FetchProgress イベント (ADO)FetchProgress Event (ADO)

FetchProgressに現在取得された複数行の数を報告する時間のかかる非同期操作中に定期的にイベントが呼び出される、 Recordsetします。The FetchProgressevent is called periodically during a lengthy asynchronous operation to report how many more rows have currently been retrieved into the Recordset.

構文Syntax

  
FetchProgress Progress, MaxProgress, adStatus, pRecordset  

パラメーターParameters

[進行状況]Progress
A長い現在フェッチ操作によって取得されたレコードの数を示す値。A Long value indicating the number of records that have currently been retrieved by the fetch operation.

MaxProgressMaxProgress
A長いを取得するレコードの最大数を示す値が必要です。A Long value indicating the maximum number of records expected to be retrieved.

adStatusadStatus
EventStatusEnum状態値。An EventStatusEnum status value.

pRecordsetpRecordset
A Recordsetレコードが取得されているオブジェクトであるオブジェクト。A Recordset object that is the object for which the records are being retrieved.

コメントRemarks

使用する場合FetchProgress子を持つレコード セット、注意してくださいを進行状況MaxProgressパラメーターの値は派生基になるからカーソル サービス行セット。When using FetchProgress with a child Recordset, be aware that the Progress and MaxProgress parameter values are derived from the underlying Cursor Service rowset. 返される値は、基になる行セットの現在の章でレコードの数だけでなく、レコードの合計数を表します。The values returned represent the total number of records in the underlying rowset, not just the number of records in the current chapter.

注意

使用するFetchProgress Microsoft Visual Basic、Visual Basic 6.0 以降が必要です。To use FetchProgress with Microsoft Visual Basic, Visual Basic 6.0 or later is required.

関連項目See Also

ADO イベント モデルの例 (vc++) ADO Events Model Example (VC++)
ADO イベント ハンドラーの概要ADO Event Handler Summary