CursorType プロパティ (ADO)CursorType Property (ADO)

使用するカーソルの種類を示す、 Recordsetオブジェクト。Indicates the type of cursor used in a Recordset object.

設定と戻り値Settings and Return Values

設定または取得をCursorTypeEnum値。Sets or returns a CursorTypeEnum value. 既定値はadOpenForwardOnlyします。The default value is adOpenForwardOnly.

コメントRemarks

使用して、 CursorTypeプロパティを開くときに使用するカーソルの種類を指定する、 Recordsetオブジェクト。Use the CursorType property to specify the type of cursor that should be used when opening the Recordset object.

設定のみadOpenStatic場合にサポートされていますが、 CursorLocationプロパティに設定されてadUseClientします。Only a setting of adOpenStatic is supported if the CursorLocation property is set to adUseClient. サポートされていない値が設定されている場合、エラーは発生しません。サポートされている最も近いCursorTypeが使用されます。If an unsupported value is set, then no error will result; the closest supported CursorType will be used instead.

プロバイダーが、要求されたカーソルの種類をサポートしていない場合は、別のカーソルの種類を返すこと可能性があります。If a provider does not support the requested cursor type, it may return another cursor type. CursorTypeプロパティは、実際のカーソルの種類に一致するように変更で使用するときに、レコード セットオブジェクトが開いています。The CursorType property will change to match the actual cursor type in use when the Recordset object is open. 返されるカーソルの特定の機能を確認するため、サポートメソッド。To verify specific functionality of the returned cursor, use the Supports method. 閉じた後、 RecordsetCursorTypeプロパティは、元の設定に戻ります。After you close the Recordset, the CursorType property reverts to its original setting.

次の図は、プロバイダーの機能を示します (で識別されるサポートメソッド定数) カーソルの種類ごとに必要な。The following chart shows the provider functionality (identified by Supports method constants) required for each cursor type.

この CursorType のレコード セットFor a Recordset of this CursorType これらの定数のすべての True サポート メソッドを返す必要があります。The Supports method must return True for all of these constants
adOpenForwardOnlyadOpenForwardOnly なしnone
adOpenKeysetadOpenKeyset adBookmarkadHoldRecordsadMovePreviousadResyncadBookmark, adHoldRecords, adMovePrevious, adResync
adOpenDynamicadOpenDynamic adMovePreviousadMovePrevious
adOpenStaticadOpenStatic adBookmarkadHoldRecordsadMovePreviousadResyncadBookmark, adHoldRecords, adMovePrevious, adResync

注意

サポート(adUpdateBatch) のバッチで更新プログラムを動的かつ順方向専用カーソルでは、true となる可能性、keyset または static カーソルに使用する必要があります。Although Supports(adUpdateBatch) may be true for dynamic and forward-only cursors, for batch updates you should use either a keyset or static cursor. 設定、 LockTypeプロパティをadLockBatchOptimisticCursorLocationプロパティをadUseClientカーソルを有効にするにはOLE DB、バッチ更新を必要とされるサービス。Set the LockType property to adLockBatchOptimistic and the CursorLocation property to adUseClient to enable the Cursor Service for OLE DB, which is required for batch updates.

CursorTypeプロパティが読み取り/書き込み時に、レコード セットが開いているときに閉じており、読み取り専用です。The CursorType property is read/write when the Recordset is closed and read-only when it is open.

注意

リモート データ サービスの使用状況クライアント側で使用するとレコード セットオブジェクト、 CursorTypeにのみ設定できるプロパティadOpenStaticRemote Data Service Usage When used on a client-side Recordset object, the CursorType property can be set only to adOpenStatic.

適用対象Applies To

Recordset オブジェクト (ADO)Recordset Object (ADO)

参照See Also

CursorType、LockType、EditMode プロパティの例 (VB) CursorType, LockType, and EditMode Properties Example (VB)
CursorType、LockType、EditMode プロパティの例 (vc++) CursorType, LockType, and EditMode Properties Example (VC++)
Supports メソッドSupports Method