MarshalOptions プロパティ (ADO)

サーバーにマーシャリング するレコードセット のレコードを示します。

設定および 戻り値

MarshalOptionsEnum 値を設定または返します。 既定値は adMarshalAll です

解説

クライアント側レコードセットを使用する場合、クライアントで変更されたレコードは、マーシャリングと呼ばれる手法 (スレッドまたはプロセスの境界を越えてインターフェイス メソッド パラメーターをパッケージ化して送信するプロセス) を通じて、中間層または Web サーバーに書き戻されます。 MarshalOptions プロパティを設定すると、変更されたリモート データをマーシャリングして、中間層または Web サーバーに更新する際のパフォーマンスを向上させることができます。

注意

リモート データ サービスの使用状況 このプロパティは、クライアント側のレコードセット でのみ使用 されます

適用対象

Recordset オブジェクト (ADO)

参照

MarshalOptions プロパティの例 (VB)
MarshalOptions プロパティの例 (VC++)