MarshalOptions プロパティ (ADO)MarshalOptions Property (ADO)

レコードのことを示します、 Recordsetサーバーにマーシャ リングされます。Indicates which records of the Recordset are to be marshaled back to the server.

設定と戻り値Settings And Return Values

設定または取得をMarshalOptionsEnum値。Sets or returns a MarshalOptionsEnum value. 既定値はadMarshalAllします。The default value is adMarshalAll.

コメントRemarks

クライアント側を使用する場合Recordsetクライアントで変更されたレコードは、パッケージ化し、インターフェイス メソッドを送信するプロセスのマーシャ リングと呼ばれる手法を使って Web サーバー、中間層に書き戻されますスレッドまたはプロセスの境界を越えてパラメーター。When using a client-side Recordset, records that have been modified on the client are written back to the middle tier or Web server through a technique called marshaling, the process of packaging and sending interface method parameters across thread or process boundaries. 設定、 MarshalOptionsプロパティが変更されたリモート データが中間層または Web サーバーに更新するためにマーシャ リングするときにパフォーマンスを向上できます。Setting the MarshalOptions property can improve performance when modified remote data is marshaled for updating back to the middle tier or Web server.

注意

リモート データ サービスの使用状況このプロパティはクライアント側でのみ使用Recordsetします。Remote Data Service Usage This property is used only on a client-side Recordset.

適用対象Applies To

Recordset オブジェクト (ADO)Recordset Object (ADO)

参照See Also

MarshalOptions プロパティの例 (VB) MarshalOptions Property Example (VB)
MarshalOptions プロパティの例 (VC++)MarshalOptions Property Example (VC++)