Delete メソッド (ADO Recordset)Delete Method (ADO Recordset)

現在のレコードまたはレコードのグループを削除します。Deletes the current record or a group of records.

構文Syntax

  
recordset.Delete AffectRecords  

パラメーターParameters

AffectRecordsAffectRecords
AffectEnumレコードの数を決定する値、削除メソッドに影響されます。An AffectEnum value that determines how many records the Delete method will affect. 既定値はadAffectCurrentします。The default value is adAffectCurrent.

注意

adAffectAll呼び出しますに有効な引数ではなく削除します。adAffectAll and adAffectAllChapters are not valid arguments to Delete.

コメントRemarks

使用して、削除メソッドは、現在のレコードまたはレコードのグループを示します、 Recordsetオブジェクトを削除します。Using the Delete method marks the current record or a group of records in a Recordset object for deletion. 場合、 Recordsetオブジェクトは、レコードの削除を許可しないエラーが発生します。If the Recordset object doesn't allow record deletion, an error occurs. 即時更新モードの場合は、削除はすぐに、データベースで発生します。If you are in immediate update mode, deletions occur in the database immediately. 呼び出しの後に、レコードが編集モードのままは場合 (たとえば、データベース整合性違反) のため、レコードを正常に削除することはできません、 Updateします。If a record cannot be successfully deleted (due to database integrity violations, for example), the record will remain in edit mode after the call to Update. これで更新を取り消す必要があることを意味CancelUpdate現在のレコードから移動する前に (たとえば、閉じる移動、またはNextRecordset)。This means that you must cancel the update with CancelUpdate before moving off the current record (for example, with Close, Move, or NextRecordset).

バッチ更新モードの場合は、レコードがキャッシュからの削除とマークされてし、実際の削除の動作を呼び出すとき、 UpdateBatchメソッド。If you are in batch update mode, the records are marked for deletion from the cache and the actual deletion happens when you call the UpdateBatch method. 使用して、フィルタープロパティを削除したレコードを表示します。Use the Filter property to view the deleted records.

削除されたレコードからフィールドの値を取得するには、エラーが生成されます。Retrieving field values from the deleted record generates an error. 現在のレコードを削除すると、削除されたレコードを別のレコードに移動するまで最新の状態します。After deleting the current record, the deleted record remains current until you move to a different record. 移動すると、削除されたレコードはアクセスできません。Once you move away from the deleted record, it is no longer accessible.

トランザクションで、入れ子にする場合で削除されたレコードを回復することができます、 RollbackTransメソッド。If you nest deletions in a transaction, you can recover deleted records with the RollbackTrans method. バッチ更新モードの場合は、保留中の削除または保留中の削除でのグループをキャンセルすることができます、 CancelBatchメソッド。If you are in batch update mode, you can cancel a pending deletion or group of pending deletions with the CancelBatch method.

基になるデータとの競合レコードを削除する試行が失敗した場合 (たとえば、レコードが別のユーザーが既に削除されている場合)、プロバイダーに警告を返し、エラーコレクション プログラムは停止されませんが、実行します。If the attempt to delete records fails because of a conflict with the underlying data (for example, a record has already been deleted by another user), the provider returns warnings to the Errors collection but does not halt program execution. 要求されたすべてのレコードの競合がある場合にのみ、実行時エラーが発生します。A run-time error occurs only if there are conflicts on all the requested records.

場合、一意テーブル動的プロパティを設定すると、およびレコード セットは複数のテーブルに対して結合操作を実行した結果、削除メソッドは削除されるだけ指定したテーブルから行、一意テーブルプロパティ。If the Unique Table dynamic property is set, and the Recordset is the result of executing a JOIN operation on multiple tables, then the Delete method will only delete rows from the table named in the Unique Table property.

適用対象Applies To

Recordset オブジェクト (ADO)Recordset Object (ADO)

関連項目See Also

Delete メソッドの例 (VB) Delete Method Example (VB)
Delete メソッドの例 (VBScript) Delete Method Example (VBScript)
Delete メソッドの例 (vc++) Delete Method Example (VC++)
Delete メソッド (ADO Fields コレクション) Delete Method (ADO Fields Collection)
Delete メソッド (ADO Parameters コレクション) Delete Method (ADO Parameters Collection)
DeleteRecord メソッド (ADO)DeleteRecord Method (ADO)