティで使用される値を自動的に継承する、 ConnectionStringの引数、オープン現在をオーバーライドするためのメソッドConnectionString中にプロパティ、オープンメソッドの呼び出し。The ConnectionString property automatically inherits the value used for the ConnectionString argument of the Open method, so you can override the current ConnectionString property during the Open method call.

ファイル名引数と関連付けられているプロバイダを読み込む、ADO、両方を渡すことはできません、プロバイダーファイル名引数。Because the File Name argument causes ADO to load the associated provider, you cannot pass both the Provider and File Name arguments.

ConnectionStringプロパティは、開いているときに、接続が閉じており、読み取り専用と読み取り/書き込みです。The ConnectionString property is read/write when the connection is closed and read-only when it is open.

引数の重複、 ConnectionStringプロパティは無視されます。Duplicates of an argument in the ConnectionString property are ignored. いずれかの引数の最後のインスタンスが使用されます。The last instance of any argument is used.

注意

リモート データ サービスの使用状況クライアント側で使用すると接続オブジェクト、 ConnectionStringプロパティにのみを含めることができます、リモート プロバイダー リモート サーバーパラメーター。Remote Data Service Usage When used on a client-side Connection object, the ConnectionString property can include only the Remote Provider and Remote Server parameters.

次の表では、各 Windows オペレーティング システムの既定の ADO プロバイダーを示します。The following table lists the default ADO provider for each Windows operating system:

ADO プロバイダーは既定値Default ADO provider Windows オペレーティング システムWindows operating system
MSDASQLMSDASQL

(ソース コードの読みやすさを向上させるのに明示的にプロバイダー名、接続文字列で指定します。)(To improve the readability of source code, explicitly specify the provider name in the connection string.)
Windows 2000 (32 ビット)Windows 2000 (32-bit)

Windows XP (32 ビット)Windows XP (32-bit)

Windows 2003 Server (32 ビット)Windows 2003 Server (32-bit)

Windows Vista (32 ビット)Windows Vista (32-bit)

Windows Vista Service Pack 1 またはそれ以降 (32 ビットおよび 64 ビット)Windows Vista Service Pack 1 or later (32-bit and 64-bit)

Windows Vista (32 ビットおよび 64 ビット) より後の Windows バージョンWindows versions after Windows Vista (32-bit and 64-bit)
既定値はありません。No default.

ADO アプリケーションでは、次のオペレーティング システムで実行され、プロバイダーが明示的に指定しない、ADO には、次のエラーが返されます。"ADODB します。接続: プロバイダーが指定されていないと、指定された既定のプロバイダーがありません"When an ADO application runs on the following operating systems and does not specify the provider explicitly, ADO returns the following error: "ADODB.Connection: provider is not specified and there is no designated default provider"
Windows 2000 (64 ビット)Windows 2000 (64-bit)

Windows XP (64 ビット)Windows XP (64-bit)

Windows 2003 Server (64 ビット)Windows 2003 Server (64-bit)

Windows Vista (64 ビット)Windows Vista (64-bit)

適用対象Applies To

Connection オブジェクト (ADO)Connection Object (ADO)

関連項目See Also

ConnectionString、ConnectionTimeout、および状態のプロパティの例 (VB) ConnectionString, ConnectionTimeout, and State Properties Example (VB)
ConnectionString、ConnectionTimeout、および状態のプロパティの例 (vc++) ConnectionString, ConnectionTimeout, and State Properties Example (VC++)
付録 A: プロバイダーAppendix A: Providers