IsolationLevel プロパティIsolationLevel Property

分離のレベルを示します、接続オブジェクト。Indicates the level of isolation for a Connection object.

設定と戻り値Settings and Return Values

取得または設定、 IsolationLevelEnum値。Sets or returns an IsolationLevelEnum value. 既定値はadXactReadCommittedします。The default is adXactReadCommitted.

コメントRemarks

使用して、 IsolationLevel 、分離のレベルを設定するプロパティを接続オブジェクト。Use the IsolationLevel property to set the isolation level of a Connection object. 設定は無効になります次に呼び出すまで、 BeginTransメソッド。The setting does not take effect until the next time you call the BeginTrans method. 更新することがなく、プロバイダーが次に高い分離レベルを返す可能性がありますを要求する分離レベルが使用できない場合、 IsolationLevelプロパティ。If the level of isolation you request is unavailable, the provider may return the next greater level of isolation without updating the IsolationLevel property.

IsolationLevel読み取り/書き込みプロパティです。The IsolationLevel property is read/write.

注意

リモート データ サービスの使用状況クライアント側で使用すると接続オブジェクト、 IsolationLevelにのみ設定できるプロパティadXactUnspecifiedRemote Data Service Usage When used on a client-side Connection object, the IsolationLevel property can be set only to adXactUnspecified. 切断を操作するため、 Recordsetオブジェクト クライアント サイド キャッシュ、マルチ ユーザーの問題がある可能性があります。Because users are working with disconnected Recordset objects on a client-side cache, there may be multiuser issues. たとえば、2 人のユーザーが同じレコードを更新しようとすると、リモート データ サービスだけは、"win"を最初のレコードを更新したユーザーFor instance, when two different users try to update the same record, Remote Data Service simply allows the user who updates the record first to "win." 2 番目のユーザーの更新要求はエラーで失敗します。The second user's update request will fail with an error.

適用対象Applies To

Connection オブジェクト (ADO)Connection Object (ADO)

関連項目See Also

IsolationLevel および Mode プロパティの例 (VB) IsolationLevel and Mode Properties Example (VB)
IsolationLevel および Mode プロパティの例 (vc++)IsolationLevel and Mode Properties Example (VC++)