Open メソッド (ADO Connection)Open Method (ADO Connection)

データ ソースへの接続を開きます。Opens a connection to a data source.

構文Syntax

  
connection.Open ConnectionString, UserID, Password, Options  

パラメーターParameters

ConnectionStringConnectionString
任意。Optional. A文字列接続情報を表す値です。A String value that contains connection information. 参照してください、 ConnectionStringプロパティの詳細については、有効な設定をします。See the ConnectionString property for details on valid settings.

UserIDUserID
任意。Optional. A文字列接続を確立するときに使用するユーザー名を含む値。A String value that contains a user name to use when establishing the connection.

PasswordPassword
任意。Optional. A文字列接続を確立するときに使用するパスワードを表す値です。A String value that contains a password to use when establishing the connection.

[オプション]Options
任意。Optional. A ConnectOptionEnum後に、このメソッドを返す必要があるかどうかを決定する値 (同期) (非同期)、接続が確立される前に、または。A ConnectOptionEnum value that determines whether this method should return after (synchronously) or before (asynchronously) the connection is established.

コメントRemarks

使用して、オープンメソッドを接続オブジェクトは、データ ソースへの物理接続を確立します。Using the Open method on a Connection object establishes the physical connection to a data source. このメソッドが正常に完了したら、接続はライブとに対してコマンドを発行し、結果を処理することができます。After this method successfully completes, the connection is live and you can issue commands against it and process the results.

オプションを使用して、 ConnectionString一連を含む接続文字列を指定する引数引数 値 = ステートメントをセミコロンで区切られた、またはURL で識別されるファイルまたはディレクトリのリソース。Use the optional ConnectionString argument to specify either a connection string containing a series of argument = value statements separated by semicolons, or a file or directory resource identified with a URL. ConnectionStringプロパティで使用される値を自動的に継承する、 ConnectionString引数。The ConnectionString property automatically inherits the value used for the ConnectionString argument. そのため、いずれかに設定できます、 ConnectionStringのプロパティ、接続、開く前にオブジェクトまたはを使用して、 ConnectionString引数を設定またはオーバーライドするには現在の接続パラメーター中に、オープンメソッドの呼び出し。Therefore, you can either set the ConnectionString property of the Connection object before opening it, or use the ConnectionString argument to set or override the current connection parameters during the Open method call.

ユーザー名とパスワード両方の情報を渡す場合、 ConnectionString引数と省略可能なUserIDパスワード、引数、 UserIDパスワード引数で指定された値をオーバーライドはConnectionStringします。If you pass user and password information both in the ConnectionString argument and in the optional UserID and Password arguments, the UserID and Password arguments will override the values specified in ConnectionString.

開いている操作が完了すると接続を使用して、閉じるメモリを解放するメソッドには、システム リソースが関連付けられています。When you have concluded your operations over an open Connection, use the Close method to free any associated system resources. オブジェクトを閉じるは削除されません。 メモリからそのプロパティの設定を変更して使用できます、開くメソッドを後でもう一度開きます。Closing an object does not remove it from memory; you can change its property settings and use the Open method to open it again later. メモリからオブジェクトを完全に排除するに、オブジェクト変数を設定します。 Nothingします。To completely eliminate an object from memory, set the object variable to Nothing.

注意

リモート データ サービスの使用状況クライアント側で使用すると接続オブジェクト、オープンメソッドまで、サーバーへの接続を確立実際には、レコード セットで開かれた、接続オブジェクト。Remote Data Service Usage When used on a client-side Connection object, the Open method doesn't actually establish a connection to the server until a Recordset is opened on the Connection object.

注意

Http スキームを使用して Url が自動的に呼び出さ、 Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishingします。URLs using the http scheme will automatically invoke the Microsoft OLE DB Provider for Internet Publishing. 詳細については、次を参照してください。絶対と相対 Urlします。For more information, see Absolute and Relative URLs.

適用対象Applies To

Connection オブジェクト (ADO)Connection Object (ADO)

参照See Also

Open および Close メソッドの例 (VB) Open and Close Methods Example (VB)
Open および Close メソッドの例 (VBScript) Open and Close Methods Example (VBScript)
Open および Close メソッドの例 (vc++) Open and Close Methods Example (VC++)
Open メソッド (ADO Record) Open Method (ADO Record)
Open メソッド (ADO Recordset) Open Method (ADO Recordset)
Open メソッド (ADO Stream) Open Method (ADO Stream)
OpenSchema メソッドOpenSchema Method