MoveRecord メソッド (ADO)MoveRecord Method (ADO)

によって表されるエンティティの移動、レコード別の場所にします。Moves the entity represented by a Record to another location.

構文Syntax

  
Record.MoveRecord (Source, Destination, UserName, Password, Options, Async)  

パラメーターParameters

SourceSource
任意。Optional. A文字列を識別する URL を含む値、レコード移動します。A String value that contains a URL identifying the Record to be moved. 場合ソースを省略するか、空の文字列、これによって表されるオブジェクトを指定しますレコードが移動します。If Source is omitted or specifies an empty string, the object represented by this Record is moved. たとえば場合、レコードファイル、ファイルの内容を表しますがで指定された場所に移動されますします。For example, if the Record represents a file, the contents of the file are moved to the location specified by Destination.

変換先Destination
任意。Optional. A文字列場所を指定する URL を含む値、ソースは移動されます。A String value that contains a URL specifying the location where Source will be moved.

UserNameUserName
任意。Optional. A文字列値が必要な場合へのアクセスを承認するユーザー ID を含むします。A String value that contains the user ID that, if needed, authorizes access to Destination.

PasswordPassword
任意。Optional. A文字列必要な場合は、以下のことを確認するためのパスワードを格納しているUserNameします。A String that contains the password that, if needed, verifies UserName.

[オプション]Options
任意。Optional. A MoveRecordOptionsEnum値が既定値はadMoveUnspecifiedします。A MoveRecordOptionsEnum value whose default value is adMoveUnspecified. このメソッドの動作を指定します。Specifies the behavior of this method.

AsyncAsync
任意。Optional. Aブール値とTrue、この操作を非同期にする必要がありますを指定します。A Boolean value that, when True, specifies this operation should be asynchronous.

戻り値Return Value

文字列値です。A String value. 値では通常、が返されます。Typically, the value of Destination is returned. ただし、返される正確な値は、プロバイダーによって異なります。However, the exact value returned is provider-dependent.

コメントRemarks

ソースすることはできませんと同じです。 それ以外の場合、実行時エラーが発生します。The values of Source and Destination must not be identical; otherwise, a run-time error occurs. 少なくとも、サーバー、パス、およびリソースの名前が異なる必要があります。At least the server, path, and resource names must differ.

インターネット、パブリッシング用プロバイダーを使用して移動、ファイルに対しては、このメソッドはそれ以外の場合に指定されていない場合に移動されるファイル内のすべてのハイパー テキスト リンクを更新オプションします。For files moved using the Internet Publishing Provider, this method updates all hypertext links in files being moved unless otherwise specified by Options. このメソッドは失敗しない限り (たとえば、ファイルまたはディレクトリ)、既存のオブジェクトを識別するadMoveOverWriteが指定されて。This method fails if Destination identifies an existing object (for example, a file or directory), unless adMoveOverWrite is specified.

注意

使用して、 adMoveOverWrite慎重オプションします。Use the adMoveOverWrite option judiciously. たとえば、ディレクトリにファイルを移動するときに、このオプションを指定するディレクトリを削除されファイルに置き換えます。For example, specifying this option when moving a file to a directory will delete the directory and replace it with the file.

特定の属性、レコードオブジェクトなど、 ParentURLこの操作の完了後、プロパティは更新されません。Certain attributes of the Record object, such as the ParentURL property, will not be updated after this operation completes. 更新、レコードオブジェクトのプロパティを閉じて、レコード、もう一度開いて、ファイルまたはディレクトリを移動した場所の URL。Refresh the Record object's properties by closing the Record, then re-opening it with the URL of the location where the file or directory was moved.

この場合レコードから取得された、レコード セット、移動したファイルまたはディレクトリの新しい場所がすぐに反映されません、レコード セットします。If this Record was obtained from a Recordset, the new location of the moved file or directory will not be reflected immediately in the Recordset. 更新、レコード セットを閉じてから再度開くことができます。Refresh the Recordset by closing and re-opening it.

注意

Http スキームを使用して Url が自動的に呼び出さ、 Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishingします。URLs using the http scheme will automatically invoke the Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishing. 詳細については、次を参照してください。絶対と相対 Urlします。For more information, see Absolute and Relative URLs.

適用対象Applies To

Record オブジェクト (ADO)Record Object (ADO)

参照See Also

Move メソッド (ADO) Move Method (ADO)
MoveFirst、MoveLast、MoveNext、MovePrevious メソッド (ADO) MoveFirst, MoveLast, MoveNext, and MovePrevious Methods (ADO)
MoveFirst、MoveLast、MoveNext、MovePrevious メソッド (RDS)MoveFirst, MoveLast, MoveNext, and MovePrevious Methods (RDS)