DefaultDatabase プロパティDefaultDatabase Property

既定のデータベースを示す、接続オブジェクト。Indicates the default database for a Connection object.

設定と戻り値Settings and Return Values

設定または取得を文字列プロバイダーから使用可能なデータベースの名前に評価される値。Sets or returns a String value that evaluates to the name of a database available from the provider.

コメントRemarks

使用して、 DefaultDatabaseプロパティを設定または特定の既定のデータベースの名前を返す接続オブジェクト。Use the DefaultDatabase property to set or return the name of the default database on a specific Connection object.

既定のデータベースがある場合、SQL 文字列は、そのデータベース内のオブジェクトにアクセスする構文が不適切なを使用する場合があります。If there is a default database, SQL strings may use an unqualified syntax to access objects in that database. 指定されている以外のデータベースでオブジェクトにアクセスする、 DefaultDatabaseプロパティ、目的のデータベース名でオブジェクト名を修飾する必要があります。To access objects in a database other than the one specified in the DefaultDatabase property, you must qualify object names with the desired database name. 接続時に、プロバイダーが既定のデータベース情報を書き込み、 DefaultDatabaseプロパティ。Upon connection, the provider will write default database information to the DefaultDatabase property. 一部のプロバイダーは接続ごとに 1 つだけデータベースを許可する、その場合で変更することはできません、 DefaultDatabaseプロパティ。Some providers allow only one database per connection, in which case you cannot change the DefaultDatabase property.

いくつかのデータ ソースおよびプロバイダーは、この機能に対応していないと、エラーまたは空の文字列を返す可能性があります。Some data sources and providers may not support this feature, and may return an error or an empty string.

注意

リモート データ サービスの使用状況このプロパティはクライアント側で使用可能な接続オブジェクト。Remote Data Service Usage This property is not available on a client-side Connection object.

適用対象Applies To

Connection オブジェクト (ADO)Connection Object (ADO)

関連項目See Also

Provider および DefaultDatabase プロパティの例 (VB) Provider and DefaultDatabase Properties Example (VB)
Provider および DefaultDatabase プロパティの例 (VC++)Provider and DefaultDatabase Properties Example (VC++)