Execute メソッド (ADO Command)Execute Method (ADO Command)

クエリや、SQL ステートメントで指定されたストアド プロシージャの実行、 CommandTextまたはCommandStreamのプロパティ、コマンド オブジェクトします。Executes the query, SQL statement, or stored procedure specified in the CommandText or CommandStream property of the Command object.

構文Syntax

  
Set recordset = command.Execute( RecordsAffected, Parameters, Options )  

戻り値Return Value

返します、レコード セットオブジェクト参照をストリームまたはNothingします。Returns a Recordset object reference, a stream, or Nothing.

パラメーターParameters

RecordsAffectedRecordsAffected
任意。Optional. A長い変数を操作の影響を受けるレコードの数はプロバイダーに返されます。A Long variable to which the provider returns the number of records that the operation affected. RecordsAffectedパラメーターはアクションのクエリまたはストアド プロシージャに対してのみ適用されます。The RecordsAffected parameter applies only for action queries or stored procedures. RecordsAffected結果を返すクエリまたはストアド プロシージャによって返されるレコードの数は返されません。RecordsAffected does not return the number of records returned by a result-returning query or stored procedure. この情報を入手するには使用、 RecordCountプロパティ。To obtain this information, use the RecordCount property. Executeメソッドで使用する場合は、正しい情報が返されませんadAsyncExecute、単にときにコマンドが非同期的に実行された、ため、影響を受けたレコードの数がまだが認識されていません。時にメソッドを返します。The Execute method will not return the correct information when used with adAsyncExecute, simply because when a command is executed asynchronously, the number of records affected may not yet be known at the time the method returns.

パラメーターParameters
任意。Optional. Aバリアントで指定されたストリーム、入力文字列と組み合わせて使用するパラメーター値の配列CommandTextまたはCommandStreamします。A Variant array of parameter values used in conjunction with the input string or stream specified in CommandText or CommandStream. (出力パラメーターは、この引数で渡されるときに正しい値を返しますがありません)。(Output parameters will not return correct values when passed in this argument.)

[オプション]Options
任意。Optional. A長いプロバイダーを評価する方法を示す値、 CommandTextまたはCommandStreamのプロパティ、コマンドオブジェクト。A Long value that indicates how the provider should evaluate the CommandText or the CommandStream property of the Command object. 指定できる値のビットマスクを使用して確立CommandTypeEnumExecuteOptionEnum値。Can be a bitmask value made using CommandTypeEnum and/or ExecuteOptionEnum values. たとえば、使用するadCmdTextadExecuteNoRecords ado の値を評価する場合の組み合わせで、 CommandTextプロパティとして、テキストと示しますのコマンドは、する必要がありますを破棄し、コマンド テキストの実行時に生成されるレコードは返されません。For example, you could use adCmdText and adExecuteNoRecords in combination if you want to have ADO evaluate the value of the CommandText property as text, and indicate that the command should discard and not return any records that might be generated when the command text executes.

注意

使用して、 ExecuteOptionEnumadExecuteNoRecords内部処理を最小限に抑えることでパフォーマンスを向上させるためにします。Use the ExecuteOptionEnum value adExecuteNoRecords to improve performance by minimizing internal processing. 場合adExecuteStreamが指定されているオプションadAsyncFetchadAsynchFetchNonBlockingは無視されます。If adExecuteStream was specified, the options adAsyncFetch and adAsynchFetchNonBlocking are ignored. 使用しないでください、 CommandTypeEnumadCmdFileまたはadCmdTableDirectExecuteします。Do not use the CommandTypeEnum values of adCmdFile or adCmdTableDirect with Execute. これらの値は、オプションとしてのみ使用できます、オープンRequeryのメソッド、レコード セットします。These values can only be used as options with the Open and Requery methods of a Recordset.

コメントRemarks

使用して、 Executeメソッドをコマンドオブジェクトで指定されたクエリの実行、 CommandTextプロパティまたはCommandStreamオブジェクトのプロパティです。Using the Execute method on a Command object executes the query specified in the CommandText property or CommandStream property of the object.

結果が返されます、 Recordset (既定) またはバイナリ情報のストリームとして。Results are returned in a Recordset (by default) or as a stream of binary information. バイナリ ストリームを取得するには、次のように指定します。 adExecuteStreamオプション、設定してストリームを指定し、 Command.Properties ("出力 Stream") します。To obtain a binary stream, specify adExecuteStream in Options, then supply a stream by setting Command.Properties("Output Stream"). ADO Stream結果を受信するオブジェクトを指定するか、IIS の応答オブジェクトなどの別のストリーム オブジェクトを指定することができます。An ADO Stream object can be specified to receive the results, or another stream object such as the IIS Response object can be specified. 呼び出しの前にストリームが指定されなかった場合ExecuteadExecuteStreamエラーが発生します。If no stream was specified before calling Execute with adExecuteStream, an error occurs. 返された場合、ストリームの位置Executeがプロバイダーを特定します。The position of the stream on return from Execute is provider specific.

プロバイダーが返すかどうか、コマンドを (たとえば、SQL UPDATE クエリ) の結果を返すことはありませんNothingオプション限りadExecuteNoRecordsが指定されて; 実行それ以外の場合、閉じられたRecordsetします。If the command is not intended to return results (for example, an SQL UPDATE query) the provider returns Nothing as long as the option adExecuteNoRecords is specified; otherwise Execute returns a closed Recordset. ない場合は、この戻り値を無視することはいくつかのアプリケーション言語レコード セットが必要です。Some application languages allow you to ignore this return value if no Recordset is desired.

実行、ユーザーの値を指定する場合、エラーが発生CommandStreamときに、 CommandTypeadCmdStoredProcadCmdTable、またはadCmdTableDirectします。Execute raises an error if the user specifies a value for CommandStream when the CommandType is adCmdStoredProc, adCmdTable, or adCmdTableDirect.

現在の値、クエリにパラメーターがある場合、コマンドオブジェクトのパラメーターには、これらに渡されたパラメーター値を上書きしない限り、使用、 Executeを呼び出します。If the query has parameters, the current values for the Command object's parameters are used unless you override these with parameter values passed with the Execute call. 呼び出すときに、一部のパラメーターの新しい値を省略することで、パラメーターのサブセットをオーバーライドすることができます、 Executeメソッド。You can override a subset of the parameters by omitting new values for some of the parameters when calling the Execute method. パラメーターを指定する順序は、メソッドがそれらに渡すと同じ順序です。The order in which you specify the parameters is the same order in which the method passes them. たとえば、4 つ (以上) のパラメーターが、1 番目と 4 番目のパラメーターのみの新しい値を渡すに渡す場合Array(var1,,,var4)として、パラメーター引数。For example, if there were four (or more) parameters and you wanted to pass new values for only the first and fourth parameters, you would pass Array(var1,,,var4) as the Parameters argument.

注意

出力パラメーターで渡されるときに正しい値を返しません、パラメーター引数。Output parameters will not return correct values when passed in the Parameters argument.

ExecuteCompleteこの操作の終了時にイベントが発行されます。An ExecuteComplete event will be issued when this operation concludes.

注意

自動的に起動は、http スキームを使用する Url を含むコマンドを発行するときに、 Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishingします。When issuing commands containing URLs, those using the http scheme will automatically invoke the Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishing. 詳細については、次を参照してください。絶対と相対 Urlします。For more information, see Absolute and Relative URLs.

適用対象Applies To

Command オブジェクト (ADO)Command Object (ADO)

参照See Also

Execute、Requery、および Clear のメソッドの例 (VB) Execute, Requery, and Clear Methods Example (VB)
Execute、Requery、および Clear のメソッドの例 (VBScript) Execute, Requery, and Clear Methods Example (VBScript)
Execute、Requery、および Clear のメソッドの例 (vc++) Execute, Requery, and Clear Methods Example (VC++)
CommandStream プロパティ (ADO) CommandStream Property (ADO)
CommandText プロパティ (ADO) CommandText Property (ADO)
CommandTypeEnum CommandTypeEnum
Execute メソッド (ADO Connection) Execute Method (ADO Connection)
ExecuteComplete イベント (ADO)ExecuteComplete Event (ADO)