InfoMessage イベント (ADO)InfoMessage Event (ADO)

InfoMessage中に警告が発生するたびにイベントが呼び出される、 ConnectionEvent操作。The InfoMessage event is called whenever a warning occurs during a ConnectionEvent operation.

構文Syntax

  
InfoMessage pError, adStatus, pConnection  

パラメーターParameters

pErrorpError
エラーオブジェクト。An Error object. このパラメーターには、返されるエラーが含まれています。This parameter contains any errors that are returned. 複数のエラーが返された場合は、列挙、エラーそれらを検索するコレクション。If multiple errors are returned, enumerate the Errors collection to find them.

adStatusadStatus
EventStatusEnum状態値。An EventStatusEnum status value. 警告が発生した場合adStatusに設定されているadStatusOKpError警告が含まれています。If a warning occurs, adStatus is set to adStatusOK and the pError contains the warning.

このイベントから制御が戻る前に、このパラメーターを設定adStatusUnwantedEvent後続通知しないように設定します。Before this event returns, set this parameter to adStatusUnwantedEvent to prevent subsequent notifications.

pConnectionpConnection
A接続オブジェクト。A Connection object. 警告が発生した接続です。The connection for which the warning occurred. 開くときに警告が発生することがなど、接続オブジェクトまたはを実行する、コマンドで、接続します。For example, warnings can occur when opening a Connection object or executing a Command on a Connection.

関連項目See Also

ADO イベント モデルの例 (vc++) ADO Events Model Example (VC++)
ADO イベント ハンドラーの概要 ADO Event Handler Summary
Connection オブジェクト (ADO)Connection Object (ADO)