FetchProgress イベント (ADO)FetchProgress Event (ADO)

Fetchprogressイベントは、レコードセットに現在取得されている行の数を報告するために、長い非同期操作中に定期的に呼び出されます。The FetchProgressevent is called periodically during a lengthy asynchronous operation to report how many more rows have currently been retrieved into the Recordset.

構文Syntax

  
FetchProgress Progress, MaxProgress, adStatus, pRecordset  

パラメーターParameters

進行状況Progress
フェッチ操作によって現在取得されているレコードの数を示す Long 型 の値。A Long value indicating the number of records that have currently been retrieved by the fetch operation.

MaxProgressMaxProgress
取得する必要があるレコードの最大数を示す Long 値。A Long value indicating the maximum number of records expected to be retrieved.

adStatusadStatus
Eventstatusenum状態の値です。An EventStatusEnum status value.

pRecordsetpRecordset
レコードを取得する対象のオブジェクトである レコードセット オブジェクト。A Recordset object that is the object for which the records are being retrieved.

解説Remarks

レコードセットfetchprogressを使用する場合は、 Progressおよびmaxprogressパラメーターの値が基になるCursor Service行セットから派生することに注意してください。When using FetchProgress with a child Recordset, be aware that the Progress and MaxProgress parameter values are derived from the underlying Cursor Service rowset. 返される値は、現在のチャプター内のレコード数だけでなく、基になる行セット内のレコードの合計数を表します。The values returned represent the total number of records in the underlying rowset, not just the number of records in the current chapter.

注意

Microsoft Visual Basic で Fetchprogress を使用するには Visual Basic 6.0 以降が必要です。To use FetchProgress with Microsoft Visual Basic, Visual Basic 6.0 or later is required.

参照See Also

ADO Events モデルの例 (VC + +) ADO Events Model Example (VC++)
ADO イベント ハンドラーの概要ADO Event Handler Summary