Parameter オブジェクトParameter Object

パラメーターまたはに関連付けられている引数を表します、コマンドオブジェクトがパラメーター化クエリまたはストアド プロシージャに基づいています。Represents a parameter or argument associated with a Command object based on a parameterized query or stored procedure.

コメントRemarks

プロバイダーの多くは、パラメーター化コマンドをサポートします。Many providers support parameterized commands. これらは、目的のアクションが 1 回に定義されているコマンドが、変数 (またはパラメーター) は、コマンドのいくつかの詳細を変更するために使用します。These are commands in which the desired action is defined once, but variables (or parameters) are used to alter some details of the command. たとえば、SQL SELECT ステートメントは WHERE 句、および並べ替え句の列名を定義するのに別の一致条件を定義するのにパラメーターを使用できます。For example, an SQL SELECT statement could use a parameter to define the matching criteria of a WHERE clause, and another to define the column name for a SORT BY clause.

パラメーターオブジェクトに関連付けられたパラメーター化クエリは、パラメーターを表しますまたは入力/出力引数と戻り値のストアド プロシージャ。Parameter objects represent parameters associated with parameterized queries, or the in/out arguments and the return values of stored procedures. プロバイダー、いくつかのコレクション、メソッド、またはのプロパティの機能に応じて、パラメーターオブジェクトを使用できない可能性があります。Depending on the functionality of the provider, some collections, methods, or properties of a Parameter object may not be available.

コレクション、メソッド、およびプロパティの使用、パラメーターオブジェクトを次を行うことができます。With the collections, methods, and properties of a Parameter object, you can do the following:

  • 設定または使用して、パラメーターの名前を取得、名前プロパティ。Set or return the name of a parameter with the Name property.

  • 設定または使用して、パラメーターの値を返す、プロパティ。Set or return the value of a parameter with the Value property. の既定のプロパティ、パラメーターオブジェクト。Value is the default property of the Parameter object.

  • 設定またはパラメーターの特性を取得、属性方向精度NumericScaleサイズ、およびプロパティ。Set or return parameter characteristics with the Attributes, Direction, Precision, NumericScale, Size, and Type properties.

  • 時間の長いバイナリまたは文字データを持つパラメーターを渡す、 AppendChunkメソッド。Pass long binary or character data to a parameter with the AppendChunk method.

  • 使用してプロバイダーに固有の属性へのアクセス、プロパティコレクション。Access provider-specific attributes by using the Properties collection.

名前がわかっており、パラメーターのプロパティに関連付けられている場合は、呼び出したいストアド プロシージャまたはパラメーター化クエリを使用できます、 CreateParameterメソッドを作成するパラメーターオブジェクト使用して適切なプロパティの設定、 Appendメソッドに追加する、パラメーターコレクション。If you know the names and properties of the parameters associated with the stored procedure or parameterized query you want to call, you can use the CreateParameter method to create Parameter objects with the appropriate property settings and use the Append method to add them to the Parameters collection. これにより、設定およびに電話しなくてもパラメーターの値を取得できます、更新メソッドをパラメータープロバイダーからパラメーター情報を取得するコレクション、可能性がありますリソースを消費する操作です。This lets you set and return parameter values without having to call the Refresh method on the Parameters collection to retrieve the parameter information from the provider, a potentially resource-intensive operation.

パラメーターオブジェクトは、スクリプトを実行することはありません。The Parameter object is not safe for scripting.

このセクションには、次のトピックが含まれています。This section contains the following topic.

関連項目See Also

コマンド オブジェクト (ADO) Command Object (ADO)
CreateParameter メソッド (ADO) CreateParameter Method (ADO)
Parameters コレクション (ADO) Parameters Collection (ADO)
Properties コレクション (ADO)Properties Collection (ADO)